花がいっぱい。

どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

12月の予定

2011年11月30日 | きまま
30日には、大晦日に放送されるNHK「第62回紅白歌合戦」の出場歌手が発表されたそうな。
話題性といっていながら、ここ1ヶ月ぐらい急に国内でも話題に上がってきた由紀さおりさん。アメリカやカナダなどで人気を集めてトップチャートにあがっており、NHKだって好きなタイプの歌手じゃないのかなあ、でも出場者にははいらず。
一方、K-POPグループが複数参加面白いものです。

そして12月、師走。今師は走っているのでしょうか?
クリスマスのイルミネーションなどが街を飾ってはいるのですが
街路樹がまだまだ緑だったりして、なにかちぐはくな気がします。

でもただ今の私、今年の12月メインは、ミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』でしょうかね(笑)
今月の予定・・

ダンスオブヴァンパイア 帝国劇場

狂言劇場 その七 A・Bプロ 世田谷パブリックシアター

ディズニー・オン・クラシック サントリーホール

十二月歌舞伎 日生劇場

ファースト・メフィスト 新宿BLAZE

くるみ割り人形 新国立劇場

日本フィルハーモニー 第273回横浜定期演奏会
(ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱》)

角松敏生 ライブ

それにあとダンスパフォーマンスってところです。

並べるとあるんですよね。


Comments (4)

ダンス オブ ヴァンパイア こんな日も...

2011年11月30日 | ミュージカル
昨日も帝劇に向かったのでした..って、早3回目。
もう2階席B席は私の愛する席でございます(苦笑)
そんな2階にはリー君らしきこうもりのデスプレイも。

見終わっては、やっぱりこの『TANZ DER VAMPIRE』 のにどころは、伯爵の化身様のパフォーマンスなのですが、
昨日は...1幕目お風呂場に現れた伯爵様..お帰りになるときに、
お体がちょいと沈んで..って、すべられた後様子。
でも実際の所、同だったのか瞬間を見逃したのですが、
幕間クコール劇場で事が明らかになったのです!!

いっや~前回までのシリーズでは、伯爵の息子さんが、たびたびご登場されていましたが、今回初!!それもこんな真夜中..じゃない開幕まもない早々に、上手袖から、伯爵が、氷嚢袋(?)頭にあててご登場!!

「クコール上も掃除してくれ..みんながびっくりするじゃないか。」的なニュアンスで。

びっくりですよ!! 
開幕して3日目2階席はけっこうトイレに移動していた人も多かったんじゃないかな。
アルフじゃないけど「ラッキー!!」にハートマークでした。

伯爵様...前回博多座でもまさか、まさかの客席に降りていかれるほどの上機嫌でファンは大喜びでしたが、今期は、1幕客席から登場するは、はけるのも再び客席に..と楽しまれているのでしょうか??

新人キャストさん達がこれといってまだ..の中伯爵やクコールがお城を盛り上げてくれているかんじです。

この日のアルフレートは再び浦井健治くん。今回サラは高橋愛ちゃん。
このコンビもなかなかではありますね。

高橋愛サラは、アニメっぽいですね。
とくに伯爵様との初対面のお風呂シーンでのキャー!!は、アニメキャラっぽい。
この1ヶ月でどんなになっていくのでしょう?
変わるのか、変わらず行くのか?
サラとアルフの出会いが今までにはない雰囲気です。

そのない雰囲気は客席にも...。
はじめての帝劇なんでしょうねえ。
身を乗り出して..という気持ちは、ご当人達ないんでしょけど、前傾姿勢で舞台を見つめ、1幕目にして「すごい」「感動」を連発してる女の子達がおりました。
よくぞ後ろの席の人達注意しなかったな..ってくらいに。

しかし私も...人から見ればあきれる対象ですわね。
早3連チャン。
好きです。 『ダンス オブ ヴァンパイア』

4連チャン? ないです。ないです(笑)
Comments (2)

ALFIE

2011年11月28日 | CD
あのAlfie Boe(アルフィー ボエ)さんといって・・それAlfie Boeって誰?って方もいらっさhるでしょう。
ロンドンでのレ・ミゼラブル 25周年記念コンサートで、ジャンバルジャンだったオペラ歌手の方です。
その方のCD購入しました・・って、12月の私自分へのクリスマスプレゼントのつもりで
James Barbour どAlfie BoeのCDを購入したんですが、Alfie Boeのほうがとっと我が家に到着しちゃいました。
今回のアルバムには聴き易い曲がほとんど・・
先日から聴きいている Music of the Nightも
James Barbour バリトンとAlfie Boe Alfieテノールで聴き比べると面白いです。
そのうちAlfie Boe来日しそうですけどねえ・・。

Alfie
Universal UK
Universal UK


1. Being Alive
2. Maria
3. When I Fall In Love
4. First Time Ever I Saw Your Face
5. Song to the Siren
6. When You Wish Upon a Star
7. Music of the Night
8. Someone to Watch Over Me
9. In My Daughter's Eyes
10. Over the Hills and Far Away
11. Empty Chairs at Empty Tables
12. Wheels of a Dream
13. It Was a Very Good Year
14. Who Am I
15. Have Yourself a Merry Little Christmas
Comments (2)

ダンス オブ ヴァンパイア MY 初日?

2011年11月28日 | ミュージカル
昨日よりは痛くない? いえいえ痛いです。あばら骨やら小指やら・・
人間のつくりってほんとすごいよね。
いつもな~にも考えずに動いてるところなのに・・
ちょっと痛むと、何するんでもきつくなる。
なにが大変って、トイレだってば(笑)

そんなかんじでございますが、当初から予定しておりました『ダンス オブ ヴァンパイア』行ってきました。
昨日みたのは、私の中でプレだったんだ・・って気持ちになって。
2日は、劇場もなんとなくの見慣れた雰囲気。ただやはり不景気は否めないんでしょうねえ。
お弁当つけたり、お土産つけたり・・のチケットの方々の受付があったり、2階席サイドには空席も。

本日、休憩の合間のクコール劇場ではドリンクの宣伝をしておりました。
1杯500円というドリンクの。う~ん500円高んじゃない?
これもねえ・・もうちょとモダンな感じならいいけど・・ブロードウエィの劇場でそのお芝居ならではのお値段高めのドリンク売ってたけれどカップがお土産になるんだよね。ヴァンパイアもクリスタルカップでいいから、リー君(こうもり)模様にTDVとでも入っていたらねえ・・・・。って少しは損して得とれじゃないの?って。

って商売のほうはおいといて・・。
開演前のアルフの観劇諸注意。「これでしょ。このやわらかさ。頼りなさ、お馬鹿加減さえ感じられるアルフのおしゃべり」
って山崎育君は好青年アルフ;誠実なのよね。
好青年アルフという新しいバージョンにこれまで通いこんでいた私にはなじめなかったの。
それは、はじまって教授を探して舞台に上がってきた浦井健ちゃんアルフをみてても思った場面。
私の中にはこれまでの浦井健ちゃんアルフや泉見洋平くんアルフがどっっぷり脳裏に焼きついているんだもの。
柔軟性にかけてくる年齢ですからねえ・・新しいタイプはすんなりなかなか入ってこない(笑)

それで今回、浦井健ちゃんアルフの声をきいてどこか私の中のもやもやがふっきれた気がしました。
そうこれでようやく私のなかの『ダンス オブ ヴァンパイア』が、ほんとうに始まったんだ!!ってかんじです(笑)

サラも・・エロ可愛いがあったし、やっぱり年齢よりちょいっとおませ程度のかんじを見せてくれる知念サラのほうが今はまだしっくりくるのです。
その上知念サラ・・歌は前回よりやはり唄いこんできてるようで・・・見てるほうが自然にダンスオブヴァンパイアの中にひき込まれていきました。

そうそう場面がすっとびますが、馬場徹くんヘルベルトも浦井アルフが怖がってくれるゆえ、昨日とおなじだとしても場面が盛り上がっていますねえ。これは、初演、再演で培ったものでしょうか。
同じように、2階は置いてきぼりになりがちなアルフの1階席移動は、きゃぁきゃぁ、なんだかんだ騒いでくれる浦井アルフの叫び声で想像できるものになるのですよね。

ただ今工事中になる前の歌舞伎座で3階席ゆえ花道がみえなくても、チケ代やすいからなあ・・って諦められるけどl帝劇の2階S席はこのダンスオブヴァンパイアでは、分が悪い。1階のA席のほうがお楽しみが多いってもので・・

そんなことを思うと浦井アルフは教授にうるさい!!って叱られても、そのやり取りが聴けるだけ2階席も置いてきぼりにならないこと、そんなことを考えずにかもですが、ありがたいものです。

だた本日は段取りを間違えたようで、カーテンコールでの挨拶時、アルフ君フォーローを入れておりました(笑)

さてそして本日の私のメインは、伯爵の化身森山開次さん。
最近の舞台やTDVのブログにご登場の時とヘアーの色を変えて?回りがまっくろを意識するなか、綺麗で落ち着いたブロンド!!これがすっごく映えるのですよ。まさにヘアーも小道具の一つ!!
1幕目の登場も新上さんと同じ早々に登場ですが・・場所が違う!!
思わず、若さか??って(笑)

昨日の新上裕也さんと今日の森山開次さんをみて・・1部は新上さんがいいなあ。2部悪夢は・・曲の流れでお二人が違うし、ラストは森山さんかなあ。でも・・最大の『抑えがたい欲望 Die unstillbare Gier 』。
もうすでに2回の観劇にして、この場面だけでいい、それもBGM 山口祐一郎さんの抑えがたい欲望 』ってことで、映像にして3000円!いや5000円でも買っちゃうよ~。
なんて気持ちです(笑)
今回はそれぞれオリジナルでしょうか?
ここだけこうしてポイント以外はそれぞれのダンスです。登場もまったく違います!!

いや~ここだけでも見る価値有!!・・って言いすぎ?
でもそうなんですもの(笑)

そんなこんなで昨日は、初日ゆえ挨拶はメインキャスト4人ってかんじで今日は
アルフにサラ・・の前に森山開次!!って、コメントないけどさ、新上さんはなかったのに~~~~
って
もうどちらも好きな方ゆえ、お取り扱いは、同等に!!って思っちゃう私なのでした(笑)

さてヴァンパイアダンサーさんにつきましては・・今回は女性陣のほうがすごくない?
ってかんじでございます。
男性、前回までがかなりだったからなあ・・って思わず。
でもそのうち変わってくるのかもね。

終演後、クコちゃんは募金をあつめていらっしゃいました。

と、なんやかんや申しても、このダンスオブヴァンパイアは、でかけるぞ~!!ですから、
明日が、MY新上さん初登板日観劇よていでしたからって・・
へへっ。3連チャンがんばるぞ~。

あばら骨&小指、切り傷はやくようなってくれ~。
ただ今ミイラのごとく?体の一部は、湿布にバンドエイドってかんじで・・
重いもの移動はできず、横になったら・・起き上がるまでに痛いのなんおとおきるのが一苦労。
とんでもない状態です。
Comment

ダンス オブ ヴァンパイア 2011

2011年11月27日 | ミュージカル
本日大負傷 ・・って久々のトジモード全快!?
スニーカーはいて、平地で、ころんで・・あばら骨打撲?
それに手のひら擦り傷状態、小指側面もなにかおかしい。これも打撲?捻挫状態?
でもでも・・今日は、急遽チケット確保した『ダンス オブ ヴァンパイア』見に行くんだもん!!

転んだ時、あっちゃっちゃ・・で恥ずかしかったもののしばし貧血状態。これって・・なに?
どうもあばら骨側面側うっちゃったようで・・姿勢かえるのがやたら・・しんどい!!
バックの中身とるのもしまうのも腕をのばすのがしんどい。

午前中にすっころんで、用事をたしに赤坂へでかけ、しんどいのなんの・・ですが、
ここでくじけないぞ!!でかけましたよ『ダンス オブ ヴァンパイア』

実は当初は・・どうしても今期の新人さんでなく安定の浦井アルフと知念サラを初日にって思っていたものの、
午後の予定も空き・・お城へ行きたい!!と行く事決行!!

帝劇の階段を歩くのもアバらに響いて痛いのなんのって・・
本日譲ってもらったチケットは2階席
席に座るもの立つのも悲惨なんですけど・・
行ってよかった~。私の大好きなミュージカル!!に間違えありません!!

始まる前の諸注意は、今まで同様アルフくん。初日は山崎育三郎くん。
へえ・・丁寧ですねえ。でもなにか物足りないかな。なんてかんじも自分のなかにしつつ。

客電が落ちて、あの聴き馴染んでいる
Ouvertüreが流れてへはいまるはじまる・・客席にスポットライトが・・あっ!アルフ登場してますね!!
って早二階席置いてきぼり状態ながら・・いいのです。客席から舞台に上がるアルフを想像。
he,ho~・・あっ違うって、当たり前だ。山崎育くんのアルフなんだから。
泉見くんや、浦井くんとちがっていいのですよ。

その位の違和感で・・実は今回その後の「にんにく」ソング違和感?歌じゃなくてダンスにね。
まあ出演者も違うからダンスが違ってみえるのもあたりまえですけどねえ・・。
ってまあそんなこんなで・・この場面では
新しいパパシャガールに新しいマグダ登場!!
マグダ・・なかなかいいジャン。って・・
そんな場面から・・お風呂に入ってる高橋愛サラ登場。可愛い。でも色気といいより可愛さかな?
今度のサラは・・って。ませたやんちゃな女の子みたいなかんじ。
「エロかわいい」っていうのは違いそう。

帝劇に到着した時・・やはり高橋愛ちゃんファンらしき方々、見慣れたロビーとはちょと趣きを変えていたかな。
ロビーは、こうもりのおもちゃがいっぱい飛び廻り、柱のところに伯爵、アルフ2名、教授の等身大パネルがあり
2階にサラパネルがあり、男性ファンが写真をかなりとっていました。
 

 

 
そうそうそのパネルがあるゆええに・・今回は、開演前、開演後のサラやアルフの変身パネルがなくて、ちょっと残念。
さらに・・・出演者パネルそれだかい!!ってダンサーメインの私かなりがっかり(苦笑)
のちのちでてっくれるんでしょうかねえ。アンサンブルやダンサーさんのパネル。

ってアンケートにかかなくちゃいけないですかね。
ロビーには、売店の販売の方々などが、マントつけて雰囲気もりあげてましたが・・
わたしゃダンサー目当てじゃ!!ってね(苦笑)

そのダンサーくんたち・・新上裕也さんはおいといて、今回は、各自の技というよりそろって綺麗?みたいなかんじを今日はうけました。
(悪夢場面ですが・・)
一方・・新上さんは、1幕での登場時。以前は伯爵の化身は、後からの登場だったとおもいますが、今回は、最初から登場です!!ワクワク!!こうなりゃ・・もう私がみるのは・・今回は伯爵の化身じゃあ・・状態に。

悪夢はもちろん、伯爵の『抑えがたい欲望 Die unstillbare Gier 』これは、もう大注目!!ですよ。
すいません。山口伯爵みてません。

これ見終わっちゃうとしばし今日も休憩タイムって私ですから。
今回化身は、客席につながる階段手前まで出てくること1回!!
それに以前もブーツだっけか?履いていたの??って今回初めてすわった場所だったゆえ見え方がちがっていたのか?
いろいろおもいつつ・・やっぱりいいわあ。明日は森山開次さんたのしみ(苦笑)

今日は初日ですからね。みなさん緊張もあるでしょう。
お楽しみはこれから・・。
帰りがけ、チケットを買い足して、写真をもらっている人も多かったですねえ。

今日はダンス以外には、この舞台を楽しむことをすでに知っている伯爵と教授のやりとりが本日のツボでした。
まだ、伯爵も教授もアルフに対しては、お稽古の延長上かなっと。

また、伯爵の息子ヘルベルトの馬場 徹くんも頑張っていますが・・あれは、吉野圭吾さんという大きな存在をあらためて感じてしまいました。
馬場ヘルベルト・・海外版に比べたら格段のインパクト。頑張れ馬場ヘルベルト!!

さあ開幕初日がおわって・・明日いけるかねえ。私。
(明日半日の休暇をとったのですが)
あばら骨やら、腕やら今でさえかなり痛いんですが・・がんばるぞ~!!

ファイト!・・でも痛いよ~~
Comment

近松DANCE弐題 『エゴイズム』

2011年11月26日 | 舞台いろいろ
金曜日 新国立劇場
今回は、ダンス。フラメンコで油地獄だったAプログラムに対し今度のBプログラムは、

『近松による「世話物」狂言を題材にして、4名の魅力的な男性出演者を相手役に選び様々な男女の貫く「エゴイズムの正義」をダンスと音楽、語りで描き出します。』って紹介。

作:加賀谷 香
音楽監修:笠松泰洋

キャスト
加賀谷 香
振付・出演:近藤良平/篠井英介/佐藤洋介/柳本雅寛
ヴァイオリン演奏:太田恵資

となっておりました。

う~ん。日本人に日本人の題材をコンテンポラリーダンスとして表現するって、
近松作品の人形浄瑠璃の場面からであったり、近松戯曲のもつ人間のある種破滅的な精神表現なのかな?
それがない交ぜのような、世界。
企画として前回の油地獄も含めて面白いものでしたが、人形浄瑠璃に及ばず、藤十郎の芝居に及ばずでした。

今回は、心中物を題材にされていたのでしょう。
最初は人形振りっぽいのですが、あえてコンテンポラリーにした?のか和の人形でなく洋の人形にみえていました。

その人形と等身大の人間が場面としてみせる近松のこてこてさを取り除いたスタイリッシュなダンスになっていたように思えました。

でもやはり本編(?)義太夫と三味線、そして人形のみせる浄瑠璃のドラマチックさに及ばないかなあ。と。
あえて挑戦の世界のようにおもえてしまったDANCE弐題だったかなあと。

ただダンスとしてみるなたやはり素晴らしいって思える作品で、途中人形遣いとなっているのか男性3名に人形役(?)篠井英介さんの遊びの場面は楽しくわらってみておりました。

近松門左衛門という人物・・すごいやっちゃ。って改めて思う企画でもありました。
Comment

能と狂言 和楽の世界

2011年11月25日 | きまま
木曜日は、大手町の日経ホールへ出かけました。

大手町座 第8回
亀井広忠プロデュース能楽舞台
能と狂言 和楽の世界 
~囃子からみた能「頼政」と狂言「通円」~

なにかこれが紹介されていたときにみたい!!と衝動が走った舞台でした

素囃子 景清
  シテ:梅若玄祥
  笛:一噌幸弘
  小鼓:幸正昭
  大鼓:亀井忠雄
  地謡:川口晃平、坂口貴信、山崎正道、谷本健吾

小舞 景清 後
  野村万作
  地謡:深田博治、石田幸雄、高野和憲、中村修一

半能 頼政
  シテ:梅若紀彰
  ワキ:宝生欣哉
  笛:一噌幸弘
  小鼓:幸正昭
  大鼓:亀井広忠
  地謡:坂口貴信、山崎正道、梅若紀彰、谷本健吾
  後見:川口晃平

能楽素囃子

笛:一噌幸弘
小鼓:田邊恭資
大鼓:亀井忠雄
太鼓:大川典良

狂言 通圓
  シテ:野村萬斎
  ワキ:深田博治
  アイ:岡聡史
  笛:一噌幸弘
  小鼓:田邊恭資
 大鼓:亀井広忠
 地謡:内藤連、石田幸雄、野村万作、高野和憲、村井一之
 後見:月崎晴夫

まあ最初に・・あれ??二代 梅若紀彰さんってたしか晋矢さんって名前だったよね。
襲名したんだ・・いつ?なんてかんじで能の世界は、ほとんど出かけていなかった。
狂言と違ってどうも解らない。感覚的にもつかめない・・それが私の中の能。
でもなにかこの能の世界に天守物語を書いた泉鏡花の世界が見えてくるような気持ちがあるのです。
様式美というものではないけれど、能の大成者と言われる世阿弥の言葉に『秘すれば花』とか『時分の華』
とか・・見えてないけれど華がある不思議な世界をかんいるのです。

今回は、前半は、大御所の方々が、衣装をつけず『景清』を見せてくださる。「景清物」ということばもあるそうで有名人ということになるのだけれど・・しっかし・・そんなに有名人なの?からはじまってしまう。
ゆえに『素囃子 景清』も『小舞 景清』も・・いろいろな表現方法があるのだなあと。
そして、その所作がどしらも美しいと思うのが私ビギナー。
景清をもうすこし知りたくなった。

休憩後今度は、能「頼政」と狂言「通圓」
これは、「頼政」のパロディが狂言「通圓」。
その狂言が一番分かりやすくてオモシロかったです。
今回3時の部では衣装をつけずこちらを大御所たちが見せてくれたそうだけれど
19時からの部は、その息子たちにより面や衣装をつけての舞台をなっていました。

僧が宇治橋にさしかかると、
橋のたもとの茶店に一碗の茶が手向けられていて、
訳をたずねると、
「あれはいにしへ、通圓と申す茶坊主の候らいしが、
宇治橋供養の時、終に茶を点て死せられし候」
今日はその命日なので、誰かゆかりの人が手向けたのだろうと語ります。
すると茶碗と茶筅を持ち柄杓を腰にさした通圓の霊が現れて・・

通圓の茶を飲もうと道行く人300人がどっと押し寄せてきたんだそうな。
通圓は茶を点て続けに点てますが、茶筅もすり減り、
お茶もなくなり茶碗も割れ柄杓も折れて、
お茶が点てられなくなって・・しんでしまったって語って消えるんだけれど

実は「頼政」も宇治橋での戦いで平家軍の軍勢が300人と押し寄せ、
弓矢と刀で平家軍に立ち向かってゆきますが刀も折れ、
矢も尽きてとうとう戦えなくなって平等院の境内で討ち死するという話だそうで・・

狂言のパロディとして作り上げる世界は、面白さが話だけでなくその身体表現もとってもユニーク。
共ににてるけど違う・・
ふむふむ。そうか、そこか・・などどってまじめにみちゃったけれど、
もっと楽しくみれるようちょっと成長して見たいと思った公演でした。

でもどううもまだ能はわかならいなあ。
Comment

立川談志さん死去

2011年11月23日 | きまま
あぁ~立川談志さん死去ってニュース。

落語家の立川談志師匠が、喉頭がんのため亡くなっていたんだそうですね。75歳だったそうで。
2日前の21日に

大田区民プラザの高座で遅れて来て、その時一緒に出演した弟子の志の輔さんが慌てていたことが、記憶にのこっています。

元気な談志師匠をみたのは、桂 米朝の息子さんの桂米團治襲名を新橋演舞場で2008年10月に開催された時、
口上時・・志の輔さんでなく、談志師匠が座っていたことにすっごい驚いたのが最後かな。
新橋演舞場のそばの病院からやってきた・・ってことで。その時も毒舌いっぱいでした。

ここ数年 何度か聴いた高座での噺は、耳を凝らさないとなに言ってんだろ?って感じだったのですが、聴きだすと聴き言っちゃう噺ばかり。
面白かったなあ。
そういえば染五郎可愛がっていたよなあ。TVででてたっけ。

小さんさんともいろいろあったようだけれど・・そのエピソードも人情味あったよなあ。

ご冥福をお祈りいたします。
Comments (2)

Broadway 『Rebecca』

2011年11月22日 | きまま



『Rebecca』Broadway情報~ってほどでもないいんですけどね。


Broadhurst Theatre
235 West 44th Street
New York, NY 10036

Preview mar 27, 2012
Opening apr 22, 2012


Cast & Creative

I(私) Sierra Boggess
(ロンドンのロイヤルアルバートホールでのオペラ座の怪人の25周年記念コンサートにクリスティーヌで出演してるとか))


Jack Favel (ジャック)  James Barbour


Creative TeamMusic:Sylvester Levay
Book and Lyrics:Michael Kunze
Adaptation:Christopher Hampton
English Lyrics:Christopher Hampton and Michael Kunze
Directors:Michael Blakemore and Francesca Zambello

とにかくお気に入りJames Barbour が出るというのでUPしちゃいました
Comments (2)

TANZ DER VAMPIRE  ベルリン版

2011年11月22日 | TDV
Part 18 "Trailer TANZ DER VAMPIRE Berlin"


ベルリン版の新しい動画~??
TANZ DER VAMPIRE, ab 14.11.2011 im Stage Theater des Westens, Berlin.


Comment