脊髄腫瘍闘病記・ま~ちゃんのつぶやきエトセトラ

夫が脊髄腫瘍星細胞腫G4で、T2で脊髄を離断。残念ながら丸2年後に、亡くなりました。闘病中→その後を書き綴ります。

探し~探し求めてぇ~~~・・・

2018-08-28 20:50:51 | Weblog


 結局、整形外科に行った。

 ロキソニン又はモーラステープをもらうだけの目的だったので、いかに!空いている整形外科を

 必死で頭の中で探した。

 
 大正解===。


 問診票に「ロキソニン又はモーラステープを処方して欲しい」と書いただけで、ふた言、み言、話しただけで

 診察は終わり(先生は呆気にとられていた。レントゲン撮りますかと言って下さったのに、

 いえ、レントゲンは結構ですと患者のわたくしに断られたし)ひと月の処方限界の量を処方して欲しいと申し出たのも

 驚かれた。「貴女、看護師さん?」と聞かれたので「違います」と言った。

 隣の調剤薬局でL版モーラスを10袋もらって帰宅した。(¥670也)


 診察や検査、治療が人気の所は、めちゃくちゃ混む。

 神経根ブロック注射や、ヘルニヤの手術だったら行く整形外科はわたくしは決まっている。

 そうそう、足がしびれた時には「わたくしも脊髄腫瘍かも知れないから検査して欲しい」と

 慶應病院の整形外科に行った。行った時に先生に「夫婦で脊髄腫瘍だったら世界でたったひと組の夫婦ですよ」

 と言って、笑ったけれど、先生は真剣だった。

 色々検査したら、神経内科に回されたのを覚えている。


 ただやみくもに病院というかドクターショッピングしても意味がないと思っているわたくしは

 今日は大正解だったと「ニコパー!」と笑っている。


 はい、、、ということで、今日は病院の選び方でした(笑)


  では、、、


       ごきげんよう









 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 初診で縁切り。。。 | トップ | ねんげつ。つきひ。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事