脊髄腫瘍闘病記・ま~ちゃんのつぶやきエトセトラ

夫が脊髄腫瘍星細胞腫G4で、T2で脊髄を離断。残念ながら丸2年後に、亡くなりました。闘病中→その後を書き綴ります。

白髪染めてきた=====

2009-11-29 17:12:35 | Weblog
睡眠時間が3~4時間だったこのひと月……
疲労の極限が来て………
点滴……

医者が言った「ニンニク注射をどこかのスポーツドクター探して打ってもらいなさい」
「あ、酸素カプセル買ったら?」

わたくし「そんな時間があったら、とっくにやってます……」


昨日は11時に布団に入れた。
久しぶりの8時間睡眠だーーーーーー
気分も身体も少しスッキリした


今日は……

美容院でも行くかなぁ~…… ひとまず、「白髪を染めたい」
と思い、9時前に”サロンド○○”へ速攻予約の電話を入れた
走って行ったら…わたくしの担当のメグちゃんが待っていた
先生は他のお客様を接客中

この美容室は、わたくしが無理に無理(今から○時までにカット~白髪染め~ヘアエステ~まつ毛エクステをやってくれ)を言っても快く引き受けて、従業員一丸となって対応してくれる、、、わたくしにとっての駆け込み寺のような美容室
いつも、いつも……ありがとうございます

ひとまず、見た目は少し取り繕い、若返って、ブログを更新している


クロちゃんはお尻の焼けただれた様な部位の刺激か……
「痛い…キツイ…」と言って寝込んでいる
今日はわたくしが美容院から必死こいてぶっ飛んで帰ってきて作ったパスタを一口も食べられなかった

離断した部位(胸髄の1~2番)が締め付けられるように苦しいと言っていた
ディロテップMTパッチを昨夜貼り替えたのに……
今回は効かなかったみたい

夕食はお取り寄せした秋田名物”きりたんぽ”鍋にしようかと思ったけれど
クロちゃんが、あの状態だと……
子供たちとお茶漬けでいいか…と思っている。

季節の変わり目は、魔の季節

ハァ~~…”春”が待ち遠しい


じゃ、そんな感じ。と言う事で

またね










コメント

平均睡眠時間4時間・・・・・・

2009-11-26 05:39:19 | Weblog
このひと月ほど、わたくしの睡眠時間は4時間前後。

クロちゃんの全面介助・家事・子供たちの事、お金の管理、色々なお医者様達とのやり取り、訪問看護、訪問入浴、生活介助ヘルパーさんとのやり取り、、、患者会の組織運営にまつわるフォロー、、
そして、このブログの更新、執筆……

体重は依然変わらず…40キロ切る寸前


一昨日、皮膚科医の所にファックスを朝一で送信して、午後クロちゃんをヘルパーさん同行の元、連れて行った(往診を待てなかった)。

もとからあった粉瘤の下にまた、出っ張りが出来ていた。
肛門上の焼けただれたような握りこぶし大の部位は炎症を起こしていて…
先生が組織検査に出してくれた。薬疹の検査も同時に行われた。

肛門上の焼けただれたような部位はイソギンゲル+アクトシン軟膏を混ぜた薬を塗って保護。

その部位も含めてお尻の経過観察は毎日、写真に撮って先生のPCに画像を添付し報告することになった。
一日2回の処置。そのたびに写真を撮って送信する。

粉瘤下の出っ張りの正体……
今現在の先生の見解は「皮下脂肪肉芽種」
原因は、血管障害・酵素による脂肪組織の変性壊死、Weber-Christian病と近縁にある。
「外傷性脂肪肉芽腫」
軽い外傷(打撲など)板状硬結を生じ、のちやや陥凹する。

という可能性が高いとされ、またコピーを下った。

打撲??
これはベッド・ソファーから車いすへの移乗、車いすからの移乗時にタイヤ部分にお尻を一度乗せてから移乗するクロちゃんの”癖”ではないかと思われる。
ベッドマットが柔らかいため、手をベッドに乗せるとかなり凹み、踏ん張りが利かない。その時に、一度、車いすのタイヤ部分にお尻を乗せて手を仕切り直すのである。ささいな、圧が……いや、体重75キロが…お尻にかかる。
大きな負荷になっていると判断したわたくしは、移乗時に使うボードをデモで頼んであった。しかし、車いすの構造上、それは使えなかった。
では、マットの硬さ。。。
いや、これ以上硬いものは逆にジョクソウ様を作ってしまう…
逆に助圧を考慮してエアマットにすると、体幹のないクロちゃんは座位がとれず自己導尿などが難しくなるだろう。。。

昨日、新しい訪問看護ステーションより、訪問看護師さんが来てくれた。
昨日午前中のうちに、わたくしが摘便(浣腸120を2本使用)ほぼ、すっかりきれいに排便は済ませてあった。わたくしの摘便は手荒い
浣腸を入れた後、クロちゃんに仰向けになってもらい、わたくしが手でのの字にマッサージの後、おなかの上に乗る
その後、横向きになったクロちゃんのお腹を、ベッドのパイプに両手で全身を支え片足で思いっきり蹴るように押し続ける。
押している間に、少しずつ便が出てくる。
押している間、わたくしは、、、ハァ~ハァ~言いながら汗がにじんでいる。
がんばってーがんばってー押しているうちに、一気に便が出てくることもある。
そして、ゴム手をして摘便。
これを2~3回やると……スッキリ出る
クロちゃんのお腹は、ふにゃふにゃ。
やわらか~~くなって、その後は食事が美味しいと言うようになる

退院してずっと自己摘便していたけれど、お尻の状態が悪くなってからはわたくしが摘便を買って出た
訪看さんが週1回、わたくしが週1回のペースで摘便している。
しかし、お尻の炎症部分が肛門のすぐ上。
昨日はかなり気を使った。
これからもしばらくは、デリケートに(部位の部分は気を使うが、お腹への圧のかけ方は変えるつもりはない)処置しなけれんばならない


昨日は息子の8歳のお誕生日だった
新型インフルエンザの影響で学級閉鎖の息子。
夕方、娘も伴って(学校帰りに駅で合流)ケンタッキーでフライドチキンを買い、お誕生日ケーキを注文していたケーキ屋さんにケーキを取りに行った
その後、クロちゃんの皮膚科の処方箋(薬が昨日の時点で薬局に在庫がなかったため)を持って取りに行き……
ささやかな、家族4人での息子のお誕生会をした

しずかな…穏やかな…幸せな…

時間が流れた


今日は、野暮用でわたくしはクロちゃんと息子を残して慶應に向かう。
行くまでにやらねばならない事が山積み……
今日のお天気は???洗濯物が山になっている・・・。
家事全般を手早く済ませ、9:00に息子を2回目のインフルエンザ予防接種を受けに連れて行き、帰宅後、入浴介助の男性ヘルパーさんが2人AM11:00に来る。
クロちゃんの着替えや処置を手伝い、息子とクロちゃんの昼食を用意し…
わたくしは、昼食もそこそこに、電車に乗り込まなければならない

あぁ~~~~1日の時間が30時間欲しい

でも、人類みな平等。
24時間しかないんだよなぁ~~

このブログを更新したら、、、家の中を小走りに駆けまわるわたくしである

じゃ、そういうことで

またね


コメント (4)

国枝くーーーーーん!!

2009-11-24 13:30:13 | Weblog
皆さん観た


クロちゃんとわたくし……


興奮


わたくし、昨年の日本選抜選手権の決勝戦。
この目で、、、このテニスコート脇で観てたーーーーー

わたくし「クロちゃん、わたし、この試合見たーーー

クロちゃん「うるさい、黙って観ろ



そして……

涙・涙・涙……


「9歳の時に脊髄腫瘍で・・・」と言っていたでしょ?

そんなの・・・・・・・・・

9歳だよーーー



がんばる~~

クロちゃんもわたくしも、ぐぁんばるーーー


好青年

頭脳明晰

こころが、熱くて、

そして、優しい。。。

さっき、麗澤大学に行って来た。
今年、創立50周年なんだって

国枝っち
フレーーフレーーーーKUNIEDA


ま~ちゃん、がんばるーーー
クロちゃんも、がんばるーーー

お母様に、くれぐれもよろしくお伝えください


これから、ヘルパーさんと皮膚科に急遽行ってきます
(午前中は先生が慈恵に行ってて、いないから、、、これから行きます)



じゃ、またね



あ、国枝君が本を出しました。

”折れない” 著 国枝慎吾 

わたくしも「折れない」で頑張ります






コメント

クロちゃんのお尻、最悪・・・

2009-11-23 08:04:37 | Weblog

粉瘤の下(肛門の上)の状態が……

最悪

水泡になったのは一晩で破れ、どす黒く縦長になっていた部分が”全部”ベロンと剥けて血が滲み…その後脂肪のように白いものが…
血は、変わらず滲んでいる。
皮膚科医の先生には速攻ファックスを送信し、処置の対応を教えてもらってその指示通り処置して居るけれど、まったく快方に向かっていない。

あす、朝一番で皮膚科の先生に連絡をしなければ、どうにもこうにも話は始まらない状態

そこの部位の刺激もあってか、朝夕冷え込み、昨日は断続的な雨…痺れと痛みもひどく、、、、顔色も悪い

季節の変わり目は脊髄腫瘍患者(脊髄損傷者)にとっては、魔の季節
痛い人・痺れる人にしか分からない、、、苦しみが到来する。
今、この時も、、、痛みと痺れに苦しんでおられる方が全国で、いや世界中で沢山居られると思う。

痛い人よ。。。
クロちゃんも痛いです(痛いらしい。わたくしには本当の苦しみはわかりましぇん)。
ただただ、ジッとその痛みが遠のくのに耐え、耐え……
わたくしは、そんな夫を傍らでじっと見つめ……
耐え…耐え…(わたくしの苦しみなどクロちゃんの苦しみに比べれば屁の突っ張りにもならないと思いますが…)
少しでも栄養を採ってもらおうと台所に立つ日々

子供たちも……
そんなわたくしを見て、洗濯物を畳み、お風呂を洗い、食後の後片付けを2人で協力して手伝ってくれている

家族、総力を持ってクロちゃんを支えている。
子供たちよ!ありがとうーー
子供って、見ていないようで親の事をよく見ている

「子は親の合わせ鏡。」

「夫婦は合わせ鏡。」

と言うけれど、、、

そんな言葉がふっと頭によぎった。

子供たちが親であるクロちゃんとわたくしを見ている。。。
と思うと……

クロちゃんもわたくしも身が震える思いである。

”親”としての”在り方”を責任と共に問われ、、、
見つめ直しているクロちゃんとわたくしである。

ひとまず、今日は旗日なので……
子供たちと、しっかり向かい合う、大切な一日にしたいと思う。

じゃ、4人で食卓を囲むクロちゃん家を想像しておくんなさい

ということで、じゃ、またね







コメント

脊髄腫瘍つながり・・・

2009-11-21 06:08:45 | Weblog
クロちゃんの誕生日である7月13日の前日の午前中、わたくしは、ある方に電話した。

電話の相手は”北京パラリンピック 車いすテニス 金メダリスト”の

国枝慎吾氏。


彼は9歳の時に脊髄腫瘍を発病、東大に担ぎ込まれた時は既に歩けなかった。
その後、厳しい治療の末、家に戻り、、、様々な困難を乗り越えて、車いすテニス界の王者となった。金メダル、3大スラムを制覇。
脊髄腫瘍患者の希望の星である。

電話をかけている時に傍にいたクロちゃんが…
「おまえさん、ストーカーじゃねーの???」と言った。
「確かに、、、それに近いかもね・・・」
「でも、今から家に来てくれるってさ」と言ったら……
クロちゃんは目が点
そのすぐ後……

「髭剃り髭剃り着替え手伝ったくれ
「ブルガリどこやった」と大騒ぎ


国枝君とのそもそものかかわりは……
2008年12月24日に麗澤大学で行われた
”北京オリンピック金メダリスト国枝慎吾祝勝会”と称した講演会にわたくしが参加。
質問コーナーで、最前列に居たわたくしが質問攻めをした。

その随分前に、麗澤大学の広報に手紙を持ってアポなしで行っていた。
手紙の宛名は「国枝慎吾さんのお母さまへ」
内容は、突然のお手紙を書いた事へのお詫び。
夫が脊髄腫瘍に侵され、告知を受けてから現在までの時系列での状態の説明。
今後在宅になるにあたって、家族としてどう支えていけばいいのか?
在宅になってからのかかりつけ医をどうしているのか?
などなど……

広報の窓口の方に封をしていない手紙を読んでもらい、安全な内容である事を確認してもらったら…
「国枝を通して、必ず国枝のお母さまにお渡しします」と言ってもらって帰宅した。
数日後、お母様からメールが来た。その後、メールでのやり取りは続いている。
国枝君が所属している吉田記念テニス研修センター(TTC)にも何度か足を運んだ。


午後1時過ぎ、国枝君は自ら車を運転して我が家に来てくれた。
再々手術を控え(結果的にこの手術は見送られた)、どこか、ピリピリしていたクロちゃん。
そのピリピリが伝染して…わたくしも子供たちもピリピリしていた。

所が………

国枝さんのお人柄にクロちゃん感激
頭脳明晰、且つ、爽やかでこころ優しい好青年の国枝慎吾さん。

興奮が絶好調に達したクロちゃんは自分が着ていたTシャツの前と後ろにサインをもらい、色紙には「クロちゃんへ」と冒頭に書いてもらい日にちも入れてもらったサインを書いてもらい、、、、

記念撮影

このサインと写真は額装して、我が家のリビングに鎮座している。
サインをしてもらったTシャツは一度も洗濯することなく(クロちゃんが「洗うな」と言うから)寝室に飾ってある。
(わたしからの誕生日プレゼント


再々手術を目前に……
沢山の言いつくせない程の”勇気”をもらったクロちゃん

その国枝慎吾さんが”徹子の部屋”に出演するらしい。
11月24日(火)PM1:35~
(24日の朝日新聞のテレビ欄を確認したら……PM1:20~になってます


http://www.tennis-navi.jp/blog/shingo_kunieda/

わたくしとクロちゃんはテレビの前で正座して(クロちゃんは正座は出来ませんが)
涙を流しながら…拝見すると思う

ぜひ、みなさんも、ご覧ください。



人とのつながり。

こころ温まる人とのつながりの恩恵をどう表現したらいいのだろう。

いつか、必ず、誰かに勇気を与えられる人間になりたい。
つらい思いをしている人、困っている人の心に寄り添える人間にならなければ…
とクロちゃんがいつも言っている。

わたくしも、クロちゃんと一緒に、、、
そういう人になりたいと思っている。

毎日、毎日、、、努力
相手の立場に立って……と我が身を振り返る日々である


という事で、、、

じゃ、またね








コメント (3)

新たなスタート。というか、同時進行していた。

2009-11-18 05:50:03 | Weblog
クロちゃんの定期往診(訪問診療所)日だった昨日の午後、
いつも来てくれる若い医師がクロちゃんの訪問看護の当初の担当だった看護師さんを伴って来てくれた。

この先生、京大の理工を出て新聞社に勤め、その後、医大に入り直して医者になった優秀且つ志の高い立派な方。

クロちゃんの治療や往診に関して、誠実で、まじめで、いつも真摯に優しく患者の立場に立って想像力を持ち、すぐ行動に移してくれる絶対の信頼を置いていた医師である。

クロちゃんもわたくしも、「感謝」「先生、いつもありがとうございます」
という気持ちでいっぱいである。

その先生に……

この先生だけには言いたくなかった、、、
出来れば、この先生にだけは、、、、、

「今日を限りに縁を切ります」
とクロちゃんが言った。
わたくしも、話しに加わって、この先生に言いたい事を言った。。。

やり取りは書かないけれど、結果、往診診療所との縁を切った。


2人が帰った後、なんともやるせない気持ちに乗っ取られたクロちゃんとわたくし。。。。

あの先生を巻き込んだ。
悔しさと自責の念にわたしとクロちゃんは沈黙した。

しばらくして夫婦で話した。
わたくし「E先生には、本当に申し訳ない事をしたね・・・」

クロちゃん「これから、きっと、イイ医者になると思うよ」
     「俺たちとのやり取りで何かを勉強してくれたかもしれない」
     「”医者”としての在り方を考えるだろうし…」


あぁ、、、今こうしてブログを更新していても、虚脱感が抜けない。
先生、今まで、本当に本当にお世話になりました。
ありがとうございました。ありがとうございました。
先生を巻き込んでしまった事…慙愧の念に堪えません。ごめんなさい。

いつかどこかでお会いした時に、絶対にその事だけは伝えて謝りたいと思っている。



昨日の午前中、クロちゃんは37.9℃の熱を出した。
風邪か?と思ったけど他に症状もない。
インフルエンザはかかる訳がない。外の人間と接触していないから。
尿路感染か?と思ったけど、尿はきれいで、量も通常通り。

一昨日の晩は一睡もできなかったらしい。
疲れが出たんだね。。。
昨日は朝から断続的に雨。

午前中にわたくしは動きに動いていた。
クロちゃんの往診を受けてくれる病院を探して、多方に電話をかけ、確認作業の後、車で診療所にMRI画像等を持って移動していた。
結果、2つの診療所が快く「明日から往診できますよ。訪看も大丈夫ですよ」
とのお返事を頂戴して昼に帰宅した。

並行していくつものことを処理していかなければクロちゃんは生き延びてこられなかった。これからも同じだと思っている。
わたくしたち夫婦にかかわる方たちは、きっと、「この奥さん、キチガイだ」
と思っていると思う。

しかし、クロちゃんの”命”がかかっているのだから、”キチガイ”になっていいと思っている。クロちゃんが生き延びられるためになら、鬼にも蛇にもなる。
前進あるのみ。
キチガイ扱いされようとも、誹謗中傷者扱いされようが、前に進むしかないのだ。



今日は皮膚科医の先生が2時に往診に来てくれる事になっている。
先生、わたしたちのオーダーを言わずとも察知して直ぐに応えてくださってありがとうございます。
粉瘤の下にまた何かが出来ていた。一昨日の2時に来てくれた訪問看護師さんは何も言っていなかった。
この状態からすると、その時点で何かしらの症状はあったはずである。
皮膚科医の先生に、その部位の事を告げると、「行きます」と言って下さった。
ありがとうございます。ありがとうございます。


という事で、、、


少々、ボロボロのわたくし……

おばはんが おばーさん化している。。。
頭ボサボサ、お肌ボロボロ……
ミイラか化け物か……

今から熱めのお風呂に入って、身支度をしよう!
今日は娘は学校がお休み。
息子もインフルエンザの影響でお休み。

家族4人揃って、、、
ゆっくりと、音楽でも聴きながら……
過ごそうと思っている

じゃ、またね
コメント

あぁ~~疲れる。。。

2009-11-17 05:11:49 | Weblog
クロちゃんは昨日は訪問入浴さんに9:45~お風呂に入れてもらいサッパリしてご機嫌

午後は訪問看護師さんが来てくれて1W分の便を出してもらって……
(半端な量じゃなかったらしい…
スッキリ爽やか…でちょーーーご機嫌

わたくしと子供たちは16時過ぎに”季節性インフルエンザ”の予防接種を受けに行った
我が家周辺の病院は、軒並み電話したけど「もうないです…」と断られ、どうしようかと頭を抱えていたら……
友人の開業医の奥様が……

「うちにはあるわよ。主人に言って3人分確保するからすぐ来て」
と言ってくれた。

あるところにはあるんだなぁ~~
Dさん、本当にありがとう
D先生、恩にきます。ただし、「新型は無理だよ!」と釘を刺された

娘とご子息が小学校時代同級生だった。
しかも、”私立中学受験組”だった事、先生とクロちゃんの田舎が富山の同じ街だった事…縁があるんだなぁ~
酒飲みでヘビースモーカー…

だけど、ものをはっきり言うイイ先生
きっと、患者からは”怖い先生”と言われているのだろうけれど、医者として断固として曲げない所がある。
10年前は、ちょー短気沸点が低かった
けれど、、、今年還暦を迎えた先生は……沸点が少し高くなってきたみたい

これからも、よろしくお願いいたします


予防接種に行く車中で携帯が鳴った。
皮膚科医の先生から
「今から予防接種を受けに行くので、、、」と言ったら
「僕も診察中なので、診察が終わるころ、19:00過ぎに再度お電話いたします。薬疹の検査の件です。」という事で切った。


帰宅して大急ぎで夕飯を用意していたら自宅の電話が鳴った
息子が出て、寝室に居たクロちゃんに電話の子機を持って行った。

なんだか、クロちゃんが怒ってる声が聞こえる
お料理もそこそこに寝室に上がって行ったら……
電話を持ってクロちゃんが……あのクロちゃんが……怒ってた

患者を怒らせて、自分の主張ばかり……
「カルテは公文書だから」だって……
都合のいいカルテですね
公文書の意味がわかってるのか?医者が書く診断書は公文書。違うのか?
役所に提出する診断書を書いて下さいとお願いしたら
「奥さん、診断書のここ奥さんが書いてください」と言った医者が居たな~…
診断書を患者の家族が書いてイイのか???

電話の向こうで「皮膚科医と話してリハビリの制限はないと言っていた」とクロちゃんに主張した医者。
後で皮膚科医の先生と電話で話した時「そんなこと話した事ありません。」
「心外です。僕がそう言ったとおっしゃったんですか?リハビリの話もしたことないです。」とご立腹

医者がする事か???医者以前の問題じゃ。ウソついていいのか?

あぁ~~疲れる


皮膚科医の先生との電話の内容。
病理診断医の木村先生から回答が来たので、近日中に薬疹の検査をしたいのだけれど、可能性のある薬は何種類ですか?と聞かれた。
「2種類です。ジェイゾロフトとセルシンです。」と答えたら、
「一種類に付き1万円です。その薬は手元にあるのですね?検査には薬が必要なんです。」と言うので「あります!」という事で製薬会社との曜日のすり合わせをして、検査日を決めたら電話を再度貰うことになった。
皮膚科医の先生ありがとうございます
慈恵本院の第一線でOPを執刀している先生。外来患者は数珠つなぎのように診察を待っている先生。お忙しいでしょうに、クロちゃんのために色々手を尽くしていただいて……感謝・感謝ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします


夕食はパエリアと豚ヒレ肉のサラダ
家族4人でダイニングでお食事

し・あ・わ・せ

クロちゃんと、わたくしと、2人の子供たち

これからも4人揃って、ご飯食べようね


そんな感じの我が家。という事で…

じゃ、またね



コメント

楽しいけどチョー疲れた^^。

2009-11-13 18:24:06 | Weblog
クロちゃんは基本的に元気。
粉瘤はだいぶ傷がふさがって来たけれど、”かさぶた”には未だになっていない。
しかも、粉瘤の下にただれたジョクソウ様が

なのに、なのに……
往診診療所からはPTさんが断続的に予定に入っているようで……
さすがに、今日はクロちゃん自ら電話。
「今の状態でリハビリは無理なのでしばらくお休みでお願いします」
と言ったらしい。

わたくしは、しばらくどころか、来年粉瘤を切除した後までを考えると半年は無理かな…と思っている。

一体全体どうなってるんだろうね???ここの診療所。
「日本で5本の指に入る屈指の医療を提供している診療所です」
と、院長自ら患者と患者の妻を前に言い放った先生……
医科歯科大に誰がそのような評価をしたのか問い合わせたら、「えぇ!!そんなこと言ってる医者が居るのですか!!」とご立腹。「居ますよ」と言って話は終わった


11日の水曜日、土砂降りの中、わたくしは息子を連れて鎌倉に向かった

息子が初夏頃から「僕は将来、鍛冶屋になりたい!」と言っていた。
ただの思い付きだろうとほっといたら……
いつまで経っても「鍛冶屋になるんだ」と言い続けるので、クロちゃんと相談して、探して探して探しまくった。

み~~つけたーーーーーーーー

鎌倉山のてっぺんにある”小宮製作所” http://www.feneeds.com/

ここに、2人でリュックをしょって、行ってきた。
クロちゃんは生活介助ヘルパーさんに全面ヘルプを頼んだので安心して行くことができた。玄関先で「気をつけていってらっしゃ~い」と見送ってくれた。

2時間半はゆうに掛ったが、着いたら……
息子はオブジェにくぎ付け
早速、体験授業が始まった。親子の参加だったのでわたくしも表札にチャレンジ
息子は……もの作りの”血”が騒いだようだ
「妖精の羽のしっぽ」と言うお題の作品が出来上がった
親バカだけれど、筋がいいと感心した。作っている時の集中力
これは”血脈”のなにものでもないと確信した

7歳で鍛冶屋修行に入るなど、まず、前例がないと思う。
しかし、小宮先生の人柄にわたくしは惚れた
まだまだ、、、という部分もあるかもしれないが、前途がある、しかも、その前途は未知数の職人(芸術家)だと思った。
どういう訳か、わたくしと同じ歳

”人の縁”の不思議さに驚いている。

息子が弟子入りするにあたって色々クリアーにしなければならない事がある。
まず”安全面”。

溶接用防塵マスク
遮光面
防具服
安全靴

これ、すべて、子供用の特注品を用意しないとね

そして、先生が子供を長い目で”教える”ということの準備。

末は東京芸大を目指せと息子には言ってある。

先生も、必死である。さっきまでわたくしと電話で打ち合わせ

来月あたりから、月に1~2回、鎌倉通いが始まるぞ~~

ま~ちゃん、お母さんとして頑張るもんね

クロちゃんは、いつもと変わらず……
いつも、そこに、居る

あぁ~~しあわせ・しあわせ

ということで、またね


コメント

薬疹が・・・・・・出てるっって===

2009-11-08 07:24:47 | Weblog
皮膚科医の(新橋の慈恵本院の講師)先生と電話で話した。
札幌の病理診断医 木村鉄宣先生に再オーダーしている病理診断は難航しているらしい。

その前に、金曜日に慶應に野暮用があって行った時、病理診断部長の向井先生に「薬疹の病理を古い検体から答えを出すことができるのか?」と訊ねてみた所、
「病理医にとっては厳しいオーダーだよ!難しいなぁ~木村先生も頭抱えちゃうよ…」とおっしゃっていた。
ということは…血液検査と組織採取を前倒しで早々にしなければ、いつまで経っても薬疹の薬の特定が出来んじゃないか

クロちゃんは今も薬を服用すると1時間もすれば顔・唇・首筋・脇の下・太もも裏側・ひざの裏に湿疹が出ている。血中濃度が薄れる頃には、その湿疹も薄れていって、薬を服用すると又発疹が出る。これを繰り返している。

今日は日曜日なので、明日、わたくしは動く
皮膚科医の先生よ、待ってておくんなさい


向井先生とは、公私共にとても濃密なお付き合いを賜り、感謝感謝のわたくしとクロちゃんである
しがない患者とその妻のわたくし相手に、真摯に誠実に正直に……突然の訪問も快く受けてくださり……ありがとうございます、ありがとうございます

”先生との出逢い”

これは、わたくしの今までの人生の中で、最大の”出逢い”であったと思います。
頭も悪いし、気も利かない、おまけにブスで若くもないおばはんのわたくし。。。
なのに、なのに……
なんだか、いろいろ、、、ご縁があるんですよね。。。
奥様のご兄弟とわたくしの兄弟の構成が同じだったり、幼少期のお住まいが、わたくしが学生時代を過ごした駅周辺であったり……

メールのやりとりも頻繁で、お忙しい先生におかれましては、甚だ恐縮して居る所ですが、わたくしの相手をしてくださる先生。
感謝・感謝……本当に本当にありがとうございます

このご恩は、わたくしの生涯をかけて、お返ししたいと思っております。
先生、お母様の手作りの3食のお食事で健康管理はバッチリ
でも、御身ご自愛いただき、いつまでも老眼もなく、病理診断医として、執筆家として、、、そして、ご子息様として、旦那様として、、、
いつまでも、いつまでも、お元気で……

そしてそして、、、わたくしの相手をしてください
(わたくしをネタに笑っていただけたら本望です)


今日は、1日を、、、”根性”で原稿書きに費やします



じゃ、また





コメント

今日は横浜、昨日までドイツか・・・・・・

2009-11-05 06:20:58 | Weblog
クロちゃんは、ここ最近、だいぶ安定している。
”粉瘤”はそのままだけれど、だいぶ肉が盛り上がってきて、表面もきれいになってきた。
薬疹はまだ出ていて、水泡ができるとパーミロールテープで保護している。粉瘤の下(おしり)にはジョクソウ様のレベル1程度のものができていて、アズノールにラップ療法で対応している。悪化せずに治ってくれることを祈る。

おなかの調子(排便)がいま一つ悪く、浣腸しても1週間でなかった。
昨日は気合を入れて、わたくしが頑張った

ら、、、出た=======
一週間分の便てこんなにあるんだ
ということで、クロちゃん絶好調
わたくし、へろへろ

でも「かゆい所に手が届くのはま~ちゃんだけだよ
と結婚記念日(19回目)の昨日、ねぎらいの言葉をクロちゃんからかけられ
「そ~でしょ~~」とご機嫌のわたくし
クロちゃんから、胡蝶蘭の鉢を贈られご満悦のわたくし

19年前にホテルで挙式した時の写真を出して、2人で眺めた
2人とも満面の笑みを浮かべ、はじけんばかりの”若さ”を解き放っていた


月日は残酷だ

今や、おじさんとおばはんの2人
19年間、2人並んで生きてきた。
「これからもよろしく」とクロちゃんが手を出した。
「はい、これからもよろしくね」とわたくしも手を出し、目で……
”愛してるよ”と見つめあって握手した

そうそう、昨日は結婚記念日だったのもあって、愛車ボルボ(千葉では1台しかないこだわりの車)を1年点検に出した。
わたくしとクロちゃんにとってボルボは体の一部。
点検終了後、担当のKさんが納車に来てくれた。彼は、中堅営業マンの部類に入ると思う。新車バンバン売って、顧客のアフターフォローも抜群
1年点検を終えた愛車は完全無欠で爆走間違いなし
支店長までの道をまっしぐらに営業励んでください。応援してまっせ

これから、娘も免許を取るだろうその時は、もちろん、ボルボ大事な大事な娘を守ってくれる車は”ボルボ”以外にないとクロちゃんと話している。その時は又、よろしくね



主治医の先生は昨日までドイツに出張
今日は横浜で学会

忙しすぎるって

でも、最先端・最高峰で、、、頑張ってくださーーーい

わたくしたちは、地元でちまちまだけど、、、頑張ります






コメント