花がいっぱい。

どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今宵は十五夜だけど・・

2012年09月30日 | きまま
十五夜お月さんみては~ねる。ってウサギも戸惑ってますよね。
日本列島台風第17号縦断ってかんじで、関東ただ今雨が厳しくなっております。
この台風アジア名は『ジェラワット』だそうです。

昼間渋谷まででかけましたが、街はいつもどおりだったように思います。
しかし渋谷にでかける電車の車内放送では、今夜台風による影響がでるもうようです。
ってことで早く帰宅するよう促していましたが・・。

今はどうなのでしょう?
Comment

ディズニー・オン・クラシック 2012

2012年09月29日 | コンサート
ディズニー・オン・クラシック( Disney on Classic)
まほうの夜の音楽会2012

10周年 プルミエ公演 文京シビックホール 金曜日いってきました。
一昨年から行くようになって3回目。
今回46公演となる初日となるチケット購入ました。

それで・・今回私3回目にして初!!GOOS購入(笑)
トートバッグとステレオイアフォン!!
ミッキーのイヤホン・・可愛くないですか??
 

いつモは、グッズを買うのに並ぶならパスする私。
購入しちゃいました(笑)

そして今回の音楽祭のテーマは、『Dorems come True』
夢がテーマでした。
1部は、テーマパークの夜!!といえば・・
舞浜にいってみたとき大感動だった夜のパレード。
「エレクトリックパレード」
ちゃんちゃかちゃん・・・おいおい!!音を文字にできないよ~。

夜になってカラフルな電飾いっぱいのパレード。
夢の世界でしたよね。
「エレクトリックパレード」のあとは「ファンテイルージョン」

そしてのあとは、ディズニーなつかしのメドレーっていうとちょとダサい!!ってなるのかもですが、ら初期のアニメーション作品からの楽曲を、「ウォルト・ディズニーへのオマージュ」ということで指揮者のブラッド・ケリーさんが組曲。

その次に・・ラブバラードってことで『ライオン・キング』から「愛を感じて」が出ました。
これは、Can You Feel the Love Tonightってことで大好き。my iPod にも入っています。
それで今回もやっぱりエルトンジョンが思い浮かんじゃういましたけど。いいものはいい!!

また『美女と野獣』から「美女と野獣」もいいですよねえ~。

ってディズニーやっぱり好きです。

今回2部は、メリーポピンズとアラジン。
メリーポピンズは、もちろん映画のでしょうけれど、ブロードウエイでみたメリーポピンズ。
懐かしいです。日本にあのマジカルな舞台四季で見られるのかな?ッて思うもののどおうなのでしょうねえ。
メリーポピンズが最後に傘をさして飛んで行くシーン。
その歌があって歌手のみなさん目でメリーポピンズを追っているかんじですが・・
日本じゃそのシーンディズニーリゾートのどこかでみれるのかな?
みれなければ残念ながら・・ですよね。
そしてアラジン。
アニメではジニーが大好きです。
今回アラジンのジニー役 クリスブリム Chris Blemなにか写真と実物違うんじゃない?と
思うほどにふっくら目でしたが、雰囲気がまさにジニーで楽しかったです。

今回は国際フォーラムの時には母を誘いました。
前回サントリーホールの時にトイレで一緒になった母と同年齢ぐらいのかたに、
息子さんに連れてきてもらってとってもうれしかた~~~っておなはしして、
来年じゃあ・・って今年は。
さてどうかしら?まあ母の行くのはまだ先ですけど。
老若男女楽しめます。でも・・プルミエ公演客席は、ヤングが多数かな?

だってプレゼント付いていたから(*^_^*)
Comment

少年たち~Jail in the Sky~

2012年09月26日 | ミュージカル
先週ですが、佐渡さんのウエストサイドの前に
日生劇場『少年たち~Jail in the Sky~』に行ったんですけど・・
家をでて電車に乗って・・チケットを持っていないことに気がついて
慌てて引き返しチケットを持って再び劇場へ・・。
それで結果・・5分ぐらいおくれたのでしょうか?

劇場前にはファンの子たちでしょうか?
始まっているのに20人ぐらいはいる??
まあこちらも慌ててますのであまりチェックしてるわけではなかったのですけど。

開演して暫くたってからの入場。
若いですねえ・・ジャニースの面々。そして毎度ながら踊りも綺麗で・・
とにかく若くて元気一杯の舞台ですね。
A.B.C-Zと関西ジャニーズJr.共演ミュージカルってことらしいいんですけど・・・・・
客席に座るファンの皆さんがきゃっきゃいうなか・・誰が誰だか、ちんぷんかんぷん。

ですから、客席回りが、ウケていてもはて??状態になっったりしましたが、
見せることにおいてはいい舞台ですよね。
それぞれ何かの理由で少年鑑別所に入ってしまった男の子達。
常日頃は、権力闘争とでもいうような喧嘩ばかりしているけれど
一人の少年によって気持ちがそれぞれ変わってくるというジャニーズらしい少年ドラマ。
名前は覚えられなかったのでしが、少年達のキャラもカブることなく
舞台見ている限りは誰が誰だかわかりました。

座った席が、センター通路側だったため、スタッフだけでなく
その少年達も時々通っていき、時に通路におかれた台の上にたって語るという席で、
十分目の保養させていただきました。

そしてこのミュージカル仕立ての舞台でおしまいなのかな?って思っていると
元気なショーもつくのですね。

昨今の芸能界は、女の子が元気!!と思いますが・・・やっぱりアイドル老舗のジャニーズ。
やりますねえ~。ショーも楽しかったですよ。

じゃにーすのこっちゃ、口パクもありなんだろうけど、
かすれていたり、下手な歌きかされるよりしれはそれでいいわ!!って(苦笑)

これからも爽やか少年頑張れよ!!って。
話も面白いし、ダンスもキレがあってかっこいいけど、ちょっと細すぎるのが
私としてはものたりないゆえ、ハマる!!ってことはないけど、ほんと楽しませてくれてありがとう。

笑顔と元気頂きました。って感謝しちゃう舞台でした。
Comments (2)

カムイレラ 2

2012年09月26日 | ミュージカル
2日つづけて六行会ホールへ足を運びました。
しかし昨晩の大雨で京急電車が追浜~京急田浦駅間で発生した土砂崩れによる脱線事故には驚きました。
六行会ホールの最寄駅は、京急の新馬場という駅ですから、品川駅からのる時にダメなら、検討しなくては、
と思って職場を出ましたが。京急遅れていたりするもの会場までは普通に行くことが出来ました。

ミュージカル座「カムイレラ」
サカケンでるし、なにかキャスト別らしいし。。と2回分購入したのです。
昨日は割引席で後方でしたが、2階目は前方席に着席。
始まって早々上手客席入り口からサカケン扮する若者カメラをもって登場し、客席のお客さんを取りこんで芝居に入って行きました。

そんな客席のやり取りもしっかり言葉が分かる席でした。

でね。私としては物語のキャスト的には2度目となった星組のほうが、いいかな。と。
若者の危ない青春像的な感じがキリとセーマという兄弟をはじめとして、
今の中国の若者ではなけれど1度火がつくととことん的な感じを芝居からうけたかな。っと。

しかしアイヌのことを追いかけるゆえが史実重視ゆえか、
キャストそれぞれの人間としてどうなの?と思うミュージカルだともあたらめて思う2回目だったのです。

活字の行間は読み手次第で想像もし、時の流れもかんじるのだけれど・・
主役である二人の内、アイヌの女の子なんでしょうねえ。この女の子はいくつの設定なんだ?って
ジャンヌダルク 処刑の19歳?
天草四郎 戦いの17歳?
それとも レミゼで大学生のリーダーアンジョルラス?

ってところから父親と母親はいくつ?って始まって、山で崖から足を踏み外して気絶している和人を10代の女の子が男性一人を救うってありあないよね。子供達みんなでたすけたのかな?
ってことで、彼女は同年齢のリーダー??・・友達との関係も遊びを見る限り・・17,8歳で15才以下の子と遊んでるのか?
いや昔ゆえ15で嫁にいく位だもんな~って

プログラムには記載あるのかもだけれど・・みている限りだと彼女の年齢的なものが・・大人びてるわりに扱い少女で
少女が、助けるべき人間とそうでない人間を分けるってすごくない?
台詞の中で彼女がそれをいってたのですよ。
中高生が大人を区別してる社会って・・。

なにかそんなことをいっても事件は、分かるし出演者の一生懸命さもつたわけるけれど・・
なんだかなあ・・なのです。

社会的な差別や偏見においてそれが描かれ時、
ドキュメンタリーでなくヒューマンドラマとして時代を訴えていたりするのだけど
このカムイレラは弱いのかなあ。私には・・ちょっとね。
でした。

アイヌであるけそこには家族があって親子兄弟、友達、いろいろな描き方が出来るんじゃないかな?って。


歌舞伎に、忠臣蔵があるけど史実をもとにしているものの、それぞれ登場人物にドラマがある。
スーパー歌舞伎でもヤマトタケルが蝦夷を征伐するにあたっては・・悪者扱いの蝦夷の民が大和の民にものをいう。
最近みた映画のかなり感動しちゃいました9.11から一転してしまったイスラム教徒達をも描いたインド映画とか
ミュージカル映画ですけど、ビリーエリオットもつい最近ですがイギリス政府と労働者の炭鉱問題が背景にあったりね。
社会的なものや民族的なもの訴え方法は様々ですよね。

今回は、好みが合わなかったってことに成ってしまったんですよね。
こめんなさい。

でね。な~んだろ。とんでもなくですが、本日はサカケンで「荒川の佐吉」やったらどうだろ?って
ミュージカルでもストレートでも。
妄想しちゃいました。

昨日は、サカケンとシャー・ルーク・カーンが、かさなってマイネームイズハーンでしたけど・・(笑)
Comment

レ・ミゼラブル;新しいポスター

2012年09月25日 | きまま
レ·ミゼラブル映画のためにリリースされた新しいポスター!
ちょっとリアルで怖いんですけど
Comment

カムイレラ

2012年09月24日 | ミュージカル
ミュージカル座公演
「ミュージカル「カムイレラ」へ行ってきました。
坂元健児さん出演ってことで購入したチケットです。

う~ん。でもね。今までみたミュージカル座の公演の中では「イマイチ」度が高かったのです。
ごめんね~。って。
ゆえによかった~と言う方にとっては、「なんでよ!!」ってクレームが、ありそうです。
だって鼻水すすっているような泣いてるような方が客席にいらっさいましたもん。
感動もの!!って人ももちろん沢山いらっしゃいましたからね。

そして、サカケンも・・まあサカケンの演じるキャラの王道なのかも。ですが、ミュージカル座では、今までにないサカケンを見たかったのが私の思っていたところでもあったのです。
30-DELUXに出演した時のような、今までにないサカケンが見れるかも・・って。

嫌いではないのですが、せっかくのミュージカル座、今までとはちょっと違ったサカケン見せて欲しかった~~~。

ストーリーは、江戸時代、江戸にいた役人、中嶋道生が、蝦夷地(現北海道)で長年続いているアイヌと和人(非アイヌ)との争いについて検分すべく、国後島へ。自分がそれまでに聴き知っていた民族の様子とは違って、いったからこそ知るアイヌ民族。そして和人として自分がおかれた立場は彼等を制圧すすことだたけれど・・って

時間的なものがあるのかもだけれど、出てくる人物の心の葛藤というものが、台詞のままで・・民族ではあるのだけれど言葉だけでこういうところがアイヌなんだ!!っていうことがよくわからなかったんですよね。
家長が偉いとか、村の長を書くとしてるとか・・そうでもあるかもだけれどそれに逆らう若者ばかりで・・子ども達においても、男女の関係夫と妻の関係においても・・。男女平等?まさか、長が偉いんじゃなにの?って。
このままこれを、島原の乱やら、レミゼのようなフランス革命の学生の一場面にだってなりえてしまいそうな話で。
アイヌという色、民族をもっとことばだけでなく場面を工夫して欲しいって思ってしまったの私です。

サカケンはねえ・・今回歌かな。
好青年!!ってことで。
う~~~~ん。

なにかさ・・であった女性に密かに恋心描くんだけど、彼女と彼女に恋心を描く青年二人を助けてあげる・・ってこれでは「二都物語」だけど・・そんな犠牲的な男であってもよかったんじゃない??って。それでこそアイヌの子どもも生まれるってもんですよ。

でさ・・最後自分が犠牲になるな~~んてかっこいい場面で終わってさ。

といけませんね。妄想ひろがっちゃって。

サカケンにハンディながら素敵な恋をして、だけれど・・って、「マイネーム・イズ・ハーン」みたいな役演じてもらいたいなあ・・。

近頃 シャー・ルク・カーンとサカケンを重ねてみてる私です。
マイネーム・イズ・ハーン [DVD]
シャー・ルク・カーン,カージョル,ジェニファー・エコルス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


あっ!そうそう、出版はかなり昔ですが「カムイから神へ」って本があるんですけど
私の知り合いが書いてまして、ちょっと手伝った私です(笑)
Comment

角松敏生  Elastics is Back! Tour

2012年09月23日 | コンサート
23日日曜日沼津市民文化センターに行ってきました。
昨日が秋分の日でしたが、例年ならば23日が秋分の日。
はれてもよさそうなのに・・今まで雨が降らなかった分まとめて~
なのか未明からかなりの大雨でしたねえ。

さすが雨男!!のコンサートライブ開催日~。
なんて思っていますと・・東海道線に乗って行きますと三島あたりで雨が止みはじめているようでした。
沼津では、傘をさすことなく市民文化センターへ向かうことが出来ました。
このことは、角松さんご本人も「雨男じゃない!・・いいことしてるから」だって。
角松さんのコンサートと言えば・・大きな節目には雨~って感じでしたけど変わったようです。

今回のライブElastics is Back! Tourは、各地のライブハウスを廻るってことんぼようですが、
今回の沼津と札幌、金沢のみ席があるホールですから椅子もあるので・・と
ご自身もライブハウスでは使用しないのか「椅子をもってきました~」と早々に。

そしてこのツアーは

TOSHIKI KADOMATSU Elastics is Back! Tour T.Aoki Memorial of the seventh year.

ということで、ベースの青木智仁さんがなくなって6年目・・七回忌ってこともあるのでということでT.Aoki Memorial of the seventh year.となっているのです。

デビューしてず~っとベースは青木さんだった角松さん。
常にヴォーカルのそばでベースを弾いて・・なにかやるとなったら青木さんが兄貴分としてよこで見ていたような・・。
飄々としたキーボードの友成さんとはまったく違った感じですが、こ私にとってはこの二人にたいする印象はかなりのものです。
ギターの浅野さんもほんと兄貴ってかんいでしたがファンの私にするとちょいっとちがったりもして・・。

このコンサートは青木さんのベース音源を使うといって録音された懐かしい青木さんのベース音が何回かきけた今回のライブ。
ツアーに付いてきてくれたのも・・青木さん亡き後、一番青木さんに似ているベースを弾いて聞かせてくれる山内薫さん。
その山内さんと青木さんのツインベース・・でなんてことも。
なにか「初恋」を久々聞いた~って気分が一番だたりもして
「LIVE」これは・・相変わらず涙腺切れそうです。

途中のMCでは・・人生いろいろななかこちらが離れたのも
角松さんがぐらぐらしていた頃だったのにまちがえないって確信をもちつつ。


ここに来てようやくたのしくなってきました(笑)
20代のころと同様ではありませんが。

6時から始まり8時半過ぎ・・に終わって沼津9時ちょっとすぎの電車にも乗れシンデレラタイム前には帰宅もできて・・そろそろ寝る準備。
今宵はこれにてお休みなさい
Comment

佐渡裕指揮『ウエスト・サイド物語』

2012年09月23日 | コンサート
佐渡裕『ウエストサイド物語』シネマティックフルオーケストラコンサート
東京国際フォーラム へ。

映画「ウエストサイド物語」全編を佐渡裕さんの指揮で演奏するというコンサートです。
「ウエストサイド物語」誕生50周年記念プロジェクトということでニューヨークのリーンカーンホールを皮切りに各地で行われているそうな。

このコンサートは、「ウエストサイド物語」の映像をデジタル・リマスターして映像をスクリーンに、台詞と歌のオリジナル音源をのこしてステージ上のオーケストラが、レナード・バーンスタインのフルスコアーを映像に合わせて演奏するというもの。

日本では、今回東京フィルハーモニー交響楽団が佐渡裕さんと東京国際フォーラム・ホールAで開催されました。
演奏前には佐渡さんのショートトーク付き・・ってこれは行ってから知ったことですが・・。

1961年5月に日本にバーンスタインさんが初来日された時にアシスタントでついていていらしゃったのが、小澤征爾さんだったそう。
その時に佐渡さんは生まれたそう。

今回座った席はM席。オケで聞くには音がいい席とはとてもいえない席だけれど指揮者や演奏者を間近で見れる場所。でお値段も・・。

そこでやっぱり今回はまず指揮者佐渡さん!!
でもスクリーンは見たい!!ってっわけで・・たぶんM席で後方でセンター席に。

佐渡さんは、今回スクリーンと共演するため譜面台の前に・・音合わせのディスプレイががったりイヤホーンをつけてとか・・普段の演奏では見られないほど・・指揮者が指揮者としてご自身を発揮するのではなく絶対的にスクリーンに合わせるというすごさ。
これって指揮者や演奏家としてありなんだろうか?って疑問にすら思っちゃいます。
すごい挑戦ですよね。

少しでもくるちゃいけないんですものね。
すごいです。感服します。
指揮者が映像のために演奏するなんて。

でもそのすごさが・・前回のスターウォーズほど感じなかったのは、
場所もあるでしょうし、(スターウォーズの時は音重視といった席を購入)
ミュージカルならではの演奏以上に歌が耳にのこってしまったうという状態に。
マリアやトニー、ベルナルドにアニタ・・聞くところによりますとマリア役だったナタリーウッドは声は吹き替えだったそうですが。
でもやはり・・喧嘩をはじめとして効果音としてのオーケストラの音の迫力に圧倒させられました。

そして・・マリアの気持ちを演奏するのはヴィオラ?
ミュージカルでヒロインはソプラノの音域の方って感じですが気持ちを表現するのは
ちょっと引く目の音なのかな?って思ったりもあして。

そして・・違和感が湧いてしまうほどあまりにも綺麗になった映像。
すごい技術です。ジェット団とシャーク団のダンスシーンの色があんなにはっきり違っていたのか・・って改めて思ってみたり・・今みてもジョージ・チャキリスがかっこいい(笑)
あのポスターでもプログラムでもウエストサイドと言えば・・マリアとトニーよりも
ベルナルドが赤いシャツきてセンターにいて足を90度以上に上げている場面ですよね・・って。

来日した時に・・
折り紙で千羽鶴おってサインもらいに行っちゃったことを思い出したりも。

また今まではまさに「ロミオとジュリエット」ってことで、トニーとマリアをメインに見ていましたが、今ベルナルドは、ティボルトなんだってわかるものの・・アニタって??
WSのオリジナルでしょうか??

などなと・・スターウォーズの時のようにただ今再加熱!はありませんが、
素敵な時間でした。

そして最後佐渡裕さんのお顔が汗と涙でぐちゃぐちゃだったのが一番の印象だったかも。
Comments (4)

レジェンド コンサート 2012

2012年09月20日 | コンサート
故郷・・
兎 追いし かの山
小鮒 釣りし かの川
夢は今もめぐりて 忘れがたき ふるさと~♪

皆さんうたえますか~~~ってかんじで、
MCのあとは練習なして
コンサートアンコールで会場みんなが斉唱したのがこの「故郷」フルコーラスでした。

今日は三越劇場でのコンサート
レジェンド コンサート 2012 三越劇場 特別公演に行ってきました。

レジェンドは何度となくブログにも登場しているヴォーカルグループです。
最近は、ヴォーカル5人にピアノの2名も一緒で「レジェンド」って感じもしますけど。

国立(くにたち)音楽大出身のオペラユニットってことで、いろいろなところで活動している彼等ですが
なんといっても・・いま一番お金と時間があると言われる団塊世代の女性がファンの中核を占めてます。
ってかんじで会場も・・ひょっとすると私は若いほうか??って思ってしまうのですが・・。

そんなファンが多い『レジェンド 』
今回は、三越劇場での初コンサートということで1部は、彼等によるオペラを紹介
彼のテーマ曲のような椿姫「乾杯の歌」からはじまり、早口言葉的な曲があって、愛の妙薬からの曲があって・・って
ほんと題名しらないけれど・・いつかこれか!!って解るかも。で
最後は、こうもりから「乾杯の歌」でした。これは知ってるぞ!!ッて思わず(笑)

日本の最近のミュージカルってほんとはこれは、テノールじゃなくてバリトンでしょ。
ってそしてヒロインはソプラノでしょ。ッて思うのに高い声になると喉をしめつけるような事になっているような人を抜擢というか
作品のイメージありきでなく出演者の人気度ありきでくるからぐたぐたに成ってるようにしばしばかんじるのですが
オペラというのはそのへんしっかりまもっていらっしゃる・・。

で今回はオペラでないもののそんな形式やらいろいろ重視されることが沢山あって
とっつきにくいオペラをもっと身近に感じさせてくれる彼等は・・
うれしい存在なのです。

青年をかんじることのできるテノール。
なんだかあやしいバリトンとかね。

歌詞がわからなくてもうたえて雰囲気が出てると楽しいってね。


さらに休憩をはさんでは、彼等が最近出した日本の唱歌から。
席のうしろに座った伯母様・・「私達はしってるけど子ども達は知らないわよね~」
っていうけど・・

子ども達に教えるのは先生や友達だけでなく親だって教えなくっちゃ・・って
思わず苦笑いしちゃいました。

これでも私幼稚園の先生やってた時代子どもたちに唱歌教えてましたよ~~~。
子ども達けっこう好きでしたよ。「ちいさい秋みつけた」は一番人気だったかな。
歌詞にあわせてふりつけしたり、絵をかいたりね
それに意味も解らなかったけれど「ふるさと」も教えちゃったけ。
って懐かしい限り。

「レジェンド」前回は母を誘ったのに今回は誘わず・・さそってあげればよかったかな。って。

コンサート最後の曲は彼等が客席をまわってくれるんだけど・・これがもうおばさん達の元気の素か!!って
韓流ファンにけっしてまけてないセレブオバサマ達に圧倒されながら楽しんだひとときでした。

旬歌~美しき国に生まれて
ソニー・ミュージックダイレクト
ソニー・ミュージックダイレクト
Comment

モレスキン×『スター・ウォーズ』

2012年09月20日 | きまま
昨年発売されたそうですが・・今更かもですが購入しました。
イタリアの手帳ブランドっていうモレスキンの手帳です。
う~んモレスキンって名前知らなかった。
「スター・ウォーズ」とコラボレーションした記念の手帳らしいです。
数量限定っていうもののかなりの数でているって気もしますけどね。

購入したのは罫線のはいっているものでなく無地タイプの手帳です。



今日銀座の伊東屋では、はやくも2013年版のスケジュール手帳が出ていましたが・・
まだ購入するには早すぎる。そんなに早々決めなくても・・ってかんじで
来月になったら検討しようと思います。

Comment