◆ちゃんとしゃべれ!治納由気(はるなゆき)◆

変な日本語、敬語もどき、崩れていく日本語、そして、正しい日本語とハムスター。

「車ではねられ」って?

2018-09-09 10:23:02 | 言葉についてあれこれ
                                  回し車で

 「YAHOO!ニュース」で「車ではねられ4人死傷 男逮捕」という見出しを見たのですが、「車にはねられ4人死傷 男逮捕」でしょ( ̄д ̄)! 「複数の歩行者を車ではね・・・」という流れなら「車で」ですが、「はねられ」ですから「車に」です。日本人なら何も考えなくても「車にはねられ」と書けますよ・・・書けるはず・・・( ̄" ̄)。
 「YAHOO! あなたへのおすすめ」にあった「伊○園でしかできない野菜ジュースです」という広告にもやもや。広告そのものを見ても「伊○園でしかできない」とはどこにも書いてなかったので、ヤフーのスタッフが「伊○園で」と書いたのでしょうかね( ̄д ̄)! 伊○園は飲料メーカーですから「伊○園にしかできない野菜ジュースです」でしょ! 「で」ではなく「に」です。
 「状態は本人でしか分からない」と言ったのは元フィギュアスケート選手の佐野稔。「当事者でしかわからない」は一般人の文章にありました。こういう例はけっこうあるのですが、なぜこうなるのでしょうか。ひょっとして、「本人でないと分からない」「当事者でないと分からない」とごっちゃになった? 「状態は本人にしか分からない」「当事者にしか分からない」が正しい日本語です。
 「ワイド!スクランブル」の大型モニターに「血でにじんだ頬を見た時」と出たのですが、「血がにじんだ頬を見たとき」でしょ! 「1円で笑う奴は1円で泣けという言葉のように」は一般人の書いた文ですが、「1円を笑う者は1円に泣く」でしょ、「1円で泣け」って、ちょっと面白いけどね( ̄― ̄)。「この辺りはいまだに焦げ臭いにおいで充満しています」と言ったのは北陸朝日放送の女子アナかディレクターですが、「焦げ臭いにおいが充満しています」でしょ!
 「(行方不明の我が子を)この手で、この胸で、抱きしめてあげたい」は「月曜ゴールデン 佐々木譲サスペンス 制服捜査2」(脚本 峯尾基三)で女優の高岡早紀が言ったセリフなのですが、いやはや、じーんと来るシーンのはずなのに、見事にずっこけました。「この胸で、抱きしめてあげたい」なんて気持ち悪いですよ、「この手で、この胸に抱きしめてあげたい」と言ってよ( ̄д ̄)!
 「バルコニーをよじ登って15メートル下に飛び降りたのを見た人物もいるという。コンクリートで激しく体を打ちつけたアンドリューさんは」(2018/5/31 05:00 TechinsightJapan編集部)って ┐( ̄д ̄)г。アンドリューさんが飛び降りた、そこへ崩れたバルコニーのコンクリート塊が落ちてきてアンドリューさんを直撃した?
 そんなホラー映画の一場面のような状況を想像してしまいましたが、実は、違います。15メートル下は、ふかふかの芝生や低木の植え込みだったらよかったのに、残念ながらコンクリートだったわけですよ。そういうのは「コンクリートに激しく体を打ちつけたアンドリューさんは」でしょ!
 「この場所でしかない豪華なお墓」は「お坊さんバラエティぶっちゃけ寺」で聞いたナレーションで、「この国で住む」は一般の人の文章にあったのですが、こういう「で」をこのごろよく見掛けます。「この場所でしか」なら「建立できない」と続けないといけないわけで、ただ「ない」と続けるのなら「この場所にしかない豪華なお墓」でしょ! 「この国で」なら「生活する」「暮らす」「働く」「学ぶ」などが続き、単に「住む」と続けたいのなら「この国に住む」ですよ。
 「日本で1台しかない消防車両、レッドサラマンダー」というナレーション、これが、なんと、「NNN newsevery.特別版 震災7年 知りたい災害新常識」ですよ、報道をやっている人の日本語がこのレベル( ̄д ̄)! 「日本に1台しかない消防車両、レッドサラマンダー」でしょ! 「で」ではなく「に」なんですってば!
 「いつも静寂で包まれているホスピスの病室から(中略)その傍らでは、○さんと△さんが青ざめた顔で立ち尽くしていました」(2018/6/3 13:01 BuzzFeed Contributor)はどうですか? 「静寂で」は「静寂に」ですね、これは分かりやすいですが、「その傍らでは」は? これも「その傍らには」ですよ。ライターなら「静寂に包まれている」「その傍らには」と書けるセンスが必要です。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 「評論家として著書やテレビ... | トップ | 「夢中にやっているだけ」って? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

言葉についてあれこれ」カテゴリの最新記事