目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

先が読めない毎日新聞の記者(愚問)

2013-09-15 | シンキング

新聞記者なので、こういう質問をしたら、こう言ってくるだろうぐらい考えて質問をするべきである。

それができなかった、悲しい新聞記者の問答は、こちらの映像:

http://www.youtube.com/watch?v=bNnYrXQeoe0&feature=em-hot-vrecs

質問の趣旨は、今年の5月27日の外国人特派員記者会見で、毎日新聞社の記者が、社会人としては有り得ない言葉(ちゃんと答えろや、それは何度も聞いた)を発したが発端だったらしい。

毎日新聞社内の調査(録音、その場にいた記者に確認)では、そんな発言はなかったとなった。

だから、橋下市長、謝ってくださいと問い質した。

しかし、これは、その会場にいた人から情報を頂いた(他の記者からのご注進)ようだ。

それは、橋下市長も認めている。

毎日新聞の記者は、その情報源を教えてください(その記者の名前はわかりますか?)と次の質問をしたが、この時点でアウト。

同じ質問をその記者自身にしてみて、答えられるかどうか考えたら、答えられない質問。

そんなこと、橋下市長が教える訳がない(情報源のこともありますので、答えません)。

ここで、墓穴を掘った。

毎日新聞の腕章をしていた訳ではないので、どうして毎日新聞記者とわかったか?

毎日新聞は、記者の顔と名前がわからないような新人記者を送り込んだのか?

普通は、顔と名前は分かるでしょう。

私も、競合の他メーカーに顔と名前が知られており、そのメーカーの部長にあった時、「最近、全国各地を飛び回って、お忙しいですね」と言われたことがある。

この質問をしているところを見ると、毎日新聞は隠密を雇ったようだ。

だから、暴言を言ったのかとも思ってしまう。

毎日新聞記者は、「僕の方からは事実誤認と指摘しておきます。」

ここで終わりかと思ったら、また、愚かな2回目の質問(根拠を教えてください)。

橋下市長は、「情報源は言いませんけど、取材してください」と回答。

 

頭の良い人は、土俵を変えることが得意。

橋下市長は、以前の毎日新聞の報道(慰安婦のことで、法的責任を表明へとWEB版では掲載した)について、事実誤認だと質問を返した。

土俵を変えた。

「本人に確認すれば良いのに、確認しないで掲載したのは、どうしてか」と聞かれた。

更に、「何の訂正も何もないですけれど」と追求した。

「記事を書く時に、もう一寸配慮した方が良いのではないですか」と諭された。

そんなこと、この記者が話せる訳がない。

反論できないし、ごめんなさいと謝ることもできない。

 

結局、両者、謝らない点では、同じ状態になった。

こんな人が記者なら、政治家に、鋭い質問はできない。

この質問をしたら、次はこう回答してくるだろう。

そしたら、次はこう質問しようと考えるのが、普通の人。

ビジネスマンでも、この程度は考えて質問している。

ましてや、新聞を作成している記者なので、二歩も三歩も先を読んで質問して欲しい。

阿呆な記者の無様な映像でした。

 

インターネットの時代になり、記者のこういうやり取りが見える。

良い時代になったと思っています。

記者は、もっと考えて質問して欲しい。

私の大學時代の教授は、こう言った。

「質問には、愚問と質問がある。

愚問とは、こんなことも知らないのかと相手に分からせてしまう質問。

本当の質問とは、この人、鋭くて、本質をついており、相手にこの人は勉強しているなと思わせる質問。

社会人になったら、愚問を発してはいけない。質問しなさい。」

この記者も、上司から指示されて質問していると考えるが、途中で愚問と気づいたら、その後の愚問は止めるべきだった。

それが、できなかった悲しい記者の映像でした、

コメント   この記事についてブログを書く
« ルーヴル美術館展を観賞 | トップ | 具体性のない質問は、時間の無駄 »
最近の画像もっと見る

シンキング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事