花がいっぱい。

どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

またまた 志の輔らくご

2012年01月31日 | 古典芸能
日曜日は、2度目の
『志の輔らくご in PARCO 2012』へ
今回は、母が一緒となるパルコ。
母と一緒だと、遠回りをしてもごちゃごちゃしていない渋谷パルコへのルートを選んでしまう。
それでも母・・『なんだか新宿みたいね。もうちょっと渋谷はちがったのにね』』・・と数十年前に渋谷は今の銀座通りの雰囲気で、
銀座は、今の丸の内側の高級なウインドショッピングといった雰囲気なわけで・・
昭和の時代から平成は・・ほんと変わったものですね。

たしかに・・渋谷のスペイン坂は、あやしき不倫カップルをみかけたような大人の裏道みたいだったよなあ・・なんておもったりもしつつ・・
パルコ劇場でのらくごは・・
今年はじめに聞いた
『タイムトラブル』『メルシーひな祭り』『紺屋高尾』とかかれていた演目にかわりなし・・だったけど、話の内容最初の『タイムトラブル』はちょっと運びが違っていました。
話の登場人物は変わっていなかったし、タイムトラベルしちゃったがために、戦いにその人が遅れたという事実も。
あらすじだけならかわりいけど・・話をきけば違うのです。
話しぶりはすっきりとして聴きやすくなっていました。パルコが一ヶ月らくごになるという中日も過ぎて、この日のために師匠は、日々落語を話してきたのですね・・って。

『タイムトラブル』『メルシーひな祭り』を聞いたあと、腰の骨がちょい変形してしまっている母には、パルコの椅子がきつかったらしく、
腰の不調と足の不調がでてしまった。それゆえ、話がチャンと聞けていなかった様子。
うんたしかに、パルコの椅子は、けっして腰や足に優しくないな・・と。

仲入リ後、腰から背中に来ていたダウンのコートをあてて・・背骨が椅子にじかにあたらないようにしてすわってみた。
これがよかったようだ。『紺屋高尾』楽しかった様子。
この話は、ほんとほっこりできる話です。

楽しく話をききました。
でも、母をつれては志の輔らくごは、ルテアトル銀座と赤坂ACTかな・・っておもわず。
Comment

少しはお役に立てたのか???

2012年01月31日 | 歌舞伎
たぶん~ここ数ヶ月公私共にバタバタ状態の可能性大ですが・・
今月は、ほんとよくぞ!まあ。我ながらに散財したものだ!!と。
1月散財の止めは、第三十六回俳優祭。
当初はいけないかなあ・・と思っていたものの、結局は、行ってしまいました。
俳優祭、目的は協会の運営資金集めということだけれど、今期は、模擬店や入場料収入の純益は東日本大震災の被災地に寄付ってこと。
朝日新聞によると、ファンとの交流を深めようと1957年に始まり、36回目。歌舞伎座建て替えで地方公演が増え、役者が集まりにくかったこともあり3年ぶりの開催ともありました。

一方、俳優祭=面白おかしいことをやってくれる、と楽しみにしてくださるお客さまが多いようです。が、おふざけではありません。って日本俳優協会のサイトにありきで、
今回の演目は「絵本太功記 尼崎閑居の場」そう「太十(たいじゅう)」、「殺陣 田村」そして1時間の模擬店タイムがあってその後、「質庫魂入替(しちやのくらこころのいれかえ)」でした。
最初の「太十」が、おもいっきりどっしりものですよね。
通常の公演ですら義太夫によって睡魔に襲われる演目です。やっぱり・・効果は、抜群です。
なんでこれにしたんだろ??
日生の花形でボツにでもなった演目なのかしらん?などと、武智光秀 染五郎、真柴久吉 松緑がつとめ、光秀の妻操、を孝太郎、息子十次郎を七之助、初菊、梅枝と花形がたった1日のこの日のために難しいところをよくやりました!!ってほめてしまいたいと思います。
その中で、最近はいい役ついて・・声の良さがさらに響くね!って今回際立ったのは、正清の亀三郎でした。

ブログやツイッターなどを見てますとファンの皆さん厳しいご感想もあるようですが、役者さんだって言われることも承知でよくぞこれを持ってきたって感心しきりでした。

その次の殺陣田村もなかなかの演目でした。やはりブログやツイッターでいろいろご意見もあるようですが、立役による立廻りメインの役者さんもよかったですが、そこにかかっていく役者さんたちもかっこよく・・昨今の若いアイドル系の軟弱立ち回りなんぞとわけが違うわい。これぞ。これぞ。と見せていただきました。

その後は・・さ~あ、みなさんお待ちかねの役者さんの模擬店スタートです。
いっや~すごかった。ことに2階食堂には、菊五郎さん、團十郎さん、仁左衛門さんといったベテランに若手の人気者もいて・・ごった返して写真もとらないでください・・のような。
ちょっぴり行ったものの・・そそくさ場所移動。3階コーナーで散財してました。
今回はみなさんの買ってくれた分が寄付にまわります!!よろしくお願いします!!とかっていわれて・・
少しは寄付の足しになったかな・・と。高額な色紙、押隈は、結局購入できませんでしたけど・・。
(色紙は、5000円~で、隈取は10万円~だったかな。)

でも、お買い物するたびに、役者のみなさんもお写真取らせていただきましたし、サインもせっせせっせといただきました。(だめって言われなかったからね...2階じゃ、NG !写真撮らないでください!!って、いろいろな方が、さけんでいた~)・・って3階に移動した時にはすでに次の「質庫魂入替」にご出演の方は、いらっさいませんでしたけどね。

NHK「芸能百花繚乱」に出演している古谷敏郎アナウンサー が、マイクを持って至るところでインタビューしてらっしゃいました。
俳優祭すべてでなくダイジェストでしょうけれど・・放送されるそうです。
どこがどのように使われるのかなあ??
みてのお楽しみってところでしょうか?

一応給料日は訪れたものの・・1月の出費は並大抵でございません。
2月は・・う~ん。どうしよう(苦笑)
Comment

Tanz der Vampire Auftritt bei Carmen Nebel

2012年01月30日 | TDV
Tanz der Vampire Auftritt bei Carmen Nebel
Comment

Jan Ammann - Die unstillbare Gier

2012年01月30日 | TDV
Pfingstgala Tecklenburg 2011 / Jan Ammann - Die unstillbare Gier


Jan Ammann & Pia Douwes - Totale Finsternis
Comment

カーダール・ズザボル アルフ?

2012年01月30日 | TDV
KÁDÁR SZABOLCS JÁNOS- Vámpírok bálja: Őérte

ハンガリーの人気者君????Kádár Szabolcs(カーダール・ズザボルっていうのかなあ?)
Comment

Ooaps

2012年01月30日 | TDV
Öölaps

エストニア語

Oolaps
Comment

延期らしい・・REBECCA

2012年01月27日 | きまま
かなり期待していたんだけどなあ・・
今年は、Broadway!!な~んて思っていたんだけどなあ。
『REBECCA:で生 James Barbour!!見に行く~~~~って思ってたんだけどなあ。

24日 幾つかのサイトでBroadwayのREBECCAが延期になるって!!

どうもそれが・・金銭的な事らしく資金調達云々かんぬんって。


Broadhurst Theatreで、
プレビュー 2012年3月27日
オープニング 2012年4月22日

だったのにぃ・・。

先週来日をしていたSierra Boggess シエラボーゲスが、私だったのに~~


でもツイッターに

Dear fans: Our Bway debut has been postponed until next season. Thanks for your continued love & support. We’ll see you next season!

にあるし・・Tam Mutuや、James Barbourといった、出演者もなんやかんやささやいて・・
来春か??早ければ、秋??

まあ今年はおとなしくしてろ!!ってお導きか・・って。

しばし Next seasonを待ってみるっか。
(日本じゃあまり延期はないけどBroadwayだと延期とか中止あるんですねえ。)

Comments (2)

十一ぴきのネコ

2012年01月27日 | ミュージカル
こまつ座&ホリプロ公演・紀伊國屋書店提携
『十一ぴきのネコ』
【スタッフ】作=井上ひさし 演出=長塚圭史 音楽=宇野誠一郎/荻野清子
【キャスト】北村有起哉/中村まこと/市川しんぺー/粟根まこと/蟹江一平/福田転球/大堀こういち/木村靖司/辰巳智秋/田鍋謙一郎/山内圭哉

今年は、観劇控える!!と思っているものの・・歌舞伎やらTDVやら、どうみても控えてないじゃない!!となるわけだけれど、
私としては・・控えてるんです。
回数を、先ず・・。などといろいろ言ってしまうのですが、
今月『十一ぴきのネコ』をチョイスしたのは・・
出演者&「11ぴきのねこ」だったから・・。

馬場のぼるの「11ぴきのねこ」・・この作品を井上ひさし脚本を手掛け人形劇としてNHKで放送されたまでなんとなく記憶にあるのですが・・舞台になっていたのは知りませんでした。

そして・・そんな話だっけ?と思うほどに絵本「11ぴきのねこ」では、そうだけれど・・そうじゃない!!。って思いながら、
でもそうだからだよね。と井上ひさしの書いた舞台。
ミュージカル『十一ぴきのネコ』は、衝撃的であり、だからこそそれぞれに個性ある役者さんがそれぞれの味で見せた『十一ぴきのネコ』でした。

だからこそこのメンバーなのね・・ってくらいに奇怪なニャンコたち。
とらねこ大将と仲間達・・舞台ではにゃん太郎・・北村有起哉さんでした。歌もお上手、動きも俊敏。なんでも前向き。みんなを引っ張る勇気が魅力的。
一方ちょいっとずるして、できればなまけて・・お気楽でたいにゃん十一が山内圭哉さんでした。

舞台がはじまったのか始まらないのか・・気ままなにゃんこ達が客席に現れて好き勝手・・
客席もその様子に巻き込まれながら・・客電が落ちて、ニャンコ達の鳴き声に集会か?なんて思っていると
正面ににゃん太郎が登場。
おなかぺこぺこ・・にゃん太郎。だけどね・・ってかんじで、始まって何度も大笑いして見ていました。

しかし、11匹いたねこたちのなか、あまりにも正義が前に押し出た時に・・ってラストシーンが、痛烈でした。
人間へのメッセージj。井上ひさしさんなんでしょうねえ。

だからこそ、長塚圭史が演出意欲を沸かせて、このメンバーでの舞台になったのでしょう。
なんて思って見てました。

想像していた舞台とはちがったけれど、このメンバーじゃやっぱりこうだよね。
しっかり見せていただきました。って満足した舞台でした。

割引価格で購入した席ながら5列目センター。満足度UPです。

「・・・・・・がさつだったが、
物事すべて明るく輝いていたあの時代。
物資は乏しかったがお互いの間に
優しさが満ち溢れていたあの創世記。
お腹には何も入っていなかったが、
胸にはちきれそうな、理想と希望があったあの頃。」

Comment

今更ながら・・ヴァンパイア

2012年01月24日 | きまま
時々街で見かける「献血のお願い」。
都内でも有楽町や新宿、秋葉原とかに献血ルームがあってその近所で「献血のお願い」をしている光景を目にします。

私が最初に献血したのはいつだか定かではなりませんが・・
よきことしたかも?
それでおまけにおやつがもらえるし・・
なんてかんじで20代ぐらいから献血してるのですが・・
ここ数年何かが規定にたりないので、残念ですがと断られておりまして、昨年夏!
久々に献血いたしました!!って・・それはさておき(前書き長い!!)

『ネプ&イモトの世界番付』ってTV番組みてまして、
血液型を知らない国ランキング・・ってことで
今回の20ヶ国の出身者のなか
1位 オランダ
2位 スウェーデン
3位 イギリス
ってことで、ヨーロッパの方はほとんど方が自分の血液型を知らないようでした。

逆に韓国は知らない人はほとんどいない結果がでていました。

海外から来てる方が、日本に来て、日本人は血液型の話で盛り上がるのか?解らないようなこをと言ってました。

そこで、ヨーロッパの方が血液型を知らないのは、ナチ時代に血の違いによる差別があったからだということを出演者の辛坊治郎さんが言っておりました。


そこで・・そういえば!!
そうです血を吸うヴァンパイア!!
彼等ってやっぱり人間じゃないだなあ・・って
血液型関係ないんだもんね。

蚊やノミじゃないけど・・。
血は、飲み物なんだろうな。きっと・・って。

飲み物だったら血液型って関係ないのか~。って
今更ながら、ヴァンパイアは、吸血動物なのかなあ・・なんて
思いにふけってみたりするのです。


けんけつちゃん

Comment

駅の人気者

2012年01月23日 | きまま
和歌山電鐵貴志駅のスーパーたま駅長。
いっや~そういえば・・って有楽町で和歌山観光イベントを行っていましたが、
そこにゆるきゃらくん(?)がおりました。

わかぱん・・和歌山のパンダくん
それど・・たま駅長。
写真わかぱんとるの忘れちゃったけど・・たま駅長。
ポーズもとってくれました。

にゃんこもすごいものですね。今や『執行役員』だって!!
お疲れ様!!

今年部下もできたそうで・・たいへんですねえ(笑)

たま駅長の後継候補登場!?その名はニタマ。1/2


Comment