脊髄腫瘍闘病記・ま~ちゃんのつぶやきエトセトラ

夫が脊髄腫瘍星細胞腫G4で、T2で脊髄を離断。残念ながら丸2年後に、亡くなりました。闘病中→その後を書き綴ります。

春、近づいている?

2012-03-14 15:30:22 | Weblog


ご無沙汰しております。

皆様、お元気でお過ごしだったでしょうか?

わたくしは、、、

今年の冬の寒さは、”堪えた”。

のひと言です。

傷はさほどでもなかったのですが、
二の腕から手首にかけて痺れと痛みに悩まされまして、
ほぼ、冬眠状態でございました。

術後、一年経っていない訳で、色々な症状が出没するのは当然とは知っていても

いざ、痛みや痺れに襲われると、人間弱いものでございます。

で、、、少し春めいて温かくなったのを機に、ウォーキングと社交ダンスを始めました♪

ウォーキング大体1時間半くらい歩きます。汗もじんわりかきイイ感じ。

社交ダンスは近くのダンスホールで先生に教えてもらったりしています。

音楽に合わせて、足を動かし、腕を肩の高さでキープしている時間は、

痛みも痺れも忘れています。そして、よいリハビリになっているようです。


あとは、大学時代の恩師の所に週に2日くらい通っています。先生方がわたくしが

行くのを楽しみに待っていて下さるので、これもリハビリになっていると思います。


息子はもうすぐ春休みに入るので早帰りです。

春休みは三度のご飯作りが待っています。トホホ・・・。


春・春・春・・・春が待ち遠しい。

この春、娘の春乃は20歳になります。これも、喜びがひとしおです。

お姉ちゃんの存在は大きくて、我が家の支えです。

いつもありがとう。

お誕生日には、わたくしが主人からもらった記念の指輪を譲ろうと思っています。

成人式は来年ですが、主人との結納に着た振袖を着せたいと思っています。

これも、たのしみのひとつ。

娘と息子。わたくしの支えです。いつも言応援してくれる2人に感謝しつつ・・・



この辺で、、、



ごきげんよう♪




コメント