こぶたのかばんや

日々を楽しみ豊かに暮らせるように、一歩ずつでも進歩できるようにこぶたのちょっとした足跡を記したいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

病院デビュー

2012-01-17 17:36:32 | 二人目不妊

行ってきました。某レディースクリニック。

一人産んでるし、化学流産もしてる(妊娠出来る)から年内は様子見でいいんじゃない?と言って下さった助産師さんは実は9人の子持ち。

お産が好き。
子供が好き。

とおっしゃってます。

10年強で9人。ってすごいと思いません?

多分結婚してから殆どの期間を「妊婦」か「授乳中」で過ごした計算になる筈です。


仕事上も沢山の女性を見ていらっしゃっるし、母乳マッサージの手技や家庭訪問での新米母に対しての気遣い、フォロー。
地域の子育て支援にも積極的に係わっていき、9人のお母さん業とも、キチンと両立してる。
女性として尊敬してるし、信用してるんですけど・・・

ご本人の受胎力?妊娠力?が桁外れな事に加えて、助産師さんが会うのって基本「妊産婦」なわけです。

二人目どうしようかなぁと様子見てたら結構高齢でも授かったって例も多いとか。
それは事実だと思うけど

授かったからその助産師さんと顔をあわせてる訳です。(母乳育児の支援と新生児の家庭訪問等をしてらっしゃる)
なのでやっぱりそれをだけを信じて貴重な時間を過ごす訳にはいかんと考えましてね。


はい。色々とお話聞いてきました。

判ってたけど「時間との戦い」になってるそうです。

ステップアップを視野にいれて・・・程度でなく直視する必要ありです。まずは体温見ながら一周期も様子みず、卵管造影もフューナーもなし。
避妊の必要のある周期は一周期も作りません的勢いです。第一子の時には半年位かけて「今週期は体温だけ付けててくださいが何回あった事か。
もちろん、ホルモン検査、抗核抗体、エコーで子宮の形やその他に異常がない事を一応確認してもらってはいますし二人目だと言う事で省略してもよい検査も沢山あるとは思います。

しかし。
即AIH(人工受精)x3
その後すぐ体外。場合によっては顕微。
経過が良くなければラバロもやってみよう。
無駄にする周期がなるだけ少なくなるように頑張りましょう!

だそう。

うーーん。
とりあえず一年。
40歳になるまでに妊娠出来なければその時にもう一回考えます。
本当にもう一人欲しいのか。
経済的にも体力的にも大丈夫なのか。

そこまではあまり考え込まずがむしゃらにやってみようと今は思っています。
コメント   この記事についてブログを書く
« 神様って不公平 | トップ | ペット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

二人目不妊」カテゴリの最新記事