目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

紛らわしい名字の私なりの表現

2018-02-22 | ブログ

社員、お客様等、色々な名前の人と知り合いました。

同じ名字でも、漢字が異なる名字が結構あります。

その時の私の表現は次の通りです。

橋さんの場合は、ラダー髙橋さんと呼んでいます。

ラダー、つまり、梯子の髙橋さんです。

泉(いずみ)」さんの場合は、「わいずみ」の「いずみ」さんと呼びます。

藤さんの場合は、「(真ん中)Yの字」または、(やいば)の「さいとう」さんと呼びます。

荒井さんの場合は、「荒っぽい」「あらい」さんとよびます。実際は、優しい人が多いです。

 

名字の場合は、旧字表記が正しい名字と言う人が多いですね。

さん、部さん・・・・。

 

名前に興味を持つと、面白いですね。

 

追記:

個人的な見解ですが、九州出身者には、珍しい名字が多い気がします。

邪馬台国の九州説もありますが、帰化人が多かったので、珍しい名前になっているのかなと考えています。

コメント