おどるなつこ 「あしおとがきこえる?」

タップダンサー・振付家おどるなつこの日常から浮かびあがることばを束縛せず書きとめています。2005年開設。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カンナ日和

2010-03-16 | 稽古日記
何となく気がぬけて、カラダの疲れを感じた月曜日。
練習する事もあったけれど,いっさい放棄してひなたぼっこdayとする。庭の机で靴下の穴を繕ったり、、、こういう時間て,安らぐなあ。
午後にはだいぶ充電されてきた。日も陰って来たので,掃除でもしようかなと家に入り。。。

あ、床のメンテナンスしよ!!

家は防音ではないので、音がそんなにきつくない柔らかいサワラ床。それにもかかわらずヒールやトウで立ったりするために、板がほつれて表面がモケモケになってしまっている。冬の間何度もカンナをかけたいと思っていたんだが、こんなふうに湿気があるくらいの天気なら、埃が散らなくてよいかも。

じゃ~ん。もちろん持ってるマイカンナ!
家の修理の際に,大工さんに引っ付いて休憩時間に教えて頂いたので、研ぎも刃の調整も一応できます!


(まだらに白いところ=削られた部分)

しかし、この削り具合、マスターにはほど遠いです。

それでも、研ぎや調整も含めて、カンナかけは本当に面白い!身体のどこに動力が生じて最終的に刃を動かすのか、、、によって結果がまるで違う(ような気がする)。

大工さんって身体の技だよなあ。本当にすばらしい身体技能でもあるんだ。
私みたいな大雑把モンには、おそらくなれない職業のひとつである。

そこで一句

”力加減 一歩間違うと 台無しに”




この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 応援ありがとうございました... | トップ | 告知:『A parade in the SOU... »
最新の画像もっと見る