目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

映画「日本の黒い夏(冤罪)」

2013-09-30 | 映画

この映画は、松本サリン事件で、当初の通報者 河野さんが冤罪で、犯人扱いされた事件。

事件発生は、1994年6月27日。

死者8人・重軽傷者660人を出した事件。

当初は、新聞情報しかなかったので、その当時は、この人が犯人と思っていた。

その翌年3月、東京でサリン事件が発生し、オウムが犯行を自供したため、河野さんの無罪が確定した。

映画は、高校生が、冤罪でないかと地元の放送局を訪ね、この事件に関連する人が吐露しながら、冤罪にならないように対応したかを描いた映画。

実は、この映画、昨日まで、GYAOで公開されていた作品。

昨日の23時頃、今日まで公開を思い出し、夜中にかけて見た映画。

映画の詳細は、ここを参照:

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%BB%92%E3%81%84%E5%A4%8F%E2%94%80%E5%86%A4%E7%BD%AA

松本サリン事件は、ここを参照:

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 

映画では、高校生役の若い遠野凪子さんが印象的だった。

この映画撮影時の年齢は、19歳か20歳。

他の役者も、良かった。

配役が良かった。

 

冤罪の発端には、いい加減な証言が多いこと。

・サリンは、高校生でも、バケツを使って作れると言った教授。

 サリンが簡単にできるかどうかも、数人の化学者に確認すれば済んだ話。

・オウムの人がタクシーに乗車したと思うが、それを河野さんと勘違いして証言したタクシー運転手。

 多分、見たままを伝えたら、そうなったと思うが、乗車した人が河野さんかどうか、タウシーの車内とか、受け取った紙幣や硬貨の指紋を採取しておけば確認できたのに、多分、それをしていなかったと思う。

映画を見ていても、見込み捜査が行われたことが分かる。

この映画では、新聞社は謝罪したが、テレビ局は謝罪していないと言っていた。

ウィキべディアを読むと、週刊新潮は今でも謝罪していないことが書かれている。

 

捜査がいい加減。

取材もいい加減。

一人の被害者が、冤罪となった。

 

何事も、事実に基づいて、対応することが大事。

仮説は、仮説であって、事実ではない。

仮説は検証されて、初めて事実となる。

仮説と事実を同じ土俵に上げて議論しては、いけないということ。

コメント

迷文、何を言いたいのか

2013-09-29 | シンキング

次の文章は、ある人が書いたブログ。

問題:この人は、何を言いたいのでしょう?

私は原発推進に反対の人に、原発推進で暴走している自民党へ、特に比例選では投票しない「落選運動」を呼びかけた。選挙運動とは「特定の選挙に、特定の候補者の当選を図ること又は当選させないことを目的に投票行為を勧めること」と定義されており、落選運動も正規の選挙運動である。今回のネット選挙解禁でツイッターやブログでは呼びかけができるようになったので、初めて試みている。

   |

   |

   ↓

これは、菅元首相のブログです。

http://ameblo.jp/n-kan-blog/archive-201307.html

あるブログを読みながら、その関連を追っていたら、たまたま、菅元首相のブログに辿り付き、そこで、いくつかのブログを読んでいたら、この文章がありました。

3行の文章:

1.私は原発推進に反対の人に、原発推進で暴走している自民党へ、特に比例選では投票しない「落選運動」を呼びかけた。

  → 選挙期間中、この3者に呼びかけたことはよく分かった。

2.選挙運動とは「特定の選挙に、特定の候補者の当選を図ること又は当選させないことを目的に投票行為を勧めること」と定義されており、落選運動も正規の選挙運動である。

  → どうやら、「落選運動」を正当化するための文章である。

3.今回のネット選挙解禁でツイッターやブログでは呼びかけができるようになったので、初めて試みている。

  → 急に、落選運動とは関係ない話をしている。

この論理展開が、菅元首相の頭の中身である。

よくある、理系の人が、何を言いたいのかわからない発言そのもの。

 

落選運動とは、比例区の投票をやめることらしい。

比例区は、個人名も書くが、党名を記入する投票。

普通は、比例区は、民主党を書いてであろう。

この人は、民主党党員ではなかったのか?

意味不明な発言に対しては、なんの説明もない。

 

選挙期間中、推薦していない候補者を、勝手に応援。

しかも、このブログを読むと、比例区は投票するなと言っている。

その民主党は、党員資格停止3か月の処分で済ませている。

これでは、国民が、民主党から離れるのは当たり前。

 

この人のブログは活用できるのではと考えてみた。

菅元首相は、本音をそのまま、書かれるので、民主党の変な動きがわかるから。

しかし、書かれている内容はゴミ情報ばかり。

http://ameblo.jp/n-kan-blog/archive-201305.html

いま日本は森林の蓄積が大きくなっている。建物やバイオマスエネルギーに国産材を使うことで林業を再生する大きなチャンスだ。1000年以上先にまで禍根を残す原発に頼らなくても、日本は十分にやっていけると改めて確信した。

 → 林業再生させると、原発が廃止できる論理がわからない。

   風が吹くと桶屋が儲かるぐらい、論理の飛躍がある。

この手のブログを読むと、ツッコミが多く、イライラが募るばかり。

この人が首相の時、周りは相当苦労したと推察される。

結論:この人のブログは見ないことにする。

コメント

天皇陛下、稲刈りをされた

2013-09-28 | ブログ

昨日(9月27日)、天皇陛下は、皇居内の生物学研究所そばの水田で恒例の稲刈りをされた。

陛下が5月にお植えになったもち米「マンゲツモチ」とうるち米「ニホンマサリ」の稲で、黒い長靴を履いて田に入り、素手で稲の根元を握ってカマで刈り取られた。

陛下はそばにいた側近に「今年はだいぶなってるね」と話された。収穫された稲や米は、11月23日の新嘗祭など宮中の神事にも使われる。

新嘗祭(にいなめさい)は、、天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に進め、また、自らもこれを食して、その年の収穫に感謝する。

新嘗祭の詳細は、ここを参照:

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%98%97%E7%A5%AD

コメント

韓国の新聞記事を翻訳して読んでみる

2013-09-28 | 韓国

大邱新聞(9月16日)の記事。

ハングル語で書かれているが、インターネットの翻訳ソフトがある。

試しに、Google翻訳で翻訳した新聞記事:

http://www.idaegu.co.kr/news.php?mode=view&num=108559

(そのまま、翻訳した日本語訳です)

オピニオン社説

継続ダミーだけに教える日本の歴史教科書

(継続ダミーでは、わかりにくいので、<嘘だけを教える日本の歴史教科書>としてください)

去る3月、日本の文部科学省の検定を通過した日本史の高校の教科書が韓国史と関連の内容で全方位的に歴史事実を歪曲述べたことが分かった。これらの教科書が任那日本府をはじめ、慰安婦問題など、韓国に関連するほぼすべての部門で、事実とは異なる虚偽を述べているということだ。日本の教科書のある慣行が福島原発汚染水の流出が制御できない状態なのに"原発汚染が制御されている"と嘘もする安倍首相とも似ている。

このことは、民主党バクホングン議員室が北東アジア歴史財団に依頼して高校日本史教科書の翻訳、分析した結果から明らかになった。 15日に発表された分析結果によると、政府検定を通過した高校の日本史Aの3種と日本史B 6種など9種の歴史教科書はほとんど全部の歴史歪曲記述されているという。その教科書は、さらに、日本の良心ある学者によっても認められている事実も歪曲していた。

最も目立つ歪みは任那日本府である。これは、古代日本が韓半島南部を攻撃して百済、新羅、伽揶を支配したという主張として、過去の韓国侵略を正当化するためのツールとして使用されてきた。古代国家の形成が韓国よりはるかに遅れた日本がどのように韓半島南部を支配したというのか。むしろ百済貴族が日本の王になったという記録が残っている。さらに、 2010年3月の韓日歴史共同研究委員会は、 "任那日本府は事実ではなく廃棄に合意する"という発表までした。このような任那日本府を歴史的事実として教える教科書がまだ日本にいます。

歴史共同研究委員会は、文禄の役にも"日本が内部矛盾を解決するために起こした戦争"と合意したことがある。それでも、いくつかの日本の教科書は、壬辰倭乱が朝鮮の朝貢を拒否し、明侵攻非協力からは起こった戦争だと、その責任を韓国に転嫁している。慰安婦問題も強制徴用の事実を隠蔽したまま、彼らは自分集まったと記述した教科書もある。日本の国権侵奪に対抗した東学農民運動を農民の反乱"や"反抗"と明示した教科書もある。創氏改名や朝鮮の土地調査事業なども歪曲されていることは同じだった。

日本がこのように歪曲された歴史を子孫に教え果たして何を得ようとしていることを理解することができません。日本が歪曲された侵略の歴史を子孫に教えて後日戻って周辺国を侵略する意図がない限り、このような歴史歪曲はあることができないことである。私たちがいくら抗議しても、日本は馬耳東風である。日本の歴史歪曲には、韓国と中国を含めて、フィリピンなど東南アジアのすべての戦争被害国が連合して対処することを検討しなければならない。

以上

翻訳後の日本語は、結構、読める。

英語翻訳よりも翻訳の精度が高い。

逆に英語ほど、単語に豊富な意味や言い回しがないとも読み取れる。

 

さて、この社説には、具体的な部分は、省略されている。

・全部の歴史歪曲記述されているという。

 → 具体的には、何をさしているのか

   多分、文禄の役(韓国では壬辰倭乱)、慰安婦問題、強制徴用だと思うが、本当に合意したのか。

・その教科書は、さらに、日本の良心ある学者によっても認められている事実も歪曲していた。

 → 良心ある学者とは誰か

    認めらている事実とは何か

 

韓国のこの手の内容には、具体性がない。

 

この社説には、次の言葉がある。

「日本が歪曲された侵略の歴史を子孫に教えて後日戻って周辺国を侵略する意図がない限り、このような歴史歪曲はあることができないことである。」

この日本を、韓国と読み替えると、韓国の考えがわかる。

つまり、歪曲はなくても、「韓国は、日本から侵略された歴史を子孫に教え、日本は侵略してくると意図して、歴史教育している」と言っているように読める。

日本が韓国に侵略するには、何か理由があるはず。

それは、なんだという議論はない。

現象だけを言っている。

それも、秀吉の時代の文禄・慶長の役(ぶんろく・けいちょうのえき:1592年から1598年)まで持ち出している。

でも、日本に攻め込んだ元寇は、韓国では教えない。

このことをもって、同じ言葉を返したい。

「韓国が歪曲された侵略の歴史を子孫に教えて後日戻って周辺国を侵略する意図がない限り、このような歴史歪曲はあることができないことである。」

コメント

韓国が、対馬の仏像を返す?

2013-09-28 | 韓国

今日のニュースによると、対馬から盗んだ仏像を韓国が返却するとした。

昨日(9月27日)、下村博文文部科学相は、日中韓文化相会合に出席するため韓国南西部、光州を訪問し、中国の蔡武文化相、韓国の劉震龍(ユ・ジンリョン)文化体育観光相と相次いで会談した。

下村氏は劉氏との会談で、長崎県対馬市から盗まれた仏像2体の返還を要請、劉氏は韓国政府として返還に向けてきちんと対応していくと応じた。

会談後に下村氏が記者団に明らかにした。(光州=共同)

 

やっと、普通の国家になったかと感じさせる記事であるが、本当かと言う声もある。

・返すと言っているが、100年後ではないか

・コピーが得意なので、今、せっせと複製品を作っていて、それを返すのではないか

・韓国の国内経済が悪いのに、反日の象徴である仏像の返却を言い出して、韓国民を納得させることができるのか

と言う、いろいろな議論がある。

 

韓国政府には、言うべきことを言って、国際社会に訴えるしかない。

竹島問題も、正当性があると言うなら、国際司法裁判所で争ったら良い。

どういう訳か、その点を突くと、言葉が濁す。

韓国政府も正当性がないことを認識していると考える。

ロジカルでない証。

 

竹島が韓国の領土「だったら良いな」という、ファンタジー国家。

竹島は、ドサクサに紛れて占領した。

正当性があるなら、何故、ドサクサに紛れて占領したのか。

答えは、明白である。

コメント