花がいっぱい。

どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山崎育三郎 ソロデビュー・コンサート

2010年06月30日 | コンサート
山崎育三郎 ソロデビュー・コンサート
「愛の五線譜」
6月30日(水) C.CLemonホール

って何で行ったかって?
はい、ゲストです。  「石井一孝 新納慎也 坂元健児」この名前を見て、
チケット購入です。
3人ともかって?いえいえ・・坂元健児と見かけたものですから(苦笑)
山崎育三郎くんが気にならないわけではありません。
このゲスト彼の所属事務所の先輩達・・山崎育三郎くん
ミュージカル界の3大スターと紹介していましたっけ。

コンサートは、彼が出したCDを中心に2時間程。
緊張したでしょうねえ・・ミュージカルに出演している若手で2000ほどのキャパのある会場でソロコンサートなんですから。帝劇クラスです。
価格を抑え得チケもだしていたようですが、客席1階はそれなりに入ってましたねえ。
すごい!!

バンドのほかにストリート系のダンサーさんたちが出演で、彼のソフトでのびやかな歌声を聞かせてくれました。ミュージカルからは1曲。モーツァルト!の「僕こそ音楽」を披露。
なかなかですよ・・でも中川晃教クンのハイトーンな歌声が蘇ってきたのも事実。

でね・・山崎くんありきだけど~~~
石井さんの「彼を返して・・」久しぶりでね。この場面がすきだったのよ~
又いつかバリケードの前で聴けたらいいのになあ。と
パワーのある優しいバルジャン聴きました。
新納くんは・・ミュージカルCHICAGOから・・って、歌った事ないって言いながら見事に唄ってました。
そしてお待ちかね!メインのサカケン。ミスサイゴンから『Why dod why?』
クリスかあ・・。聴き入りながら、石井さんとここはかぶるのよね~
両方聴きたかったかも~~~ジョンとクリス~~~
ってチラッと思ったものの・・
やはりサカケンの歌&声が好き。
白のジャケットにピンク系のTシャツ(?)に黒の皮パン?
じっくり聴きました。

そして最後には、4人でRENT「Seasons Of Love」それぞれ個性ばらばらで・・ばらばらすぎる歌声で面白かったです。

今日は、会場でCeciliaさんとも久々にお会いして・・お話できて楽しい時間となりました。

そうじゃなくちゃ・・今日の職場は・・朝から私のせいじゃないのにTOPの上司はご機嫌斜めだし、
直ダメ上司は・・たまたま職場に誰もいなくって2人なったとたんでかい態度で私にほかの方のしてることについて文句をいいはじめた! 直接本人にいえず・・私に言うか?ってかんじで。

イライラ募りそうな1日にやっぱり空気を変えるのはいいことでですね。
明日は・・仕事休んで歌舞伎公演行いきます(笑)
Comments (2)

なぜ、自殺?

2010年06月30日 | きまま
あわただしい仕事の日々で、インターネットをのぞいていた同僚が
『パク・ヨンハさんが自殺だって!』と声を上げる。
その人冬ソナに出てた人だよねえ。
優しい感じの人だたよねえ。
何で?
そんな会話が、はじまった。

お父さんが、ガン末期で、看病疲れとかって・・
でもそれで自殺?
若いし、仕事してる人気役者さんじゃない?
なにかほかにもあるんじゃないの?

どうしてなぜ?謎のまま・・

ご冥福をお祈りします。

Comment

キャンディード 3

2010年06月29日 | ミュージカル
すでに千穐楽を迎えた帝劇の『キャンディード』
どうだったのでしょ・・・。
私のでかけたキャンディードは、土曜のソワレ公演。
客席は2階・・なんで?っていわれれば、
サカケン見たさにきまっているではありませんか(苦笑)
今回舞台中央にもいますけど・・けっこう人影になってしまう場合もあって、
2階席なら、人がかぶらないでサカケンの動きをしっかりみることが出来ます。
そのほかの登場人物もおさえられますし、照明の面白さという面でも2階席はいいのです。
ただし、客席に出演者が下りてしまう場合は・・村八分!!
想像にたよるしかなくなります。
すでに1度1階席は、体験してますのでおおよそわかりますが、今回2階最前の方身を乗り出してしまい、係りのかたがすっ飛んできて注意されてましたねえ。
乗り出したくなる気持ちもわかります。
キャストが、客席におりる場合・・これは、2階席客席にもなにかフォローでるといいですねえ。

それだから?ではないと思いますが・・お客は、冷ややか?
もちろんこの「キャンディード」よかった!!とい方々も多いけれど
客席2階席B席は埋まっていたけれど・・SA席はサイドブロック空いていたし、得チケ(値引きチケット)での入場も多かったかんじ。

このキャンディードの宗教的でもあり哲学的理論をいかに難しくなく・・解りやすく、
そして楽しくみせるには?
ジョンケアード氏が1999年に脚本に手を入れて原作ヴォルテールの「カンディード」に近くそして・・・とあったけっれど、それが解ったか?と言えば・・納得してはいない屁理屈屋の私。

8月の来日版となるオペラ「キャンディード」こちらはかなり現代に次元を変えたものになっているものらしい。そこで解るかどうか?
まあ夏までキャンディードという作品の意図はおあずけ?で

楽しくサカケンのマキシミリアンに魅了されたひととき。
・・これって回転木馬の時と一緒かな?
私にとっては・・作品よりも先ずサカケンの作り出した人物に注目!!って(苦笑)

サカケンの作り出したマキシミリアンという男爵の息子。
プライド高く鼻持ちならぬイケメン好きのへんな奴。
彼は男爵家に生まれながら、宗教の保護の下いろいろなことに遭遇。って・・
これ宗教団体を少々皮肉めいたとらえ方をしてるのか?
それはほかの場面にもいたけれど・・

でもそれより冒険だよね・・・キャンディードの。
っていながら・・
私東京ディズニーシーの シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの冒険が今耳に響く。
どれだけサカケンなんだよ・・ってかんじでしょ。(苦笑)
だからさ・・Wキャストでね、サカケンキャンディードだったら?って

どこに向かうのかしら、私。
広がる妄想!!
とどまる事を知らず(苦笑)
東京ディズニーシー ミュージックアルバム
エイベックス・エンタテインメント
エイベックス・エンタテインメント

Comment

至高の華 新作能楽舞踊劇「鷹の井戸」

2010年06月28日 | 古典芸能
『鷹の井戸』は、アイルランドの詩人イエーツが能に刺激を受けて書いた戯曲なんだそうな。

水の枯れた井戸のかたわらにいた老人が、50年もそこにいる。
ケルトの若き英雄クーフリンが不老不死の水を求め井戸にたどりついた。
そこで水を求めると、この井戸は、たった三度しか水は湧いたことがないと言う。

二人が問答をしていると、井戸を守るとみえていた女がはげしい鷹の声をあげ、打ち震えはじめる。
老人はこれは水が湧く前兆だと言っているとまもなく、女は黒い衣裳を払って立ち上がり、鷹となって移り舞を始める。クーフリンは、その鷹を追い、老人は眠りこむ。
それは、老人が見た一場の夢、幻想?だったかもしれないという物語。

それを今回、能楽師シテ方観世流、梅若玄祥さんが、バレエとコンテンポラリーダンスとの融合させての新作能を能楽堂で公演した。
舞台は、少々ちがったラストになっていた。

面白い企画!!今回このコンテンポラリーダンサーとして森山開次さん出演ってことでチケットを購入。
能楽堂にでかけた私。バレエダンサーは、ヤンヤン・タン(譚 元元)さん。

たしかに・・面白い企画ではあった。作品として・・ケルト幻想物語・・というのも感じられた。
能を基本に、三人三様の舞台での幽玄の世界。

だけれど・・私の中で、印象にのこる場面はそれぞれが、別々であり、ひとつの場面に3つが重ならなかった。
ことに・・これは、私のなかの違和感だったのだけれど、能舞台でのトウシューズ。
彼女は、鷹の精・・鷹の爪とみればいいのかもしれないし、トウシューズなにが悪いということもないわけだけど、
トウシューズのコツコツとした音が、和の楽器と一緒に聞こえなかった成果もしれない。

それ以外にも・・やはり動きの違いが、まみえなかった相違感。
それがこのコラボの面白さなのかもしれない。
クラッシックに古典、そして現代のダンス。
西洋と日本、そして時の違い・・それぞれが違う世界のものが一緒になって幻想場面をかもし出したのか?
とすると・・だめっだったなあ。

でもね・・実はそれぞれは、かなり好き。
面白かった。
能もバレエもコンテンポラリーも。

最後にこの会場の客席、
静かな公演中、カバンのファースナー開け閉めしたり、なにか(咽飴か?)カバンからとり出しているようだったり、ひそひそ会話が聞こえたり・・能楽堂に慣れてないのか「カーテンコールないの?」って言ってたりあらあら・・って思うこともしばし。

バレエの長いカーテンコールと拍手すらない能の終わり・・これも勝手の違う世界で客席もとまどっていたような。
Comment

SAMURAI BLUE CAFE

2010年06月28日 | きまま
知ってます?
SAMURAI BLUE CAFE』って...
私知らなかったんですけど..土曜日「国立能楽堂」に出かけまして..
JR千駄ヶ谷駅からどこかでお昼食べて中に入ろう..って国立能楽堂付近うろちょろしたら..あったんです『SAMURAI BLUE CAFE』

見たことのあるブルーに八咫烏のマークのCAFE??
その前に行くと、今活躍中の選手の写真がウインドウにあって..とにかくお茶が出来るみたい..ってかんじで中に入った。

入って..にわかサッカーファンにもなっていない私が、入っていていいのかな?ってかんじだけど..。

いいよね。私でも...って。SAMURAI BLUE CAFEでランチ!!
帰りには、ランドリーバッグもらってしまって。
応援しなくちゃ..。

今日、日本戦だよね。
でも、また寝ちゃうかな?
Comments (2)

キャンディード 2

2010年06月25日 | ミュージカル
木曜日 初日以来の「キャンディード」
このところ再び仕事が、忙しくあわただしい。
そのため定時退社できず・・余裕無しの2階席B席。

27日の千穐楽が、間近となって・・
でこぼこのとれた東宝ミュージカルになったのかな・・と感じたステージだった。
市村ヴォルテール・・こんなにふけて見えたかな?というのが、登場時の印象。
でもそれは、芝居の作りこみか・・波乱万丈のヴォルテールということなのだろうか?
なんて思ったものの・・初日の台詞の怪しさはなく、さすがの市村ヴォルテールそしてパングロス先生だった。
して言えばもうすこしこの二人の対比が見てみたいなとも思った。
ヴォルテールの啓蒙主義・・理性、とパングロス先生の楽天主義、最善説との違いが、すんなり解ればいいのに・・って私のなかでそっと思う。
まあ・・実際にはそこを強調するのではなく・・帝劇の舞台では・・【解説】からの
『「キャンディード」は「ウエスト・サイド・ストーリー」で有名な音楽家、
レナード・バーンスタインがフランスの思想家ヴォルテールの原作を元に作り出した
ミュージカルで、格調高い音楽が主人公の諸国での冒険譚を彩ります。』
とあるように 主人公の諸国での冒険譚なのかなあ?と。

ヴォルテールの登場後・・出演者の登場は、広崎うらんさんらしい振付って楽しい舞台。
今回は、いろいろなところに、その広崎うらんさんらしい・・をかんじた。
初日には、かんじなかったのに・・。きっと出演者の方々が、広崎うらんさんの振りをしっかり踊れるようになったのかな・・なんて勝手に思う。

その後それぞれの方の歌も・・無理せずご本人のもちあじで聞かせてくれていた。
主役キャンディードの井上君は彼の持ち味ののびやかなテノール・・というのだろうかキャンディードの天真爛漫・・あって入るように思う。またソプラノ、初日この声持つのかな?と思ったクネゴンデ新妻さんは、やはり無理のない発声に変わって・・ソロ以外は、喉をいたわるのか歌声は完全に抑え気味に感じられた。
ほかにもみなさん・・唄える方で揃えたこの作品
初日以来・・サカケン(坂元健児さん)のテノール(・・でいのかな)と大澤さんのバリトンの声に聴き惚れる。
そして2階から見ても大澤さんのおおきな手のひらが印象に残る。
サカケンは、最初の登場でのそろが・・すごい自然であり、楽しい・・のは、ロングラン公演でこなれた発声なのかな?なんて今更ながら思う。

今回のキャンディード・・帝劇の客ターゲットはどこだったのだのだろう?
井上、市村ファン?それともジョンケアード?
レナード・バーンスタインの音楽ファン?・・これは、違うかな。
音楽だったら・・やっぱりもう少しオケに力いれそうに思うんだけどな。

って今回の塩田コンダクターをみていて・・
東宝では振らないだろうけれど広上淳一コンダクターで見てみたいなあ。

ってことで先日広上淳一さんが、指揮という「オルフェオとエウリディーチェ ~ウィーン版~」のチケットを購入。
チラシの写真見た時には、これがあの広上淳一さん?違い過ぎるぞ!!なんて思ったのですけど。
おっとまた、話がそれた。

キャンディード今回最後に印象にのこったのは・・2階席から見る地球(?)
舞台はゴールドリンクが印象にのこるけれど・・その円の中には・・
どこかでみたことあるよ~~~~な丸い地図・北極圏からみたまあるい形。
1階でもこれは解るのかなあ?

そうそう・・この日、石井一孝さんを劇場ロビーでみかけた。
呑まれた缶コーヒーの捨て場を係りの方に聴いていたような。
宮本亜門演出初演時にキャンディードを演じられた石井さんそれ以来石井さんの舞台が気になって・・
見るようになったものの・・なんだろう。
この日・・うれしい!と思うより・・
自分も年取った・・なんて思いながら石井さんも落ち着いたなあ・ってオバサン気分になった私。
Comments (2)

車内から

2010年06月25日 | きまま
最近、ブログをサボっても、ブログペットのTontonが書いてくれるんで、ありがたいです(笑)

Wサッカー予選突破できましたね~。
おめでとう

今朝まで日本国民どれだけ起きていたのかな?
通勤電車、寝てる人今日は多い?
Comment

上演(BlogPet)

2010年06月24日 | きまま
きょうtontonがベベおさむの月号を上演しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「tonton」が書きました。
Comment

奈良に来い! 次は8月?

2010年06月22日 | きまま
大阪に転勤した友人から、「奈良にこないの?」とメールが届いた。
5月に行った時には、すれ違いだったゆえあえずじまい。
こないの?って言われてもねえ・・
博多やらお茶会etc 出かけてますから、お金もねえ。

先日奈良の平城遷都1300年祭公式ガイドブック7.8.9月号もとどいたけれど・・次に行くのは
8月の光と灯りのフェアかなあ?

夏季行事
スケジュールに
光と灯りのフェア 8月20日(金)~27日(金)
平城宮光の回廊
* 灯りのインスタレーション
* 光の天平行列
* 天平舞台
* その他催事多数あり

てある。

ほかにイベントでおなじころ(まったくおなじ日程ではない)
飛鳥光の回廊やら
ムーライトイン藤原京2010
宇陀松山夢街道やら夏の灯りイベントというのが、青龍地域で開催される。
ちなみに青龍は、飛鳥・藤原周辺をさす。

今回
平城京周辺 〔北 玄武〕
斑鳩・信貴山周辺 〔西 白虎〕
飛鳥・藤原周辺 〔東 青龍〕
葛城周辺 〔西 白虎〕
吉野周辺 〔南 朱雀〕
大和高原・宇陀周辺 〔東 青龍〕

よかっらた奈良の地図みてください。
Comment

5周年プラス1週間

2010年06月20日 | きまま
このブログ・・気がつけば5年過ぎていた!!
2005年6月13日からですから、5年ですよね。
やったね。自分(苦笑)

これからも「花がいっぱい。」スタンス変えず、わが道を行きま~す。
Comments (21)