脊髄腫瘍闘病記・ま~ちゃんのつぶやきエトセトラ

夫が脊髄腫瘍星細胞腫G4で、T2で脊髄を離断。残念ながら丸2年後に、亡くなりました。闘病中→その後を書き綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雨の日には・・・

2018-10-23 15:33:33 | Weblog
昨日の秋晴れと反して、今日は雨が降っている。

こういう日は、静かに音楽でも聴きながら・・・

で、、、

出来上がったのが、、、これ。

       


孫の髪の毛が一向に生えてこず、「ヘアバンドしかできないわ」と言った娘の言葉を思い出し、手作りした孫娘のヘアバンド。

夫が元気で、専業主婦をしていた頃は、こうしたお裁縫は大好きで、娘の洋服はよく手作りした。

夫のYシャツも、型紙をとって手作りし、腕の横にネームを刺繍して入れて夫にも喜ばれていた。

このヘアバンドも娘にとても喜ばれた。



八千代市というまぁ、我が家から1時間ほどの所に、末期がん患者のみ受け入れるサービス付き住宅を始めた女医さんがいて

その施設を見学に行った。先生は訪問診療に行かれていてお目に掛かれなかったが、「志」が素晴らしく、、感嘆した。

日野原先生のミュージカルにも出演されているので、医者としての仕事のみならず多岐に渡りる「バイタリティー」

これには少なからず不安を感じた。「緩和ケア」が専門であり訪問診療のみならず、これから医師が見つかり次第

外来も始めるクリニックも併設してあった。「デスカフェ」もあり、デイサービスのスペースもあった。

がん哲学外来等々、私が知りうる様々なアイディアがすべて盛り込んであった。全て整いすぎているのに不安を感じた。

なぜだろう??と考えるとマンパワーを感じなかったからかもしれない。。でも、明確な理由は自分でもわからない。


そこで初めて見た素晴らしい物がこれ。

 

訪問入浴を使わなくてもお部屋で全身入浴ができる物体。

介護関係ではなく板金屋さんが考案したものらしく、注文してから作るのでひと月はかかる。が、費用は10万円。

片側のパイプが「がちゃん」とはずれ、患者さんを横すべりで移動でき、「がちゃん」と元に戻したらポンプで湯を張る。

これが、10年前に有ったら我が家にも一台欲しかった…と思った。


明日は慶応病院の受診日だ。信濃町まで出かける。今年最後の受診になる。
来月は伊藤病院の受診がある。こちらも今年最後になる予定。

年末には息子が帰省してくる。息子が帰ってくる前に孫の顔を見に行きたいと思っている。

顔を見るなり、、、ギャン泣きされないことを祈って(汗)


では、、、

     ごきげんよう
     にほんブログ村 病気ブログ 腫瘍へ -->
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 気分転換!! | トップ | 人間ドッグ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
可愛い (corona404)
2018-10-23 15:55:25
ヘアバンドもお孫さんの爆睡中も可愛いね。
おばあちゃん似で美人だ。
介護の大変さも想像できます。
corona404さんへ (ま~ちゃん)
2018-10-24 15:33:07
お褒めいただいてありがとうございます!!
色白は娘に似たようです。
私にはどうかなぁ~・・・
かわいいですよね孫って。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事