脊髄腫瘍闘病記・ま~ちゃんのつぶやきエトセトラ

夫が脊髄腫瘍星細胞腫G4で、T2で脊髄を離断。残念ながら丸2年後に、亡くなりました。闘病中→その後を書き綴ります。

看護100年の記録

2018-04-20 19:57:38 | Weblog



今日は慶應病院で、一日かけて全身検査を受けてきた。

ゴールデンウィークに新しく建て替えられた病院への引っ越し作業があるらしいから

この建物での検査は最後になるなぁ~としみじみと廊下を歩いた。


歩くと、、、壁に、、、


    


   




100年の歴史を写真で紹介できる看護大学はそうそうないなぁ~と見入ってしまった。


待ち時間は2時間と3時間。

この5時間で、読みたかった「君はどう生きるか」の漫画と原作両方読破した。

原作の方が個人的には好き。


この2冊は近々、息子に郵送するつもりでいる。

思春期の男子、しかも主人公は父親を病気で亡くした少年だ。

息子の胸に、大きく刺さり、色々考える材料になる内容だと思う。

読んだ息子の感想も聞いてみたい。。。


と、今日はこんな一日でした。


検査結果は25日。甲状腺の伊藤病院は24日。2日続けて病院通い……涙



では、、、



        ごきげんよう
        にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ





ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「君たちはどう生きるか」 | トップ | ありがたい。 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ま~ちゃんお薦めの (takaちゃん)
2018-04-21 12:16:23
「君はどう生きるか」の漫画版是非とも読んで見たいと思っています。
takaちゃんさんへ (ま~ちゃん)
2018-04-21 20:08:16
はい、是非お薦めします。

何歳になっても、こう聞かれると考える所多いです。

謙虚の、我を振り返り今後の生き方を考えるいい機会をくれました。この本は。。。
こんにちは (こてった)
2018-04-23 12:29:22
先月定期健診を受けてきました。次回は来年の予定なので次は病院の雰囲気はガラッと変わってそうですね。

来月新幹線移動の予定があるので、お薦めの本。私も手に取ってみようと思います。
こてったさんへ (ま~ちゃん)
2018-04-23 17:26:25
相当変わるでしょうね、慶應。
東京オリンピックにまにあいましたね。
200億を投じたと聞いています。新病院。

80年前に書かれた児童書ですが、これがどうして、、、
大人になった自分へ大きな投げかけをもらいました。
読んでみて下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事