HTCハルチタン

健やかな体 晴れやかな心
体の痛みと心の痛みを取る「ハルチタン」

ハルチタンの情報公開と取扱説明をします

年末年始の胃腸の不調は「ハルチタンチップ」で癒やす

2019年01月07日 | ハルチタンチップ
日常のストレスは、頭部や首、肩周辺だけでなく、腹部インナーマッスルの「コリ」としても蓄えられていますので、
それが、胃腸の不調の原因にもなっています。

ストレスによる腹部インナーマッスルの「コリ」の癒やし方

白線(はくせん)」に外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋の腱膜が左右方向に引っ張りあって接合しています。


「ぜんぶわかる人体解剖図」 成美堂出版より
赤ポチは、チタンチップを貼る参考箇所。
しかし赤ポチ部分にかかわらず、押して痛い箇所=圧痛点に、どんどん貼ってみてください。


ストレスによる腹部インナーマッスルの緊張は、
腹壁の正中線上にある白線に外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋の腱膜が左右方向に引っ張るように接合していますので、
白線上はもちろん左右に広がる部分にも「圧痛点」が表れます。
(当然、暴飲暴食をすれば、その重みで白線部が左右下方向へ引っ張られ「コリ」や痛みの原因にもなるわけです)

そのようなときは、「ハルチタンチップ」を一枚ばりのシールで「圧痛点=押して痛いところ」すべてに貼ってみてください。
思いもよらないストレスの緩和と合わせて、胃腸全体の調子も改善します。

体験例ですがハルチタンチップの枚数にすると、10枚を超えるかもしれませんが、
「圧痛点」全てに躊躇することなく40枚以上貼って「腹部の緊張が解けてお腹全体が温かくなって、呼吸まで楽になった」おまけに回盲部に何枚も貼って「便通まで良くなった」
と私に報告してくださった方がおられました。
(その後の電話では、胃腸の調子が癒やされたら、なかなか治らなかった「口角炎」まで治癒したそうです)

今まで意識することなく、蓄積していた精神的ストレスによる腹部のインナーマッスルの緊張が開放され、身も心も楽になられたことでしょう。

また、腹部インナーマッスルのストレスが解けたあとも、時々チェックして、腹壁の白線上の「圧痛点」を探してハルチタンチップを貼って癒やしてください。

私個人の感想ですが、場合によっては「ハルチタンチップ」は、胃腸の調子を整えることに関して言えば、どんな薬をも超える力を発揮することもあります。


使用例 ダイソーの張替え用シール(8mm用 36枚付)

圧痛点とは
指で押して痛みが強いポイントが「圧痛点」です。

みぞおち辺りに不快感のある方の、「ハルチタンチップ」の貼り方
飲み過ぎ食べ過ぎで、みぞおち辺りに不快感がある人は、みぞおちを押すと圧痛があると思います。
その「圧痛点」に「ハルチタンチップ」を貼って、次に「白線」に沿って下へと押してみてください。
「圧痛点」があったらそこにも貼ってください。
次に左右を押してみて「圧痛点」があれば圧痛があるところ全てに貼ってみてください。
翌日には、みぞおちの周辺は軽くなっています。

個人差はありますが、長年の胃の不調まで消えてしまう方もおられます。
中には、みぞおちの周辺が軽くなると、頭痛や肩こりまで緩和してしまう方もおられます。

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 目次  | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ハルチタンチップ」カテゴリの最新記事