花がいっぱい。

どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アニメーション(BlogPet)

2009年02月28日 | blog pet
きょうharumichinと、日本アニメーションは一望するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「tonton」が書きました。
Comment

買っちゃた 阿修羅ファンクラブチケ

2009年02月28日 | きまま
27日 東京は雪がふっっていましたね。
寒かった~。

28日までの発売チケット 阿修羅ファンクラブ 特典付 という
 『国宝 阿修羅展チケット』 購入しちゃいました。

でもこれ・・前売りとしては、販売上手で やられちゃった・・って
気持ちか強い
特製バッチってどんななのだろう?? 写真には映ってるけど・・。
手に取ってどう思うのかな??

模刻で学ぶ仏像彫刻―興福寺・阿修羅像を主に法隆寺・百済観音、浄土寺阿弥陀如来による
水戸岡 伯翠
日貿出版社

詳細


お気に入りキャラ
Comments (2)

3月の予定

2009年02月25日 | 予定
今週は、仕事を終えてのんびり帰宅。
夕飯作りに勤しんでおります(苦笑)

そして久々ブログも模様替えしてみました。
弥生三月
『春は曙
  ようよう白くなり行く山際
    少しあかりて 紫だちたる雲の細くたなびきたる』
って清少納言の「枕草子」

といって・・まあこの時期になるとまあ思い出すって程度でして・・
春といえば「東大寺 二月堂のお水取り」でしょ!ってこれもマニャック。

3月の予定といえば、
 3日 雛祭り
 20日 春分の日
  (その前に彼岸の入り・・お墓参り!!)
ってこれだけ?
 でも日本じゃ「年度の終わり」ってことで、けっこういろいろあるんですよね。

そして私の予定・・
スーザンを探して シアタークリエ
 日本人でマドンナ作品。2ヶ月経過でどうかな?
渋谷アリス シアターコクーン
 新上裕也さん見たさです。
三月大歌舞伎 歌舞伎座
 3月も人気はつづくのでしょうか?
花形歌舞伎 国立劇場
 どうかしら?魚屋宗五郎
冒険者たち シアターサンモール
 ガンバ!カンバ!・・ってアニメ放送知らない若者ばかり?
地球に落ちてきた男 赤坂RED/THEATER
 「カスパー」の新演出??
レ・ミゼラブル 中日劇場
 どうやったら安上がりで見ることが出来るか?
回転木馬  銀河劇場
 無言。
ニュー・ブレイン シアタークリエ
 割引チケットで石丸さんを。

けっこうあるじゃん。
仕事忙しさピークのはずで、観劇はやばいんですけど・・って
毎年のつもりで、上旬ピーク終わり!と思っていたら、
後半にその予定が移行して・・どうなりますやら

ガンバの冒険 劇場版コンプリート・コレクション [DVD]

パイオニアLDC

詳細


Comment

二月大歌舞伎 昼夜通し つづき

2009年02月24日 | 歌舞伎
土曜日の歌舞伎座から少々時が経ってしまった。
なんでこんなに時間が経つのははやいんでしょう・・。

でもまだ今月の歌舞伎座二月は千穐楽まで間がある。
千穐楽になる前に、昼夜の続きを。

「京鹿子娘二人道成寺」
 花子二人の舞は、陰と陽、光と影・・でありながら、
「恋の手習い」ある種濡れ場表現になる男女の絡みをも想像させる場面を玉三郎が一人で踊ったのは印象的。ここからは、姉と妹らしく、従来の桜子と花子になるのかなあ・・とその後の、山尽くしでも2度目にみて思ったこと。
3度目にしてようやく菊之助が、自分を出してきたようにも思い・・次があったら?などと今回は次回を期待させるものにもなった。

 今回道行後、花子の舞に入る前、所化の「舞」ついての語りが、聞きなれたものと違っていたことが、けっこう楽しかった。
スサノウとアマテラスそして天岩戸、そしてアマノウズメの舞、更に付け足して、岩戸をなげて落ちたところが、戸隠だと。
いつもと今回は毎度違ってこの語りなにかな?

「人情噺文七元結」
 さすが・・菊五郎!!そんな舞台だった。江戸っ子を演じさせたら、今の歌舞伎界ではNo.1。と勝手に思う。
 江戸っ子とは?
 人情にあつく、損得抜き、おおざっぱ、意地っ張りで喧嘩早い、せっかち、筋の通らないことはしない。お金に関しては執着せず。
 どれもこれも当てはまる菊五郎左官長兵衛。元は、噺家、三遊亭圓朝の創作。
三遊亭圓朝は、江戸噺家。やっぱり江戸なんだよね。江戸の人情噺。
笑って泣いて・・ほろっとさせて最後は、ハッピーエンド。
 好きなんだよなあ・・こういうの。近松物と違って・・。
今回そんな菊五郎で見せる舞台だけれど、そこに芝翫、吉右衛門と出てくることによって更に舞台の厚さが増していた。

楽しさいっぱいで昼の部を見終わって・・30分。
今回は劇場内に出ず、劇場内をうろちょろ・・ショッピングに勤しむ。
この時間は、歌舞伎座のお店が一番空いている時間。
それで・・少々出費してしまった私。

夜の部「蘭平物狂」
今回はちょっと眠いぞ・・って周りをみると、なんと、
かなりの人が居眠りしてた(苦笑)
この日1階席での観劇だったのだけど、3階席に比べると
居眠り指数は相当高そう。
そんな周りをみていて、なんだか眠気がとれて、
蘭平の見せる踊りに満足。拍子をとる舞踊は楽しい・・のだけれどな。
そんな1等席が目覚めるのは、大立廻り。
ツケ打ちの音と共に、浅葱幕が落とされ、捕手がそろい蘭平が中央に。
ベテランは、やはり安心しつつも、世代交代も行われガンバと。
そして、復活もまた嬉し。
何度見てもひやひやドキドキ。歌舞伎の立ち回りの楽しさを感じながらも
怪我しないでね!!と願うばかり。

「勧進帳」
やっぱりこの勧進帳は、「歌舞伎座」最後の今見ておかないと!って思うけど、
もはや立ち見も1時間待ちと聞くと宣伝もできない。
頼れる上司!!吉右衛門弁慶!
「勧進帳」はいろいろな人が演じられるけれど、弁慶役者といえば・・
見たことはないけど「7代目松本幸四郎」と言われて久しい。
たしかに今の幸四郎も・・弁慶役者であるものの、
私の中では、「2代目尾上松緑」となる。
でもその時は・・延年の舞にびっくりさせられた。
なんだこの人!!と。
それから・・・芝居としての弁慶は、見るほうも歳をとったゆえか、
今回の吉右衛門弁慶の重厚さに圧倒させられた。でもこれは、
相手となる富樫の菊五郎も見ごたえがあり、品のある梅玉義経、
そして四天王とやはり周りの見事さがものをいっているのもあるかと思う。
今回のこの張り詰めた緊張感すごい。
芝居というのは・・見るもののコンディションそして舞台上の人たちのコンディション。大事だよね。

最後に「三人吉三」
これは・・ほんと面白い顔合わせ。
一番年下の松緑が和尚吉三で、一番オーソドックスの七五調。
真ん中いくのが染五郎。
一番年上の玉三郎のお嬢が・・いや~現代調とでもいうのだろうか。
「月も朧に白魚の・・・」のツラネ。
歌舞伎読本などに書いてある黙阿弥の「七五調」というのからはますますはずれていってるようで、これも今ありなんだろうな・・と。
新しい解釈の「七五調」。

Comments (2)   Trackback (1)

六本木ヒルズ 

2009年02月23日 | きまま
日曜日にでかけた六本木ヒルズ。
イベントだけではもったいなさそう。
2003年(だったとおもうけど・・)オープン以来映画館とちょっとしたお店はのぞいたけれど・・最上階にはあがったことがなかった。
いまさら・・といわれそうだけれど、お初に出かけた
六本木ヒルズ 東京シティビュー、スカイデッキそして森美術館

東京シティビューは52階で、ガラス張りで東京一望・・という場所
そして「スカイデッキ」は、いわゆる屋上。
こちらは、まさに外!!
 
この日、お天気は曇り空。
お天気がよかったらすごい360度の眺望になったんだろうなあ。
とおもいつつも・・曇っていてもやっぱりすごいわ。
人生1/4東京にいながら・・いやはやびっくり。
関東平野・・平らなんですねえ。
緑の広がる場所が、東京でも何箇所かあるのだけれど、
そして青山墓地が広いなあって、上からの眺めで驚いたのは墓地。
写真は・・とってなかった(苦笑)


スカイデッキ見学後森美術館へ
森美術館開館5周年記念展
「チャロー!インディア:インド美術の新時代 」
インドを拠点に活躍する27組のアーティストによる作品を通して
インド現代美術の「今」を探る!
という展示がされていたけれど、
現代美術ってどうも???なんです。
なにがいいんだろ?
ちんぷんかんぷんのまま入口から出口に至った私です。

この3か所、一般 1,500円の共通券で回るようようですが、
割引チケットにてこの日回った私です。


Comment

イケてるチラシ

2009年02月23日 | きまま
TV朝日にあったチラシ
「国宝 阿修羅展」
芝居のチラシよりイケメンぞろい!
かっこいい!!きゃ~~~~ヒューヒュー!!
3月31日~6月7日 東京国立博物館 平成館

そりゃ言いすぎですが・・
あの「阿修羅ファンクラブ」のチラシもありました。

そこで、「せんとくん」にお兄さん
「鹿坊(ろくぼう)」がいることを確認

Comments (2)

回転木馬 シークレット・ライブ・イベント

2009年02月22日 | ミュージカル
どうみても「回転木馬」にボランティアしちゃってる?
財政難の私なのに、ミュージカル「回転木馬」
1ヶ月公演(3/19(木)~/4/19(日))にいくら注ぎ込んでる!!
今年は、
「ダンス・オブ・ヴァンパイヤ」や「レ・ミゼラブル」も見に行きたいのに・・。
それに、・・・・って他にもいろいろあって節約しないといけないのだけれど。
「回転木馬」リチャードロジャースとオスカー・ハマースタイン作品
今ブロードウエイでは「南太平洋」がリバイバル上演されている。
「サウンド・オブ・ミュージック」や「王様と私」日本でも数多く上演され続けている。
オーソドックスな懐かしいミュージカル、ミュージカルの王道というような作品になるのかな・・って。

そんな懐かしいタイプの作品に「坂元健児」の出演をみて、チケット買っちゃってるんですよね~。複数枚。
森山開次が大好き!新上裕也さんLOVE!といって、更に「サカケン」惚れちゃってるんだなあ・・。サカケンでなくちゃこのミュージカルは1回分しかチケットかわないだろうなあ・・いくらダンスがあってもね。

そのうちのeプラスチケットで22日「シークレット・ライブ・イベント」招待券が当たり、行ってまいりました。イベント会場、テレビ朝日『umu』へ。
この会場多目的イベントスペースってことで・・100人ぐらいだったでしょうか?
平場に椅子がならべられて、前方に仮ステージがセッティングされてました。
そこにTV朝日の女性アナウンサーさん登場。
(この回転木馬のCMも担当されてるとかって)
そして上手サイドにキーボードの女性の方が座られてってこの方もお名前を覚えてない。
「今日は、短いですがその舞台をちょっとだけ」ということで
ピンクの可愛い花柄ワンピで素足に白のハイヒールで笹本玲奈ちゃん、黒のジャケットに白にワイルドな絵柄のTシャツ、黒の皮パン、ちょっぴりあごひげやはした浦井健治くん登場で
回転木馬のジュリーとビリーの出会い場面そして「If I Loved You」(もしもあなたを愛したら) を聞かせていただく。
この二人にかわって次に登場は、人生設計して生きるスノウとその彼女キャリー。
黒のアンダーに白に黒の模様のシャツ、そして皮パンの坂元健児さん、胸元であたりで切り替えのあるグレーのやらかいカットソーみたい?上品なワンピースのスカート姿でこれまた上品さをかんじるオープントウのパンプスのはいだしょうこさんが、「When the children are asleep」(こども達が眠ったら)を聴かせてくれる。
お~っこれ、そうかスノウの曲なのか・・って(苦笑)
このスノウの歌声を聴いただけで・・聞きに行こう!って心に思う私。
大馬鹿??

そして仲良くスノウとキャリーが、舞台をおりて・・
ここから再び4人に登場していただいてトークコーナーに。
下手から司会者、浦井くん、玲奈ちゃん、はいださん、サカケン順に用意された椅子に腰をかけるんですけど・・これがちょっとタウンター用の高さのあるような椅子で。
玲奈ちゃんちょっと座り具合が悪いゆえ調整したほうがいいかも・・大丈夫・・なんて会話をしてる時に、椅子の下にあるバーをいじっていた坂元さん。そこで、やっちゃいました。バーをいじって椅子の高さおもいっきり下げちゃって・・先ず第一回目の笑うをとってしまう。
司会者の方も「これでつかみはOKですね」ってなかなか気転が利いている。
そこから30分程度のトークだったでしょうか?
まず各自それぞれの役の紹介をしていく。
その紹介のあとは、始まる前に書いた今日の招待客からの質問に答えるというコーナーに・・実はここで私書いたものがいくつか読まれまして・・
担当者で質問選んでくださったかたごめんなさい・・それも、それも、私のです・・って気分で聞いておりました。
やっぱりそうきたか・・って答えでしたけど、そんな答えがくるかな・・・って期待して質問を書いてしまいました。

笹本玲奈ちゃんは、浦井君とのペアーについて、やっている方向性が一緒、役への取り組みかたが似てるそうで、稽古中ながらジュリーとビリーみたいというような雰囲気があるそうで・・似てるんですけどこの間に何かあるんですよね。って。
浦井君もお稽古のとき、似てるんですよ。って補足。

そんな玲奈ちゃん今までは、自分を表に出す役がおおかったけれど、今回は内にひめてしっかりとした役。そこを見てくださいってことだったでしょうか?

一方、ビリーは強がってるけれど、内心けっこうへこんでて、そこをジュリーに見透かされて・・心引かれて・・と役紹介をしていた浦井君。
ビリーみたい普段手を上げたりしますか?だったかな?
僕普段は人に嫌われるのがいやなんで、いろいろ言ったりもしないんですよね。
だからジュリーに手を上げるシーンがあるんですけど、そこで、ジュリーが、バーンと自ら倒れて・・ぼくそんなにしてないのにって、手をあげてびっくりした感じを表現。そしたら玲奈ちゃん、私こういう役多いからってことでしたけど、驚きましたって、笑顔で語る浦井君。

その前に、このカンパニーのみなさんのいろいろなところを盗みたいということで、ダンサーの方々のウーミングアップや、坂元さんの食生活やトレーニング(?)どうしたらあんな声がでるのかと・・とというと僕そんなにしてません・・とサカケンの答えに、玲奈ちゃん、ミスサイゴンの時すごいジムに通ってたんですよ!!って笑って暴露!
このつっこみの雰囲気もとってもいい感じで・・なかなか楽しいお稽古場??

その出演者達もさることながら演出のロバート・マックイーンさんが、のびのびやらせてくれているらしく、頭では、構成ができているけれど、それをストレートに言うことはなく、そうなるように持って行くお稽古場でもムードメーカー的存在というような浦井君の話あったのだけれど、

僕をいろいろいじって楽しんでくれてる・・けど僕やりすぎちゃうことがあるから、そこは指摘してほしいと頼んでいるサカケンのスノウの紹介は、
人生設計のしかりした役で僕とはまったく違う性格です・・だったかな。

まあそんなサカケンへの質問・・はい、そうくると思いました。って答え。
スノウのでてるところをしっかり見て後は適当に・・とこの回転木馬の見所紹介。
そして出演者の中で僕が一番優れてます。って、だから僕を見て学べ・・って
あのレミゼイベントでのフレーズが。お気に召したのでしょうね。

しっかり客席を笑わせてくれました。

そしてはいだしょうこさん。この人の声はどこからくるの?ってくらい天然っぽい。でも宝塚歌劇に合格して、うたのおねいさんされていたかたですものね。
すごいです。玲奈ちゃんが、しょうちゃんは年上なんだけど、かわいいって。
たしかに・・って思いました。またサカケンがなにかやらかしてるのか、寝る前にも坂元さんが出てきて笑っちゃいました。ってずいぶん可愛い方です。
気に入ってる歌は?ということで、玲奈ちゃんの歌う歌・・ってしばし曲名がでず。玲奈ちゃんともとても仲良くされてるようで・・

このミュージカル・・果たしてどうなりますやら?
ダンスもとっても気になります。

いやはや長くなりました。
本日はこの辺で。

笹本玲奈ちゃんのブログでこの日の出演者の雰囲気が垣間見れます。
お探しあれ!
(では不親切かな?
 URL http://fc.renasasamoto.jp/blog/)
はいだしょうこちゃんのブログににも...
 (URL http://blog.haidashoko.jp/)

Carousel [1993 London Cast Recording]
Richard Rodgers,Martin Yates,Carousel Orchestra,Andre Stone,Anne Breckell,Barbara King,Bonnie Moore,Charles Shirvell,Clare Sharrad,Clive Rowe,Darren Phillip Redick,David Christopher,David Obinyan,Elizabeth Sastre,Hal Fowler,Jacqui Boatswain,Jenny-Ann Topham,Joanna Riding,Johann Michael Haydn,Josefina Gabrielle
First Night

詳細


回転木馬(赤盤)

EMIミュージック・ジャパン

詳細


Comment

二月大歌舞伎 昼夜通し

2009年02月22日 | 歌舞伎
「中村又五郎さん死去」そのニュースを聞いたのは歌舞伎座についてから
94歳、老衰ということだった。
ご冥福をお祈りします。

朝起きていつものようにコンタクトレンズ着用しようとすると・・
ソフトコンタクト・・敗れてる!!
あっちゃ~。1day用が、家にはあるものの、歌舞伎開演時間までに
新しいレンズを買えるものなら・・とコンタクトレンズ屋さん経由で歌舞伎座に。
ちゃんと、視力も測って、今までと同じものでOKということになり、
それを買い込み歌舞伎座へ。

「歌舞伎座の「幕見」入り口は、長い列が出来ていた。
数年前まではこの二月は、お客さんが入らない月だったはずなのに・・。
「さよなら公演」で「二人道成寺」人気かなと思っていたら、
昼の部だけでなく、夜の部も「打ち止め」で入れない人が出ていたらしい。

そんな21日土曜日に歌舞伎座昼夜通しでみに行く。
昼の部
「菅原伝授手習鑑」加茂堤  賀の祝
「京鹿子娘二人道成寺」
「人情噺文七元結」
夜の部
「蘭平物狂」
「勧進帳」
「三人吉三巴白浪」大川端庚申塚の場

見ごたえたっぷり・・これなら満員御礼も、
って公演は、今までもあったのに、なかなかお客さん入らずだった時もあるのに
今回やはり「さよなら公演」っていうのが、客員動員の最大の要因なのかなあ。

昼の部 初見
「菅原伝授手習鑑」加茂堤  賀の祝
加茂堤 この場面があって「菅原伝授手習鑑」のストーリーがはじまる。という帝の弟、斎世親王と菅丞相娘、苅屋姫の逢引。この事件が、菅丞相の流罪を引き起こす。
ここでは若い初心な男女と仲難しい夫婦である男女2組が描かれている。
今こんな初心な男女・・いるのかね・・って感じだけれど、その二人の中の良さに
あてつけられて・・ってコメディタッチに思える前半。
橋之助と福助・・この辺は、得意とするところなにかな?でも
八重の福助・・前半の水を汲みにいくところから、後半、この人のちは歌右衛門ということだけれど、仕草が父の芝翫さんに見えた。
やはり長男なんだなあ・・。と思わず。
この橋之助の桜丸と八重に対し・・兄2人の夫婦。
松王丸染五郎妻の千代は芝雀、梅王丸松緑、妻の春は扇雀。
この2組は姉さん女房。3人の兄弟では桜丸が一番冷静な判断の持ち主?って
感じ。兄弟2人が喧嘩して止めるのが桜丸だったのか?と思ってしまう。
桜丸の切腹シーンは、爽やか青年以上にりっぱな感じになっていたかも。

「京鹿子娘二人道成寺」
これが今月の1番人気なんだろうな・・と思いつつ
前回2度目に歌舞伎座で見た「京鹿子娘二人道成寺」は、2人の花子に差がある・・玉三郎と菊之助に差がありすぎ・・とみて菊之助が、ついて行くのに必死。
と見えてしまったのだが、今回はお互いが、意識しつつもまったく違い、陰と陽、
表と裏、外と内・・と玉三郎が思うひとりの女性を2人が違って表現されているとしっかり思えた。
菊之助が、マイペース。自分の持ち味でおどれていたのがよかったな。
玉三郎ももちろんマイペース。ゆえによかった。

ってもう3時回ってる・・またおってちょこちこと今宵は
Comment

REVO新作公演 「パラダイス」

2009年02月20日 | 舞台いろいろ
構成・演出・振付  広崎うらん という
「レヴォリューションダンスパフォーマンス」の ステージ
出演: 藤浦功一・加賀谷香・中本雅俊・本多麻理・関仁史・箱田あかね
佐藤洋介・ ナオミミリアン・桜木涼介・原田薫・柴一平・松田尚子
西田健二・ 祐輝薫・鈴木陽平・大野幸人

ってこれまた出演者もいろいろなステージで踊っている人がいっぱい。

それで・・このステージ、ファンタスティックでシュールな童話。
って書かれていて、これが大笑いもかもし出してくれる。

今回は、なんと日本アニメーションのキャラクター採用作品。
ってダンサーふんするキャラは、
ヘイジ
ステッキー
パパ
ノムラ
スミフ
ロッド
スナスキン
ユニーク
ナンノ
マイ
ママ
フレドニクソン
ウーミン
ウララ
キツネアニ
キツネオトウト

ってこのカタカナ見てアニメを思い出せば・・
「ムーミン」「ハイジ」・・日本アニメーションカルピス劇場・・なんて時代です。
そのキャラクターのパロディで笑って見せて、今をちょとシュールに・・
ダンスで見せてくれる広崎うらんワールド。
藤浦功一さんのハイジ笑えます。
ハイジなのに・・飲みすぎたあとは・・アイスよね・てコンビ探し・・って
キャラのユニークさに笑わされるけど・・このおかしさにダンスがいい。
あっハイジじゃないやヘイジなわけで・・。
その友達が広崎うらんさん扮するクララならぬウララ。
その二入がやってきた場所・・ここが地球のとある場所。
ステージは、二人の登場よりも先にその場所がどんなところか・・
ムーミン谷ならぬ・・たぶんウーミン谷なのかなあ・・。
ウーミンは、大野幸人、パパは中本雅俊、ママは祐輝薫。パパはパイプをくわえてシルクハット。アニメムーミンパパにそっくり。
ママのエプロンは、赤の縦縞。
ムーミンの彼女ノンノンがナンノで原田薫さん・・おもいいきり原田さん可愛い。
その兄、スノーク・・広川太一郎さんのキザな声が印象的なのだけれど、今回ユニークとなって桜木涼介さん。彼のダンスみにいったのに・・もうあっちこっち、みどころいっぱい過ぎです。
スティンキーならぬステッキーと飛行おにに扮したのは加賀谷香さん。
ダンスをみたら・・すごいのだけど、この「ひこうおに」
マントにシルクハット・・シルクハットは小さいけれど、カイゼル髭 をつけて・・
もう加賀谷香さん。見せてくれます。
ダンスとのギャップは・・・すでに前のREVOでサザエさんに扮していた加賀谷さんだけれど
やっぱりバンパイアのもんぺ姿でクコール妻になった加賀谷さんが印象に残ってるんだけどなあ。
今年はその素敵な加賀谷さんが見れないのは残念。

とまあ・・書けばどんどんいきそう今晩はこのへで
Comment

新奈良ブランド(BlogPet)

2009年02月20日 | blog pet
harumichinの「新奈良ブランド」のまねしてかいてみるね

え~書くことないDAYってことでそうだけど「新奈良ブランド」紹介・これついては、時間がでそうだけど「新奈良ブランド」紹介・・これついては、時間がで書いたらクレームがあれば

*このエントリは、ブログペットの「tonton」が書きました。
Comment