橋本クリニックの院長のブログ ブログ時々更新中!!

橋本クリニックの院長のブログです。
少し考え事をしていたので娘達に任せていましたが、心を入れ替え院長時々復帰します。

橋本クリニックのHP

橋本クリニック
ご挨拶

なかにしこどもクリニック


橋本クリニックの受付予約システムの登録方法
予約システム

【コラム】一覧

【コラム】ステロイドの外用について
【コラム】低温やけどについて
【コラム】水虫(足白鮮)は痒い?
【コラム】蚊の過敏症
【コラム】薬塗ったらよくなるけど、塗るのやめたら出てくる場合の対処法

【永久保存版】皮膚科医の勧める広島の皮膚科

食事療法でのニキビとニキビ痕の改善 その後

2017年11月12日 16時35分33秒 | 皮膚科での食事療法の実例

食事療法でのニキビの改善された患者さんです。
ブログへの写真掲載をご快諾いただきました。
ご協力誠にありがとうございます。 

初診時

1週間後

 

36日後

 

9週間後

11週間後

15週間後

20週間後

25週間後

注目していただきたいのは顎のニキビ痕も改善していることです。
この食事療法を見つけるまでは、ニキビ痕の治療は自費診療となるレーザー治療しか選択枝がありませんでした。
食事療法によりニキビ痕まで改善します。
逆に言えば食事が原因だからニキビは次々出来るし、ニキビ痕も治りません。
食事指導をしてもらえない皮膚科に通うのはもったいないと私は思います。 

この患者さんには食事療法から外れると翌日には悪化することを実感していただいています。
恐らく残り1・2ヶ月で薬はいらない状態になると思います。 

 

他院で3年あるいは5年通院し続けても治らずニキビで悩んでおられた患者さんが、当院に来られて2ヶ月程度で薬がいらなくなった方も何人かおられます。
何故なら食事が原因でその食事の仕方を教えてもらえないから治らないだけです。
今のところ全員の方が薬の必要なくなる状態に出来るわけではありませんが、かなりの確率で改善が期待できます。
正確に計算した訳ではありませんが、ニキビ(尋常性ざ瘡)での通院期間は約1~2ヶ月です。軽いニキビであれば2・3週間で薬はいらなくなりますが、炎症が激しい場合やニキビ痕の治療には数ヶ月を要する場合もあります。

大変申し訳ありませんが、食事療法に関しての質問・お問い合わせはお受けしておりません。
ご興味がおありでしたら受診してみてください。 もしくは橋本クリニックを受診された方に食事療法について聞いてみてください。
食事指導を2年行っているので、1000人はこえていると思いますので、呉の方であればお友達で聞かれた方も多いと思います。
食事指導の内容は新たな発見により日々更新しています。
2年前の食事指導と現在の食事指導はかなり異なります。2017年の半年で2つの発見をしているので、大まかな食事の方針に変わりはありませんが、細かい内容は日々変わります。
以前私から食事のことを聞かれた方も、改めて受診していただくと最近見つけた食事の仕方を実例を提示しながら説明できると思います。 

今のところ皮膚病を治せる食事療法をしているのは呉市では橋本クリニックだけだと思います。
当院に縁がないのが一番ですが、ニキビ(尋常性ざ瘡)でお悩みでしたら橋本クリニックを受診してみてください
他にもアトピー性皮膚炎円形脱毛症尋常性乾癬イボ(尋常性疣贅)水いぼ(伝染性軟属腫)にも有効です。 

コメント

10年続いたアトピー性皮膚炎の食事療法での改善例

2017年11月12日 12時42分17秒 | 皮膚科での食事療法の実例

10年続いたアトピー性皮膚炎の改善例です。
診察時手だけの症状なので典型的なアトピー性皮膚炎ではありませんが、10年続いているということでアトピー性皮膚炎といました。
患者さんのご協力によりブログにアップすることをご了承いただけました。

他院には通院されていたそうですが、当院を受診していただきました。

10/21

10/23

10/27

11/02
 

薬も併用しておりますが、12日間で改善し最終的には薬がいらない状態になりました。
10年悩んでいた病気が治ったため大変喜んでいただきました。

そして食べ方で治ることを実感していただきました。

 

食事によりアトピー性皮膚炎が治るあるいは改善する理由は、食事が免疫に影響を与えているようです。
免疫が暴走すればアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬・掌蹠嚢胞症・円形脱毛症などを引き起こし、免疫がサボってしまえば尋常性疣贅やニキビなどを生じるようです。
つまり皮膚病の多くは免疫が何らかの形で関わってしますが、その免疫の働きに異常を来たす原因の一つが食事ということのようです。
その免疫異常の原因である食事を免疫異常を起こしにくい食べ方に改めるということです。
逆に言えば、薬で誤魔化すことはできても食事指導をしてもらえない病院に何年通っても治らないのは仕方のないことです。 

大変申し訳ありませんが、食事療法に関しての質問・お問い合わせはお受けしておりません。
ご興味がおありでしたら一度受診してみてください。 もしくは橋本クリニックを受診された方に食事療法について聞いてみてください。
食事指導を2年行っているので、お伝えした方は1000人はこえていると思います。呉の方であればお友達やお知り合い・ご兄弟やご親戚で誰かお一人くらい食事のことを私から聞かれた方がおられると思います。
食事指導の内容は新たな発見により日々更新しています。

2年前に行っていた食事指導と現在の食事指導の仕方はかなり異なります。大まかな食事の方針に変わりはありませんが、2017年の半年だけでも2つの発見をしているので細かい内容は日々変わります。
以前私から食事のことを聞かれた方も、改めて受診していただくと最近見つけた食事の仕方を実例を提示しながら説明できると思います。 

この方の場合も昨年の食事の指導の仕方だけでは今回のように悪化してしまいました。
今年見つけた食事療法により写真のように改善しています。
かなりの確率でアトピー性皮膚炎は狙いをつけて治せるようになってきました。 

今のところ皮膚病を治せる食事療法をしているのは呉市では橋本クリニックだけだと思います。
当院に縁がないのが一番ですが、アトピー性皮膚炎でお悩みでしたら橋本クリニックを受診してみてください
他にも円形脱毛症ニキビ(尋常性ざ瘡)尋常性乾癬イボ(尋常性疣贅)水いぼ(伝染性軟属腫)にも有効です。 

コメント

食事療法で尋常性乾癬が改善 その後

2017年10月03日 10時30分22秒 | 皮膚科での食事療法の実例

当院では皮膚疾患に対して食事療法を提案していますが様々な病気が改善しています。
その一つが尋常性乾癬です。食事療法により著明に改善していましたが、再び通常の食事に戻されたら悪化されたそうです。
写真の掲載をご承諾いただきましたので掲載させていただきます。

尋常性乾癬は治らないため悩んでおられる方が多いのですが、他の皮膚疾患同様食事が原因だったようです。
初診時 

 

 

8日後

 

14日後

 

51日後

ホワイトバランス(色の設定)の問題でフラッシュの光が反射して少しわかりにくくなっていますが、画面左側の皮膚はかなり改善しています。

5ヶ月半後

ここまで改善しました。
残念ながら頭部に症状が出たため御来院いただき、ついでに写真を撮らせていただきました。
乾癬としてはほぼ治っている状態です。 

まだ頭部に症状があるため完全ではありませんが、食事療法の方向は間違ってはいないと思います。
大変申し訳ありませんが、お電話での質問はお受けできません。
治らない皮膚病でお悩みの方は橋本クリニックを受診してみてください。 

コメント

円形脱毛症の食事両方での改善例 続報

2017年09月01日 11時01分13秒 | 皮膚科での食事療法の実例

円形脱毛症の改善例です。
患者さんのご協力によりブログにアップすることをご了承いただけました。

長年通っていただいている患者さんですが、当初は食事療法を私が知らなかったため通常の治療を行い良くなったり悪くなったりと一進一退でした。
食事による治療法を見つけてからは実践していただいておりました。
調子良かったのですが、悪化されたため新たな食事療法を追加し改善しました。

2017/4/13

2017/6/1


2017/7/7

 

2017/8/28

 

食事により円形脱毛症が治るあるいは改善する理由は、食事が免疫に影響を与えているようです。
免疫が暴走すればアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬・掌蹠嚢胞症・円形脱毛症などを引き起こし、免疫がサボってしまえば尋常性疣贅やニキビなどを生じるようです。
つまり皮膚病の多くは免疫が何らかの形で関わってしますが、その免疫の働きに異常を来たす原因の一つが食事ということのようです。
その免疫異常の原因である食事を免疫異常を起こしにくい食べ方に改めるということです。
逆に言えば、薬で誤魔化すことはできても食事指導をしてもらえない病院に何年通っても治らないのは仕方のないことです。 

大変申し訳ありませんが、食事療法に関しての質問・お問い合わせはお受けしておりません。
ご興味がおありでしたら受診してみてください。 もしくは橋本クリニックを受診された方に食事療法について聞いてみてください。
食事指導を2年行っているので、お伝えした方は1000人はこえていると思います。呉の方であればお友達やお知り合い・ご兄弟やご親戚で誰かお一人くらい食事のことを私から聞かれた方がおられると思います。
食事指導の内容は新たな発見により日々更新しています。

2年前に行っていた食事指導と現在の食事指導の仕方はかなり異なります。大まかな食事の方針に変わりはありませんが、2017年の半年だけでも2つの発見をしているので細かい内容は日々変わります。
以前私から食事のことを聞かれた方も、改めて受診していただくと最近見つけた食事の仕方を実例を提示しながら説明できると思います。 

この方の場合も昨年の食事の指導の仕方だけでは今回のように悪化してしまいました。
今年見つけた食事療法により写真のように改善しています。
かなりの確率で円形脱毛症は狙いをつけて治せるようになってきました。 

今のところ皮膚病を治せる食事療法をしているのは呉市では橋本クリニックだけだと思います。
当院に縁がないのが一番ですが、円形脱毛症でお悩みでしたら橋本クリニックを受診してみてください
他にもアトピー性皮膚炎、ニキビ(尋常性ざ瘡)尋常性乾癬イボ(尋常性疣贅)水いぼ(伝染性軟属腫)にも有効です。 

コメント

食事療法のブログを見ていただいて広島からお越しいただきました

2017年08月18日 17時07分07秒 | 皮膚科での食事療法の実例

食事療法のブログの記事を見つけていただいて広島からわざわざお越しいただきました。

これまで何件も皮膚科を受診されたそうですがなかなか良くならないためクレアラインにのって当院までお越しいただきました。
通常は2回目以後で食事の話をさせていただくのですが、食事指導を目的にわざわざお越しいただいたので食事の仕方を提案いたしました。

効果はブログで見ていただくことが出来るのですが、 食事療法の内容は今のところ掲載しておりません。
食事の内容を一度聞いてみたいと思っていただいたそうでわざわざお越しいただきました。

開業当初は日曜日診察をしている皮膚科が限られていたこともあり、かなり遠方からお越しいただくこともありました。岩国や竹原、尾道、福山からお越しいただくことが1・2ヶ月にお一人程度ありました。
日曜日診療している皮膚科をスマホで容易に検索できるようになったため最近では遠方からお越しいただくことは珍しくなっていました。
そんな中ブログでの情報発信が奏効した形です。
食事で変わるかもしれないと信じていただけました。 

食事内容をお伝えしたところ大変驚いていただきました。
特に思い当たるところがあったそうで、納得していただけました。
呉まで来たかいがあったと言っていただきました。
何より嬉しいお言葉です。 

あとは食事の仕方に気をつけていただいて、治っていただければ何より幸いです。

実は食事指導をしていただけない皮膚科には何年通っても治らない病気は治りません。
何故なら多くの皮膚病の原因が食事だからです。

長年治らない病気でお悩みでしたら橋本クリニックを受診してみてください。
大変申し訳ありませんが、お電話でのお問い合わせにはお答えできませんのでご了承の程よろしくお願いいたします。 

コメント

食事療法で約4週間にて水いぼ(伝染性軟属腫)改善

2017年07月14日 16時16分44秒 | 皮膚科での食事療法の実例

水いぼ(伝染性軟属腫)はウイルス感染により生じます。

免疫がしっかりするためか、大人で発症することは非常に稀です(当院で5人の経験がある程度です)

通常は1・2年で消失するため何もせず経過観察を行います。

少し前まで水いぼがあるとプールに入れてもらえなかったので、当院でもやむを得ず摘除しておりましたが日本臨床皮膚科医会・日本小児皮膚科学会・日本皮膚科学会合同の通達が出た時点でとる『意味』はなくなりました。
放置していても治癒するものを痛い思い、怖い思いを子供にさせるのは私には虐待に思えるのでとることをやめました。 
まだ摘除する医師がいるため混乱しておりますが、混乱は次第に終息しつつあります。 

当院では最近様々な皮膚病に食事療法を提案しておりますが、今回約4週間で水いぼ(伝染性軟属腫)が改善しました。
お母様に写真掲載をお許しいただきましたので、掲載させていただきます。
実際ここまではっきりと改善する方は少ない(私のことを信じて実践してくださる方が少ない)のですが、この方の場合食事療法をしっかり実行していただいた結果だと思います。
放置しても治りますが、1年以上続いてしまうこともあります。
少しでも早く治したいと思われたら橋本クリニックを受診してみてください。
特に次々水いぼが拡がって心配な場合には受診してみてください。


お電話・メール・書き込みでの食事療法の内容についてのお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。 

2017/6/12

2017/6/19

2017/7/14
 

コメント

食事療法でのイボの改善例 その後

2017年07月13日 09時30分00秒 | 皮膚科での食事療法の実例

以前食事療法でのイボの改善例として掲載させていただいた方です。
他の部位にあったイボも治癒したため追加で掲載させていただきます。
わざわざ治ったことを報告に来ていただきました。
掲載もご快諾いただき誠にありがとうございます。

2017/4/27

この時点では食事療法と冷凍凝固のスタンダードな治療を行いました。

2017/6/1

改善しているものの、以前冷凍凝固を何度かしても治癒しなかったため食事療法の継続と別の治療法を希望されました。
そこで手掌の治療と同様、冷凍凝固なしで経過観察することいたしました。 

2017/6/29

手掌の腫瘤は消失したのですが、手指の疣贅は少し悪化したようにも見受けられます。
引き続き食事に気をつけていただくようにしました。

2017/7/9

無事消失しました。 

この方のように冷凍凝固なしでも治る可能性が示唆されました。
もしかしたらイボ(尋常性疣贅)の治療方針を変更(第一選択:冷凍凝固→食事療法)する方が良いのかもしれません。
冷凍凝固に併用して食事の変更を提案しても改善しにくい方もおられるため、もう少し検討が必要なようです。 

食事によりイボが治るあるいは改善する理由は、食事が免疫に影響を与えているようです。
免疫が暴走すればアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬・掌蹠嚢胞症・円形脱毛症などを引き起こし、免疫がサボってしまえば尋常性疣贅やニキビなどを生じるようです。
つまり皮膚病の多くは免疫が何らかの形で関わってしますが、その免疫の働きに異常を来たす原因が食事ということのようです。
その免疫異常の原因である食事を免疫異常を起こしにくい食べ方に改めるということです。
逆に言えば、食事指導をしてくれない病院に何年通っても治らないのは仕方のないことです。 

大変申し訳ありませんが、食事療法に関しての質問・お問い合わせはお受けしておりません。
ご興味がおありでしたら受診してみてください。 もしくは橋本クリニックを受診された方に食事療法について聞いてみてください。
食事指導を2年行っているので、お伝えした方は1000人はこえていると思います(アトピー性皮膚炎・ニキビ・円形脱毛症・乾燥肌など病気は様々です)ので、呉の方であればお友達で聞かれた方も多いと思います。
食事指導の内容は新たな発見により日々更新しています。
2年前の食事指導と現在の食事指導の仕方はかなり異なります。大まかな食事の方針に変わりはありませんが、2017年の半年で2つの発見をしているので細かい内容は日々変わります。
以前私から食事のことを聞かれた方も、改めて受診していただくと最近見つけた食事の仕方を実例を提示しながら説明できると思います。 

今のところ皮膚病を治せる食事療法をしているのは呉市では橋本クリニックだけだと思います。
当院に縁がないのが一番ですが、ニキビ(尋常性ざ瘡)でお悩みでしたら橋本クリニックを受診してみてください
他にもアトピー性皮膚炎、円形脱毛症、尋常性乾癬イボ(尋常性疣贅)水いぼ(伝染性軟属腫)にも有効です。 

コメント

円形脱毛症の食事による改善例

2017年07月12日 09時30分00秒 | 皮膚科での食事療法の実例

円形脱毛症の改善例です。
患者さんのご協力によりブログにアップすることをご了承いただけました。

長年通っていただいている患者さんですが、当初は食事療法を私が知らなかったため通常の治療を行い良くなったり悪くなったりと一進一退でした。
食事による治療法を見つけてからは実践していただいておりました。
調子良かったのですが、悪化したため新たな食事療法を追加し改善しました。

2017/4/13

2017/6/1


2017/7/7

 

 

食事により円形脱毛症が治るあるいは改善する理由は、食事が免疫に影響を与えているようです。
免疫が暴走すればアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬・掌蹠嚢胞症・円形脱毛症などを引き起こし、免疫がサボってしまえば尋常性疣贅やニキビなどを生じるようです。
つまり皮膚病の多くは免疫が何らかの形で関わってしますが、その免疫の働きに異常を来たす原因の一つが食事ということのようです。
その免疫異常の原因である食事を免疫異常を起こしにくい食べ方に改めるということです。
逆に言えば、食事指導をしてくれない病院に何年通っても治らないのは仕方のないことです。 

大変申し訳ありませんが、食事療法に関しての質問・お問い合わせはお受けしておりません。
ご興味がおありでしたら受診してみてください。 もしくは橋本クリニックを受診された方に食事療法について聞いてみてください。
食事指導を2年行っているので、お伝えした方は1000人はこえていると思います。呉の方であればお友達で誰か一人くらい食事のことを私から聞かれた方がおられると思います。
食事指導の内容は新たな発見により日々更新しています。
2年前に行っていた食事指導と現在の食事指導の仕方はかなり異なります。大まかな食事の方針に変わりはありませんが、2017年の半年だけでも2つの発見をしているので細かい内容は日々変わります。
以前私から食事のことを聞かれた方も、改めて受診していただくと最近見つけた食事の仕方を実例を提示しながら説明できると思います。 

この方の場合も昨年の食事の指導の仕方だけでは今回のように悪化してしまいました。
今年見つけた食事療法により写真のように改善しています。
かなりの確率で円形脱毛症は狙いをつけて治せるようになってきました。 

今のところ皮膚病を治せる食事療法をしているのは呉市では橋本クリニックだけだと思います。
当院に縁がないのが一番ですが、円形脱毛症でお悩みでしたら橋本クリニックを受診してみてください
他にもアトピー性皮膚炎、ニキビ(尋常性ざ瘡)尋常性乾癬イボ(尋常性疣贅)水いぼ(伝染性軟属腫)にも有効です。 

コメント

何年も直らなかったイボが改善

2017年07月10日 09時30分00秒 | 皮膚科での食事療法の実例

患者さんにご了承いただきイボの治療の写真を掲載させていただきます。

何年か前にも当院を受診していただき冷凍凝固を行っておりましたが、そのときには食事指導が出来なかったため改善しませんでした。
治らないため諦めておられたそうですが、思い立って受診していただきました。
食事療法により改善し始めています。

2017/6/10


奥にめり込んだような形の尋常性疣贅です。
食事療法を併用するまではなかなか治すことができませんでした。
何とか治そうと一時期切除を試みましたが、再発するため切除は断念し最近では行っておりません。
そんな中で行き着いたのが食事療法でした。 

 

2017/6/17

少し浮かび上がったような印象です。
内部の血管が詰まって点状に赤い斑点があります。
白い部分も少なくなっています。 

 

2017/6/24

かなり薄くなっています。

 

2017/7/1

硬い部分が取れました。
食事療法により人間の身体が本来備える免疫機能が復活してくれたおかげのようです。
まだ周囲に残っているため治療を継続しています。
この方の場合スピール膏の併用は必要がなさそうです。 

 

食事によりイボが治るあるいは改善する理由は、食事が免疫に影響を与えているようです。
免疫が暴走すればアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬・掌蹠嚢胞症・円形脱毛症などを引き起こし、免疫がサボってしまえば尋常性疣贅やニキビなどを生じるようです。
つまり皮膚病の多くは免疫が何らかの形で関わってしますが、その免疫の働きに異常を来たす原因が食事ということのようです。
その免疫異常の原因である食事を免疫異常を起こしにくい食べ方に改めるということです。
逆に言えば、食事指導をしてくれない病院に何年通っても治らないのは仕方のないことです。 

大変申し訳ありませんが、食事療法に関しての質問・お問い合わせはお受けしておりません。
ご興味がおありでしたら受診してみてください。 もしくは橋本クリニックを受診された方に食事療法について聞いてみてください。
食事指導を2年行っているので、お伝えした方は1000人はこえていると思いますので、呉の方であればお友達で聞かれた方も多いと思います。
食事指導の内容は新たな発見により日々更新しています。
2年前の食事指導と現在の食事指導の仕方はかなり異なります。大まかな食事の方針に変わりはありませんが、2017年の半年で2つの発見をしているので細かい内容は日々変わります。
以前私から食事のことを聞かれた方も、改めて受診していただくと最近見つけた食事の仕方を実例を提示しながら説明できると思います。 

今のところ皮膚病を治せる食事療法をしているのは呉市では橋本クリニックだけだと思います。
当院に縁がないのが一番ですが、治らないイボ(尋常性疣贅)でお悩みでしたら橋本クリニックを受診してみてください。
他にも食事療法はアトピー性皮膚炎、円形脱毛症、ニキビ(尋常性ざ瘡)尋常性乾癬、、水いぼ(伝染性軟属腫)にも有効です。 

 

 

コメント

食事療法でのイボの改善例

2017年07月08日 09時00分00秒 | 皮膚科での食事療法の実例

治りにくいイボですが、食事療法により改善が期待できます。
しかも患者さんの希望により途中から食事療法を中心にし、冷凍凝固なしで改善しています。 

4/27 この時点では食事療法を指導し、冷凍凝固を行いました。

 

6/1再診時少し良くなってはいますが、これまで当院・他院を含め何度か冷凍凝固を行っても治癒しなかったこともあり、冷凍凝固を中止し食事療法と他の治療を試したいと希望されました。

液体窒素での冷凍凝固は中止し、内服・外用での治療を開始しました。

 

 6/29 綺麗に消失しています。

まだ他の場所にもイボがあるため食事療法は継続していただいています。

食事によりイボが治るあるいは改善する理由は、食事が免疫に影響を与えているようです。
免疫が暴走すればアトピー性皮膚炎や尋常性乾癬・掌蹠嚢胞症・円形脱毛症などを引き起こし、免疫がサボってしまえば尋常性疣贅やニキビなどを生じるようです。
つまり皮膚病の多くは免疫が何らかの形で関わってしますが、その免疫の働きに異常を来たす原因が食事ということのようです。
その免疫異常の原因である食事を免疫異常を起こしにくい食べ方に改めるということです。
逆に言えば、食事指導をしてくれない病院に何年通っても治らないのは仕方のないことです。 

大変申し訳ありませんが、食事療法に関しての質問・お問い合わせはお受けしておりません。
ご興味がおありでしたら受診してみてください。 もしくは橋本クリニックを受診された方に食事療法について聞いてみてください。
食事指導を2年行っているので、お伝えした方は1000人はこえていると思いますので、呉の方であればお友達で聞かれた方も多いと思います。
食事指導の内容は新たな発見により日々更新しています。
2年前の食事指導と現在の食事指導の仕方はかなり異なります。大まかな食事の方針に変わりはありませんが、2017年の半年で2つの発見をしているので細かい内容は日々変わります。
以前私から食事のことを聞かれた方も、改めて受診していただくと最近見つけた食事の仕方を実例を提示しながら説明できると思います。 

今のところ皮膚病を治せる食事療法をしているのは呉市では橋本クリニックだけだと思います。
当院に縁がないのが一番ですが、ニキビ(尋常性ざ瘡)でお悩みでしたら橋本クリニックを受診してみてください
他にもアトピー性皮膚炎、円形脱毛症、尋常性乾癬イボ(尋常性疣贅)水いぼ(伝染性軟属腫)にも有効です。 

コメント

ニキビの食事療法 治癒例

2017年07月01日 09時00分00秒 | 皮膚科での食事療法の実例

ニキビの食事療法の治癒例です。
患者さんにご協力いただき、ブログ掲載をお許しいただきました。
ご協力ありがとうございます。

初診時の写真です。
市販薬で治療されておられました。 

 

5日目の写真です。
少し赤みが改善しています。
薬が効いています。
この日から食事の仕方を気をつけていただき食事療法を開始していただきました。 

 

13日目
食事の仕方を気をつけていただき始めたおかげで、ニキビが新生しなくなったそうです。
まだニキビ痕の赤みが残っています。 

 

19日目
ニキビは新生しなくなっています。
食事に気をつけていただいているおかげでニキビ痕の赤みが消えつつあります 

 

54日目(約2ヶ月)
かすかにニキビ痕の赤みが残るのみになってきています。 

 

89日目(約3ヶ月)
ニキビ痕の赤みは消失しました。
茶色い色素沈着が少し残ってはいますが、赤みが消えたため終診とさせていただきました。 

 

忠実に私の提案する食事を守っていただきました。
幸いニキビ痕もほとんどわからなくなっています。
ニキビはもちろん、ニキビ痕も食事で改善が期待できます。

他院で3年あるいは5年通院し続けても治らずニキビで悩んでおられた患者さんが、当院に来られて2ヶ月程度で薬がいらなくなった方も何人かおられます。
何故なら食事が原因でその食事の仕方を教えてもらえないから治らない(儲けのために治さない?)だけです。
今のところ全員の方が薬の必要なくなる状態に出来るわけではありませんが、かなりの確率で改善が期待できます。
正確に計算した訳ではありませんが、ニキビ(尋常性ざ瘡)での通院期間は約1~2ヶ月です。軽いニキビであれば2・3週間で薬はいらなくなりますが、炎症が激しいと数ヶ月を要する場合もあります。

大変申し訳ありませんが、食事療法に関しての質問・お問い合わせはお受けしておりません。
ご興味がおありでしたら受診してみてください。 もしくは橋本クリニックを受診された方に食事療法について聞いてみてください。
食事指導を2年行っているので、1000人はこえていると思いますので、呉の方であればお友達で聞かれた方も多いと思います。
食事指導の内容は新たな発見により日々更新しています。
2年前の食事指導と現在の食事指導はかなり異なります。2017年の半年で2つの発見をしているので、大まかな食事の方針に変わりはありませんが、細かい内容は日々変わります。
以前私から食事のことを聞かれた方も、改めて受診していただくと最近見つけた食事の仕方を実例を提示しながら説明できると思います。 

今のところ皮膚病を治せる食事療法をしているのは呉市では橋本クリニックだけだと思います。
当院に縁がないのが一番ですが、ニキビ(尋常性ざ瘡)でお悩みでしたら橋本クリニックを受診してみてください
他にもアトピー性皮膚炎、円形脱毛症、尋常性乾癬イボ(尋常性疣贅)水いぼ(伝染性軟属腫)にも有効です。 

 

コメント

食事療法でのニキビとニキビ痕の改善 その後

2017年06月30日 10時50分18秒 | 皮膚科での食事療法の実例

食事療法でのニキビの改善された患者さんです。
ブログへの写真掲載をご快諾いただきました。
ご協力誠にありがとうございます。 

初診時

1週間後

 

36日後

 

9週間後

11週間後

注目していただきたいのはニキビ痕も改善していることです。
この食事療法を見つけるまでは、ニキビ痕の治療は自費診療となるレーザー治療しか選択枝がありませんでした。
食事療法によりニキビ痕まで改善します。
逆に言えば食事が原因だからニキビは次々出来るし、ニキビ痕も治りません。
食事指導をしてもらえない皮膚科に通うのはもったいないと私は思います。 

この患者さんには食事療法から外れると翌日には悪化することを実感していただいています。
恐らく残り1・2ヶ月で薬はいらない状態になると思います。 

 

他院で3年あるいは5年通院し続けても治らずニキビで悩んでおられた患者さんが、当院に来られて2ヶ月程度で薬がいらなくなった方も何人かおられます。
何故なら食事が原因でその食事の仕方を教えてもらえないから治らない(儲けのために治さない?)だけです。
今のところ全員の方が薬の必要なくなる状態に出来るわけではありませんが、かなりの確率で改善が期待できます。
正確に計算した訳ではありませんが、ニキビ(尋常性ざ瘡)での通院期間は約1~2ヶ月です。軽いニキビであれば2・3週間で薬はいらなくなりますが、炎症が激しいと数ヶ月を要する場合もあります。

大変申し訳ありませんが、食事療法に関しての質問・お問い合わせはお受けしておりません。
ご興味がおありでしたら受診してみてください。 もしくは橋本クリニックを受診された方に食事療法について聞いてみてください。
食事指導を2年行っているので、1000人はこえていると思いますので、呉の方であればお友達で聞かれた方も多いと思います。
食事指導の内容は新たな発見により日々更新しています。
2年前の食事指導と現在の食事指導はかなり異なります。2017年の半年で2つの発見をしているので、大まかな食事の方針に変わりはありませんが、細かい内容は日々変わります。
以前私から食事のことを聞かれた方も、改めて受診していただくと最近見つけた食事の仕方を実例を提示しながら説明できると思います。 

今のところ皮膚病を治せる食事療法をしているのは呉市では橋本クリニックだけだと思います。
当院に縁がないのが一番ですが、ニキビ(尋常性ざ瘡)でお悩みでしたら橋本クリニックを受診してみてください
他にもアトピー性皮膚炎、円形脱毛症、尋常性乾癬イボ(尋常性疣贅)水いぼ(伝染性軟属腫)にも有効です。 

コメント

膿痂疹(飛び火)の治療例

2017年06月27日 12時51分08秒 | 皮膚科での食事療法の実例

今回掲載するのは膿痂疹(飛び火)の治療例です。
薬が著明に効果あり、食事も気をつけていただいたことで再発することなく一気に治りました。
正直に今回のものは食べ方の影響よりも薬の効果の一面が大きいと思います。
患者さんにご了承いただき掲載させていただきます。ご協力ありがとうございます。 

3ヶ月前から症状があり、1週間前より悪化したそうです。
他院で治療されましたが改善しなかったため当院を受診されました。

抗生物質内服・外用で経過観察を行いその後ステロイド剤に変更して治療を行いました。

 

炎症が激しいため、見られた方が驚かれてはいけないので小さい写真を掲載しておきます。

約2週間で治癒し、薬が必要ない状態になりました。
一気に治ったため患者さん御本人にも驚いていただきました。 

コメント

食事療法でのニキビとニキビ痕の改善

2017年06月16日 12時58分59秒 | 皮膚科での食事療法の実例

食事療法でのニキビの改善された患者さんです。
ブログへの写真掲載をご快諾いただきました。
ご協力誠にありがとうございます。 

初診時

1週間後

 

36日後

 

9週間後

注目していただきたいのはニキビ痕も改善していることです。
この食事療法を見つけるまでは、ニキビ痕の治療は自費診療となるレーザー治療しか選択枝がありませんでした。
食事療法によりニキビ痕まで改善します。
逆に言えば食事が原因だからニキビは次々出来るし、ニキビ痕も治らないのです。

この患者さんには食事療法から外れると翌日には悪化することを実感していただいています。

 

他院で3年あるいは5年通院し続けても治らずニキビで悩んでおられた患者さんが、当院に来られて2ヶ月程度で薬がいらなくなった方も何人かおられます。
今のところ全員の方が薬の必要なくなる状態に出来るわけではありませんが、かなりの確率で改善が期待できます。
正確に計算した訳ではありませんが、ニキビ(尋常性ざ瘡)での通院期間は約1~2ヶ月です。軽いニキビであれば2・3週間で薬はいらなくなりますが、炎症が激しいと数ヶ月を要する場合もあります。

大変申し訳ありませんが、食事療法に関しての質問・お問い合わせはお受けしておりません。
ご興味がおありでしたら受診してみてください。 もしくは橋本クリニックを受診された方に食事療法について聞いてみてください。

今のところ皮膚病を治せる食事療法をしているのは呉市では橋本クリニックだけだと思います。
当院に縁がないのが一番ですが、ニキビ(尋常性ざ瘡)でお悩みでしたら橋本クリニックを受診してみてください

コメント

食事療法で尋常性乾癬が改善

2017年06月09日 09時30分00秒 | 皮膚科での食事療法の実例

当院では皮膚疾患に対して食事療法を提案していますが様々な病気が改善しています。
その一つが尋常性乾癬です。食事療法により著明に改善していましたが、再び通常の食事に戻されたら悪化されたそうです。
写真の掲載をご承諾いただきましたので掲載させていただきます。

尋常性乾癬は治らないため悩んでおられる方が多いのですが、他の皮膚疾患同様食事が原因だったようです。
初診時 

 

 

8日後

 

14日後

 

51日後

ホワイトバランス(色の設定)の問題でフラッシュの光が反射して少しわかりにくくなっていますが、画面左側の皮膚はかなり改善しています。
実はもっとよくなってほどんどわからなくなっていたため通院されなかったそうですが、再び食事を通常の食事に戻されたら悪化したとのことで再診していただきました。食事の影響だということをかなり実感されたそうです。 

コメント

診療案内ほか色々リンク

橋本クリニックのホームページ
橋本クリニックの診療案内
院長の顔写真と略歴

治療案内

これまで書いた記事でクリニックに関連しそうな記事・自院ホームページを集めて見ました。
順次追加していきます
ニキビ(尋常性ざそう)治療
イボ(尋常性疣贅)の治療について
脂漏性皮膚炎について
手掌・足底の多汗について
男性型脱毛症(AGA)の治療について
飛び火(伝染性膿痂疹)について
水いぼ(伝染性軟属腫)について
コラム『ステロイドについて』