脊髄腫瘍闘病記・ま~ちゃんのつぶやきエトセトラ

夫が脊髄腫瘍星細胞腫G4で、T2で脊髄を離断。残念ながら丸2年後に、亡くなりました。闘病中→その後を書き綴ります。

親友

2018-04-29 16:04:17 | Weblog


わたくしには、高校1年生の時に同級生になって以来の大親友がいる。

数えれば、、、37年来の親友である。

彼女の実家はそもそも松戸であったが岩手県盛岡市の私立女子高に越境入学、寮生活をしていた。

わたくしは自宅生。しかし、大学入学のために毎週上京してレッスンに明けくれる生活をしていたのもあって

彼女とはとても話の合う仲であった。


上京後は彼女の方が早く結婚し子をもうけた事もあり、疎遠だったがわたくしが結婚した時期から

頻回に会うようになっていた。両家に子ども達を預けたり、一緒に遊びに行ったり・・・

夫が病気になった時も、彼女のご主人が急逝した時も、夫が亡くなった時も、、、

そっと支え合う。そんな感じの親友。大親友である。


昨夜、2人で呑んだ。

彼女は、この数年「和装」にはまっており、よく着物を着てくるので、昨夜はわたくしも小紋の着物姿で

行きつけのお店でどんちゃん騒ぎ。

食べて、呑んで、歌って踊って、、呑んで、、呑んで、、、バカ騒ぎをして楽しかった。


今日は休みだったから心おきなく遊べたし、相手が親友と言うのもまか不思議な安堵感があった。


今朝はゆっくり起きて、美容室へ、、、

買い物して帰宅し、何品か作って、、、、またまた、呑んだ(汗)


5月4日の夜に彼女の家でパーティーをしようと決めた。仲間(夫と同じ病気のご主人を亡くした友人)

(お嬢さんがこの春私立中学(お母さんと同じ私立)に合格し入学したお祝いもかねて)も加わり、

我が家の娘の幼稚園時代のママ友←(ずーーっとお付き合いしている)も加わり、、、

気合が入ったパーティーになりそうだ^^。


5日の午後には娘一家が衣替えに来るらしい。(部屋が狭くて、娘の洋服が入りきらず、実家の我が家に置きっぱなし)



息子はこのゴールデンウィークは帰省せず、わたくしの弟の家や母の家を泊まり歩く生活になりそう…

春休みに帰省したので帰ってこなくていいと言ったら、そうなった(汗)

これ以外は、、、仕事一色のわたくしである。


では、、、


皆様は佳いゴールデンウィークをお過ごしくださいませ。


     ごきげんよう
     にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ありがたい。 | トップ | いつまでつづく? »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事