あしおとがきこえる?

おどり場は劇場から路上まで
おどるなつこ(振付家・タップダンサー)ブログ

武蔵野のおすすめ

2017-07-01 | おすすめ!
今週は諸々タスクをこなしながらも、遊びにも行きましたのでおすすめします!



私のPC机周りはこんな絵に囲まれています。
木澤洋一さんという画家の作品たちなのです。

絵を見て衝撃を受けることってなかなかないのですが、ほら、きれいねーとか、すごいねーとか、よくわからないねーとか、私は、どことなくふうんと感じることが多いのです。彫刻など立体の方が好きなのかもしれない。
ですが、この方の絵は。ちょっと見、雑な風情のボールペン絵にも動きと妄想が混在していて、注視しすぎてくらっとします。

作家在廊でお話できたのですが、ただただひとりで描いてきたそう。ユニークな世界から物語が溢れているし、色がとてもきれいで、倒錯しています。

個展開催中、この週末よかったらぜひふらりと覗きに行ってみてください。衝撃間違いなしです♪



吉祥寺ギャラリーにて7/3(月)まで12-19時(最終日は17時)
井の頭公園駅から井の頭公園入口に向かって歩いて行った交番の少し先にあります。



井の頭公園といえば、私のふるさと。昔は駅の裏斜面にヤギがいました。
この交番は、3歳の弟が友達の弟とつるんで三輪車の旅に出て保護された交番。前の道が広がって明るくなっています。



井の頭公園の木々たちは全く変わらぬ姿で同じ場所にありました。木が幼少時と変わらずにそこにいてくれるって、とても安心してくつろげる。


さて、おすすめの二つ目は、初めて伺った阿佐ヶ谷ヴィオロン。北口から左方向にあるスターロードの一番奥どん詰まりにありました。
こちらは名曲喫茶として13-17時まで営業し、夜は毎日ライブされているそうなのです。私もピアノ大和田千弘氏×ギター吉久昌樹氏即興を聴きに足を運びましたが、繊細で獰猛なおふたりの演奏をもやわらかに包む空間。



奈落の底にはめ込まれた大きなSP盤のスピーカーがあり、積まれたレコードの間に、古い古いシャンデリアや竪琴や人形たちが賑やかにいます。フランスでお世話になったエリックのお宅で、古いレコードを次々かけてみんなで踊ったのを思い出しました。珈琲、レコード、古い木の手すり。なつこ的三種の神器が揃ってしまってる〜!
ひとりでも時間を持て余すことなく居心地の良いお店で、マスターの珈琲が美味しいです。近くだったら本を読みに入り浸りたい!

阿佐ヶ谷に降り立った際には、是非スターロード奥まで探検してみてください。
以上、武蔵野のおすすめでした〜!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私のお気に入り | トップ | 世界はうつくしい »
最近の画像もっと見る

おすすめ!」カテゴリの最新記事