おどるなつこ 「あしおとがきこえる?」

タップダンサー・振付家おどるなつこの日常から浮かびあがることばを束縛せず書きとめています。2005年開設。

頭とハラワタ

2019-04-17 | あしもとからの思索
引き出しを開けると、猫が走ってくる。
3つ並んだ引き出し、両隣にはタオルとお茶類が入っているので、ま、3分の1の確率なのだが、真ん中の引き出しが開くと、彼はニボシをもらえることがあるのだ。

ニボシをお出汁用に浸す時には、頭をとりハラワタを抜く。
脳みそも内臓も、生きていたら要になるはずなのに、“遅くまで遊んでいると宇宙人にハラワタひきぬかれるぞ”と脅されたものだったのに、お出汁には不要とされるのね。えぐみがでるんですって!

昨晩“またあした!”と〆たのに、今日は丸一日企画書を書いていてBankART には行けず。
家の前に椅子を出し日向ぼっこがてら、椅子に座って企画書にとりくんでいると、ご近所さんから「あらあ、よいわね〜」と次々声がかかる。「はい〜」と毎度にっこり。どんな仕事でも快適環境で行うのが良い!


今日ではなくていつかの夕焼け昇り竜。

企画書書きとは、ハラワタを引き抜く作業である。

とっぷりと生々しく温かい内臓的あれこれを、時間やお金や場所や人員の乾いたパズルに書き換えていく。
実はこれはぜんぶハラワタなのですが、、、、、えぐみが出ませんように。
みんなで水をかけたらほら、それらが立ち上がって実現するんです!

一日パソコンに向かっていると調子が狂いますね。
このところ毎日、左足の骨がずるっと抜けていたり、ぼっとん便所の上に布団を敷いたらそこにお客さんが寝てしまう夢などを見ています。
深層心理やいかに?
頭とハラワタ、大切。
この記事についてブログを書く
« それぞれの立場から | トップ | GW5/4サーカス体験はいかが? »
最近の画像もっと見る