Zazen in USA-坐禅アメリカでの集い

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

人との関りその表と裏Affiliation with people front and back

2018年04月24日 20時28分40秒 | 人間関係

人との関りは厄介だ。

Relationship with people is burden.

関り過ぎるとややこしい問題が増え、

関わらなくなると寂しくなる。

If involved too much with people,

it makes much bothering,

if lost involving gets lonesome. 

果たして人間関係に理想の状態や形態があるのだろうか。

As was expected, is there an ideal type or state in a relationship?

 

私は常に人との関りは最小限にしようと心がけている。

I set my mind try to always have minimized relationship with people.

知り合いの数を増やすよりは知っている人と深く関わるようにしている。

Decided that try to be engaging deeply with whom already known,

rather than making amount of number of acquaintances.

 

50代に入ってから生きてきた道を振り返ることが多くなり、

出会ってきた人との想い出に耽ることも多くなった。

Entered in 50’s,

I often look back on the way I lived and

more often indulge in the memories

about the people I ever met.

 

不思議なことは、

当時に見えて無かった他人と関わっていた形が、

今になって新たな気づきになって再解釈されることだ。

Odd thing is,

the type I have had that connected with people

was not able to be seen at that times

but now it became a new aware and it reinterpreted.

私に突然冷たくなった人や

私と関わらなくなった人達が突然、

意識にのぼってくることも増えた。

Suddenly, I began to conscious more about

people who cold on me all sudden or

people who became disconnected with me.

 

当時はその人達が何故に連絡しなくなったかが理解できず、

彼らが私を嫌っているとしか思えなかった。

At that times,

I could not understand

why they didn’t keep in touch with me any more,

so, I just thought that they hated me.

彼らが私との関係から消えた結果だけを重視したかも知れない。

I might have emphasized the result only

that their disappearance from me.

 

それが50代になって、

人間関係を無理してまで持たなくなり、

人との関りを捉える視点が変わってきたような気がする。

Became 50’s,

no need to have a relationship forcedly

and I feel like my perceiving point of how to relate to people

somehow has changed.

彼らには、

私に気を配って言えなかったことが多くあっただろう。

They would have a lot

that couldn’t say to me

because their carrying for me.

彼らが私に社交辞令を言っていた時の態度や目つきが、

妙に冷たかったことを同時は見抜けられなかった。

I couldn’t see through their wired coldness at that time

when they told me a social propriety with an attitude

and the way to see me. 

だが、思い返すと人が表す態度に敏感になっていたら

誰にも付き合えなかったかも知れない…

But now I think back those times,

I come up to think if I was too sensitive on people’s outer attitude

then I might not able to have a relationship with anyone…

 

人と関わることには表面と裏面があるかもしれない。

There seem to be a front side and back side in relation to people.

スイカの表面は緑だが、

切ってみると中身は赤いように、

人間関係も実際付き合ってみると

見た印象と受ける感じが食い違う場合が多い。

Like watermelon’s skin is green but turn out red inside when cut it,

most of human relationships are also different from

the first impression and receiving feeling after met in real.

 

人によってはその見た目と内面のギャップが魅力となって、

人を引き付ける魔力になっているが、

大部分の人のギャップは

期待と違う裏切り感や失望につながるケースが多いような気がする。

I come to think the gap can be an attraction

depending on person who can change their gaps of out looking

and inner side into a charming point,

they seem to make it into a magical charm to attract people,

but most of people’s gaps lead to betrayal on expectation and disappointments.

そのギャップの性質が

人間関係をおいしくもまずくもさせる要素かも知れない。

The nature of gap maybe an element

which can make relationship taste good or bad. 

 

私が今まで関わっていて

気が楽な関係になったケースは、

その関りが消化されやすい性質を持っていた。

The case which made me feel easy so far

as I have been connected,

it had some easy contents for me to digest well.

何を言われてもされても呑み込める飲み物のようだった。

It was like a beverage which swallowed easily

about I have been told or treated what so ever.

 

反面、関りが辛くなったケースは、

関りによって余計な心配ことが増え、

心的重圧感が増した場合が多かった。

On the other hand, the case which made me suffered,

it increased extra concerning while I related to them

and often made me felt heavy.

言われたことやしてもらったことを飲み込めず、

受理も受容もできなかった気がする。

I felt like uneasy and unable to drink up

what they told or what they did for me,

neither accept or taking.

 

体のためになる栄養も摂りすぎると替えって問題を起こし、

病気につながる。

If take too much nutrition which is good for body,

it will replace causing problems and lead to disease.

体を癒す薬もその病気が治ってからは服用してはいけない。

Medicine which can heal sickness,

also, should not take it after healed.

 

人間関係もそれら栄養源や薬のように

適切な状況や限定された状態によって

良くも悪くもなるだろう。

Human relationship would be also like such nutrition and medicine

so that they can be better or worse,

under proper circumstances and limited conditions.

 

絵に描いたリンゴは美しくても食べられないように、

もしかしたら理想的な人間関係は観るだけの鑑賞系かも知れない。

Likewise, a painted beautiful apple is not edible,

in the same way an ideal relationship is also like only for decoration.

 

こういう私も他人にとっては

飲食に適していない有毒物質かも知れないが…

Me who saying such things

also like a harmful material for others

which is not suitable for eating or drinking….




ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 内側からの声An inner voice  | TOP | 無動詞 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 人間関係