熟年の文化徒然雑記帳

徒然なるままに、クラシックや歌舞伎・文楽鑑賞、海外生活と旅、読書、生活随想、経済、経営、政治等々万の随想を書こうと思う。

大船フラワーセンター・・・梅咲き乱れている

2019年02月24日 | 鎌倉・湘南日記
   早く咲き始めた梅は、少し散り始めて、遅咲きの梅は、まだ、蕾のままで、木によってまちまちだが、今が梅の最盛期であろうか、咲き乱れていて美しい。
   梅の花の過半は、白梅で、紅梅やピンクの梅は少ない。
   一番鮮やかな紅梅は、鹿児島紅梅で、二株だが、目立っている。
   
   
   

   白梅は、一重も八重も、咲いていて鮮やかだが、中々、花形がはっきりと見分け難い。
   白いと言ってもまちまちで、ほんのりとピンクの乗った匂うような花色も捨てがたい。
   花も、八幡宮の紋章のように5弁の花弁がしっかりした奇麗な花は、中々見つけ難くて、歪な花や、重なって型崩れしたり、花弁が取れた花などがあって、写真にはなりにくい。
   
   
   
   
   
   
   

   鮮やかな紅梅の鹿児島紅梅は、私の庭の梅の花よりも、かなり、紅が濃くて、個体差以上に色の差が強いので、ちょっと意外な感じがしているのだが、インターネットの写真でも随分バリエーションがあるので、色々なのであろう。
   
   
   

   ものの本によると、地球上の花のうち、白と黄色の花で、70%を占めると言う。
   それ以外の色の花が、遥かに少ないと言うのだが、園芸種に品種改良されると、どうしても、何故か色彩豊かとなって、私など、色彩のある方が良くて、無意識のうちに、ピンクが多くなり、色彩の鮮やかな、複雑に入り組んだ花に興味が行ってしまう。
   梅の木には、それぞれ、品種を書いたネームプレートがついているのだが、今回は、名前を無視して、写真を撮り続けてきた。
   90ミリのマクロ固定だったので、近づけなくて思うように撮れなかったのだが、ピンクの梅の花は、次の通り。
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
コメント   この記事についてブログを書く
« 二月大歌舞伎・・・「名月八... | トップ | 国立劇場二月文楽・・・「桂... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鎌倉・湘南日記」カテゴリの最新記事