Zazen in USA-坐禅アメリカでの集い

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

時空間の道のりPath of Spacetime

2018年05月14日 16時47分49秒 | 生き方

未来はまだ経験していない時空間である。

A future is a time-space that has not yet been experienced.

今は過去にとっては未来だった。

Present time was a future for the past view.

 

未来から見れば、現在も過去もあまり大した差がない。

From the sight of future,

there is not much difference between past and future.

過去も無ければ、未来もない。

There is neither past nor future.

常に只今があるだけだ。

There is always right now only.

 

昨日、夫とスーツというテレビドラマを観始めた。

Last night, my husband and I started to watch TV drama titled Suits.

5年前に日本でそのドラマをDVDで観ていた時は、

5年後にアメリカでまだ観ることになるとは存在不可能なあり得ないことだった。

5 years ago, when I was watching the same drama on DVD in Japan,

it was an absolute no way to exist to watch again it at USA 5 years later.

 

スーツは法廷ドラマで、

弁護士同志の権力争いを描いていてアメリカ内ではあまりヒットしなかった。

Suits is a court drama and it is stories about power battle between lawyers,

but it didn’t hit much in US.

そのドラマを観てた理由は彼らが使う語彙がレベル高く、

高度に教育された人々の行動形式を知るのに最適だったからだ。

The reason why I watched the drama was the vocabulary they use was level high

and it perfectly fit for me to know behavior patterns

which come from highly educated people.

 

同時私は弁護士とは縁が全く無いと思っていたが、

なぜか法廷ドラマを観るのが好きだった。

At that time, I thought that I never connected with a lawyer,

but I liked to watch a court drama without any reasons.

法律に基づき善悪を判断し、

勝つためには善悪に関係なくその法律を利用する、

その争いが魅力的に見えた。

Judging right and wrong by the law

and using the law to win nonetheless good or evil,

such battle looked attractive to me.  

 

昨夜、弁護士の夫とそのドラマを観ながら、

5年前なら完璧にあり得ない未来について語った。

Last night, while my lawyer husband I were watching the drama,

we talked about the future that perfectly cannot be possible

as the view of 5 years ago.

私は弁護士と結婚したいと全く思ったことが無い。

I have never thought at all wanting marriage with a layer.

未来にアメリカに住みたいとも思ったことも無かった。

I never had a thought of wanting to live in America in the future.

 

なのに、過去に思ったことすら無かった未来に住んでいる。

Even so, I live the future which I even never thought in my past.

ただ、その瞬間瞬間、

最善であると判断した道を歩んでいたらここまで来た。

Just only, I have been walking on the path at every moments

which I judged the moment was the best for me.

 

計画に無かった人生を生きている。

I live in my life which I never planned.

生きるべき道を選んで歩いていたら、

その険しかった道が私をここまで連れてきてくれた。

Walking by choosing the way should be,

after then the steep path took me to be here.

 

だが、私の目の前に、新たな分かれ道が現れた。
However, a new path came up in front of my eyes.

いずれは選び、選んだ道を開拓していくことになる。

Sooner or later I will choose either way and

I will cultivate the chosen way.

その道が私をいるべきところに連れていってくれるだろう…

The path will take me to where I should be…

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無動詞 | TOP | 仕事禅―仕事概念Work-zen & T... »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | 生き方