花がいっぱい。

どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世界手洗いの日

2009年09月30日 | きまま
10月15日 世界手洗いの日
2008年にユニセフや様々な団体が一緒になって定めた日なんだそうです。

って先日NHK総合TVに森山開次さんが出たときにも紹介してたんですよね。
そこでユニセフのサイトにアクセスして、このブログにはちゃいました。

なんで、そんな気になたか?
ほんとうは・・今日そのプロジェクトのリーフレットやDVDが我が家に届いたものですから。
姪っ子と一緒に今度これみて手洗いしなくっちゃ!!



世界手洗いダンス/Global Handwashing Dance


Comment

ダンス オブ ヴァンパイア 博多公演

2009年09月30日 | ミュージカル
9月博多座公演が始まって..いろいろなエピソードを耳にするたびに行きたくて行きたくて、うずうずしていた毎日。
あと2週間、あと10日、1週間きった~!!
さあ、休暇もとって『明日25日から「ダンス オブ ヴァンパイア」だ~!!』って喜んでいたら、「オケピにダンサーさんが落ちた」ってニュースにびっくり。
心配尽きぬ感じでしたが、25日には、舞台に立たれるとわかりほっと一息。

博多座は、今年10周年。その記念公演のひとつとして上演される「ダンス オブ ヴァンパイア」。博多座入口に等身大のパネルが飾られていた。

階段を上がっていくと、帝劇では、天井から飾られていた、「ようこそクロロック城へ」が壁にかけられているのを見なからもう1つ上(ここが、客席1階席フロア)に行くと、いろいろなスィーツやさんが、並んでいた。
25日の観劇席は、1階客席のど真ん中!といってよさそうな席だった。

開演5分前だったのか、聞きなれたアルフレートの声で、舞台を見る前の諸注意が放送された。しかし、ざわついてるのか、単に声が響くのか、聞いている人いるのかな?というかんじだった。

客電が消され、オーケストラが、吹雪の中さまようアルフを誘いだすかのように演奏されアルフレート登場とともに大きな拍手が送られる。
東京でも泉見アルフには、いつもファンが待っているかのように、拍手が、おきていたっけ。
一方浦井アルフには、特に拍手はなく、そのかわり彼がなんどとなく客席を振り返って教授をさがしている姿が印象に残っている。

吹雪の中教授を発見したアルフ..あれ?どうやって引っ込んだんだ?
博多での印象のこってない!!

村のみんなが集まって..「がーりっく!!」ってこれ本当だったら相当、臭い村になっているよねえ。って今になって思うこと。
この公演、博多座では、初日あたりは、ここで手拍子が起きていたらしいけれど..
残念ながらその現象には遭遇できず。
仕事もやっつけて楽しんでる村人達の前にやってきた、白髪の紳士をおぶってきた青年。ここで体を温めてもらって...って、1ヶ月ぶりにみる懐かしい場面。
この場面を見ると、こちらのボルテージは上がっていく!はずなんだけど...
なんだか久しぶりにみて、舞台にのみ込まれてしまったみたい。
見ているんだけど、見てない状態に陥っていた私。
記憶にあるのは、教授とアルフレートのナイトキャップや枕のやりとり。
帝劇では、最初に浦井アルフが、はじめた教授が受け取って決まると2人で行うOKサイン。
博多座では、教授が、先に戦隊ものの決めポーズを作って、アルフがまねる。2人の動作がかなり大胆に変化していた。
それに、サラパパシャガールが、部屋から出て行くときにも、教授は、しっかり反応していたのが、始まりで..石川禅教授は、ご自身が言ってる様に、老教授ではなく、ちょっと変わった白髪のおじさん教授!!という雰囲気で、元気いっぱい、めいいっぱい軽い足取りで、動きまわっていた。
大きな伯爵は、小回りの効くアブロンシウス教授をうざったい奴!って見るかのように。
石川禅教授は..まさに「わが道を行ってる教授」になっていた!
そんな教授のもと、泉見アルフは...まじめに、がんばるんだけど、失敗ばかり。
その一生懸命なのにドジでかわいい泉見アルフレートは、博多座でパワーアップしていた。
霊廟での「先生がっかりです!」って言葉がさらに
「先生ほんとうにがっかりです!」だったかなあ。
教授のアルフの行動に対してがっかり度が増していたことに、たしかに!!うなづきたくなるほど、笑ってしまう場面でもありました。

そんな駄目アルフが、好きになったサラ。知念サラもちひろサラも、ますます持ち味だして、まだ見ぬ世界にあこがれる好奇心旺盛のサラになっていました。
2幕最初のソロも..といいたいところですが、ごめんなさい。
このときばかりは、帝劇で見ていたとき以上に、次のシーンへの期待が大きくて・・・素敵な伯爵とサラのシーンですが、すいません。記憶が遠い。

ここがまず、見たくてみたくて仕方なかったのだもの。
場面が、かわりアルフと教授が、寝ているベットがみえてくると....。
胸が、高鳴ってくるんですね。
悪夢の場面。
ヴァンパイアシンガー松澤さんが歌いだして...
そして、ベットの上、中央から、シャオチャン、そしてアルフの上に原田さん。
きた、きた、きた~~~~~ヴァンパイアダンサー来た!!って

25日に限っては..そのあと登場の伯爵の化身新上さんが気になるものの
前日オケピに落ちたという原田さんにどうしてって目が行っちゃって、
大丈夫?どうも足がちょっといたそう。って見えるし、
動きもそんな足がばれないように踊っているのが、わかって「よかった。よかった」と思いつつ、ちょいっと心配しながら見守ってしまった。

そのため新上さんを見るのは、「抑えられない欲望」から。でもほんとにしっかり見たのは26日から。
かっこいい。やっぱりこの人!すごい魅了されます。さらに繊細に強靭になって、ダンスでみせる表情のすばらしさに圧倒されます!
ダンスがちょっと変って見えたけれど、「変っていない」とご本人からお聞きして、
「舞台のスペースの違いでしょうか?」ってお尋ねすると、「そうかもね。」って。
相変わらず出待ちの時に素敵な新上さんにお会いできました。

新上さん、帝劇では盆踊りタイムにただひとりのれていませんでしたが、博多座では活き活き!!楽しそう!!舞台下にも降りられて..博多座の方がうらやましく思いました。

そんな新上さん、しばらくどこかの舞台に立たれる予定はないそうで...。ファンとしてはちょっとさびしい限りです。

さらにさらに...東京への帰りの飛行機では新上さんが同じ便。
だけど..。それゆえさびしくて...。しばしの見納め!!
次に新上さんお会いできるのはいつになるのやら....。

ダンサーさんでは、やはり原田さん、シャオチャンがどうしても気になる!!
気になる!!
新上さんがいないときは、もっぱらお二人に目が行ったわけで...。
座った席によってどちらかを見てしまうわけで、語りつきませんね..

でも、もう今期ダンスオブヴァンパイアの舞台は、尽きちゃった。
最後を見なければよかった。ってつくづく思うここ3日なのです。

あっ!そういえば、まだヘルベルトも、クコールもマグダもレベッカ、シャガールそれに伯爵も!!こんなに書いてないや。
千穐楽ヴァージョンも..。
というわけで、また気が向けば...続編かいてるかも。
Comments (9)

まだ、ダンス オブ ヴァンパイア 博多 かかない?

2009年09月29日 | ミュージカル
書きたくないんですよね~。
 「ダンス オブ ヴァンパイア 博多」これを書いちゃうと、「完」とか「Fin」とか「Ende」になってしまうのがいやなんですよねえ。
今はまだ....。 まだまた余韻のなかにいたいんですよねえ。
 まあ、諦めが悪いだけなんですけど....。

今になると「いかなきゃよかった!!」って後悔先にたたず。
のってしまったんですよね。

あのお祭り騒ぎに私も。
伯爵様の歌じゃないけど「抑えられない欲望」なんて思っても....。
(プログラムの新上さんの写真)
ヴァンパイアにあこがれたまま、結局は、こうしてまた、再演を待つわけで次回までどのくらい待つのでしょうね。 ヘルベルトが、アルフを初めて見て「退屈にさよならぁ~~~」って、 あの時はうれしくてしかたないんでしょうねえ。

 25日11時過ぎに博多座到着。
(25日出演原田さんのサイン)
この日の開演は、13時。 

8月以来ほぼ1ヶ月たっての「ダンスオブヴァンパイア」 この日は...かなりいい席で見ていたのだけれど、なんだか、結局な~にも見ていなかったような気がしてなりません。
だって26日昼の部に「あれ?そんなことしていたんだ!?」って改めて感じることばかり。
でもさらに・・夜の部でも「あらぁ」「まあ」「帝劇では違ったよね」って感じつつ、ようやく博多バージョンかな?って思っているうちに、
27日の千穐楽を迎えてしまって・・出演者のみなさん、いろいろなコワザを楽しんでやっている様子。 まさに千穐楽バージョン。

 カーテーンコールでは・・ 仕切り役クコール駒田さんによって、出演者にご挨拶をふっていく。
最初は、アンサンブル&ダンサー代表ということで徳垣さんがご挨拶。
 そして次に・・・駒田一からってご本人のご本人による運びで「I LOVE HAKATA!!」と叫び、
次々に挨拶が続き、 アブロンシウス教授石川禅さんは、やはりというか初演の市村さんから受け継いだプレッシャーから現在千穐楽を迎えられたご挨拶を。
そして最後には、伯爵山口祐一郎さんからのご挨拶。というよりまさに、応援雄叫び。ってかんじで・・・このベタな感じがまさに博多座にぴったり。
ご自身が、博多が大好きというように、博多のお客さんも山口さんが大好き!!っといわんばかり、劇場の空気が大らかさでいっぱいになったような気がする。
 
(この見開きページんの写真森山さんと新上さんが一緒に掲載)

そして・・もう1度 and Then ・・って会場はフィナーレ盆踊り大会!!
 そしてここで終わるわけもなく、指揮者の西野さんが舞台にあがり・・オケピやら裏方さん?みなさんも並んで・・
みなさん手締め!!は幕が下りてからあったのかな?きっと。

って・・舞台のお芝居のことかいてないじゃん私。
 だってまだまだ、書きたくないんだもの。

時間は進んでるけどさ、止めておきたい時ってあるじゃないですか。
その時を大切に取っておきたいって。
(舞台のことが書いてあるかな?ってここまで読んでしまわれた方ごめんなさい。これ以降もないですよ)

わがままっていわれてもね。
 5000円でも6000円でも、舞台はムリでもバックステージやお稽古集をDVDにしたら売れるんじゃないですけねえ。博多座さん!!
 って今回、博多座ではCDのプレゼントがあったり、全員のサインつきプログラムをラスト3日間プレゼントしたり、入りには全員に葉書のプレゼントがあったり・・大判ぶるまい。すごいなあ。

 でもチケットもA席(帝劇のS席)が14000円と高額、安くはない。
さらに・・博多座の客席1階の前に設けられているスィ~ツショップの盛況なことに加え千穐楽バージョン土産もでてるからびっくり。

 今回博多座千穐楽私も含めどのくらいが遠征組みだったのでしょうねえ? お疲れさまでした。

明日気が向けば・・舞台の様子などもかくかもしれない。

東宝の公式ヴァンパイアブログ千穐楽舞台の様子は詳細に綴られてますよ。
いそげ!!10月15日までだそうだから・
Comments (4)

ジェーン・エア 再び

2009年09月28日 | ミュージカル
4回のダンス オブ ヴァンパイア観劇感想前に・・・

月曜日28日『ジェーン・エア』日生劇場へ。
仕事を終えてダッシュ。
腕時計はすでに開演の6時だったけれど、開演までにどうにか間にあった。
2階席B席 I列。オペラグラスを忘れてしまった。ジェーンやロチェスターの表情が見れないのは残念だけど、お芝居全体を観るにはこれでいいのかも。

前半に見た『ジェーン・エア』と比べると、それぞれの役者さんの歌声に疲れを感じてしまったかたと、さすが!と1ヶ月変わらぬ歌声で聞かせてくれたブランチ・イングラム役二期会の幸田浩子さん。歌の数が違うといえば、それまでだけれど・・。
ジェーン・エアの松さんの歌声は、以前に聞いたときよりも音が不安定。お兄さんの染五郎は、声帯が弱いというかすぐに声がかすれてしまうけれど、松さんお兄さんほど酷くないけれど、声帯がお疲れかな?
表情がわからない分、体の動き、仕草と台詞、歌声から、そのお芝居を見ているのかも。

初期の慎重さに比べると動きがスムーズでもあり粗野に感じるところもあり・・。
みんな各自それぞれに盛り上がっていってるんでしょうねえ。

なかでも最初のころに見た役以上に役になってるんじゃないの?と思うロチェスター役の橋本さとしさん。
歌は・・・どうしたって、私の頭の中では、BWでのロチェスターの歌声が響いてしまうのだけれど、言葉として、ロチェスターの葛藤、ことにジェーンエアとの結婚を口に出してからは・・歌なれど、心の声ってかんじで聞いておりました。
また今回改めて、唄うのでない台詞で声がいいなあ・・って感じ、かっこいいなあ。なんて思ってしまいました。たぶん彼の仕草からもそれがかんじとれたんでしょうねえ。

今回、この舞台の最後、ジェーンエアとロチェスターの再会場面がよかったです。
1ヶ月経って、私の中で、じ~んとなる場面が変わるのは、数少ないですが、この作品においては、変化しました。
最初のころこのラストにはそんな感じをうけなかったのですけど・・。

そうそう、ジョン・リードの子役の横田剛基君・・やっぱり上手い。
レミゼのガブローシュ役でも上手って思っていたけれど、台詞がしっかり自分の中で消化して役にぴったりはまっているかんじ。
ますます気になる子ですが・・どうなっていくんでしょうねえ。

博多でのヴァンパイアは、力入り込んでしまったようで、なんだか・・ようやく舞台をお気楽のんびり観劇した気がします。

そしてよかった・・って。カーテンコールも、最初のころと違ってすごくカンパニーのみなさん楽しそう。
東宝や、ホリプロ、フジあたりとは、また違ったつくりで松竹でのミュージカルもいいなあ。って。

この際橋本さんでいいから・・っていうと失礼な話ですが、ジェームス・バーバーJames Barbourが出演した二都物語 A TALE OF TWO CITIES やってくれないかなあ?
けっこう日本受けするような気がするけど。

A Tale of Two Cities TV Commercial


I Can't Recall - Broadway on Broadway 2008


Comments (4)

ダンスオブヴァンパイア原作映画監督の記事

2009年09月28日 | きまま
ダンスオブヴァンパイアのオリジナル映画
『ロマン・ポランスキーの吸血鬼』(『The Fearless Vampire Killers』)
って日本じゃ邦題になってるけどその監督ポランスキーが、今何気にニュースに出ていた。
あまりうれしい話題でない分、今日『ダンスオブヴァンパイア』博多座で今期修了でよかったね・・って勝手に思う。

ポランスキー監督拘束、32年前のわいせつ容疑(読売新聞) - goo ニュース
Comment

ダンス オブ ヴァンパイア 博多 写真のみ

2009年09月28日 | きまま
階段を上がる横、道から見える大きなパネル


階段を上がると等身大のパネル


伯爵と教授のパネルはこんな感じ。
こうもり君たちただぶら下がっている


アンサンブル・ダンサーの写真


新上さんの写真なんだか変な場所にあって・・
アンサンブルさんたちと一緒でいいのに・・って


サイン入りのプログラムが展示されていました。
(抽選でプレゼントだそうです)
プログラムには...浦井君や森山さんの写真が何気にあって...
ことにラストの集合写真!!帝劇パンフとおんなじ!!
森山さんじゃなくて、新上さんで取り直してほしかったなあ。
Comment

博多2泊3日 観劇旅

2009年09月27日 | 旅行
25日から27日
久しぶりに博多へ。
今年の夏の締めくくり観劇。
暑さ寒さも彼岸まで・・で秋のお彼岸すぎて
衣替え・・秋到来。もう観劇も秋バージョン。
秋祭りとして締めくくる?「ダンスオブヴァンパイア」

(劇場入り口にある出演者等身大パネル)
当初26日、27日観劇予定だったのだけれど、25日も追加。
まったく、博多に行ってまで4回の観劇。
一般的には、たぶん異常行動ってところですね。でも好きなんだからしかたがない。
観劇以外は何かしたのか?
しない。今回は天神にさえ行かなかったなあ。

初日は、出演されているダンサーの方が前日に舞台から舞台前のオーケストラBOXに落ちたって聞いて、びっくり。
新上さん森山さんという今回ソロで踊られたダンサー2名のほかにお気に入り、大好きなダンサーでもあった原田さんが落ちたってことでしたので、朝、博多について

早々劇場に行き、係りの方に、「原田さん今日出ますか?」って聞いてしまったほどです。
係りの方から「出られますよ」って聞いてほっと一安心。
「○○から落ちる」って父が、屋根から落ちて亡くなっていますから、ヒヤッとしちゃうんです。大した高さでなくても、打ち所ってありますからね。

博多座到着後ホテルへ。
今回の宿泊は、キャナルシティのワシントンホテル。
博多座から、キャナルまでは、川端の商店街をとにかく真っ直ぐ。15分ぐらいだろうか?
博多に来るとこの道は一番歩く商店街。
今回もこの通り何回往復したことか。毎度博多に来るたび、この商店街をよく歩く。大きな仏具屋さんが目をひくけれど、グルメあり、お土産あり、日用品あり、衣料品店あり、浅草あたりの雰囲気を勝手に感じている。

ホテルについたもののチェックイン時間まではまだ間があり・・
このホテルでは無料ロッカーをお使いください。って、ロッカーに荷物を置いて観劇する博多座に再び戻る。

この日は、昼公演のみ、観劇後、楽屋口にて出待ち後、再び川端の商店街を通り、
1度入ってみようと思ったうどんやさんへ。
都内では昨今讃岐のこしのあるうどん人気が高く、私も大好きなのだけれど、
博多あたりは、「こしがない」うどん・・と聞く。
そこで気になっていたうどんや「かろのうろん」に入った。
創業明治15年というお店はなかなかの風情。
お店の方にお勧めは?と尋ねると、「ごぼう天」か「丸天」と聞き
「ごぼう天」は、ごぼうのてんぷらと察しがつくが「丸天」は・・
ちょうど丸いさつま揚げがのるうどんだそうで、丸天を見せてもらいつつ
「ごぼう天」を味わった。

(ブログ最初の写真が「かのうろん」店内)
薄味で、たしかにやらかいうどん。なかなかおいしい。それにその「ごぼう天」もいける。
値段も500円。お気楽で食べられるうどん。次回は「丸天」も食べてみたくなった。

実はその店に入る前に、商店街にある焼きカレー専門店「伽哩本舗」に入る博多座出演のダンサーの方にあったのだが、実はその後・・

かのうろんから出て、ホテルにチェックイン後、ホテル横にある劇団四季の福岡シティ劇場の一番安い3000席がまだ空いていると聞き、開演10分前をきり、そろそろ開演ですという係りの方のいる当日券売り場に行くと、先ほどカレー専門店に入ったお二人に遭遇。
びくりとしか言いようがなかった。
この日はほかにも博多座出演の方をお見かけした。みなさん最後の昼公演の日ゆえに終演後、いろいろなところにお出かけされていたのでしょう。

そこで見たのは、「ウェストサイド物語」

3000円席観劇予定で行ったものの、
端席しかなかったことから、その上5000円席のセンター席を購入。
ただ、ここも入場者は悪戦苦闘?
3000円の安い席は埋まっているものの、
2階S席のS9,000円席は、空席が目立っていた。
また作品は、8月渋谷で見た来日版と比べてしまうと、
こじんまりとした感じに見えてしまった私だけれど、
帰りがけ、「すごいよね。あんなに唄って踊って・・」と楽しそうに言っている家族連れの声を聞いた。

その後は・・お一人様OKのお店にいきたかったものの、お店も見つからず・・
ホテルそばの24時間営業のダイエーにてちょっとしたものを買い込みホテルに戻り1日が終えた。


ホテルからの朝の景色

初日はこうして、「ダンスオブヴァンパイア」&「ウエストサイド物語」観劇で終わっていった。
2日目これは・・「ダンスオブヴァンパイア」W。
その2回観劇の合間に、博多の友達と会いおしゃべり、夜公演のあとは、やはり関東からの遠征組み友と川端にある「遊膳」へ
ここはなんとメニューに値段がない!!が・・このくらいでと希望というと
ちゃんとコースでお酒に合う(お酒を飲まずとも)おいしいものを出してくれる。
この日も、おいしい物が食べたい!といっていた友達を満足させてくれた。
でも・・そこで主食を食べず??
このあと、なんと博多で有名「一蘭」ラーメンへ。
そのなかでも器のめずらしいキャナル店へ。

時刻は間もなくシンデレラの魔法がとける時間。
博多・・というよりこのキャナルから友の止まっているホテルまでの道に慣れてる私。
再びキャナルから移動し・・博多座のそばに友達の見送りにいたのだが・・
すでにその時間、博多座には、千穐楽チケット購入希望者が並びだしていた。
明日の朝10時まで10時間待って、チケットを買おうという人たち。すごいなあ。
と感心しつつホテルに戻った。
(帰り道再び24時間ダイエーを利用して)

そうしてなんやかんや・・ダンスオブヴァンパイア見納めして、今晩東京に戻ってきた。

2泊3日・・簡単に言うとそんなもの。(簡単じゃないか??)
観劇については、更に追って又!!
Comments (4)

ただ今、博多にきています。

2009年09月26日 | きまま
現在、博多に来ています。
久しぶりに博多座公演観劇中です。

いや~前日に出演者がおけぴに落ちた。というニュースにびっくりしましたが
無事元気に御復活よかった。よかったってことで詳細は追ってまた。

そうそう、昨晩は四季のウエストサイド物語も鑑賞。
ここでは、博多座にご出演のかたがた数人もご観劇されていました。

まあ詳しくはおってまた...かけるかなあ。

とりあえず、今は博多に来てる私です。

Comments (2)

ビックリするつもりだった(BlogPet)

2009年09月25日 | きまま
きょうtontonは、ビックリするつもりだった?
それできのう、Mietanベベの映画っぽい休憩しないです。

*このエントリは、ブログペットの「tonton」が書きました。
Comment

お土産用?ドリンク2本

2009年09月23日 | きまま
ちょっと珍しそうなドリンク2本

1本は、東京土産だろうなあ。
まさに見た目どおりの
「TOKYO TOWER」
ミネラルウォーターです。
1本315円にて購入

もう1本は「熊出没注意」
白いガラナ 北海道で販売されてるらしい。
黒い普通のガラナも一緒に販売されてましたが、白いガラナのみ購入しました。
これってガラナ味なのかなあ?
近所のスーパーで、定価170円位?ちょっと割引価格でした。
Comment