Zen禅‐in USA

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

好き嫌いの時間の使い方How to use time for like and dislike

2018年08月11日 04時31分14秒 | 坐禅

嫌いな人がいることは辛い。

It is painful to have hate people.

好きな人に会えない辛さより、

嫌いな人に会わなければならないことの方が遥かにしんどい。

It is much worrisome for someone

to meet with a person who hated much

than the harshness that cannot see the person who loved.

 

20代の時、嫌いな人がいて

その人を許せなくて辛かった時があった。

When I was in 20’s, there was a hard time for me

because I couldn’t forgive a person who was hated much.

今になって当時の心境を考えると、

ある人を嫌う感情が強く

気分が常に不愉快であった。

To think back how my mental was at that time,

the hated emotion for the person was strong

and it made my mood always unpleasant.

 

私はその人が私に被害は与えたと思い込み、

嘘をつき私から利得を得ようとしていると思っていた。

I was convinced that

the person caused harm to me

and the person was trying to get advantage from me by telling a lie.

その時は、嫌いな人をどう考えるかが分からず、

余計に苦しんだような気がする。

Those days I was not able to how to think about the hated emotion,

and it made another suffering unnecessarily.

 

また嫌う感情を処理することができず、

嫌な感情に振り回されていた。

Moreover, I was unable to handle detest emotion

and I was being swayed by it.

そんなに嫌う感情や考えを持っていた時は

体の調子も悪かった。

When I had such detested emotion and thoughts,

my body condition was also bad.

 

嫌いな理由を正当化させるため、

その人を間違いのない悪者に仕立てていった。

In order to justify the reasons why I dislike so much,

I built up the person to be perfectly bad man in my mind.

そのような嫌いな人を確かに嫌う作業を続けているうちに、

その嫌いな人の存在がますます大きくなり、

気持ちからその人を放つことができなかった。

While I was doing such works that

making a hated person to be hater for sure,

the hated person’s existence was getting bigger and bigger

and it made me unable to let the person out of my mind.

 

思い返すとその嫌う人に感情面で間接的に支配されていたのに、

私はそれに気づくことができなかった。

Thinking back,

I was dominated indirectly by the hated person in emotional ways,

but I was not able to aware of it.

この頃、窓越しに見える美しい景色を見ながら、

人を嫌った感情に苦しまれ、

季節が移り変わることさえ見えなかった愚かだった時を思い出す。

Recently, I remind those stupid days

while I am watching beautiful scenery from the windows about the time

when I was suffered by the emotion for hating person

and also the time I missed that

couldn’t see seasons have been changed much

when I was too busy to hate.

 

この完璧に美しい自然、

確実に巡ってくる季節に視線を向けるより、

人を嫌うことに夢中になっていた時は

それが時間の浪費だとは思わなかった。

I was not able to come up to think that

it was waste of time for me to be observed in hating people

rather than turning my sight to see perfectly beautiful nature

or to see the seasonal change which surely comes around.

 

 

人生で若いと言える時期はどのくらいあるだろうか。

How many days as to be young in my life, so to speak?

幼い時期

Early childhood.

若い時期

In youth.

大人の時期

Adulthood.

老いた時期

Got aged.

死を待つ時期

The waiting time for to be die.

一般的に20代から30代までの短い時期だけ

若いと言えるかも知れない。

Generally it may can be said only that

the short term of age from 20’s to 30’s is young.

 

なのに私は、

私の人生で最も輝かしい時期に

人を嫌う感情で苦しんだことに

気力を浪費してしまったのだ。

Nevertheless, I had already wasted my mental energy for hating people

and suffered for it

when I was in the most glorious days in my entire life.

今50代になり、

生きていける時間が少なくなると

無駄に使った時間が勿体無く思えてくる。

I am now in 50’s,

the thought finally came up to me that

the time I wasted for hating people was unworthy

when my life to live has got shorten.

 

時間は誰にも平等に与えているが、

人によって時間の使い方が違う。

Time is given equally to everyone however,

the way to use it is different from person.

人が好きでも嫌いでも人生で使える時間は限られている。

Whether like people or not the time can use in life is limited.

 

今、やっと心に思う嫌いな人を持てないようになったが、

生きていける残りの時間は短くなった。

I finally became not to have a hated person in my mind but,

the time I can alive is not any longer.

愚かな時間の使い方をしたと、

未来に使える時間が短くなってからやっと、気がづく。

The realizing came to me at last that

I spent time stupidly at this momentary point

when useful time for the future has got shorten.

 

もし、私のその愚かな若かった時に、

坐禅を知っていて、

嫌う感情を乗り越えることができてたら、

私は時間をより賢く使えてたかもしれない。

If I knew zazen skills to overcome those hated emotions

when I was stupidly young,

I may have been able to use time wisely.

時間の使い方を知っていたら

その愚かなことはしなくて済んだだろう…

If I knew how to use time I would not have done such stupid things…


P.S

添付した写真はうちの裏庭、先月撮りました。



Comment   この記事についてブログを書く
« 時空間の軸Spatiotemporal axis | TOP | 挫折と負けの軌道The track f... »
最新の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 坐禅