中小企業の「うつ病」対策ー人、資金、時間に余裕がない

企業の労働安全衛生、特にメンタルヘルス問題に取り組んでいます。
拙著「中小企業のうつ病対策」をお読みください。

全国労働衛生週間

2016年08月30日 | 情報

毎年、紹介してきましたが、このような機会をチャンスとして、御社の労働安全衛生体制を見直しては如何でしょう。
長い年月が経て、会社の経営実態や社内制度等、意外と旧式化しているものです。
今日の法体制や社会通念に応じて、「フルイ」にかけてみましょう。

期間は10月1日から10月7日まで。なお、全国労働衛生週間の実効を上げるため9月1日から30 日までを準備期間とする。
平成28年度 「全国労働衛生週間」を10月に実施

~今年のスローガンは「健康職場 つくる まもるは みんなが主役」~
平成28年7月19日
【照会先】労働基準局 安全衛生部 労働衛生課 課長 武田 康久

厚生労働省は、10月1日(土)から7日(金)まで、平成28年度「全国労働衛生週間」を実施します。
今年のスローガンは、一般公募に応募のあった203作品の中から、
手塚 文雄さん(宮城県)の「健康職場 つくる まもるは みんなが主役」に決定しました。

全国労働衛生週間は、労働者の健康管理や職場環境の改善など、労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに、
職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保することなどを目的に昭和25年から毎年実施しているもので、
今年で67回目になります。毎年10月1日から7日までを本週間、9月1日から30日までを準備期間とし、
各職場で職場巡視やスローガン掲示、労働衛生に関する講習会・見学会の開催など、さまざまな取組みを展開します。
(別添「8.主唱者、協賛者の実施事項」及び「10.実施者の実施事項」参照)

 労働衛生分野では職場におけるメンタルヘルス不調や過重労働、
化学物質を原因とする健康障害などが重要な課題となっています。
このような状況を踏まえて、平成27年12月にはストレスチェック制度が施行されるなど、
改正労働安全衛生法では、化学物質の適切な管理や受動喫煙防止対策などを推進し、
業務上疾病の発生を未然に防止するための仕組みを充実させることとしています。
今年度のスローガンは、これらの課題に対して、労働者自身や管理監督者、産業保健スタッフが一丸となって健康管理を進め、
労働者の健康が確保された職場の実現を目指すことを表しています。

平成28年度全国労働衛生週間実施要綱
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11303000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Roudoueiseika/0000130516.pdf

リーフレット
 http://www.jisha.or.jp/campaign/eisei/pdf/leaflet2016.pdf

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 「ゆう活」公務員 前年比13.7... | トップ | 31日、9月1日は休載です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

情報」カテゴリの最新記事