目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

希望の党は健闘しています

2017-10-28 | 政治

今、メディアでは、希望の党が批判されていますが、それは、反安倍首相、反自民党批判ができないメディアの矛先が変わっただけです。

実際は、立憲民主党を持ち上げ、希望の党を批判しているだけです。

では、選挙結果は、どうだったかを、総務庁発表の比例区の得票数を見ます。

http://www.soumu.go.jp/senkyo/48sansokuhou/index.html

 

自由民主党は、約1850万票。

立憲民主党は、約1100万票。

希望の党は、約970万票。

公明党は、830万票。

共産党は、440万票。

日本維新の会は、340万票。

日本社会党は、90万票です。

 

希望の党は、970万票も集めています。

どこが問題と、元民進党議員が言っているのでしょうか?

2014年の民主党の比例区の得票数は、980万票です。

今回は、立憲民主党と希望の党を合計すると、2070万票となります。

分党することで、数が増えています。

(割を食ったのは、日本維新の会(840万票)です。)

つまり、小池さんが作った「希望の党」は、健闘していました。

メディアの取り上げ方を基準に判断してはいけません。

また、希望の党で当選した議員が、小池党首を批判していますが、希望の党が嫌なら、希望の党の議員を辞めれば良いだけです。

特に比例区当選議員は、次点の候補が繰り上がるだけです。

誰のお蔭で当選したことを忘れるような議員は、信頼に値する議員とは言えません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 共産党の敗北 | トップ | 昔の野菜には虫がいたのに、... »
最近の画像もっと見る

政治」カテゴリの最新記事