花がいっぱい。

どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

西本智実×日本フィル MPS

2014年04月30日 | コンサート
西本智実×日本フィル ミュージック・パートナー・シリーズ(MPS)

サントリーホールの壁一面に プロジェクションマッピングによる映像を投影しながら、
オーケストラの生演奏により、チャイコフスキーの三大バレエ音楽を楽しむというコンサートシリーズ。

 西本智実さんというと女性ながら、男気を感じるような指揮っぷりとか・・・って、お名前やお姿はメデイアで知っているものの
1度は聞いてみてみたい、と思った方でした。

今回おもしろそうな趣向での演奏会。
チャイコフスキーの三大バレエということで「くるみ割り人形」「白鳥の湖」
につづく「眠れる森の美女」の演奏会に行ってきました。

サントリーホールの壁一面ということですが、買ったチケットは、一番安い席の1階後方下手
映像は、上手側の一部で全面はわかりません。
アートディレクター:田村吾郎さんによるプロジェクションマッピングということで、水彩画のように描かれているようでした。

「眠れる森の美女」をバレエ通しを生ではみたことのない私です。
ですが、一応映像から想像できる演奏でした。

映像があるゆえに、演奏が脇役になってしまうようにもおもえますが、席が見切りだった故に演奏にも聞き入ったり・・・
だけれどやはり初めての西本智実さんの指揮ぶりが一番気になりました。

広上淳一さんの指揮で演奏を聞いたときの衝撃はありませんでしたが、
女性ながら男勝り、宝塚歌劇団の男役のようなかっこよさを感じました。

このあと、日本橋にできたTOHOシネマでパリ・オペラ座へようこそ シーズン2 『眠れる森の美女』を見たのですが
じつのところチャイコフスキーの三大バレエで、私の耳にのこらない『眠れる森の美女』
参ったなあ。チャイコフスキーの曲で一番のってたような作品らしいけど・・・。
「白鳥の湖」「くるみ割り人形」にくらべて・・・・。

聞きこまないとだめかも(苦笑)などと思った『眠れる森の美女』でした
            
Comment

レジェンドコンサートツアー2014

2014年04月30日 | コンサート
レジェンドコンサートツアー2014
LEGEND meets 東京ニューシティー管弦楽団 ~Message~ 横浜特別公演
(みなとみらいホール)
4月11日ですが、オペラ歌手ユニット「レジェンド」のコンサートへ。
日本でも過去には、ダークダックス、デュークエイセス、ボニージャックスという男性4人の重唱団が活躍していましたが(これを知ってる人は古い?)
最近では、イル・ディーヴォ(Il Divo)というイギリスで結成された世界的にも人気となっている4人のヴォーカルユニットに影響されたか?
日本でもいろいろなヴォーカルユニットがいるんですよね。

最近では、音楽大学卒の テノール3人、バリトン2人5人組のLe Velvets (ル ベルベッツ)が一番メジャーなのかしら?と思いながらも
昭和の香りのする国立音楽大卒の5人組のLEGENDがやっぱり好きかなあ。っと
なかでもリーダーの吉田さんのMCは日本語がとても丁寧です。昨今こんなに丁寧な日本語話す歌手いないんじゃない?って思うほど。

その昭和の香りゆえなのか、お客さん層もけっこう年齢高めかな・・って感じだったりする客席のコンサート(苦笑)
でもだからこそ?昨今若者よりも預貯金あるのかも・・・と「レジェンド」時々高額なホテルディナーショーを開催してたりするのです。

いつもは鍵盤男子(大井健・中村匡宏)の、ピアノで歌う彼らですが
今回は、 東京ニューシティー管弦楽団 をバックにコンサートステージにたつというコンサート。

でもでもでも、なんと東京ニューシティー管弦楽団 を指揮するのは中村匡宏さん。
彼は大学でも優秀な方らしい。毎回首席っていってますから。
ただやはり指揮をしていてもピアノ演奏も楽しく聞かせてくれました。

ただ最近ちょっぴりレジェンドがオペラ歌手のユニットっていいながら、
マイクを使うときがあったりすると生で聞けるくらいの会場がいいのになあ。
なんてとんでもないことを思ってしまうのですが、
この日はなじみのあるオペラからの楽曲と彼らのおなじみの客を堪能させていただきました。

この日聞かせていただいた曲オーケストラ演奏も含めて 
プログラムに書かれている曲を紹介。

カルメン幻想曲
歌劇カルメンより「闘牛士の歌」
歌劇椿姫より「乾杯の歌」
映画ロミオとジュリエットより「愛のテーマ」
アルディラ
落葉松
永遠のO
歌劇「カバァッレリア・ルスフェィカーナ」
歌劇「トゥーランドット」「誰も寝てはならぬ」
カッチーニのアヴェマリア
タイムトゥーセイグッッバイ
ソーラン節
ヴォラーレ
グラナダ
Comment

4月も終わり

2014年04月30日 | きまま
GWが始まりましたが、大型連休ってことで、26日土曜日から5月6日火曜日まで連続11日休暇・・・なんていう職場もあれば、
カレンダー通りだから、とびとび過ぎのGWなんだよね~・・・と、今年のGW。
あのアベノミクスで好景気を迎えてるっていうところが、休みも大型?
なんの恩恵もなく消費税、社会保険にとどまらず家計は苦しくなるばかりといってるほうが、休みもさほど大型と言えずなのかも・・・と
「はたらけど はたらけど猶わが生活(くらし)楽にならざり ぢっと手を見る」って石川啄木の「一握の砂」の歌をおもいだしてみちゃったりするのです。
石川啄木って人はこの歌のイメージとは違った面もあるようですけどね。

私の職場の関係会社は、新聞紙上でもいろいろ景気がいいようなのですが、私のところにはまったくその恩恵は、やってこず。。。なんだかなあ~でございうますよ。

しかし、それでへこんでいちゃ人生は楽しくございません(苦笑)
楽しくなるようにしないとね・・・。

散財して四月もいろいろ劇場にいったのですけど、ブログさっぱりですねえ(笑)
何書きましょ・・・このところ歌舞伎のこと書いてないですねえ。

歌舞伎座は、毎月相変わらす行ってます。

3月は京都南座や俳優祭もいって、やっぱり散財。
俳優祭の1階2階が「2万5000円」は「ぼったくりだ~~~~!」って思いながらもやっぱり見たいのですよね。
夜の部に見に行けたのですが、
5月31日(土)14:00~16:25(Eテレ・全国放送)ってことですから、
そのときの「六歌仙容彩」「楠公」(舞踊)
「模擬店・演芸会ダイジェスト」
「鈴ヶ森錦繍雲駕」をまた見てしまおうかな。っと

今年の俳優祭は若手のがんばりが、大きく目立ちましたが、舞台を休演されていた仁左衛門さんが、2階のドリンクコーナーでドリンクを売っていたり
同じくこのところ舞台をお休みされていた田之助さんがくまもんのお菓子を1階で売っていてたりで元気なお姿にあえるとうれしいものです。
3階でTシャツを売っていた中車さん(香川照之さん)はなんとも感じよく、一緒にいた母と写真を撮っていただいていいですか?ってきくと「もちろん!」「おかあさん!!どうぞ!」って、すごいファンサービス笑顔でとらせていただけました。
母は最初、「いやだってば!!」っていってたものの写真を撮ってもらった後は、「いいわねえ」、「いいわね~~」の連発。
まったくもう!!本心撮りたかったんじゃない。って感じでした(笑)
また、この日の模擬店での勘九郎さんのコーナーめちゃくちゃにんきだったんですけど・・・
後日パルコ劇場の客席に座ってらした勘九郎さん。全く目立つことなく・・終演後帰りがけ一緒にいっていた友達の旦那様に勘九郎さんの足がちょっっとひっかかったら、気さくに「ごめんなさい」っていってくれたそうな。
すごく感じよかった~~~って。
人気の歌舞伎役者さんながら、歌舞伎じゃないと目立たない好青年なのでした(笑)

「鈴ヶ森錦繍雲駕」は、染五郎さんおのご長男と松緑さんのご長男の大活躍。
白井権八の松本金太郎くんと幡随長兵衛の藤間大河くんの鈴ヶ森、ここにはゆるきゃら「くまモン」も登場!!
「くまモン」も大活躍。この日の役者さん達のブログやツイッターにはくまモンとの写真がUPされておりました。
雲助には菊五郎さん、吉右衛門さん、梅玉さん、幸四郎さん等が出てらしたんですけど、なんといっても左團次さんのお姿は・・・
あれはNHKで放送されるのでしょうか?ってくらいキャミ姿で笑わせてくれました。
またいつもはお美しい女形の魁春さん、梅玉さんが「これ弟!」っていってくれなきゃ「誰だ??」ってまったくわかりませんでした。
TVで再度拝見できるかな?

最後には役者さん達から手ぬぐいが、舞台上から撒かれて、一緒にいった母と私。それぞれGET!!
やった~~~!そんな思い出のできた俳優祭のあと、

開演まもない「鳳凰祭四月大歌舞伎」昼の部へ。
私チェック漏れでした。『曽根崎心中』で、坂田藤十郎さんがお初一世一代で演じられること。
一緒にいった母はしっかりチェックして「後半筋書きの写真入り買ってきて!」ってと。
藤十郎さんの舞台は最近ときどきお疲れ模様なんていうこともありましうたが、今回の「お初」
もちろん一世一代(演じ納め)ってこともあるのでしょうけれど、若々しいかわいい「お初」でした。
好きになった男のためなら、命も捧げるって、心中を選ぶ可憐さ・・・
これってどこか日本なんだよね~みたいなものがあってね。
普通なら84歳のおじいちゃんなんだけど、どうしてこうも可憐でかわいい女の子になっちゃうのかな?
ってほんと見てて『曽根崎心中』って馬鹿だなあ~って思っちゃうし
けっして好きなSTORY演目じゃないんですが・・・魅きこまれてしまう演目なのです、

昼の部は、ほかに「寿春鳳凰祭(いわうはるこびきのにぎわい)」「鎌倉三代記」「寿靱猿(ことぶきうつぼざる)」と4本。
たっぷり見せてもらった~~~~って公演でした。寿靱猿の三津五郎さんも楽しかった。
病気で復活というと「お祭り」で大向こうから「待ってました!!」ってかかることが多いのですが、さすが踊りの名手!
「靱猿」で復活とは。
平成7年に父であるの九代目三津五郎さんと、ご長男・巳之助さんの初舞台で、三代そろって祝った思い出の演目なんだってこともすごいなあ~と。

こうやって歌舞伎だけ振り返っても長くなりそうな四月・・・。次はどうしましょうか?
Comment

四月も半ば

2014年04月14日 | 予定
早いですね~
もう4月も半ばを迎えますねえ。
消費税8パーセントになちゃっったけど、給料は私は据え置きですわ。
あがるような動きは全く見られない状態です。

職場じゃ、先端いってるつもりのおじさんいっぱいで、今日も今日とて「USBつないでデーター移行すれば早いですよ!」
とタブレット端末とPCをUSBケーブルでつないでくださいのつもりでいったのですが、
「タブレット端末と電源アダプターをUSBでつないでデーター見えないよ!」って、そりゃ見える訳ないじゃん!!
これがうちの職場です。

また講演会中、「クラウド」ってことばを理解してない知ったかオヤジがなにか質問したらしいのですが、
講師に「クラウドを知らないようでは、この話は無理かもしれません」って回答されてたのが壁ごしにきこえちゃって・・・。

世の中、タブレットを知らなくたって、クラウドを知らなくたって生きていけるのですが、しったかオヤジを目にすると
これでいいのか??いいわけないよ。絶対に。
こんなオヤジ達だって昔は、国立のT大とかK大とかでて博士とかっていって優秀だったのだろうけど、そのままで時が止まっている感じ。

って愚痴こぼしてる場合じゃない(苦笑)
ブログ4月に入って2度目なんですよlね。
いかんいかん。人のこととやかく言ってる場合じゃない。

4月の劇場、ホール等へでかける予定
鳳凰祭四月大歌舞伎 歌舞伎座
LEGEND meets 東京ニューシティー管弦楽団  ~Message~ みなとみらいホール
MPS(Music Partner Series) Vol.3 眠りの森の美女 サントリーホール
酒と涙とジキルとハイド  東京芸術劇場
ファスター/カルミナ・ブラーナ 新国立劇場
Music Museum  AiiA Theater Tokyo

このうちすでに上3つは鑑賞済み。

あと3月も・・・
アルトナの幽閉者 新国立劇場
日韓ミュージカルアクターズライブ 青山劇場
神なき国の騎士―
あるいは、何がドン・キホーテにそうさせたのか? 
                    世田谷パブリックシアター
花形歌舞伎  南座
シンフォニー・イン・スリー・ムーヴメンツ 新国立劇場
鳳凰祭三月大歌舞伎 歌舞伎座
空ヲ刻ム者 
―若き仏師の物語― 新橋演舞場
俳優祭 歌舞伎座
万獣こわい パルコ劇場

すべて鑑賞済み。

5月はじめには、今年で10年目という有楽町国際フォーラム周辺で開催される
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2014に出かける予定。

追加公演でマルタ・アルゲリッチのピアノが聞けるのが楽しみ。
有名度知らないんだけど、かなりの人みたいで・・・。
Comment

ダイヤモンド富士

2014年04月06日 | きまま
4月になりました。
またまたブログ無精になっていますが、今日目にしたことなんだか忘れなくなくてブログに掲載!!
友人の自宅は逗子にあるんですけど、そのお宅から観れた自然の美しさ。
日本でないとこれは観れないよね。
富士山があるからこそみれたんだよね。
「ダイヤモンド富士」

ダイヤモンド富士は、
富士山頂から太陽が昇る瞬間と夕日が沈む瞬間に、まるでダイヤモンドが輝くように見えることをいうんだそうです。
気象条件がよければ、年に2回岳見えるという現象というその時に遭遇できたってわけなんです。
そろそろ帰ろうか。なんていっていた時の空はこんな感じでした。


それがやがて、

こんなかんじになって・・・
ひょっとするとダイヤモンド富士みれるかも。って





そして。そうだったんです。そうして「ダイヤモンド富士」に出会えたんです。
すごかったです。映画のワンシーン!!
神が舞い降りてきたかのように・・背筋にぴーんって光が注がれた感じ
(ってあくまでそう思ちゃっただけですけどね)

スマホでとった写真ですが・・わかっていただけますでしょうか?

その後は穏やかな富士山がゆっくりゆくっり・・・静かな時を刻んでくれてました。
いっや~~~ほんとすごかったdす。




手前に見える黒い島は江ノ島です
Comments (4)