花がいっぱい。

どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本厚木まで

2010年07月31日 | きまま
成田行くより面倒くさいよ~
只今、めったに乗らない小田急線に乗ってます。
首都圏にはいろんな鉄道が走ってますが、都内に住んでてもめったにのらない電車が結構多いものです。

写真のお水は、小田急電鉄が発売してるペットボトル。
Comment

泉見洋平、マンスリーライブ

2010年07月30日 | コンサート
泉見洋平、マンスリーライブ 第一夜
昨年9月博多座『ダンス オブ ヴァンパイア』千穐楽以来の泉見洋平さん。

過去彼の所属している事務所で1度チケットを購入したものの
その時のチケット処理対応の悪さから、どうもチケット購入は二の足を踏み、
今回チケットはぴあにて購入。
座席指定というものの、ぴあ窓口にて購入時、指定にはなっているけれど、どこかわからないとのことだった。

座席指定だしと、のんびりでかけた場所は、初台THE GOORS。
席は・・たぶんFC購入が前方で、ぴあ席はその後ろ?ってところかな?
彼のライブは・・私の苦手なサイリューム・コンサートライト(でいいのかな?)持参!!でみんな盛り上がるわけで・・。
私そのノリについてはいけないもの・・
どこか昔を感じる彼の歌謡曲というノリを楽しんでおりました。
今回は、8月に発売をするというCD宣伝を兼ねてということからでしょうか
CDに入っている曲にプラスして
 シェリー
 もう一度、出逢うために
 IKIZAMA
 愛の輪舞曲
 がきてましたねえ。

私の好きな3曲チョイスがありましたので、うれしかったのですが・・
バンドの方が悪いということはまったくないのですが、すべてにフルじゃなくて、
キーボードだけどか、ギターだけの伴奏でききたかったかたかなあ。と思うことしばし。

今回、ゲストありということで、上田正樹さんの登場。
1曲「悲しい色やね」が聴ければいいかなあ・・って思っていたんだけど、悲しい色やねというより「大阪ベイブルース」で、泉見洋平さんが、ほとんど歌っており、なにかちょいっと違うかなあ~~~とこの歌はダミ声がいいと。
でも、上田正樹さんってこんなにわが道を行くような崩れたアドリブタイプだったのかなあ?
ダミ声で、心地いいけど、今回のスクール的な並び席で聞くののでなく、テーブル席でアルコールの見ながら聴きたいかんじですねえ。
雰囲気が、泉見洋平くんとはすごいギャップ。
ブルースを歌っていきたいっていってアジア圏をすごい意識してましたねえ。
(たしかに先日の香港でもCDあったけど。)

そうそう。泉見洋平さん・・17年振りにTVドラマ出演されるとかって。
TBS系列の「ハンチョウ」最終回らしいですが・・。
Comment

やっぱり腹が立つ

2010年07月29日 | きまま
パスポートの写真が、今の私と違うらしいと知って、
日々、笑顔でいなくては。と思っている矢先、
職場の上司の態度にカッチーン!
毎度ながら、怒りが込み上げちゃいました。

某大会社の偉い人から、頂いた書類を上司に渡して
金庫での保管を頼んだのに、昨日「もらった記憶がない!」と。
金庫にないんだからもらったはずもないと。

ひょっとしたら別の人が管理してる方に入れたかも。
ということで、今朝、結局ない。

その後、私が、某会社の担当ともらった書類のやりとりを見せて、
上司がファイリングした書類もみてくれとたのむと、
金庫でないごごく誰でも見れる普通のロッカーにしまわれていた
ファイルから、探していた書類がでてきた!
余りにも無造作に。

あって良かった!ほっとした!

けど、上司ったら、お詫び一言どころか、
自分の上長が全部ファイルしとけ!といわれたからしておいただけだ!
って言葉が...。

なんなのよ!
こっちが金庫保管頼んだこともわすれて、やはり上の一言かい!

昨日は、記憶にないだし..万が一なかったらまたもらえって!!
まるで自分は責任ないかのように...。

これで私の給料3倍で、管理者って!!

回りの人たち..はやコントでもみてるかのように
下向いて笑っている!!

あり得ないよ~~~これで管理職って!!
Comments (2)

時代予定された(BlogPet)

2010年07月29日 | きまま
きょうtontonは、時代予定された。

*このエントリは、ブログペットの「tonton」が書きました。
Comment

7月大歌舞伎

2010年07月29日 | 歌舞伎
すでに千穐楽を26日に迎えて・・明日は、團十郎さんのご長男の結婚式がNEWSでも流れている。
恋の浮名を流していた海老蔵が、しっかりしてきたものですねえ。
なんて事はおいといて、一応7月も演舞場へ。

昼の部
名月八幡祭
文屋
金閣寺

夜の部

傾城反魂香(吃又)
馬盗人

7月の演舞場、いわゆる人気若手がいない公演、昔からの歌舞伎好き好みが行く公演というかんじで
ここ数ヶ月の雰囲気と違う客席・・・かと思ったら、夜の部では団体さんの初心者さんが多く、
意外なところで思いっきり笑いが起きていたのが印象的だった。

母と一緒に、夜・昼を2日間で、観劇。
成田屋好きな母は、暫が、やはりよかったようであり、成田屋独特の華やかさに満足しきり。
その暫で母は、赤腹の4人のうち、顔も良いし、声がいいけどあれは誰?と気になったのが、坂東亀寿だった。

傾城反魂香いわゆる吃又だけどついに?チラシからこの言い方が消えた?「吃(どもり)」って。
この演目は、「吃(どもり)」を主人公にしてその「吃(どもり)」が、会話が不自由ゆえに頑張ってもどうみもならない・・ってところから・・あらあら不思議、ってことがおきて、あれ??そうなるの?
よかった。よかった。となるのだけれど・・
って障害者差別的な要素が強いんですねえ。それで「吃(どもり)」って言い方しなくなってるのかなあ?なんて思いながら、吉右衛門の吃又かなり好き。
最初は、ハンディの悲しさが、いっぱいになる舞台だけれど、奇跡が起きてからの可愛さもあり、最後には凛々しさも見せる吃又。

そう言えば今回、昼の部も『名月八幡祭』
ハンディと言えばハンディ・・越後の純朴すぎる(そこがハンディ)商人縮屋新助が、お江戸で深川きっての芸者美代吉にだまされてしまい起こしてしまう事件。名月八幡祭。
これは、芸者美代吉にとってはたわいもないことだったのだけれど・・田舎に住んで純朴ゆえにだまされて、自分の全財産亡くしてしまった縮屋新助。
三津五郎の縮屋新助いいのだけれど、私にとって、籠釣瓶と同じように見終わって、後味悪いのは、人の良さをだましてひき起こされる事件に「死」があるからも?

夜は暫・吃又に馬盗人と楽しい3本だけど
昼は・・しょっぱな『名月八幡祭』に「踊りはあるけどなぜに『金閣寺』?
これ、どっしり時代物。吉右衛門・團十郎と立派だけれど、
母に「これは、寝るよ~~~。たぶん」って最初に言っておいたのだけど、
ほんとにに母、眠くてしかたなかったわ。と。作品のどっしりさにクーラーの涼しさで睡魔絶好調だったようだった。
Comment

ファウストの悲劇

2010年07月28日 | 芝居
すでに観劇から1週間以上経ってしまったわけで・・
どうだったか。って言われると・・
大学教授・ファウスト博士の最期、後悔に訴えるシーンだったかな。

この舞台は、私が苦手とする蜷川幸雄演出作品。しかし出演者野村萬斎ということが勝った。
野村萬斎出演の場合、蜷川幸雄演出というものの萬斎色がでて、さらに上演時間も2時間台のはず!と予想しチケットを買った。

ファウストといえば、ゲーテの代表作だけれど、この「ファウストの悲劇」はシェイクピアと同時代の劇作家クリストファー・マーロウの戯曲だそうな。

今回、劇場にはいると、歌舞伎を上演するような趣、赤い提灯がともり、舞台は定式幕、奈落が見えるってな舞台。
歌舞伎の『十二夜』の延長か??と思わされる。
『十二夜』は歌舞伎役者が演じたものだけれれど、それを自分の舞台に出演することの多い役者で舞台をつくってみました!ってなとこと??

なんて思うと・・私には、やっぱり『十二夜』版に重なって見えそうな箇所が多々。
それに蜷川演出らしく・・なっがいなあ・・しつこいなあ・・こってりくるなあ。金掛けてるなあ。
なんてかんじで、野村萬斎自分自身が演出した「国盗人」(原作:シェイクスピア「リチャード三世」)でカットしたようなおちゃらけ場面、ここではありで、遊んでいるようにみえました。
自分じゃやらないし、今回狂言じゃなくあえて大衆演劇の歌舞伎手法ということで、遊んでますのような
ファウストの放蕩の限りを尽くす、悪魔メフィストフェレスと約束した24年間。
このファウスト・ドイツ・ヴィッテンベルグの大学教授で神学の最高権威として尊敬もされていたのに、魔術にふけるようになってやがて、悪魔を呼び出して命と引換えに24年間放蕩の限りを尽くすわけですね。
そしてその魂(命)の失われる時ファウストの後悔・・そうそれがタイトルでもある「ファウストの悲劇」、ここ萬斎独壇場で・・台詞もばっちり。ここが見たかった~~ってかんじで最期は、この最期の訴えに対しあっさりだったかも。
あとは、まあ遊んでるのかな~というかんじで、木場勝己さんも今回は、前日のお酒残っていても大丈夫かなあ・・と思えるような大御所ならでは面白さかも。
そして、悪魔メフィストフェレスの勝村政信が、はちゃっけてやっぱり面白い。
この人ならではのメフィストフェレス。

開演前、コクーン前の喫茶で、勝村政信さんをお見かけする。
俳優さんのご家族とご一緒? 1時間前ぐらいには、席を立たれた勝村政信さん。
そのご、ご一緒だった方のお嬢さん??「まさか出てきてくれると思わなかったけど、・・」
って話されていた、
メフィストフェレスでなく天使のような勝村政信さんの一面を先にみてしまったようで、
その後、飄々とした悪魔メフィストフェレスを見たわけで・・面白かった。
また席もちょうどよく、客席通路での台詞のやり取りを間近でみれたのが楽しかったかもしれない。

でも間違えなく野村萬斎出演でなければ、行かなかっただろうな。私。
Comment

PASSPORT

2010年07月27日 | きまま
海外旅行には、必須のパスポート
数年前に10年間有効な旅券をとったのですが、
今回、入国審査時に審査官がパスポートの写真を見て、
私の顔をまじまじと眺められてしまうことが。

香港入国では、大丈夫だったものの...
マカオ&日本に入るとき時、じっと写真と見比べられた。
マカオ入国では、審査官に写真のページ指差されて「you?」
それはないでしょ!「Me!」っていっちゃったけど...
この1年のイライラが、顔にでてるのかなあ?

さらに...
足ツボマッサージ店で、「肩こり等ひどすぎる!!」ってなかんじ。2軒行って、1軒では、こうやって自分でも身体を動かしたりマッサージしなきゃ駄目だよ!
って念入りなアドバイスを、料金時間外で教えてもらう。
最初は、またおいで!という誘いも兼ねてかな?と思ったけれど、どうも本気で教えてくれる(?)
私のお疲れ度、度を越しているのかなあ?

もうちょっとどうにかしないといけないよね。
Comments (2)

スカイライナー

2010年07月26日 | きまま
日本到着~。
明日から仕事だし、いつもなら乗らない座席指定のスカイライナー利用しています。
最近開通したスカイアクセス線です。
車内で新幹線のぞみ同様、充電が出来る!(行きは、気づかず)

只今、携帯&iPod充電中。

(二人掛けでお隣いないため2つ利用させてもらってます。)
Comment

夏休みおしまいかっ?

2010年07月26日 | きまま
マカオと香港ともこれでお別れかぁ。
寂しいものです。

今飛行場に向かってます。
来たときは大雨に迎えられましたが、帰りは、青空の見えるお天気です。

またくるね。
そんな言葉をつぶやいてみたりして。
Comment

日本離れてます

2010年07月25日 | きまま
まもなく、いつも通りの生活にもどりますが、只今日本離れています。
私に取っては早めの短い夏休みです。
旅先は、香港のみの予定でしたが、只今マカオ2往復目です。
Comments (2)