脊髄腫瘍闘病記・ま~ちゃんのつぶやきエトセトラ

夫が脊髄腫瘍星細胞腫G4で、T2で脊髄を離断。残念ながら丸2年後に、亡くなりました。闘病中→その後を書き綴ります。

謝辞

2016-12-31 18:41:29 | Weblog




今年最後の仕事を終え帰宅した。


  今年一年、本当によく頑張ったと思う。


  来年も、違った意味でベクトルを上げたいと思っている。


  人生のステージを、、、上げる。



         




 読者のみなさまへ


 本年中は大変お世話になりました。

 皆様から、応援、声援、、いつも賜り、、

 そして、ご心配、労いの言葉に支えられ、なんとかこの一年過ごす事が出来ました。


 こころから、、こころから、、感謝申し上げます。


   ありがとうございました。


  来年も、変わることなく、ご支援賜れますと幸いに存じます。


  2017年が皆様にとって佳き一年になる様、こころからお祈りしております。


  では、、、佳いお年を。。。




                                 ごきげんよう
                        にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ -->
コメント (4)

ことしさいごのひ

2016-12-31 07:19:30 | Weblog

  2016年12月31日。

  今日で平成28年は終わる。大晦日の今日。朝日が輝いている。


  この一年を総括して、この一年を振り返ってみた。


  今年はよく働いた年だった。

  娘も息子も健康で、無事に、そして、、、よく育ってくれた。

  昨年暮れに慶應義塾大学病院で胆嚢全摘術を受け、へろへろだった年末を思えば

  今年は、元気元気。体調万全の大晦日だ。

  一年の年頭に掲げた抱負は完璧にクリアしたと思っている。

  よって、100点満点の一年だったと言い切れる。


  明日から2017年、平成29年になる。

  元旦に、恒例の「今年の抱負」を息子と語ろう。


  娘は今朝早く、印度に旅立った。。何故に印度???

  帰国は4日の朝だって言ってた。。無事に帰って来て下さいね^^。


  息子は受験真っ只中。

  昨日、来年4日に床屋さんの予約を入れた。

  試験が始業式の翌々日。始業式の翌日にわたくしと共に、志望校に向かう。

  現地に一泊して、翌日が試験日である。。

  あぁーーーーー、、、、、合格しておくれーーーーー(泣)


  わたくしは、これから今年最後のケアに向かう。仕事納め。。

  息子に同級生のお蕎麦屋さんに行こうと言ったら嫌だときっぱり言われた。

  大晦日の夕食は、、、カップ麺のお蕎麦かも知れない。。。ガックリ・・・(汗)


  帰宅して、ほんとのほんとに今年最後の記事をUPしよう。

  ひとまず、身支度と最小限の家事をしてからケアに行ってまいります。










   では、、、

                                 ごきげんよう
                        にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ -->
コメント (10)

しょうどうがい

2016-12-30 16:04:07 | Weblog



  お花屋さんに行って来た


   夫へのお花


             



   思わず、、、酔った勢いで衝動買いしたシクラメン


             



  新種のシクラメンで“葡萄”って言うんだって・・・


  そしたら、行きつけの花屋さんだったのでこんなものをくれた。


             



   毎年、東京ドームで開催される「世界のらん展」の割引券。



  2月11日から。。わたくしの誕生日ではないか


  これは、行くしかない


  蘭は大好き。一番好きなお花だ。優美で豪華で、、、

  シンビジウムや胡蝶蘭の鉢を、いつも、リビングと玄関に置いていたのはいつだったっけなーーー???


  来年、ひとつ、お楽しみが出来た


  ということで、自転車漕いですっかり酔いがさめたので、、大掃除の続きをします


  では、、、


                                   ごきげんよう
                          にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ -->
コメント (8)

いっぷく=いっぱい

2016-12-30 15:17:17 | Weblog


    んがーーーーー!!!!!

  朝から家族総出で大掃除


  娘は、どっかに逃げて行った
  明日から海外なので今日中にしなければならない事があるようだ


  息子と2人黙々と大掃除


  朝食も食べ忘れ、、、息子に「腹減った」と言われ、、、

  近くの中華屋さんで定食を食べて帰宅。


  で、またまた、大掃除

  だいぶ、きれいになって来た

  わたくしの机の上を片付けて、、ほっとひと息。

  一服しようと、お湯を沸かしたが、、、


  いっぷくが一杯になってしまった

 
  美味しい


  あともう少しで、終わる。っていうか、、、夕方だな終わるのは……


  余力を残して、、区切りをつけたいと思っている。


  明日は仕事だから、、、


  あ!!!お花屋さんに行ってない


  呑んじゃったから、、、今から自転車で行って来る乗れるかしら???


  自転車は飲酒運転にならないのかな?????


  まぁ、深く考えず、、、大急ぎで行って来る


  では、、、また、、、



                               ごきげんよう
                      にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ -->
コメント

やりのこしたこと

2016-12-30 08:09:14 | Weblog


   冷え込んだ朝です。


  昨夜から、今年一年で何かやり残した事はないだろうか?


  と、考えて、真っ先に思ったのが、、、


  「社交ダンス」だった……


  今年は一度も踊っていない。。。


  ドレスはクローゼットにずらーーーっと並んでいるし、、、

  靴もいつも、見える所に出して、湿気がこもらない様に手入れしてた。。。


  失敗したーーーー


   ホセ様と三浦君のリサイタルは秋に一気に堪能できたけれど、、、


  ダンスが……


 
  来年の抱負の中に「社交ダンスに復帰する」を入れたいと思う


  今日は一日、雑用に追われる。。


  では、、、また、、、



                             ごきげんよう
                    にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ -->
コメント (6)

ちょっとちょっとーーーー

2016-12-29 22:16:15 | Weblog


  読者の徹哉さんが凄い動画をコメントに貼り付けてくれました。


  見てビックリ!!聴いてビックリ!!!の一曲です。


マイケミカルロマンス 「Welcome To The Black Parade」





My Chemical Romance - "Welcome To The Black Parade" [Official Music Video]




  

    では、、、おやすみなさい。

                                 ごきげんよう
                        にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ -->
コメント (4)

そばふく

2016-12-29 21:54:26 | Weblog

  
今日は年末の大渋滞に捕まり、ケアに遅刻すると思って事業所や管理者、サービス提供責任者、

  そして、社長にまで、ひっきりなしに電話したが誰も出てくれなかった。。。

  でも、ジャスト15時に到着し、胸をなでおろした。。。


  予想できたので余裕を持って家を出たんだけれど、、甘かった。。。


で、、21時までケアで、帰宅する道中は、、

  とてもしずかな夜だった。。。道路も空いてて、昼間の渋滞が嘘のようだった。



  今年もあと2日で終わる。

  昨年の今頃は胆嚢全摘術を受け、クリスマスイヴに退院し、、、

  自宅静養中だった。

  年末年始も、ずっと静養していた。

  仕事は2月末まで休んだ。


  11月までは6日しか休んでなかった。。
  
  そのツケが12月に回って来たと思った。

  仕事自体は休みを取っても、その日に資格取得のための講座や勉強、実地研修に動いていたので

  自分の体は休んでいなかったのだ。

  6日間の休みも、純粋な休みではなくプライベートで動いていたので

  ほんと、365日休みが無かったと言ってもイイと思う。


  今年はというと、、

  3月以降は動きに動いた一年と言えると思う。

  仕事が中心ではあったが、母として家長として、ヘルパーとして、そして、人として、、、

  よく頑張った一年だったと自分を褒めてあげたい。

  年頭に一年の抱負を家族で言い合った。わたくしは「健康に留意する」「健康を維持する」と宣言した。

  これは、忙しいながらも、守ったと思うし、到達したと思う。


  まだ、31日まで日があるので、2016年を総括してよく思い出し、よく考え、、

  31日の夜には「この一年を総括して」という様なお題で記事を書きたいと思う。


  来年は、また違った意味で動く年となると思う。


  まず、一番大きいのは、、、息子が家を出る事かな……


  そんな事を考えながら、、、帰宅した。


  明日は仕事は入っていないが、、年末にしなければならない事を一気に一日で終わらせる。

  31日は8時間の通常ケアに入る。帰宅すれば疲れて何もできないだろう。

  せめて、年越し蕎麦を食べたいと思うが、娘は海外に飛んじゃってるし、、、

  息子と二人、、、仕事から帰宅して台所に立つのはしんどい。←これはいつもの事。。。

  我が家の近くに「そば福」というお蕎麦屋さんがある。

  息子の小学生時代の同級生のお店だ。そうだ、そば福に行こう。。。


  そんな感じの29日でした。


  では、、、おやすみなさい。。



                                  ごきげんよう
                         にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ -->
コメント

この記事が過去最高の訪問数

2016-12-29 07:33:38 | Weblog


   昨日、ブログ開設3333日という事で、断続的に常に訪問者が上位にINする記事を貼り付ける。


  昨年の12月6日。「改めて、、脊髄腫瘍。。。」という記事である。

お題の様に、それまでの脊髄腫瘍を改めて振り返り、書いていた。

  医学的用語もあり難しいかもしれないが、わたくしが「脊髄腫瘍闘病記」というタイトルを変えない理由である。


***************************************************

 改めて、、脊髄腫瘍。。。
               2015-12-06 06:13:56 | Weblog
 
 昨日ブログに書いたように、「脊髄腫瘍について」向き合っている。

 脊髄腫瘍には種類が色々あるが、良性の腫瘍は「全摘出」が当たり前である。
 それでも、部位によって、いろいろな後遺症が残る。右側・左側片方の人もいれば
 両方の人もいる。左右の差もある。痺れ、痛み・温感鈍麻・感覚鈍麻は共通している。
 部位によって、上肢だけだったり、下肢だけだったり、色々である。
 下肢のひとが口を揃えて言うのが、「スリッパが履けない」だ。
 悪性の場合(アストロサイトーマ星細胞腫)は、痛みや痺れの他に、内臓痛も
 伴ったりするので、やはり、予後は悪いけれど、グレード1・2・3に関しては
 全摘する事が今は確立されている。グレード3でも全摘出来る。
 グレード4でも夫は98%摘出している。夫の手術の執刀医は基本的に全摘する。
 星細胞腫はヨーグルトの中にジャム入れて軽く混ぜ、ジャムだけを取り除く様なOPだと説明した。
 気が遠くなるようなOPである。9時間以上を要した大手術だった。


 胸髄の人の後遺症の予後は悪いが、良性のエペンディモーマ(上衣腫)で歩けない、
 車椅子使用していると言う人は慶應病院の患者さんの中ではわたくしの知る限り
 20年前にOPした人、一人だけだ。当時は術式も術中使用する顕微鏡も
 なかった時代だから、これは致し方ないとわたくしは捉えている。
 しかし、今の時代、歩けない・排尿排便等の後遺症が残ったという人は
 慶應の患者さんの中にわたくしは知らない。術後一時的に予後がひどく
 落ち込むが、リハビリを3か月もすれば一人で歩いている。
 杖を使い装具着用の人もいるが、この人達は上衣腫ではない、星細胞腫だ。
 星細胞腫でも脊髄離断した人以外、車椅子の人には会った事が無い。
 あくまでも、わたくしの知る限りだが・・・

 頚髄に関しては脳外科がOPする病院も多いと思う。脳外のDRは脳腫瘍を多数経験しているので
 その関係もあるのではないかと思う。頚髄の場合は、手、上肢に後遺症が残る。
 小銭がサイフから出せない。本のページがめくれない。握力が5~10。瓶の蓋が開けられない。
 火傷しても感じない、気付かない。等々。

 腰髄は排尿排便の感覚が鈍麻したり、やはり下肢の不全麻痺や脱力、膝抜けが
 後遺症としては多いと思う。足の指先が痛むと言う人もいる。

 馬尾に関しては粘液乳頭性上衣腫が多いため、袋ごと綺麗に取れれば
 そう問題はないにせよ(袋が破けると放射線治療が必要)排尿排便困難が
 後遺症として残る事が多いと思う。歩行も元通りと言う訳にはいかない。

 悪性の星細胞腫(アストロサイトーマ)に関しては、わたくしは、夫が
 そうだった事もあり、知識・情報は網羅しているつもりだ。

 夫は500万人に1人という胸髄4・5・6番にアストロサイトーマ グレード4だった。
 グリオブラストーマという種類の腫瘍(脳腫瘍のグリーオーマと同じである)だった。
 手術時に「迅速生検で高悪性と出たが全摘に近い、98%摘出した」と執刀医から説明があったが、
 その後の病理診断(この病理医が向井万起男先生だ)により高悪性のグレード4だった事により、
 首から脳に向かって細胞の浸潤を防ぐために(呼吸中枢をやられると呼吸不全で死亡する)結果、
 2W後に胸髄1番と2番の間で脊髄を真っ二つに切り離した。
 切り離したと同時に胸髄2番から下の部位(胸から下)は「完全麻痺」となった。
 この脊髄離断術を施術してくれるのは日本でただ一人、慶應義塾大学病院 整形外科
 中村雅也教授だけだった(当時は専任講師だった)
 アストロサイトーマ星細胞腫のグレード4の人は確定診断が付かずドクターショッピング
 しているうちに、亡くなっている人もいるのではないかと予想が付く。
 浸潤のスピードがものすごく速いから。どんどん部位が上がって行き呼吸不全で死亡する。
 また、アストロサイトーマG4はミクロの大きさでも出来た時点でグレード4である。
 これは、病理診断医の向井先生に説明されて知った。進行によって4になるのではなく
 「最初からグレード4」と言う事。大きさは全く関係ない。
 開いて、迅速病理検査に出し、高悪性(3・4)が出た時点で、何もしないで閉じる医者もいる。

 アストロサイトーマ(星細胞腫)グレード4の頚髄の患者さんには離断術は行わない。
 なぜなら、首で離断したらその下が完全麻痺になる。首から下、全部完全麻痺もちろん手も。
 あとは、延髄に触れることでもあったら「死」に直結するためである。

 アストロサイトーマ グレード2が再発するとグレード3になる。グレード2が一番細胞の
 種類が多い。厄介なグレード2もある。が、1と2は低悪性に位置付けられている。
 グレード3が浸潤したり(腫瘍が大きくなったり、部位が上の方向に上がる)再発したら
 その時点でグレード4と位置付けられる。(浸潤型が星細胞腫だからである)
 3の時点で術後(全摘後)、放射線治療とテモダール治療がなされる。

 わたくしは、この道をたどった患者さんを知っている。
 頚髄のアストロは本当に、、、言葉が無い。
 OPで全摘(G3)したにもかかわらず、再発。再発までは元気にウォーキングに励んでいたのに…
 痺れを通り越した痛みが日に日に増悪し、24時間苛まれ、放射線治療とテモダール治療で嘔吐と脱毛、
 腕をマフラーでぐるぐる巻きにして、帽子を目深にかぶり耐えに耐え、頑張っていたのに、、、
 刻々と症状が進んだ。家をバリアフリーに建て替えたが、間に合わなかった。。。

 あとは、脊髄離断したのにもかかわらず、脳に腫瘍が飛んであっという間に死に至った人がいる。
 この方たちは、離断した時に既に離断した上の部分に浸潤してしまっていた人だ。
 じわじわと首から脳に浸潤しつつ上肢に症状が出始め、あっという間に、ポンと脳に飛んでしまった。
 記憶障害が出て、全身けいれんの後、救急車で運ばれターミナルに入った。
 その中の一人の奥様とは未だにお付き合いが続いている。若かったので介護保険が使えなかった。
 幼いお子さんを抱えながら、本当に頑張っておられた。本人は夫の事を兄のように慕い夫が何度も見舞った。
 奥さんの顔を忘れてしまうのに、夫の事は「あ、黒田さん!」と目を輝かせていた。
 夫が来るのをいつも待っていて、夫は、自分の体もきついのに「○○君の所に行くから車を出してくれる?」
 と言って、わたくしが運転し、顔を見に行った。時間が無かった。
 夫も、「もう時間が無いんだ、、」と自分の痛みや苦しみはどこかに置いて彼のもとに向かった。
 フェンタニルを点滴で断続投与しており、時間が無かった。時間は残酷に過ぎていった。
 最期は眠るように静かに旅立った。。

 ここに至るのは、病巣からいって、悔しいが、、致し方ない。。。そういう病気なんだから。。

 でも、そこに行きつくまでに、残された時間はある。

 間違いなく、時間はあるのだ。

 だから、今を、今日を、大切に過ごして欲しい。

 本人は本人なりに、、、

 家族は家族なりに、、、


 わたくしは、脊髄腫瘍になった夫に2年間、傍らで寄り添った。

 あの2年間はわたくしの宝物だ。

 苦しい時、悲しい時、悔しい時、、、色々あったけれども、

 間違いなく”夫と過ごした”2年間だった。

 濃厚で濃密な、、かけがえのない2年間だった。

 大切な人と過ごす時間を、、、もっともっと大事にして欲しいと願う。


 こんな風に思えるように逝ってくれた夫に、、、


 こころから「ありがとう」と言いたい。。。

では、、、

         ごきげんよう


***********************************************


   という記事を昨年に書いていた。この他にもその前後にも、、、、

   最後には「脊髄腫瘍最終章」という記事を書いている。


  脊髄腫瘍は難病指定にも特定疾病にも入っていない。

  それくらい、希少な病である。

  希少過ぎて、厚労省が認定しない病である。

  難病にもかかわらず、すべて、他の病気と同じ扱いである。

  介護保険も65歳以上でないと使えない。

  医療費も自己負担。リハビリも、、福祉用具も、補助金が出たとしても障害者手帳持ちだけである。

  その補助金も、スズメの涙である。ヘルパーなんて頼めない。だって完全自費になるから。。

  障害者区分により、公費控除でヘルパーを頼めても、上限が低すぎて、オーバーした分は自費である。


  このページを読んで、「自分は上位種(良性のエペンディモーマ)なのに後遺症で歩けない」と

  思う人もいるかも知れない。違う大学病院でOPを受けた方は、違いに疑問を持つかもしれない。

  しかし、これは、あくまでも、「わたくしの知る限りの」脊髄腫瘍についての記事だという事を

  改めて、ご容赦願い、一つの情報として断片的であっても助けになれればと思っている。



  これが、わたくしのブログの真髄である。

  日常生活の中に、脊髄腫瘍の事がちりばめてあるため、カテゴリーに分けられない。

  脊髄腫瘍の患者さんには、遡って全部読んで頂かないと理解不能かと思うと申し訳なく恐縮千万だ。


  お時間がある時に、、通しで読んで頂けると、その流れがご理解頂けると思う。


  では、、、今日も仕事に行ってまいります。


                               ごきげんよう
                      にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ -->
コメント (6)

おもち

2016-12-28 20:11:45 | Weblog


  仕事を終え、帰宅しすると同時に息子が部屋から下りてくる。

  車の音が聞こえると「餌の時間」らしい……

  で、娘にも声をかけたが、返事が無かった。

  さっき、娘が帰宅し「今日が仕事納めだったから。。。」と言った。


  そうか、、、


  仕事納めか、、、、


  わたくしは31日の大晦日が仕事おさめである。。。


  今日は新人ヘルパーさんが同行についてきたが、前にもわたくしが指導係をした人なので
 
  大体の予想はついたが、本当に”筋がイイ”。無駄な手が無い。手が遊ばない。

  教え甲斐がある、新星ヘルパー。希望の星である。

  とても教え甲斐のある新人さんなので大事にしたいと思っている。


  さてさて、世間は年末を迎え、、、今日行ったお宅のエントランスには立派な門松が。。。

  毎年、我が家は近くの商店に「のし餅」を注文するんだけれど、、、

  今年は頼まず、、、その商店で「切り餅」を少しだけ買おうと思っている。


  わたくしは、もち米が好きなんだけれど、お餅は2個あれば充分。胃もたれを起こすのだ。。。

  息子は白米派。お餅はあまり好まない。

  で、娘は好きで食べるけど、年末から海外に急遽行く事になったそうで、、、

  1月3日の夜に戻ってくると昨日聞いた。。。もっと早く言って下さいよ……

  なので、今年は「お餅」は不要である。

  
  元旦は娘と息子と佐々木の爺さんとお墓参りに牛久まで行く予定だったが

  娘は行けないわな~~~、、、海外では、、、

  息子と佐々木の爺さんと3人で行ってこようと思っている。

  佐々木の爺さんは青森出身で、遠縁の農家をしている甥御さんが沢山お餅を送ってくるから

  多分、元旦に会えば「お餅持って行けーーーー」と言われるだろう。。。

  でも、慎んでお断りするつもりでいる。。。

  餅は要りません。はい。

  冷凍しても食べないし、、、昔は天日干しして油で揚げて、あられを作ったけど、、、
 
  今はそんな暇はない。。


  とにもかくにも、、息子のためになりそうなことだけを、年明けにはしたいと思っている。


  明日も仕事。。午後から21時まで。帰宅は22時を予想している。

  
  我が家は夫の母が亡くなり、、喪中なので、、、お飾りもなにもしない。

  31日まで仕事に励もうと思っている。。。

  では、、、


                             ごきげんよう
                       にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ -->
コメント (4)

ついに

2016-12-28 07:56:24 | Weblog

  朝日が輝く寒い朝です。


  今日で、ついに、、、


  ブログ開設して  3333日 になった。






  そして、、、ついに、、偶然にも訪問者が50万IPに到達した。

    閲覧 2,911,527 PV
    訪問者  500,115 IP


  はじめにこのブログを始めた時は、、「日記を書くならブログの方がイイよ」と

  ある方の勧めがあって始めた。

  中学生の娘と幼稚園児の息子 を持つ、主婦のつぶやき”ま~ちゃんのつぶやきエトセトラ”として

  始めたブログが、、、

  夫の病気発覚、闘病生活へと突入し、、、


  ”脊髄腫瘍闘病記・ま~ちゃんのつぶやきエトセトラ”に改名した。

 途中、書かなかった時期が2年程あって、、


 「ブログ書きなさいよ」と方々から言われ、、、「じゃぁ、書くか…」と再開した。


 最初は、黙々と、PCのキーを叩いていた。


 初めてのコメントが入った。今でも、わたくしの読者で居て下さっている。

 当時は読者登録機能はなかった。



 今、こうして、いつものようにPCに向かってキーを叩いている。

 わたくしにとってのブログは、、歯磨きするのと一緒、ご飯食べるのと一緒、、、


 体の一部になっている。


 3333日、ブログやってると、、だれでも、そうなるのではないだろうか…

 次は4444日目を目標に、、ひとまず4000日を目標に書くとしよう。


 拙いブログですが、いつも皆様にご拝読頂き、ありがとうございます。

 今後共、どうぞ、長いお付き合いを……

 訪問し、ご拝読頂いてきた皆様のお陰でここまで来る事が出来ました。

 そこには、何と言ったらいいのでしょう…「仲間」「友達」というような感覚があります。

 ブログを通した人との輪。これはわたくしにとって大きな財産となりました。

 こころから、ありがとうございました。。。


 では、、、佳き1日をお過ごしください。

                               ごきげんよう
                     にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ -->
コメント (18)

いと

2016-12-27 20:18:06 | Weblog

  11時間ケアを終え、家族3人で夕食を済ませ、ホッとした所。


  今日もイイ仕事してきたなぁ~。。

  人工呼吸器のバイパップっていうのがあるんだけれど、、、

  鼻だけに装着するタイプの人工呼吸器なの。

  で、ご利用者が「音がする」と言うので、、、

  中の水滴を拭いたけどダメで、、、

  結局、全部分解して、ホースの中の水滴をきれいに払い、装着し直した。

  自発呼吸が弱い方なので、、そうね、、、

  すべての工程を、10秒~15秒程でやった。


  まさしく、、、

  命を預かる現場だった。

  でも、その甲斐あって、ウィータートラップにも水が貯まり、きれいになって

  その後は快適に過ごして頂く事が出来て、ヨカッタ。


  人工呼吸器は気管切開の方が、手順は少なく、スキルも低くても出来る。

  バイパップは、全部を分解して組み立て直すので、余程の経験とスキルがないとできない。


  自発呼吸が強く30秒も1分も、呼吸器を外していても大丈夫な人は、どおって事無いんだけれど、

  20秒を過ぎると「苦しい」と言って、顔色が変わってくる。


  あぁーーー、明日はわたくしに新人ヘルパーさんが同行してくるんだけれど、、、

  今日の一連の行為をやってみせれば、、、きっと、どん引きするだろう。。。

  「私には出来ません」と泣きが入るかも知れない・・・・・・・


  「でも、それが、我々、命をお預かりする仕事なんだよ」と、、、

  根気よく教えるしかないと思っている。




  今日は中島みゆきの”糸”という曲をUPする。

  イイ曲でわたくしは好きなんだけれど、息子も好きだと言ってた。

  実は、息子に「糸を聴いてみて」と言われて、”糸”という歌を知った。


  中学生が歌っている動画。息子と重なる。。。

  冷え込んで来た聖夜に、、、みなさんに贈ります。。


男子中学生の歌う、中島みゆき「糸」




  

  では、、、

                                ごきげんよう
                      にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ -->
コメント (6)

ロックなきぶん

2016-12-27 06:08:00 | Weblog

  今朝も寒い朝です。

  これから身支度をして11時間ケアに行ってきます。


  なぜか、、、ロックな気分です^^。







  では、、、行ってまいります


                                   ごきげんよう
                         にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ -->
コメント (6)

いっぱいありすぎ~~~

2016-12-26 19:16:52 | Weblog

  樋野先生に著書の紹介をしてよ!と頼まれたので、、、しょうがないから、ご紹介します


       




   まだまだいっぱいあります。お時間のある方は是非ご一読の価値ありです~~



  この前、息子とカラオケに行った記事を書いたけれど、、、


  息子の声が誰かに似てるよな~~~~って、ずっと考えていた。。。


  居た=======!!!!!

  「村下孝蔵」だった。。。そっくり。。。


  古い曲だけどね、、、好きだった。今度、息子に歌ってもらいたい




村下孝蔵 - 初恋





     再度告知です。


       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           柏がん哲学外来(柏地域医療連携センター)

        〒277-0845 千葉県柏市豊四季台1-1-118
 
        『柏駅西口』1番乗場『系統01豊四季台団地循環』に乗車
        13時台まで『東葛高校先回り』14時からは『向原住宅先回り』
        『団地センター前』又は『向原住宅』下車徒歩2分

          申し込み 03-3288-2887 まで

        ※月に一回(不定期) ※完全予約制 ※定員3名 ※無料
       
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    



    では、、、

                                    ごきげんよう
                           にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ -->
コメント (6)

こくち

2016-12-26 14:13:31 | Weblog


  がん哲学外来カフェに行って来た。

    樋野興夫(ひの・おきお)(順天堂大学医学部大学院教授)先生は、、、


  相変わらず、、、「暇げな風貌」でやってきて、、

  相談室にマンツーマンでテーブルをはさんで座っていた。

 まぁ、今までの事を時系列で話さないと始まらないと思って、ひととおり話した。

 「で、最終的には、癌と同化しているので、これと言って先生に相談する事はない」

   とわたくしが言うと、、、


  「今の日本はね、、旦那さんが癌になるとお節介になる妻と、奥さんが癌になると冷たくなる夫。

   これが、3割。要するに、沈黙に耐えられない夫婦が多いのよ」と言われた。


  「まったく、理解できませんね、その感覚。わたくしは理解できない」と言うと、、、


  「妻はね、自分の不安を”おせっかい”として”あなたのために”という名のもとにやるわけ」

  「でね、旦那さんは悲壮感に満ちている妻を目の前にして、嫌になっちゃって黙る=冷たいと思われる訳よ」


  「へぇ~~~~、、その時間がもったいない、せっかく、その時間生きているのに」と言うと、、


  「そう、貴女の様にね、癌であっても病人ではなく人生を楽しむっていうスタンスが日本には無いのよ」

  「これが、アメリカやヨーロッパとは全く違う所」「日本国特有の問題なのよ」と言われたが


  「そんなのかんけーねーー、わたくしは死ぬまで生きるから、生きている間は楽しく暮らしたい」と言った。


  夫の事や子ども達の事も話していたので、先生にとっては本当に、のれんに腕押し、、糠に釘、、、

  あっけに取られていらしたけど、最後には「松戸で貴女が”がん哲学カフェ”をやってよ」

  と、何度も口説かれた。

 「まぁ、やってもいいけど、わたくし忙しいんですよ。先生と同じくらい忙しいの!」と言ってるのに

 どんどん、わたくしが主催者になる段取りを先読みして場所や開催日なんかを頭の中で考えて

 ポンポン仰るものだから、、、「先生、いい加減にして」と言ってしまった。


  で、場所を移動してスタッフ3人と全部で5人でランチを食べた。


 そこでは、わたくしの事を知っているグリーフケアのスタッフが居たので、いろんな話しになった。



  わたくしのブログに”告知”して欲しいと頼まれたので、、下記をご参照いただき、

  行ってみたいなぁ~・・・と思ったら是非ご参加ください。


       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           柏がん哲学外来(柏地域医療連携センター)

        〒277-0845 千葉県柏市豊四季台1-1-118
 
        『柏駅西口』1番乗場『系統01豊四季台団地循環』に乗車
        13時台まで『東葛高校先回り』14時からは『向原住宅先回り』
        『団地センター前』又は『向原住宅』下車徒歩2分

          申し込み 03-3288-2887 まで

        ※月に一回(不定期) ※完全予約制 ※定員3名 ※無料
       
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    



   先生からは「僕の本を紹介して僕の本を紹介して~~!!」と言われたので、仕方がないから今度ご紹介します(汗)

   
   逆に「誰か、娘のお婿さん候補居ない??せんせーー居るでしょ!医者がイイな~~今24歳、綺麗よ~うちの娘!!」

   と言ってすがりついた


   医科歯科に居るけど隣は順天だから、ご縁さえあれば、すぐ、ゴールしてくれるのではないかと母は必死だった

   今度、お見合い写真を持ってくると言っちゃったし、、、先生も縁談を結構頼まれると言ってたので

   瓢箪から駒の如く、娘の縁談が舞い込んでくるかもしれない


  という訳で、、、”がんてつ”のご報告。

    あぁ====楽しかった


   では、、、また、、、


                                ごきげんよう
                       にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ -->
コメント (2)

がんてつ

2016-12-26 07:58:54 | Weblog

冷え込んでいる朝です。


   今日はこれから、大事な場所へ行く。


  この前、久しぶりにグリーフケアに行った時にスタッフさんから誘われて


  数年待ちだった”がん哲学外来カフェ”に行って来る。(だってわたくし癌になったの5年前だもの)


  順天堂大学医学部大学院 腫瘍内科の教授である樋野興夫(ひの・おきお)先生が柏まで来て下さるの。

  詳細は  ↓

   一般社団法人 がん哲学外来
        http://www.gantetsugaku.org/


  で、10時過ぎに予約が入った。その後、先生とご一緒にランチも出来る。


  でも、3年程前に、グリーフの時にたまたま、がんセンター東病院にいらしていた先生と

  偶然にお目にかかり、一度だけ立ち話はした事があった。



  
  何を話そうか……


  まだ、整理できていない。。たくさんある。話したい事。。

  でも、もう、いちいち話さなくてもイイかな…とも思える。

  わたくしの中で”癌”は体と心に同化しており、特別なものではない。


  そんな存在の”癌”だという事を話せばいいかな。。


  樋野先生は沢山の著書をお出しになっている。

  興味のある方は、探してみて下さいませ。


  「がん哲学」で検索すると一発でヒットします。

 
  とても、とても、、、有名な先生です。

  わたくしは、どういう訳か、、、医師と縁がある。

  「医者」が好き???

  知らない事を惜しげもなくご教授下さる医者が好き~~~^^。


  名刺もらってこよっと



  昨夜に引き続き「halleluiah」ですが、、、

  こっちは、また一味違ったハレルヤです♪









   では、、、また、、、


                                 ごきげんよう
                       にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ -->
コメント (6)