脊髄腫瘍闘病記・ま~ちゃんのつぶやきエトセトラ

夫が脊髄腫瘍星細胞腫G4で、T2で脊髄を離断。残念ながら丸2年後に、亡くなりました。闘病中→その後を書き綴ります。

30年ぶりに・・・

2018-02-27 20:05:03 | Weblog


  今日は表参道の伊藤病院の受診日だった。

  受付をして15時~の診察なので時間があったので、伊藤病院の奥の奥にある隠れ家みたいな和食店に行った。


  

  


  とっても美味しかった。


  でも、食べ終わってもまだまだ時間がある……


  そうだ!!原宿の竹下通りの端っこにあるクレープ屋さんに行こう!!!


  と、思い立って、歩きだした。転ぶのが怖かったから端っこを歩いた。


  



   じゃーーーーーん!!ラフォーレ原宿。まだあった……汗


  


   お目当てのクレープ屋さん。若い頃よく食べた(笑)


  


   竹下通り。


  


 とこんな感じ。



  伊藤病院での受診内容は、わたくしの病気は薬を飲んで気長に治るのを待つしかない。とのことだった。


 「せんせーーー、治るんですよね???」「わたくし、辛いんですーーー」「せんせーー、お薬飲めば治るんですよねーー」


  と、何度も何度も懇願するわたくしを看護師さんは笑っていたけれど先生は真剣に「治ります」と静かに答えてくれた。


  ただし、よくなるのに何カ月かかるか…まぁ、3カ月単位だと言われた……


  「えぇーーーー!!!」「3カ月単位でじゃないと治らないんですかーーー」「むりーーーー、」

  「だから、先生、わたくし、ものすごく辛いんですー、マラソンしているみたいにハァハァするんですーー」

  「早く治して下さいーーー」と言ったが、「貴女の病気はそういう病気だから」と優しく言われた。

  「分かりました。先生の仰る通りにお薬を欠かさず飲みます、向井先生にも宜しくお伝えください」

  と言って診察室を出た。不完全燃焼。。。

  切って治る病気じゃない。これって初めてだ。今までは外科手術で完結してきた。

  痛くて、苦しくて、慢性疲労なのに、3カ月単位での治療とか言われて、、、泣きたい。


  娘の出産があるので2週間後に来なさいと言われたけれど3週間後にしてもらった。



  でも、30年ぶりに食べたクレープは30年前と同じく、とっても美味しかった ↓


  では、、、ごきげんよう
                         にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へにほんブログ村




因みに伊藤病院でのわたくしの担当医は、、、高見 博先生

プロフィール
         
慶應義塾大学医学部卒
帝京大学医学部外科教授
同大学主任教授
慶應義塾大学医学部講師
東京大学大学院臓器病態外科学講師
伊藤病院特別顧問    ← ここ!伊藤病院の特別顧問なのです……
医学博士

日本甲状腺外科学会理事長
日本内分泌外科学会理事長

日本内分泌学会関東甲信越支部元支部長    
日本甲状腺学会理事       
日本外科学会理事
日本消化器外科学会指導医・専門医

アメリカ外科学会フェロー
アメリカ内分泌外科学会会員
万国外科学会会員
日本内分泌学会理事
国際内分泌外科学会理事
アジア内分泌外科学会理事
日本内分泌病理学会理事
日本内分泌・甲状腺外科学会専門医







  
コメント (6)

お礼を言いたかった・・・

2018-02-24 19:14:35 | Weblog


   救急車を呼んで、声を掛け続けてくれた女の子にお礼が言いたかった。

   救急隊員の人にどちらのどなたですか?と聞いたが、分からないと言われた。

   血だらけのわたくしを、一生懸命介抱し、救急車に乗せてお別れになってしまった女の子に

   もう一度だけ会いたい。

   会って、あの時は本当にありがとうございました。と言いたい。




   怪我をした翌日が最高潮に傷が痛かった。

   今は、傷の痛みより打撲の痛みの方が強い。


   「根性」


   怪我をした翌日から仕事に出てる。今日も出勤した。


   子ども達にも念のため怪我をした事を伝えたが、仕事は休みません。と言い切った。

   娘はもう直ぐ母になる。逃げ出したくなる時もあるだろう。でも、向かって行って欲しい。

   息子は、いつかは家長になる。逃げ出したくなる時もあるだろう。でも、向かって行って欲しい。


   物言わず母の背中を見て欲しいと思った。




   伊藤病院での検査の結果、病名は

   「無痛性甲状腺炎」


   薬を出されたので経過観察に来週火曜日に再診に行く。


   甲状腺は女性の病気というイメージがあったが男性も沢山いた。

   


   ということで、きょうはこれまで。


   では、、、


         ごきげんよう

    追記、怪我をして8針縫い、血だらけのベージュのダウンを着て地下鉄に乗った時
       全員から注目された。物々しい、、、異様な姿であった。。。




     
コメント (2)

泣いて泣いて泣いた・・・

2018-02-21 19:25:40 | Weblog



   昨日は表参道の伊藤病院に初診に行って来た。


   ところが、、、


   行こうと思って駅に向かって歩いていたら(脚が痛いから引きずっていた)


   脚が絡んで、左側にバタンと転倒した。

   頭と顔を強打したため、いたーーい、と左手でこめかみのあたりを触ったら

   血がどばーーーーーっと出てきて、動けなくなった。タオルをバックから出して止血したが

   そのタオルから血が滴った。


   「だれかぁ~~、助けて下さい~~」

   「だれかぁ~~、助けて~~~」と声を出した。

   
   しかし、無情にも道行く人々は通り過ぎて行った。

   車はクラクションを鳴らしてわたくしの横を通り過ぎた。

   70歳位のご婦人が「転んじゃったのね?あらぁーーースゴイ血。嫌だぁーーー」といって逃げて行った。

   
   悲しくて悲しくて、泣いた。泣いて泣いて泣いた。血と涙がごちゃ混ぜになった。


   「えーーーん、えーーーーん、誰か助けて~~」とずっと言ってたら、、、


   一人の女性が「救急車を呼びましょう、大丈夫ですよ」と声をかけてくれた。

   見ると、俗に言う、ヤンキーの17~18歳の金髪にミニスカートの女の子だった。

   救急車が来るまで、ずっとずっと、声を掛け続けてくれた。


   徳洲会 千葉西総合病院のER(救命救急)に運ばれたわたくしは、色々検査した後

   傷を8針も縫った。



   8針も縫ったが、向井先生に電話して「今から伊藤病院に行きます」と言って

   血だらけのベージュのダウンジャケットを着て電車に乗り表参道まで行った。


   ひとまず、今日の所はここまで。。。


   伊藤病院での診察等々の内容はまた、後日記事にします。
 
   来週の火曜日に又、伊藤病院を受診する事にはなっている。



   では、、、


         ごきげんよう
コメント (18)

伊藤病院

2018-02-18 19:02:21 | Weblog


甲状腺の受診予約が来月で、、、

待てないと思って向井先生にメールした。

直ぐに電話がかかって来た。


「僕の知り合いで伊藤病院の顧問をしている医師が居る。

 直ぐに連絡を取ってみるから待ってなさい」


と言われ、待っていたら昨日の夕方電話がかかって来た。


「20日の火曜日13時、伊藤病院へ行けば大丈夫」

「貴女の事、ご主人の事から全部話してあるから」

「98%、バセドウ病」


と言われた。。。。。


   疲れが取れない、倦怠感と、体が痛かったり、暑かったり、、、

  「バセドウ病」なら、納得できる。


と言う事で、、、2日後の火曜日、伊藤病院で初診を受ける。

ということは、、、慶應病院の内分泌内科の予約は蹴るということ。。。



   では、、、、



            ごきげんよう


  追記、、本当に向井万起男先生にはお世話になるばかりである。
      この感謝の気持ちをどう伝えたらイイか見当もつかない。
      
      先生、本当にありがとうございます。



コメント (6)

また、回された・・・

2018-02-16 17:56:06 | Weblog



    検査結果を聞きに慶應義塾大学病院の膠原病・リウマチ内科に行って来た。


    
    結果は「白」


    膠原病でもリウマチでもなかった。


    検査結果でとんでもない数値を出した。


    「甲状腺機能」の数値。


    通常の数値の桁違いの数字……



    で、腎内科・内分泌科の予約を取って帰宅した。


    リウマチ内科の先生に今日受診できるように紹介して。と頼んだが断られた(泣)


    来月の8日に予約が入った。


    この痛みを長期で我慢するのは本当に辛い。夜眠れない位痛い。。。



    今回も、「向井マジック」を使うしかないと思っている。



    では、、、


          ごきげんよう






コメント

今日は何の日?

2018-02-11 20:31:12 | Weblog



     


     



   お花が届きました。。。



   今日はわたくしの52回目のお誕生日です~~~^^。




   なんか、、、うれしくない・・・



   では、、、


         ごきげんよう




コメント (12)

タッピング

2018-02-08 14:29:34 | Weblog



全身の痛みが続き、未だ病名は分からず……

慶應病院に通い詰め、今は膠原病・リウマチ内科の検査結果待ち。。。

メンタルクリニックにも行ってみた。


自分で「線維筋痛症」ではないかと言ったら

動きに連動しない痛みが線維筋痛症であり、わたくしの場合

動くと痛いから違うだろうとの事。。。

しかし、そこでTFTと言うツボ押しのルーティーンを先生に教わった。

手の甲や、心臓上、鎖骨等を”タッピング”しながら、目を動かしたり

ハミングをしたりする。通しでやって2分くらい。

「どうですか?痛み?」と先生に聞かれ、、、


椅子からすっくと立ち上がったわたくし。。。痛くない。

痛くて痛くて、おばあさんみたいに腰を曲げてやっと立ち上がっていたわたくしが、

すっと、何の痛みも感じず、腰も真っ直ぐに立った。


東洋医学のツボ押しを取り入れたもの。と説明されたが、何とも不思議な体験だった。


と言う訳で、まだ体中が痛いので、、また、しばらく、記事の更新は難しいかも……


今までの無理が祟って、一気に崩れ落ちる感じ……


もう直ぐ孫が産まれるのだから、それまでに完全に直したいと思っている。

完全復活は、、、まだ先。。だと思う。ガックリ……


では、、、また、、、



       ごきげんよう




コメント (6)