口笛吹いても独り

~チンパンジーの地平線~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

頬に風受け

2007年08月30日 | 日記
今日の「すくいず」は豊岡真澄やら半田健人やらが出ててタモリ倶楽部かと思ったよ。
で、思ってたらこんな時間まで眠れないので日記。

月曜
友来りて新しい生活を始める、趣味も色々初める事に意欲を持っているようで、風光明媚な場所なので自転車でアチコチ回ってみたいと言っていた。
それは大変良い事だと私も喜ぶ、ここが幸多く実りある場所になる事を祈る。
他に新天地の最初の感想としては「暑い、でも空が広い」と何度も言っていた。
かなりの強行日程だったようで暑さは余計に堪えるだろう。
そして「半日前には他の場所に居たなんて、嘘みたいだ」とも。
会社にもそれほど遠く無い場所なので通勤は自転車で通うらしい。
ただ、そうなると1ヶ月は空は広いが暑い中を通勤する事になる。
まあ逆に考えると一ヶ月もすれば生活も落ち着くだろうし、その頃には涼しくなってるから、本格的なサイクリングも出来るようになるだろう。
気は持ちようである。

火曜
遅ればせながらのチャレンジを決意した私に友人がビリーのDVDを貸してくれたのだが、4巻セットで2巻がなーい。
「基礎トレーニング」の次は「応用」を抜かして、いきなり「腹筋トレーニング」に突入する事になるそうだ。
後はウロウロしながら莫迦な話を延々と続けた。
帰り道は1時間ほどの月食の最中に。

今日
モゴモゴと歯を磨きながらニュースを見ていると、天気予報で気象予報士が「大陸から季節を分ける前線が日本列島に降りてきた」と言っているのを聞いた。
「大陸から降りてきた季節を分ける前線」
悪くない、何か凄く秋が近くまで来てる気がした。まあ調べてみればツマリは秋雨前線のことだったのだが「宵の口」なんかと同じで気象予報用語として中々趣きを感じてしまう。
秋が近づくとこの前線が、中国北部の大草原を輝くような緑から柔らかなセピア色に変えながら秋風と一緒に日本に向かって降りてくる、そんな風景をを想像してしまった。秋が一番大好きな季節なだけに、その期待からくる想像力も余計にたくましくなってしまっているのだろうが。
まあ秋がちょっとでも近づくなら、はようはよう降りて来いと思う。
ただ現実はきびすく明日の予想最高気温は35度との事。

友人が秋風を切って自転車を楽しむのは、やはりもう少し先の話のようだ。

何か書きたかった部分を全く上手く浮かびあげられなかったが、もうこんな時間で眠くなってきたのでモウイイ。
今日は以上。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 何処で見てるか分からない | トップ | 観戦後記 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事