脊髄腫瘍闘病記・ま~ちゃんのつぶやきエトセトラ

夫が脊髄腫瘍星細胞腫G4で、T2で脊髄を離断。残念ながら丸2年後に、亡くなりました。闘病中→その後を書き綴ります。

永眠

2010-06-24 17:42:47 | Weblog


 長い間、ブログ更新できずにおりました。
皆様にはご心配おかけして、本当に心苦しく思っておりました。


2010年6月19日正午12:00、
クロちゃんこと 黒田一隆 
脊髄腫瘍アストロサイトーマ(グリオーマ)胸膜への播腫により永眠いたしました。

今まで沢山の方達に励まし続けていただきました事、、
ご厚情を賜りました事、この場を借りて御礼申し上げます。


闘病する本人がいなくなってしまいました。


わたくしのブログ闘病記もこれを持ちまして終了したいと思います。


今まで、ご拝読賜ったみなさま、ありがとうございました。
本当に本当にありがとうございました。













ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万起子が落ちた…… | トップ | ついに、、、救急車。。。 »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご冥福をお祈り致します (たか~しジョージ)
2010-06-24 21:04:24
まどか様

ご無沙汰しております。

しばらくブログの更新が無かったので、心配しておりました。

何と言っていいのか・・・

私としても無念です・・・

ご冥福をお祈り致します。

神作 隆







Unknown (Unknown)
2010-06-24 23:32:01
1日も早くお元気な笑顔を取り戻して下さい…
何と申してよいか (通りすがり)
2010-06-25 09:44:16
何と申してよいか言葉が見つかりません。
4月より更新がなかったので懸念しておりました。
死と闘い続けた旦那様も一緒に闘い続けた奥様も
頑張られたと思います。
お疲れ様でした。

奥様やお子様達の
お心が一日も早く 落ちつかれることを祈っております。

旦那様におかれましては
一日も早く成仏されることを祈ります。
生きるということ
生き方
背中を見せて頂きありがとうございましたm(_ _)m
Unknown (島人おっさん)
2010-06-26 15:19:54
心よりお悔やみ申し上げます
奥さんは頑張り過ぎる程 頑張った

私も頸椎内に境界線のハッキリしない影 生きてる間 厄介な症状と付き合って いかなけば なりませんが

旦那さんも 奥さんと 子供達の 幸せを 天国から 見守っている事でしょう

残念です (7病棟711号室)
2010-06-27 01:21:11
毎回、ブログは拝見させて頂いていました。

黒田さんには同じ病室になった際には親切にして頂き本当にありがとうございました。

退院なされた時の元気な黒田さんの姿が昨日のように思い出されます。
話を聞いた時には、とてもショックでした。

心より御冥福をお祈り申し上げます。 山村
ご冥福をお祈りします (おさかな)
2010-06-30 08:31:59
通りすがりのブログ読者です。今年の始め頃から読ませて頂いていました。

ご主人様の容態の変化を
言葉もありません (高橋剛志)
2010-07-01 00:12:42
この記事を読んだ時に正直言葉もありませんでした・・・
また言葉をかけることも出来ませんでした。
なんと言っていいかもわかりません。
正直とてもショックです。
心よりご冥福をお祈りいたします。
普段はブログ等にコメントはしませんが今回はコメントを残させていただきました (K.A(ペンネームイニシャルで申し訳ありません))
2010-07-11 08:11:45
初めて拝見させていただき
初めてコメントさせていただきます

丹野孝明先生関連よりこちらを拝見させていただきました

このたびはお悔やみ申し上げます
故人のご冥福をお祈り申し上げます

いままでお話をしたこともありませんが
丹野先生と同じ病院で入院していました
ひょんなことより気になって調べているうちにこちらを拝見させていただきました

当初は丹野先生のことは医師とはしらず学生さんがよくお見舞いに来ていたのでどこそこの大学の先生だろうと思っていました

こちらのブログを拝見いたしまして丹野先生の人柄を受け知ることができました

入院中先生の踏ん張りや人の見ていないところなどで人の数倍もの努力をしているのを見て
努力する人はしない人に比べて治療の進み具合が違うなと思い
私も自主訓練をいたしました

受傷当初別途での生活も覚悟してといわれましたが病気のことで悩んだことがないので
丹野先生の

「闘病とは病そのものと闘うことではなく
 
 病に打ち砕かれそうになる自分自身と

 闘うことである」

とは考え方が異なりますがおおむね同じとおもっています
(悔やんでリハビリ等に意欲が向かない自分に打ち勝て無いで治療期間が終わってしまう診療報酬制度ですので医療体制に詳しい先生らしい意見かなと思います)


今やれることをやるのではなく

  いまやらなければならないことをする
  日々精進の心を忘れずに
  常にすべてのことが勉強自分で考え前進する

( いろんな意味がありますが
  今やらなければ後でできないこと 
  今しかできないこと 
  今やらなければ後悔すること
  いまやらなければならないことを考えること
  何が起きようとも後悔せずそれも勉強と思う )

を心がけています

こちらを拝見させていただきご家族の負担を再度認識させられました
そういう場を何度も見てき増したが
その後の心境を最後のブログを拝見しその後の残された家族の気持ちというものを考えないといけないと痛感しました

早々にでもそういうご家族に挨拶に行きたいと思います
(今自分がやらなければ後悔すること)

黒田様やこちらのブログを拝見する方々に

20代で障害1級を何個も取れる歩行完全不能で車椅子生活の体になりましたが

一人暮らし車も運転し生活にかかる費用など自身で捻出できます

私や丹野先生が特殊というかたもいるかもしれませんが
どんなに苦境に陥ろうとも決してあきらめなければやらなかった事での後悔はしないそんな風に考える人間もいるんだなと記憶の隅にでもとどめて置いてください

今後家族のメンタル面などを考えないといけない場のためになどやそういった相談事を受けれるようにこちらのブログを参考にさせていただきたいと思います
膨大な量のブログなので日を改め合間を見て拝見させていただきたいと思います


文節に宗教上失礼となる言葉やその他失礼にあたることなどありましたらお詫び申し上げます
Unknown (まーくん)
2015-10-26 04:55:16
ご主人様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ついに、この日が来てしまいましたね…
3ヶ月近く更新が、空いているので、さぞ大変でしたのでしょう…
振り返ると長い看病生活、ご苦労様でした。
ま~ちゃんさんの たゆまぬ努力には、頭が下がる思いです。
もうこれで、ご主人様との楽しい日記を
読むことができないと思うと涙が出ました。
ブログの中の あの日あの時が、思い出されます。
悲しいです…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事