失業日記

集団訴訟の小切手が届く

昨日、メールボックスから手紙を取り出すと、なにやら怪しいポストカードが入っていました。なんと、それはポストカードの小切手で、見るからに怪しい!で、早速調べてみると、なんとこの小切手は本物!どうやら集団訴訟の原告の一人として、$38 の小切手を受け取ったようです。

https://thedesk.matthewkeys.net/2020/07/siriusxm-buchanan-settlement-checks-class-action-robocalls/


前の車を新車で買った時に、あるラジオのサブスクリプション・サービスが 6 ヶ月間無料で付いてきました(いらない、と言ったけど、新車にはそのサービスがバンドルで付いてくるので外せなかった)。結局、一度もそのラジオ局を聞かなかったです。しかし、その無料サービスが終了するころ、そのラジオ曲から「有料で」サブスクリプションを継続するように、という内容の電話が「鬼のように」かかってきました。本当に、何ヶ月も、しつこく、しつこくかかってきました。

こういった営業の電話、"Do Not Call Registry" に登録すれば、本来はかかってこないはずなんです。もちろん、私の電話番号も登録してます。でも、そんなのまるっと無視で、営業や詐欺の電話はたくさんかかってきます。でも、このラジオ局、よっぽど、いろんな人を怒らせたのでしょう(突出して、しつこかった)。なんと、集団訴訟が起こりました。

ある時期に、新車を買った人全員に法律事務所がコンタクトしたのでしょう。私にも、原告団に加わりませんか、というお誘いのメールが来ました。ダメ元で私も原告団に加わりました。1年前ぐらいの話?

上のリンクを読むと、どうやら和解して、原告に 7 月に入ってから小切手が送られているようですね。最初に原告団に加わらないかというメールが来たときには、$10 ぐらいと書いてあったのに、$38 ももらえてちょっとラッキーでした。和解額が思っていたより多かったのか、それとも原告団に加わる人が少なかったのか。

失業中なので、どんなお金でもありがたいです(笑)。大事に使わせていただきます。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「アメリカ」カテゴリーもっと見る