花がいっぱい。

どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひかりTV つなぐ前に解約

2012年04月30日 | きまま
新居に越してきて・・インターネット接続サービスは、フレッツ 光ネクストに。
でも電話は・・アナログのままに。
まあね、光電話でもいいかな?って思ったものの昨今こんなに地震だ、富士山噴火だ!なんていわれてて・・
昨年の計画停電も考えたら・・なにかまだまだ心配の残る光通信。
そんなわけで、電話線さえつなげば使えるアナログ通信にしちゃったのです。
それに電話の気加入権も10年使わなかったら消滅って・・あの加入権って高額だったよね。
な~んてせこさもあるけど・・それはさておき

ひかりTVの申し込み・・光にしたとたん「「ひかりTV」を使ってみませんか?」って電話で売りこみがきた。
「必要ない!」「めんどう」なといろいろ言って断っているのに、とりあえず使ってみてください・・ってな調子。
出かける都合もあって・・ごねてことわるのも面倒になりじゃあって使うことを承諾しちゃったわけで、
ここで失敗!!しちゃったわけだけど・・

こしつこい勧誘のあとの態度がこれまた酷かった!!
1週間でチューナーを送るっていっていたものの・・なんと勧誘してきた女性でなく、今度は男性が
「建物の名前間違っていませんか?」って妙な電話。
思わず「なんなの?」って尋ねると「住所が違ってチューナーが届かなかったらいけないので」って
なんじゃ??
「だから書類を送らせてくれ!それに住所等書いてくれ!」って・・なんだかこちらは要領えないままその書類をまっていると
NTTぷららから「契約内確認書」が届いた。
なんだよ書類ちゃんととどくんじゃん!!って気持ちでいると数日後、手書きの封筒に「申込書」がおくられてきた。
この申し込みが、あのチューナーがちゃん届くようにっていってた奴の書類か?
なんじゃ??
ってこのへんでどうもこりゃ話がおかしい・・ぜったいこりゃ加入させる妙なしくみになってそうだ・・って
むかっ!!って怒りがわいてきた。
それで確認書の裏にあったクーリングオフの書類を昨日渋谷郵便局から簡易書留でおくったのだけど・・
な~んと30日の今日ひかりTVからチューナーが送られてきた!!

おい「送れない!」っていってたあの男のはなんなんだ!!
申込書を書いて返送しないと送れないようなことを言っていたではないか!!

ますますイラっ!!怒りが湧き出した。
先ほどNTTぷららのカスタマーセンターに
これらイラ!!ネタを話し、葉書でクーリングオフしたが、さらに解約を申し込ませていただいた。
届いたチューナーは、1ヵ月後にひき取りになるそうだ。
でも日付け指定が出来ないそうだ

先日ケーブルTVのインターネット解約したが、借りていたモデムはちゃんと
日付け&時間指定で10日後に引き取りにきてくれていたのにな。

なんだかなあ・・って、今回の強引な勧誘はNTTぷらら直でなく関節的な会社なのかな?
職場にくるNTT関連の妙なセールスに似ていたようなきなする。

今回解約して正解なんじゃないか?って。
ひかりTV・・そのものは悪いとは思わないけど・・勧誘方法もうすこし考えていただきたいと思うところなのです。
Comments (2)

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン ボランティア

2012年04月30日 | きまま
今日は、GWに開催される『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012』のボランティア参加の説明会に行ってきました。
『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン』は、1995年にフランスの港町ナントで誕生たクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」が、2005年に日本に上陸して以来、延べ480万人を熱狂させた音楽祭ってことになっておりまして、
0歳児からクラシックファンまで、自由なスタイルで誰でも気軽に楽しめるクラッシックイベントです。
日本では、現在東京だけでなく、金沢や新潟などでも開催されていますが、東京では東京国際フォーラムが主催となって、フォーラムはもちろん丸の内の一帯でもいろいろなイベントが開催されてるのです。

昨年までは、客席に座ってでしたが、今年は・・GW金銭的にお金をそんなに使わないでも・・なにかって思ったところにこのイベントのボランティア募集が目に止まりまして、参加希望したと言うわけです。

今日はその説明会午前10時から午後4時までびっちり説明・・わたしゃ疲れました(苦笑)
ボランティア参加者には高校生も・・私は年齢上のほうだろうなあ。
いろいろな会場でイベントが行われますが・・私はどこのお手伝いするんだろうなあ。
担当は当日いってからの発表だそうな。

今日はマナーの練習もあったりして・・
いっや~勉強になりました。でもがんばるぞ~!!

『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012』
今年のテーマは、サクル・リュス

会場は、東京国際フォーラム、よみうりホール及び 東京・丸の内エリア

期間は、
・東京・丸の内エリア
2012年4月27日(金)~5月5日(土・祝)

・東京国際フォーラム、よみうりホール
2012年5月3日(木・祝)~5月5日(土・祝)

よかったら足を運んでみてください。

ラ・フォル・ジュルネ 「熱狂の日」音楽祭2012 公式ガイドブック
ぴあ
ぴあ

Comment

郵便ポスト集配

2012年04月30日 | きまま
インターネットで電子メールが主流というものの・・
手紙を書いてポストに投函!
って減っているのかなあ。

引越してびっくりしたこと。
住所変更を郵便で・・ってポストに書類を投函して・・
ポストにかかれていた集配時間。
1日2回 10時代と16時代の2回。
ええっ?川崎って2回なの?
平日も休日も・・

って今まで住んでいた大田区はたしいかは 平日は4回だったかと
職場のある港区も・・平日は4回だよ!!

川崎は2回ってそんなにみんなポストに投函しなくなったのかなあ?

日本全国2回位が主流なのかなあ??

地方に行って1日1回というのもあったけど・・
川を渡っただけで、4回から2回とは。
Comment

PLAY PARK 2012

2012年04月29日 | 舞台いろいろ
PLAYPARK2012『PLAY PARK 2012~日本短編舞台フェス~』

10日間、50組以上。
日本最大級の短編舞台フェス!
渋谷のど真ん中、CBGKシブゲキ!!で初開催!!

っていうイベントの最終日29日19:30の回に行ってきました。
GWにはいって、渋谷もやたら混んでますねえ。
それに今日は郵便局に行きたくて、東急東横線の渋谷駅から話題のあたらしいビル「渋谷ヒカリエ」を通ってきました(笑)
今日は入場制限していたようですが、出かけた17時過ぎは、とくに制限はしていませんでしたが、混んでましたよ。

そしてCBGKシブゲキへ。道玄坂のザ・プライム 6階・・Mt.RAINIER HALL SHIBUYAと同じフロアーだったのですね。
本日の出演者は、親族代表、コンドルズ独立機動部隊「暁~AKATZKI~」
宮崎吐夢、MONO、小野寺修二×森山開次という5組

最終組だった小野寺修二×森山開次みたさに出かけた公演です。
親族代表は、一人芝居だったのですね。
「シモムラさんと小劇場」って作品。コントユニットってあったので数人の方の出演かと思っていましたが、
小劇場好きの男性を題材に嶋村太一さんの一人コント芝居ってかんじで面白かったです、
コンドルズ独立機動部隊は、シブチサトシ、カマクラミチヒコ、ヒラハラシンタロウ。フジタヨシヒロの4人の方のかなり面白いパフォーマンス。これってアドリブなの?ッて思う反面計算されたパフォーマンスなのかな?っとも・・コンテンポラリーダンスのお遊び??って。
その後休憩があって宮崎吐夢さんの歌・・これは・・う~ん私は好みじゃないなって思いながら聞いてました。
(途中でいねむりしちゃった)
MONOは京都を拠点に活動する劇団ってことですが・・言葉遊び?
「意外な盲点」ってお芝居。面白いようなよくわからないままでおわっちゃったかも。
サカケン&小野寺修二さんの「トリツカレ男」の時にMONOの方が関わっていたんですよね~。

そして最後に小野寺修二×森山開次という組み合わせのパフォーマンス。
「共犯」という芝居仕立てのマイム。小野寺修二さんが出演するのではなくて森川弘和さんと森山さんの組み合わせ。
でもまたお稽古不足だったのかなあ?森山さん小野寺修二さんのステージにありがちな動きでは切れにかけていたかな?って素人ながら思ってしまいましたが、動きのなかでソロで森山さんが踊る場面はやっぱり森山さんらしいって見とれてました。
登場からやはり森山さんは、華のある人だな・・って。
台詞もあって、う~んどうなのかなって感じちゃった場面もありつつ満足。満足。

今回の小野寺修二さんのステージを見に来られたのでしょう。
浅野和之さんに片桐 はいりさんを休憩時に見かけたのですが。帰りにはなんと首藤康之さんも見かけることに。
みなさん小野寺修二さんにご出演の方々・・片桐 はいりさんはまた再演でご出演ということもあるのでしょうけれど・・
ステージはもちろん、客席までお得な思いに駆られてしまいました。

小野寺修二さんのパフォーマンスは、マイムの動きをベースにきているものだと思いますが、独特の世界観があって魅了されています。
今回はその世界に森山さんが挑戦!!ってかんじでした。
今までも、私のお気に入りの方々が何げに小野さんの振付や案出に参加されていますます。
小野寺修二さんますます気になる存在です。

デラシネラβ『ロミオとジュリエット』 が5月に東京都現代美術館でパフォーマンスを上演されるようなので見に行きたいけれど・・・。
Comment

ウォルト・ディズニー展

2012年04月29日 | きまま
GWスタートですね。
私は・・・あ~~~引越したもののまだまだ荷物が散財してる~~~ぅ。って
この片付けしなくちゃ!!状態ですが、ダメですねえ。

金曜の仕事帰りは・・『ウォルト・ディズニー展』によってしまいました。
ウォルト・ディズニー生誕110周年を記念し今回東京からスタートという展示です。
会場は銀座松屋。
さすがディズニー!!ってかんじで金曜平日仕事帰りでしたが、かなりの人がいました。
年齢も20代30代が主流なのかな?ってかんじで・・

そしてみなさん展示されているグッズや絵画よりも映像に人気か集まっていたかな。
ちなにみに・・私白黒TV時代録画でしょうけれど・・ウォルト・ディズニー見ています。
そうまだご存命でしたから。でもまあ最期近くだったのかもしてません。
そのウォルト・ディズニーのアメリカのディズニーランドとやらに行ってみたい!!って
幼いながらにあこがれていましたねえ。

今回展示されていた絵画のなかで私の大好きな作品3つ。
ダンボにバンビに白雪姫の7人の小人が紹介されていて
中でもダンボは、もう絵をみただけで目頭熱くなってしまうほどキュンってなってしまうんですよね。
耳の大きなダンボそれだけでいじめられちゃって・・そしてかばったお母さんと離されちゃって・・
ドジなダンボだけど・・やがて、・・って素敵な仲間との出会いあって・・って
そのアニメになるまえの絵に釘付け!!
まさにそこからダンボが飛び出してきそう。。なんて思ってしまって、今回会場で売られていたいろいろな絵葉書がありましたが、ダンボを買いこんでしまいました。

またバンビはバンビも可愛いけどあの時バンビと仲良しになるウサギの足をパタパタさせて笑う仕草が大好きで・・
って私にとって絵本、映像とインパクトがとってもつよい作品展示がうれしくてたまりませんでした。

またやはりあの7人の小人も大人気だったのね!!ってその後の作品ピノキオでなぜ小人がでてこないの?と言う事になったようですが、ピノキオに登場したこうろぎやねこといったキャラクターがそれを払拭したようなことも紹介されていて・・

ミッキーマウスの登場秘話もありながら、正義だけできたミッキーに対しドナルド誕生秘話がないのがちょいっと残念でも有もしドナルドも出てきたら大変なことになっていなのかな?って思ったり・・

ウォルト・ディズニーの世界は、会場以上広がって行きました。
今回はそんな作品だけでなくウォルト・ディズニーの趣味の世界もあってそれがまたとても素敵な世界でした。

展示を満足してでるとそこはグッズ売り場。
購買力しっかりあるなあ~~~って思うほどにみなさんの手にはお土産がいっぱい。

私もそこで絵葉書を購入したんですが・・

ウォルト・ディズニー・・改めてすごい人でありながら魅力いっぱいの素敵なひとだな・・って感じることができた一時でした。



Comment

通し狂言絵本合法衢

2012年04月23日 | 歌舞伎
通し狂言絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ) 四幕十二場

いや~これは楽しかった!! 見に行ったのは、4月はじめでした。
引っ越しもあるので、公演始まって早々にみにいったのでした。
国立劇場のさくらが、とても綺麗で、劇場敷地内でちょうどさくらまつりを行っていおりまた。

今月新橋演舞場の初日を見て、そのあとすぐに国立でした。
この通し狂言は、昨年3月に上演予定になっていましたが、震災等により公演中止。チケットをかってあったもの見ることがかないませんでした。
そして早々に再演してくれた国立劇場そして松島屋さん。
感謝です(笑)

私の仁左衛門さん(当初は片岡孝夫さん)の印象というのは…光源氏の薫の君ではじまり、その後は歌舞伎役者なのに白いスーツもかっこよく、ハムレットだってできちゃう役者さんでした。荒川佐吉なんてやったら涙腺きれちゃう。
ゆえにメインいい人!!でした。
がたまに歌舞伎を見る友人に言わせると、悪人がにあうよね!!だったのです。
そう?悪人なの? .って首を傾げてしまっていたのですが、南北作品や、近松作品の悪い奴!!悪役がばっちりハマってしまっていたのですよね。
腹黒い・陰湿な名奴
今回の物語はその悪の化身のような奴が登場。悪を天才的にあやつるやつ.. 奸智にたけたってかんじの奴がでて、南北作品ここまで面白くしてくれたって作品でした。
でストーリーは、尾家乗っ取りで結構単純なんですよね。ただ登場人物がいろいろ絡んで面白いのです。
いい人悪い人もはっきりしていて..いい人に左団次さん。
そのいい人側にいるひとをつぎつぎに殺してしまうのが…
仁左衛門さんなのです。

古今東西悪役って主役になるんですよね。
主役にならずとも人気になるのですよね。
ぞくぞくさせる悪の華の魅力。って奴ですね。でも実際にこんなのいたらたまりません!! だからこそ芝居になるって信じてます。

この物語.細かい見所は多々ありますが..感覚でみたっていいじゃないか?って仁左衛門さんの話を聞くと「こう見て下さい。というのでなく見た方の感じ取り方は様々で、どう見ていただけるかが大事」のようなお話をされます。
そう感じ方は様々でいいんだと思います。
そして共感できることが有れば共感して楽しんで…って。

役者さんは、いろいろ作戦をねってそこから描き出す登場人物。そしてそこから生まれる物語の奥深さ。見えないものまで見えてくる世界。
目でみるだけでなく、耳できくだけでない心理描写の奥深さ。
イマジネーションも一杯にふくれあがってきます。

そこがこの仁左衛門さんの凄さです。
役者の大きさかなって思います。

今花形が演舞場で古典の王道を上演してます。
それは、今まだ先代達の模倣からはじまりやがて応用へ。
さらに…って。いろいろ新しい取り組み方もあるけれど
王道から時代にそって発展して行く歌舞伎。 
仁左衛門さんが、そうしてるような気がします。
Comments (2)

DANCE to the Future 2012

2012年04月23日 | 舞台いろいろ
ま~ったくと一っていい程に引っ越ししたあと、片付きゃしない。
さっさと捨てる者は捨てる!!…これができないのよねえ~
わかっちゃいますよ。ってかんじで眺め入っちゃう。
それにやらなきゃならないってことも多々あって…
ほんと駄目だよね~ってひろくなった場所の小さなスペースですごすことが居心地のいい自分。

そこから抜け出して、新国立劇場に「DANCE to the Future 2012」を見に行きました。2日間。ともに2階席からの鑑賞。
ほんとうは初日だけだったのですが、出演者変更で2日間かっちゃいました。

「DANCE to the Future 2012」は、新国立劇場バレエ団ダンサーがコンテンポラリーダンスを踊るというもの。今回は、新国立劇場にもご自身が登場している平山素子さんの作品の上演。
「Ag+G」が新作。「Butterfly」と「兵士の物語」はすでに新国立劇場で上演された作品。この3つをバレエダンサーの方が踊っていました。

ツイッターとかブログとかとっても評判いいのですよね。
ことに「Butterfly」。
平山さんと中川さんで2度程みているけど..今回早々にあれ??ヘアースタイル迄中川さんなんだ。って思わず。
コンテンポってけっこう自己主張といいましょうか、個人ならでは..って思いが強かったのですでに模倣か??って

でね、私この「Butterfly」って評判いいけど感覚的にそんなに好きな作品じゃないですよね。平山さんの女性を感じない..いえ、ひょっとすると女性の強さなのかもですが、平山さんの存在が、肉体的にぶつかっていくような作品。
アマゾネス的な印象なのです。(ファンの方にはまったくもってすいません)

でも今回は..違っていました。たしかに同じようなのですが、本島美和さんと 奥村康祐さんのコンビ綺麗さがありました。でもエネルギッシュさは、あまり感じられなかったかな。バレエダンサーはあくまでも踊り手ってかんじで、綺麗ににせるがって気力を出し切るまでに至ってなかたようにかんじてしまいました。
2日目は、男女ともになにかいっぱいいっぱい..そんな印象をうけてしまいました。

順番が前後しますが、最初に「Ag+G」
Ag(銀)とG(重力)という平山さんがお好きな二つの要素をテーマを題材にされたバレエ団のために作った作品なんだそうな。
これは、古川さんと湯川さんにつきちゃった。ってかんじで、他の方もどきどきは目にはいるのですが、団体で踊る…につきてもっと個性のぶつかり合いがあってもいいんじゃないか..って、だからちょっと間延びしていたようにも思えました。
でもその点をドンドンのばすって意味で今回の公演があるのかな。って思いました。

「兵士の物語」今回、山本隆之さんの悪魔が印象的。
初演時よりも物語性がつよかったかなって。コンテンポといよりコンテンポ表現の物語になっていたのかな。って。
「兵士の物語」ってどうしても英国ロイヤル・オペラ・ハウス版で上演したマシュー・ハートさんの悪魔が強烈なんですが、前回平山版の悪魔は静で、今回の山本隆之さんの悪魔は、かなり違っていまして、かなりコミカル。なのに衣装がセクシーでがんがん踊っていましたねえ。
そして、兵士とプリオンスは..やはり前回から比べて表現豊か。
 コンテンポ要素を取り入れたバレエってかんじでした。
主役も吉本さんより福田さんや八幡さんのほうが面白く、プリンスにいたっては、淡々と踊っていた大貫さんとちがって厚地さんかわいい!!笑顔がかわいいプリンスでした。
なんだろ..かわいい。タッパあるのに。

同じ作品でも踊り手によって変わる。あえて変えた作品でしょうけれど…
バレエ団やはり物語のほうがいいのかなっと。
Comment

引っ越しました

2012年04月16日 | きまま
引越しましてインターネット・・つながりました。
が・・やはり20年近く住んでいたところの荷物・・
捨てられずにもってきちゃって、ただ今ダンボールに入った荷物の山に埋もれてます(苦笑)
捨てなくちゃ!!

しかし、引越しした次の朝。疲れたのでしょうか??
朝起きたとたんの絶不調。新居のトイレと仲良ししてました。
半日つぶしてしまいました。

でも現在は復活しています。

さてさて今までかかなかったものもそろそろ書かなくちゃ。


Comments (2)

4月はちょいっとお休み中

2012年04月12日 | きまま
今年は、桜が美しいですね・・・。
毎年美しいけど・・今年はことさらに。

ただ今ブログちょいっとお休み続いてます。
職場の引越しが終わったもののその後、今度は自分の引越しなんですけど・・
今週末で20年近くいちゃったアパートから引越し。
もうちっともはかどらなくて・・

やればやるほど散らかって収集つかず。
片付けの苦手・・もう!!どうにでもなれ~~~って(苦笑)


新居・・もなんだかんだ・・もう・・

ネットどうなるかわかりません。

今は、フレッツ光ですが、新居は、光ネクスト。
同じようで違うんですよね。

(職場も最近光ネクストにしたんですけど・・って、
 私ネット等担当してるんですが、職場でやりつくしたかんじ(笑))


来週引越し後、ネットがつながりましたらブログ復活いたします。



Comment

四月花形歌舞伎

2012年04月03日 | 歌舞伎
3日 とんでもない低気圧。超大型台風に匹敵とも。
今日は、職場から国分寺まで出かけて・・用件すませてとっとと帰宅。
3時ぐらいでも使っていたビニ傘は壊れてしまって・・駅のゴミ箱横においてきたのだけれど、先ほどニュースでは、壊れた傘の処理が大変な状態になてるとか・・。

そんな今宵劇場は芝居を上演しているようで・・サイト等みてると公演中止にはなっていない。
演者の方々は、それなりに対応してもらえそうだけれど・・お客さんたち大丈夫なのかなあ?って。
思わず。 

昨年台風15号時上演したものの・・払戻ししてもらった公演にあたったけど、今回もそんな処置してくれてる劇場あるのかしら?
なんてふと。

さて4月1日でしたが、
四月花形歌舞伎
通し狂言『仮名手本忠臣蔵』にいきました。

昨年相次ぐベテランの方々の逝去。 富十郎さん、芝翫さん、雀右衛門さん・・。
お体の調子が悪くてもやはり舞台に出てくださってるだけでなにか舞台がひきしまる方々がいなくなり・・
これからは、菊五郎さん、幸四郎さん、吉右衛門さん、といった方々がトップで・・ってまだ、まだお若い藤十郎さんもいるのですが・・

その息子さん達世代40代~30代の役者さんが、今回通し狂言『仮名手本忠臣蔵』をって、
大丈夫か?松竹チャレンジャー過ぎないか~って思ったのですが、一方で今ならダメだしもありだろうし、
逆に本当は、忠臣蔵の赤穂浪士の面々等身大なのかも、新鮮な「仮名手本忠臣蔵」になるのかも・・
って、ダメもとでのチャレンジじゃない?ってまあ1等はなしで3等席で初日通し観劇してきました。

昼の部・・
大 序 鶴ヶ岡社頭兜改めの場
三段目 足利館門前進物の場
    同 松の間刃傷の場
四段目 扇ヶ谷塩冶判官切腹の場
    同 表門城明渡しの場
浄瑠璃 道行旅路の花聟

ってなっていましたが、道行旅路の花聟を除いては、すごい緊張感あふれる舞台だったと思います。
誰もが先輩達からならった役を真剣に丁寧に演じていたのではないかって。
だからまだ役者同士が絡んだ芝居というのではないのですが、楷書のしっかりとした舞台だったかと思います。

歌舞伎座最後の時にベテランが上演していたのを思わさずにはいられませんでしたが、それとはまったく違う新しい忠臣蔵の風が吹いてきたようにすら思えました。

松緑の高師直・・ほんと、嫌な奴でした。嫌味なオヤジになってました。
ちょいっとチャーミング?う~んそれはまだ感じなかったな。
菊之助の塩冶判官・・久々品のある彼ならではっていう真っ直ぐな塩冶判官でした。
松也の顔世御前この人の女形久々だったような。身長が高すぎて・・って以前思ったものの今回は清楚なきっちりとした顔世御前で嫌味な高師直とのやりとりや、判官の死去あと堂々としたものでした。仮名手本ではなく元禄にある南部坂雪の別れ・・彼できるんじゃない?はいいすぎかしら?
染五郎の大星由良之助・・この人こんなに貫禄でてきたかってお父さんやオジサンに時折そっくり。赤穂の浪士をまとまるだけの品や大きさが感じられましたが・・声がもつのかなあ?って決して声帯がつよくない染五郎。ちょいっと心配にもなりました。
また今回塩冶判官の死を見とどける亀三郎の石堂右馬之丞もなかなかよかったなあ。脇ではあるけど、いい役ですよね。
そうそう判官の切腹時父由良之助の到着をまつ大星力弥は、右近、夜の部に登場する大星力弥は児太郎なんですけど・・年齢ってこともあるのでしょうか。昼の部の力弥のほうが凛とした印象が強いです。

とにかく昼の部は緊張しました。観てるほうも・・。
そして夜の部。
五段目  山崎街道鉄砲渡しの場
     同 二つ玉の場
六段目  与市兵衛内勘平腹切の場
七段目  祇園一力茶屋の場
十一段目 高家表門討入りの場
     同 奥庭泉水の場
     同 炭部屋本懐の場

ってなるのですが、山崎街道鉄砲渡しの場・二つ玉の場/与市兵衛内勘平腹切の場
これが、たぶん澤瀉屋バージョン。
いろいろな場面が、えっ?そうなの?へえ・・って、かなりの数違います。
今まで見てる音羽屋型とも上方型はてまたそのミックスともちがった大きな見栄をみせたり、えっこんなにあっさりなの?だったり、配置はそこなの?とはじめての出会状態でした。
細かくはいろいろですが・・まずえっ?これは獅童だからなのか、澤瀉たからなのか解りませんが、定九郎かる~い。
「50両」っていう場面あっさり、死ぬ時の血のりもあさっり・・色男なんだけど印象弱し。
そして勘平なんですが・・かなりエキサイトな見栄をはる勘平なんだなあ・・って。亀治郎の見栄がやたら大きい。
江戸の美化重視や上方のリアルさ重視とはまた違った印象です。
ただやはり私は型としては江戸の音羽屋型といわれる勘平さんがいいですけどねえ。
でも、そんな場面で、確かにこの場面本当は関西弁なんだろうなあ。十文字やさんってと
勘平の妻おかるが身を売る一文字屋さんの女将、お才さんと亀鶴と判人源六の薪車の関係がよかったです。

そして7段目は・・一番あっさり(?)見てお気軽にみたかも。
昼の部とはうってかわった役になっている寺岡平右衛門だった松緑。初役でもなく、一生懸命の青年役である種ゆとりもありたぶん同じように初役でないおかる福助。ここではもうすこしもあったけれどその意味でリラックスして楽しみました。
そして最後は・・まあね・・・ってこれは、久々通し観劇をした私の休憩タイムになっていました。
まさにこれからの若手・・ジャニーズならばジュニアがいっぱいって。

ジャニーズを持ち出すものなんですが、でも今回はそんなジャニーズの面々のような・・そう上がSMAPとかTOKIOで、その下に嵐・・歌舞伎も若手ですよ。
まあ福助が、その中で少年隊の1名あたりかって。

そう思うと今回の歌舞伎、ベテランファンよりもっと若いお客さんがみれるような、料金設定で松竹さんに挑戦してほしかったな。
国立並に・・。12000円9000円に6000円に3000円に1500円ってかんじで、古典ならではの、面白さを伝えていって欲しいな。って
そう思った初日観劇でした。
Comments (2)