花がいっぱい。

どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラフォル・ジュルネ・オ・ジャポン エリアコンサート

2011年04月30日 | きまま
今年のラフォル・ジュルネ・オ・ジャポンは、東日本大震災の影響から、会場の不具合や海外アーティストの来日キャンセルが出てしまい予定どおりのプログラムが出来ないということになり、内容が、大幅に変更になってしまうということに。

クラシックファンとはとても言えない私ですが・・最近はちょっぴり気になる「クラシック」の世界。

今回のラフォル・ジュルネ・オ・ジャポンは、「とどけ!音楽の力 広がれ!音楽の輪」ということになり、28日のオープニングセレモニーからスタート。

何げに見ていた周辺イベントエリアコンサートの丸の内オアゾ1階『○○広場(おおひろば)』でオペラユニット『LEGEND』の名前発見。
それで出かけました。

会場ではリハーサル中ということで、普段着の彼等がステージ上で練習中。
リハーサルでも聴きごたえ有。

その後・・数分の待機後、約30分のコンサートが始まりました。
たったの30分っかんじではありますが、メジャーデビュー曲『永遠の0』や
オペラ椿姫から「乾杯」など聞かせていただきました。

ソロでのブラームスの歌曲「五月の夜」は印象にのこりました。

ライブ前には、丸の内エリア5箇所に後期ロマン派のブラームス、リスト、マーラー、R.シュトラウス、シェーンベルクの紹介がされている。中でも丸ビルホール7階ブラームスの展示コーナーはピアノや自筆の譜面はなかなか。

さらに5会場にあるスタンプを集めて小さな布バックももらえてお得気分の一時でした。
Comment

"Sale el Sol" - LOS MISERABLES

2011年04月29日 | きまま
"Sale el Sol" - LOS MISERABLES


マドリードの新しいレミゼかな?・・歌唱力に圧倒です。
Comment

Los Miserables saltan a la calle la noche de los teatros

2011年04月29日 | きまま
Los Miserables saltan a la calle la noche de los teatros

スペインのイベント!!ちょっと羨ましい。
日本も日比谷公園あたりで・・なあんてね。

しかしスペインキャスト
それぞれかなり好みです
Comment

Les Mis 25th Anniversary Sneak Peek - Part Two

2011年04月29日 | きまま
Les Mis 25th Anniversary Sneak Peek - Part Two: "The Interviews"

以前Part 1を紹介しました。
Comment

5月の予定

2011年04月29日 | 予定
このところ予定していても・・何が起こるかどうなのでしょうねえ。

私としては・・5月チケット買い込み、いくつもり!!という予定です。


アラジン 新国立劇場
レ・ミゼラブル 帝国劇場
團菊祭 松竹座
五月花形歌舞伎 明治座
ディスティニー サンシャイン劇場
DANCE to the Future 2011 新国立劇場

このほかにコンサート クラシック系? 2本

2011年ゴールデンウィークもスタートです。

まあ、明日は、のんびりして実家に顔を出してきます。




Comment

シャルウィダンス

2011年04月28日 | きまま
最近TVで流れるCMですっごく気に入ってます。
サントリーのプレミアム・モルツのCM
矢沢永チャンってやっぱりいいよね~
王様と私の
♪シャルウィダンス♪♪
アカペラ・・


http://www.suntory.co.jp/enjoy/movie/d/910015296001.html?fromid=movlist


このナレーター 小日向文世さんだったんですね
Comment

世界の広上と若き才能の競演

2011年04月28日 | コンサート
な~んてすごいタイトルなのでしょう。
なんて言ってもうなづいてくれる方はいるのでしょうか?
私の中では感動ものなんですけど(笑)

広上淳一指揮/東京交響楽団
ヴァイオリン/山根一仁
というオーチャードホールの東京交響楽団の演奏会に27日行って来ました。

毎度ながら私は、クラシックのファンではありません。
ゆえに演奏が云々は、語れません。まったくわかりません。
でも以前に比べたらけっこう足しげくクラシック聴きだしてるよね。って思わず自分に語りかけてしまいます。
今日だってまだまだ半年近く先のチケット・・購入してしまいましたもの。
先のことはさておいて・・

この日の演奏会は、大好きな広上淳一パフォーマンス見たさです。
これがまずありきなのです。ちっこいのにでっかい!!
大胆な指揮っぷり!!
この日も・・楽しかった~~~。

演奏曲は
スメタナ:交響詩「モルダウ」(連作交響詩「わが祖国」より)
Smetana:Vltava from ”Ma vlast”

ハチャトゥリアン:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
Khachaturian:Violin Concerto d minor

ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 作品67 「運命」
Beethoven:Symphony No.5 c minor op.67

ってなっていましたが、
ヴァイオリン奏者の山根一仁さんのアンコール曲として
ヴァイオリン協奏曲 ニ短調の後に「パガニーニ:24のカプリースの12番より」

演奏会のアンコールには「シベリウス:アンダンテ・フェスティーボ」が演奏されました。

どの曲も予習などしない私。
あっこの曲かア・・へえこんな曲あるの?って相当な素人。
さらに山根一仁さんの若さにびっくりとそれ以上になんと堂々としたもの。
こいつなに!!って、音楽の世界を知らない私だから言えてしまいそう。

2010年開催「第79回日本音楽コンクール」のヴァイオリン部門で、26年ぶりに中学生で優勝の快挙・・ってことで、1995年生まれってまだ16歳じゃないですか。
おい、おい・・びっくりだわ。
ご両親もすごいんでしょうねえ・・って演奏を振り返って思ってしまいますが、
並の少年でないことは、聞けばすぐにわかります。
将来すごいでしょうねえ・・。

交響曲第5番 ハ短調 作品67 「運命」っていうより、
とにかくベートーヴェン「運命」・・あの
「じゃじゃじゃ~~ん・・」って小学校のころから聴き、クラッシクと言えばのような作品。改めて曲の持つ魅力を上淳一パフォーマンスいっぱいに聞かせていただきました。
いいですよ~~~。

アンコール曲の「シベリウス:アンダンテ・フェスティーボ」って曲も・・
ええ曲ですねえ。旋律が素敵で・・大草原、夜明け前から日が昇って行くかのよう。
自然の素晴らしさだったり、思わず祈ってしまいそうな曲なのですね。

広上淳一さんの指揮にますますはまる私なのでした。

京都市交響楽団定期演奏会名曲ライブシリーズ
広上淳一
京都市交響楽団

チャイコフスキー:交響曲第5番
チャイコフスキー,広上淳一,コロンバス交響楽団
コロムビアミュージックエンタテインメント
Comment

疲れました・・歳かな?

2011年04月26日 | ミュージカル



26日『レ・ミゼラブル』マチソワ観劇してきました。
帰宅して・・つっかれた~!
3月の昼夜通しも疲れたけれど、なにかそれ以上に疲れた~~~。
マチネを見終わった時は、まさかこんなに疲れるとは思ってもいなかったのに。

『レ・ミゼラブル』W観劇。同じ劇場、ほぼ同じ下手側B席。
違ったのは・・キャストさん。同じ『レ・ミゼラブル』なのにまったく違って見えた。
出演者の方々のとらえている登場人物の演じ方の違い、絡み方の違いか・・
歌舞伎の演目では、私にとって、同じ演目でもつまんな~いってなってしまうものと、心にうったえかけてくるような感動作品になってしまうことはよくあるけれど・・。
ミュージカルでここまで違って見えたのは今回が初めてかも。

マチネ
バルジャン 山口祐一郎 ジャベール今拓哉  エポニーヌ Jennifer
ファンテーヌ 和音美桜 コゼット稲田みづ紀 マリウス 山崎育三郎 
テナルディエ 駒田一 マダム・テナルディエ 森公美子
アンジョルラス 上原理生 ガブローシュ 小宮明日翔


ソワレ 
バルジャン 別所哲也 ジャベール 岡幸二郎 エポニーヌ 平田愛咲
ファンテーヌ 知念里奈 コゼット 中山エミリ マリウス 原田優一
テナルディエ 三波豊和 マダム・テナルディエ 阿知波悟美
アンジョルラス 阿部よしつぐ  ガブローシュ 加藤清史郎

アンサンブルももちろん違うのですが・・

前回枯れきってみえた山口バルジャン。今日は、以前のような声量感は、ないのですが、声の延び、余韻の出し方が素晴らしかったです。体調極めて良好なのでしょうか?
この人の声の出し方はすごい!ということを聴きますが、まさに・・喉から口を出てから真っ直ぐにでるのではなく・・なんでしょうねえ・・音が鼻一つ向こうに共鳴して出ているかのようでした。驚きでした。
またそこに対する今ジャベール。今回もここかな。と思う声の音質の違い。そこにおいてジャベールのバルジャンへの腹の探りあい。ジャベールの屈折した人生観みたいなものが今ジャベールには、感じるんです。
ジャベールという男から逃げるバルジャンしかし、自分が守りたいものに対してはぶつかり自分を貫く・・そのぶつかり合いのバランスが好きです。

一方別所バルジャンは、KENTAROジャベールとの場面のほうがよかったな。
岡ジャベールとは、まず声が、時にわからなくなってしまう。今回岡ジャベールの声、テノールでまっすぐな青年に感じるです。別所バルジャンもどちらかというとハイトーンで、最初の出会いは、まだ良かったものの・・市長としてジャベールと再会したあたりから・・二人のやり取りに疲れてしまった私。

アンジョに関しては・・というより、バリトンという日本のミュージカル界では貴重な存在(?)上原アンジョ声に重みを出すんですよね。
芝居の感覚からすると阿部アンジョ嫌いじゃないけど・・今回は、上原アンジョ声に押されてるなあ・・。
芝居は、これからだけど上原アンジョのバリトンは、今回最大の魅力ではなかろうかと。

マチネは、今ジャベもバリトンじゃないけれど、低めに声を出し、上原アンジョのバリトンで舞台がしまってたのに対し・・
ソワレ・・悪いんじゃないけど・・舞台がひとつ軽いって感じてしまいました。

更に三波テナルディエが、丁寧に滑稽さをだしてるんだけど、舞台が軽いゆえに、貪欲に生きるテナルディエ、というよりゆる~いところにうま~く人生あてはめてその場その場を生きれる感じで・・これも場面が軽くなって見えてしまったのです。

そして、子役のガブローシュが、ソワレは加藤清史郎くん。これもなあ・・かわいい。が先にたっちゃって・・。

帝劇100周年感謝デー ということで、ソワレB席は普段より500円安になっていたけれど・・
同じミュージカルではあるけれど、私にとっては、マチネとソワレにその差ありき。
500円安いんだもん。いいっか・・って。

ただマチソワで、 和音ファンテーヌは、歌は、とっても素晴らしい・・って思えたし、最後の登場では、天の神からの使いそのものに感じたのですが・・ファンテーヌとしては、知念ファンテのほうが私は好きかな。
ファンテって可愛いけど、おりこうさんじゃなくって、好きになった男性の子供を生んでしまって・・男性は子供ができていることも知らず、結局彼女の元には帰ってこずで・・幸薄い危うい女の子。っていうイメージでして。それが、知念ファンテのようが強く出てるように思うんですよね。
和音ファンテは、賢さがあって自分をしっかり持って、信念貫いてますってかんじの女性で私の思うファンテとはちょいっと違うな・・っと。

同じように原田マリウスも・・・前回のアンジョイメージが残ってるのかは?ですが、・・歌もいいし、容姿もいいけど・・なにかしっくりこない。

といって現山崎マリウスもねえ・・。
前期の泉見マリウスや藤岡マリウスが、懐かしい。
しばらくマリウスは、前期のマリウスをひきずりそう。
ひきずる・・っていうと、グランテールもなあ・・。
松村曜生さんのグランテール好きだったなあ。
酒びたりの男だけれど、語らぬ男義持っているってかんじのところ。
渋さがあったんだ~。
今回のグランテールお二人は、語っちゃうんだよねえ。
若いのかなあ??
司教様も前の2人のほうが・・・
って以前をひきづっても・・で今回ブリジョン田村雄一さん
やっぱりいい!!のっけの一声から気に入っております(笑)



さて4月『レ・ミゼラブル』観劇は、これでおしまい。
吉原バル石川ジャベ・・見るつもりではいるけれど・・。
Comments (2)

またまた四月大歌舞伎 夜の部 

2011年04月24日 | 歌舞伎
また行ったの?っていわれそうだけど、そう好きなんですもの。
好きなんだもの。仕方ない。通っちゃってます。昼を観ずに。

ディズニーランドのエレクトリカルパレード。
それを見て笑顔になっているゲスト達。
みんなを元気にするミッキー、ミニー達。

そんなディズニーほどじゃないかもだけれど、
歌舞伎は、やっぱり日本の誇れる芸能舞台だよ。
地震後も数日お休みしたものの、元気を発信してくれてるんじゃないか・・って勝手に応援。
今月の舞台に元気に笑顔いっぱいもらって・・いつもはあまり買わない舞台写真も今月は買っちゃった。財布に優しくないよ(苦笑)

歌舞伎は、演出家がいないのがいいのか・・今月の世話物・・どんどん変わってる。
前回とここ変わったよね。なんていうのが、経った1週間それも明日が千穐楽なのに?
こりゃみてなきゃわからないよね。
そして登場してくるメンバーがさらに自然体。無理がなくって・・けっこう楽しんで見ております。
台詞も違ったなんて思っていたら、今日の勘太郎の登場には風鈴の音が不気味に流れて・・これいつから?って。
それに願人坊主の二人この勘太郎の登場前、事件に関わるのがいやだから、って先週は、木戸から出て行ったのに・・今日はそんなことなくて・・みんなでわいわいしてるうちに「勘太郎が来た!!」ってなってるし・・
何げにみんなで変えているかんじだけれどどうなんだろうな。
舞台にはアドリブって言うものもあるけれど・・あれはアドリブじゃないだろうし・・。

と言って公演後お稽古してる・・ってこともなさそうだけど・・してるのかなあ。

してるっていえば、してるかどうか??だけれど
道成寺の所化のみなさんが、つなぎで傘をさして踊られる場面。
あの時の所化そろって踊ることがまずなくて、かなりバラバラの事が多いのだけれど
今回・・最初のバラバラに比べたらけっこうまとまってきてるんじゃない?と思えた所化くんたち。お稽古してるんじゃないだろうけど、合ってきてるのは、若さの柔軟性かな。って。でもついついこの時は、巳之助くんをみてしまう。
彼の手のさばき方・・やっぱりお父さんに似てくるのかなあ?って思わず。

そしてその後の手拭撒きは、案の定(?)、亀三郎、亀寿兄弟遠投用にしてある手拭を2階や3階に投げ込んで客席を沸かせていた。

一方3階席のセンター付近を睡魔に襲わせたのはやはり太十。
隣に座った妹が、團十郎の光秀登場後睡魔に襲われていたのだけれど・・ふと回りをみると・・あらら妹だけじゃない。かなりの方が睡魔に襲われてる状態。この3階席の様子舞台からは見えないだろうと思いつつ・・
落語で使われる『噺家殺すにゃ、刃物は、いらぬ、あくびのひとつも、すればいい』っじゃないけど・・歌舞伎役者さんたちはどうなのかな?って
椅子が相手じゃ(空席)じゃパワーをもらえないって菊五郎さんが、言っていたけれど、みんなが下向いて寝ていたら・・。

でもやっぱり、浄瑠璃は、ここち良さ過ぎますよね。
なんでこうも寝かされちゃうのか・・。
日本人の感性にぴったりなのかもね・・なんて妹と言いつつ・・外国人のお客さんって寝ることあるのかなあ?

日本人って電車じゃついつねちゃうけれど、海外じゃ考えられないって。

お芝居見て寝るっていうのはどうなのかな?
ちょいっと余談ですが。

そう言えば歌舞伎座の3階席の時は・・寝る前に帰ってしまっていたような気がする。
Comments (2)

世界は落語だ!

2011年04月23日 | きまま
雨の土曜日。
時折強い風に、激しい雨が降った1日。

久しぶりに土曜日のごみ出しに間に合わないほどの寝坊をしてしまった。
起きて間もなく支度をして青山の草月ホールへ。
昼の部・夜の部と構成されている柳家花緑「世界は落語だ!」の通しチケットをもって。

出演:柳家花緑 脚本・構成:藤井青銅
NHK 教育テレビ「にほんごであそぼ」で知り合ったという二人が作る落語。
チケットを買った時点では
昼の部/「世界が笑った!」編:夜の部/「世界が泣いた!」編
となっていて・・
落語化テーマ候補
チリ鉱山落盤事故/伊達直人のランドセル/小惑星探査機はやぶさ帰還/大相撲あいつぐ不祥事/東京スカイツリー/山ガール出現/チュニジア&エジプト革命/食べるラー油/K-POP アーティスト大躍進/岡本ホテル巨額詐欺…
なんていう話題が上がっていたようですが・・

チケット発売後・・11日の震災によって構成内容を変えるに至ったようで、それは仲入り後のお二人のトークによっても語られていました。

今回の演目は・・
ひる
・AC
・としては
仲入り
・花緑×青銅 トーク
・はじめてのおつかい
よる
・ケータイ八景某者 戯(はっけいぼうしゃのたわむれ)
・としては
仲入り
・花緑×青銅 トーク
・はじめてのおつかい

4つの新作のネタおろし。
「AC」は・・「ぽぽぽぽ~ん♪」で有名になった
こんにちワン ありがとウサギ こんばんワニ さよなライオン 魔法の言葉で楽しい仲間が ぽぽぽぽ~ん♪
の登場キャラの噺。
ありがとウサギちゃんがダンスリーダーになって、みんなでダンスの練習でも・・ってそれぞれキャラにも思いがあって・・
話をしながら最後には、みんなで次の出番まで待機!!
そう待機してるのがいいと・・。

「として」は、東京スカイツリーと東京タワーを擬人化して・・いろいろなタワーが登場してきて・・「○○としては・・・」で話が終わる。
これは青銅さんが、「東洋一」ということが、ネタ素になっていると夜のトークで語られたのだけど、最近ではあまり言われなくなったものの、東洋一といういい方、まず東洋はどこなのか?ってことから、始まってとらえ方は様々・・。
でも昼の部は・・このさげの肝心となる「鉄柱としては」が花緑さん出てこなくて、作者の青銅さんもひやひやだった模様。

「ケータイ八景某者 戯」は、「地獄八景亡者戯」から・・携帯のなかにはいってしまった青年のお話。

最後の「はじめてのおつかい」これはどこか鉄腕アトムが私の中では思い浮かびつつ・・実は小惑星探査機「はやぶさ」が主人公の噺。
最後はちょっぴり切ないながら・・楽しくも今を描いた落語。

1回目・・トークのあとで・・ちょいっとごちゃごちゃ状態にもなったようですが・・2回目は、大丈夫・・これからも「はじめてのおつかい」だけでなく「ケータイ八景某者 戯」や「としては」をまたきけたらいいな。と思った噺でした。

雨の一日ながら・・神様が喜んでるから雨なんだって・・と枕ではなした花緑さん。
そういろいろなこと・・考えよう、とらえようなんだって・・。
そうとらえられるようにしなくっちゃ・・。
ファイト!!
Comment