花がいっぱい。

どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私生活

2008年10月31日 | 芝居
シアタークリエ

作  ノエル・カワード
演出 ジョン・ケアード

出演:
内野聖陽  エリオット(シビルの夫であり、アマンダの元夫)
寺島しのぶ アマンダ (ヴィクターの妻であり、エリオットの元妻)
中嶋朋子  シビル  (エリオットの新婦)
橋本じゅん ヴィクター(アマンダの新郎)

中澤聖子  ルイーズ(アマンダ所有するパリのアパートのメイド)

舞台は、
フランスの避暑地・ドーヴィル。
美しい眺めを望むリゾートホテル。 そこに2組の新婚カップルがハネムーンでやってきた。 1 組目はエリオットとシビル。そして、もう 1 組はアマンダとヴィクター。偶然にもエリオットとアマンダは元夫婦。
 隣りに元夫婦の相手が、泊まっているとは知らない 2 組のカップル。
シビルとヴィクターはパートナーの「前の相手」が気になって仕方ない。
だけれどそんなことを気にする「今の相手」に多少うんざり気味のエリオットとアマンダ。
スゥイートのバルコニーで、それぞれくつろいでいると、お互いの部屋が隣同士だと知って・・。

元カノ、元カレの出会い。この二人がなんとも感情の趣くまま・・フィーリングがよければべたべただけれど、どちらも引かずゆえぶつかったら・・ってその結末が離婚して、2度目の結婚には前のタイプとは違う人を選んだ。
そんな2組のやり取りは、男女の関係が対照的ながら、立場は逆ながら、言葉のやり取りは類似。そして衣装も・・・正装した2組は、白と黒、その白と黒に分かれていた2組。元カノ、元カレが隣同士でいることを知った二人はどうにかこの場を立ち去ろうとするけれど・・今カレ今カノそれには屈せず・・喧嘩して。
黒と白の元カノ、元カレが、再びくっついて逃避行?

ってこんな偶然って感じだけれど、4人のそれぞれのやり取りが、面白い。
お互い求めすぎて、自らをかっこよく見せようと虚栄をはって・・
ふとしたことから、イザコザになる。
でも・・って思いながら、モダンでオシャレなカップなのに、ついついおかしく見えて・・笑ってしまった。
そんな中、モダンとはとてもいえない?ちょいっとダサい、普通の男を演じる橋本じゅん・・その普通が、おかしい。
そしてその普通だった人が・・最後。って終わり方もなかなかユニーク。
1930年ごろの作品らしいけれど・・ソシアルコメディ・・って言い方がとっても似合う。
こりぁ・・お子ちゃまには、無理ね・・みたいな。でもわからなくないよね。
男女の関係・・ってものでしょう。

寺島しのぶさん・・・ママに似てきたような、パパの雰囲気もあるし・・
大地喜和子さんにも似てきたような・・。

女性2人の衣装が、素敵だったな。

Comments (2)

霜月(11月)の予定

2008年10月30日 | 予定
あら~ぁ。今TVボーっと見てたら意味なく?意味有?
井上芳雄君。出演している「OLニッポン」って番組でアカペラでミュージカルソング
「見果てぬ夢」(ラ・マンチャの男より)を歌いだした・・なんで?
普通の男性社員がなんで、ミュージカルソングを大声で誰もいないだろう職場で・・
JPOPならまだしも・・って、
井上君起用したからってことはわかるけど・・唐突さにびっくり~。
趣味が、ミュージカル観劇&歌ってキャラなのかしらん??

さて10月も早いもので、あと2日。
今月の観劇等の予定は、当初に比べ・・少々増えてしまった。
11月はどうかなあ・・・。
今現在の、来月の予定を並べてみる。

花形歌舞伎 新橋演舞場
  ちょっとどうかな・・って演目がならんだけど、行きますよ。
  ちなみに来春1月も花形歌舞伎の演舞場。
吉例顔見世大歌舞伎 歌舞伎座
  これも歌舞伎座11月は外せない?櫓が歌舞伎座入り口にあがります。
新説 おばこ旅館物語 かたくりの花・編 築地本願寺ブディストホール
  野沢 聡さん見に行きます。
友達 シアタートラム
  小林 十市さん見に行きます。
レント シアタークリエ
  さて今回の日本上演はいかがでしょう?
「江戸宵闇妖鉤爪(えどのやみあやしのかぎづめ)」国立劇場
  染五郎が宙を飛ぶ?江戸川乱歩が歌舞伎になるのか?
エリザベート 帝国劇場
  さて、今期からのエリザベートは、いかが?
アラジン 新国立劇場 オペラ劇場
  かなりの楽しみ。ビントレーが語った「アラジン」に付いての文字を読んだ時に「アラジンとプリンセス」3組見たくなったのだけど、残念ながら1組のみ。
裏表源内蛙合戦 シアターコクーン
  出演者に弾かれて早々にチケット購入

そしてほかにライプ2本
それに旅行1泊1回

なんとかなるのか?私&私の財布

ところで、11月の『霜月』言い方替えたほうが、いいのでは?って
『霜』なんてはるかなあ・・今年の秋は・・。
あっ、でも日本列島まったく気候は、北と南では違うかも

友達・棒になった男 (新潮文庫)
安部 公房
新潮社

詳細

オリジナル・サウンドトラック レント
サントラ
ワーナーミュージック・ジャパン
詳細

アラジン (ディズニー・プリンセス)

竹書房

詳細


Comments (3)

到着した(BlogPet)

2008年10月29日 | きまま
tontonは、到着した。

*このエントリは、ブログペットの「tonton」が書きました。
Comment

辛さ調味朗

2008年10月29日 | きまま
これ
マリーシャープスの『ハバネロペッパーソース(ホット)』
原産国:ベリーズ って?
カリブ海に面した中米の小国ってことでここで作られたHOTソースってことだ。
タバスコに似ているけどちょっと違うタバスコの酸味がなくて、どろどろ系
摩り下ろしタイプってことで・・最近はまって・・自宅に1本キープ
やったらかけているかも。
(別にダイエット目的とかじゃない・・からくてスパイシーなもの好き)

そしてこっちは、沖縄の『島とうがらし(コーレーグス )』


沖縄産の熟した唐辛子を陰干しし、姿をそのままに瓶に入れて泡盛に漬けたものとか。
これは最近職場のそばにできた沖縄料理のお店でそばを頼むと、必ずがばがば・・って入れちゃうものだから・・お店の方に「インパクトありましたよ~」って
沖縄そばには良くあうんだ・・この辛さ。

最近やたら辛いものがまた食べてくて・・辛さもとめて行脚中?
インド、タイ、韓国、中国、メキシコ(?)あとは何処?
Comment

ドラマ・リーディング30 『マクベス』

2008年10月29日 | 芝居
シアタートラム

[テキスト] W.シェイクスピア作 河合祥一郎訳 『マクベス』より
[演出] 野村萬斎
[出演] 秋山菜津子/高田恵篤/福士惠二/小林桂太/野村萬斎

チケット料金 1,000円(抽選)


この舞台は、リーディング。本を読むわけだけれど・・
椅子に座って読み聞かせるわけでなく、
今までみたリーディングドラマに比べると、
シアタートラムのひろい舞台を縦横無尽、出演者は動く。
そして、リーディング『マクベス』の中に登場する人物は20人以上
だけれど出演者は5人。
野村萬斎のみマクベス一役。
秋山菜津子 マクベス夫人、ヘカテ、幻影1.2.3
高田恵篤 魔女1、アンガス、王、マクダフ ほか
福士惠二 魔女2、バンクォー、医者ほか
小林桂太 魔女3、ロス、従者、レノックスほか

服装は、野村萬斎、秋山菜津子が白のシャツに黒のパンツ
高田恵篤、福士惠二、小林桂太は、黒のシャツに黒のパンツ

至ってシンプル。だけれど声を出して持っている本を読む出演者達は
シェイクスピアの「マクベス」の世界を怪しく狂気をも感じるように描きだしてくれる。

この公演が、始まる前に、野村萬斎登場で、このドラマ・リーディングの簡単な解説をしてくれる。
このマクベス・・上演に向けてのリーディングでもあると、そして今回のリーディングだけでは、マクベスを知らないとよくわからないかも。
ぜひ、河合祥一郎訳 で角川だったか出版されるそうで・・それを読んでくださいといっていたけれど・・面白かった。

卓越した武勇と揺るぎない忠義でスコットランド王ダンカンの信頼も厚い将軍マクベス。
しかし荒野で出会った三人の魔女の予言で、マクベスの野心を呼びさます。
夫以上に野心的な夫人にもそそのかされ、マクベスは、自分の城で王を暗殺。
その後は手に入れた王位を失うことを恐れ、憑かれたように殺戮を重ねていく…。
そして・・最後は・・と。2時間弱ながら・・言葉で綴られシンプルな舞台ながら、
照明や音響の面白さが、いっぱいだった。

これで1000円??
まあ、たまに萬斎さんが、言葉をかんでしまっていたけれど、
昨今の芝居事情からすれば・・かなりの金額とられそうなのに・・。
だからこそ1回だけの貴重な公演だったのかな。

Comments (2)

食堂車のカレーパン

2008年10月28日 | きまま
「昔懐かしい食堂車のカレーパン」
今、人気の鉄道博物館のレストラン「日本食堂」で売っているとかいないとか。
お土産用レトルトパック「懐かしの食堂車のカレー」は売っているらしい。

これは新橋駅にあるパン屋さん「サンピエロ」で買ったもの。
米粉100%使用のほか、カレーフィリングのほうもココナツ、マンゴチャツネ、リンゴピューレをベースにじっくり煮込んであるなど、食堂車のカレーを忠実に再現した内容だそうだ。

もっちりしていてパンもカレーもおいしかった。値段は180円。
まあ1度試すにはいいんじゃないかな。

しかし、食堂車・・って生まれてこの方3回しか入ってない?乗ってない?
1度は中国・・ゆえにちょっと雰囲気が違うけど。
とにかくすごい寝台車だった・・という印象のほうが強く残っている。
お金も外国人用の兌換券っていう紙幣で、外国人は、綺麗な車両(日本の普通の寝台車)にのせてもらったけれど、食堂車に行くまで、中国人の乗っていた車両を通ることになってその車両は、トイレまで人がぎっしり・・
映画で見たような、人がいっぱいの車両でびっくりだった。

2度は、東海道新幹線。
最初に乗ったのは懐かしいずんぐりむっくり・・かわいい0系
メニューを見てあまりの高さにびっくり。
ドリンク・・コーヒーだけだったような。

次は、2階建ての東海道新幹線100系というタイプ?
時刻表でビッフェでなく、食堂車の列車をチョイス。
そして、とにかく生まれて初めて食堂で・・カレーライス
を食べた思い出が残っている。

このカレーライスだけで、すごい贅沢をした気分。
たしかこの時、京都にいったような気がするが、
2階席でうれしくって、3時間のうち2時間以上食堂車ですごしたような。
(客としては迷惑な客だっただろうなあ・・)

今や食堂車のあるような列車は豪華列車??
食堂車の旅いつかどこかでまたしてみたい。
Comments (2)

文藝春秋増刊 『くりま』

2008年10月27日 | BOOK
歌舞伎座帰り有楽町駅に向う。
しっかし・・最近、銀座もすごい沢山の人。
なんでこんなに人が集まるようになったんだろ?
できるだけ空いていそうな道を選びつつ有楽町へ。
その通り道交通会館1階の「三省堂」で見つけた雑誌。

文藝春秋増刊 2008年11月号 「くりま」 880円

特集◎ 奈良 謎がいっぱい
[奈良の古代史  5つのミステリー]
 卑弥呼の墓は三輪山麓にあった?
 聖徳太子は本当に実在しなかった?
 大化改新はなかった?
 額田王(ぬかたのおおきみ)は 天智・天武と三角関係だった?
 藤原京は日本史上最大の都城だった?

なになに・・ってつい買い込んだ。
平城遷都1300年祭なんていうのも2010年に控えている。
そしてけったいな?シンボルマスコット「せんとくん」で
ちょっと奈良も騒がれていたけれど・・今またちょっと地味?
今年は「古都奈良の文化財」の世界遺産登録10周年でもあるらしいけど・・
それもねえ・・。
『古都奈良の文化財』は、8つ。
東大寺 興福寺 春日大社
元興寺 薬師寺 唐招提寺
平城宮跡  春日山原始林

っていっても・・ピンとくるのかこないのか??

では秋なら昨日から始まった「正倉院展」は??

それよりもう少し・・ミステリーを扱って見たようなのがこの雑誌。
[20の謎を歩く コース別大和路ガイド] な~んて紹介で
 斑鳩 散策コースを見るならば・・
「法隆寺から龍田越えへ、聖徳太子をしのぶ旅」ということで
 ・斑鳩は聖徳太子のアンテナショップだった?
 ・仏教は538年には伝来しなかった?
 ・聖徳太子はホントに万葉歌人?
 ・法隆寺は一度焼け落ちた?
なんて感じでかかれてて更に
「小特集◎こんなの初めて! 仏像の新しい見方」
これもけっこう面白い。

このところ奈良とご無沙汰だけど・・やっぱり奈良は面白い。

奈良のそば??京都宇治の平等院では、12月7日まで
「国宝の菩薩像公開」ってころで「雲中(うんちゅう)供養菩薩像・南26号」の
特別展を開催してるようだ。
Comments (4)

芸術祭 十月大歌舞伎 昼の部 千穐楽

2008年10月26日 | 歌舞伎
10月26日 日曜日 歌舞伎座千穐楽
千穐楽に出かけるのは、久々だった。
歌舞伎座に到着すると大きな「御禮本日千穐楽」という幕。
そうそう、この大きな幕が、良いですよね。
歌舞伎座前では、みなさん記念撮影。劇場前でこんなに記念撮影する場所って
常設劇場じゃそうないでしょう。
歌舞伎座建替まで、記念撮影する人はさらに増えるのかな。

そんな気持ちで、私も思わずシャッターを切った・・がなんと1枚撮ったら電池切れ。
一人苦笑い。

そして本日は、1等席。・・って今月は贅沢に3回も座ってお金あるはずがない。

幕開きと共にに・・出演者やはり力入っている。
「重の井」
今まで以上に福助の重の井母親としての葛藤が切実に。
そして息子与之助の小吉も今までに増して・・泣かせる芝居を見せてくれる。
母と子・・素直に泣ける。
ただこの話、ついこの前までなら日本も家族より、ご奉公、そして義理人情・・
ゆえに、母は、馬子になっている息子を目の前に、自分は着飾って姫の乳母はしてるが、子供になにもしてやれない・・母と子と誰かに知れてはならない・・息子を突き放さねば・・とありえたけれど・・今はどうなのだろう?
仕事より家庭・・になりつつ日本。
でもやはり・・ありえる話か?

「奴道成寺」
花四天の「とうづくし」・・いつもよりちょっと長めでありがとう・・といった茂之助。長すぎて、かみかみに・・。客席からの拍手も・・「とう」になる前に、言いたいことがわかって・・待ちきれず早めに起きた。
ふと舞台を見るとお囃子さんも苦笑い?
そんな楽しいこともありつつ、松緑も力がこもる。今日は拍手も多かった。
最後に鐘にあがって、勢い込めて、「はっ!」と、松緑が、言う前に、思わず見ていたお客さんが「はっ!」って・・。お客さんも力がはいってしまったようだ。

「魚屋宗五郎」
宗五郎家族・・宗五郎、おはま、太兵衛、そして奉公人三吉力がこもる。
最初に見た時は・・なんとなく宗五郎とおはま・・息が合っているのかいないのか?
なんとなく探りが感じられたが・・今回でない、それまでの宗五郎一家とは、また違った新しい宗五郎一家になっていたかな。
「酒を呑んでも呑まれるな。」

「藤娘」
やはり今月最高の「藤娘」
可愛い、チャーミング。あどけない藤の精。
芝翫さんの「藤娘」
人間やはり年には勝てない、年は残酷とか、年齢を重ねて
どうにもならないことがあるけれど・・
「可愛さ・あどけなさ」って「幼い子」「子供」って連想してしまうところ
そうじゃないって・・。素敵な年を重ねたいものって思ってしまった。
Comments (4)   Trackback (1)

YOHEI IZUMI LIVE2008

2008年10月25日 | コンサート
YOHEI IZUMI LIVE2008
   ~ Song for you ~

10月25日 初台 Doors
『ミス・サイゴン』が終わって。博多公演まで、しばし間の空く期間。
出演者のみなざん、ライブやお芝居活動へ。

そんな一人トゥイ役の泉見洋平くんのライブへ
会場には席があるが、それはたぶんFCでチケットを買った方々。

でも入る前に、FCでの購入者の方だろうか?今回チケットにトラブルがあったようで、2回あるステージのチケットが、逆だったらしい。
ライブハウスがそう大きくないゆえ、そんなことも笑ってだが・・
大きな会場だったらスタッフも大変なことになるんだろうなあ・・と思わず。

そして、すでに座れる席はないゆえ、後方にてスタンディング。
スタンディングとわかれば・・私が目指すのは・・後方寄りかかれる場所!!
しっかり該当場所み~つけ!!

でも、時間的に2時間15分位ゆえ・・寄掛かりは必要としなかった。

曲は、アンコールまで入れて20曲・・だったかな。
彼の歌う曲は・・J-POPsというところ。
バンドメンバーは、10年の付合いとか・・。

この日2回のステージで、ステージ上も、客席も2回目でのっけから、盛り上がる。
その為、ペットボトルの水を浴びた彼だが・・楽器は、大丈夫?
な~んて思わず。
そして客席も、サイリウム(折る蛍光ペンライト?)をふったり、腕に巻いたりする人が・・けっこう多い
これって・・私の知ってるのは・・演歌歌手と中国人歌手だけど・・
今のアイドル系もそうなのかな?

私が最近でかけたライブでは、彼だけかなあ・・。
サイリウムが、にぎわっているのは。

ゆえに、なとも懐かしいものがある。20代の頃追っかけ状態だったバンドに
着いてる10代の子達がそんなことしていたし・・
曲もちょっと似てるかも・・。
ただし。泉見洋平くんのファンは・・その頃の10代ではく、その頃大人決め込んでいた私達?20代以上かなあ?

隣には・・リズム滅茶苦茶刻めないファンも・・
思わず・・手拍子をあえて私大きくしてみました・・って。

その手拍子。
「愛のロンド」という曲でパルマ(フラメンコ独特の手拍子アンサンブル)をみんなでやっても面白そう・・っって勝手に思いながら遊んでいた。けど・・
となりの女性は・・ダメかなあ??

って彼の歌を聴きながらいろいろ思う。
そんな中ミュージカルの曲2曲を聞かせてくれた。
「ダンス オブ ヴァンパイア」 から 「サラ」
そして彼の場合は、「ワールドゴーズラウンド(And The World Goes 'Round)」から「蜘蛛女のキス」

「ダンス オブ ヴァンパイア」のサラのアレンジで、思わず伯爵の息子に襲われたアルフレートを思い出した・・なつかしい。

そして、東京會舘でのクリスマスディナーショーではさらに今まで歌ったことがない曲も歌います・ぜひきてくださいとのことだったが・・すでに観劇予定もあり・・
その分・・買っちゃった。
博多ミスサイゴンのチケ。
本日発売日・・あ~あ。買っちゃった。また、泉見トゥイ見てしまう私。
Comment

ミス・サイゴン 千穐楽

2008年10月24日 | ミュージカル
終わってしまいました。
帝国劇場2008年『ミス・サイゴン』
良くぞ通いました・・昨日住民票を帝劇に移したほうが良い方・・なんて挨拶が原田君からありましたが、そこまでは、とても、とてもですが、私は、描かれる世界が、なんで?どうしてと納得でかず・・『ミス・サイゴン』見まくりました。

そんな「ミスサイゴン」何回見たのか?
そっと後ほど数えましょう。

千穐楽は、藤岡クリス、坂元ジョン、泉見トゥイ出演日。
仕事でいけないかも・・と思われたが、行けそうと思った時に、
職場には、休暇そしてチケット確保。
なにがなんでも休むぞ~という1日に。

そんな千穐楽は・・カーテンコール
この日青組アンサンブルに赤組アンサンブル、それに3人タム揃い組が揃い
プリンシパルの一言づつのご挨拶。

すいません・・耳に残っているのは・・サカケンのレミゼの時と同じ
「特にこだわりのない方は、僕のジョンを見てください」
この言葉でいっぱいの私。この率直さに弱い。

あとは、東宝ブログで確認を。
改めて、誰がなんと言おうと今は、サカケンの私

そしてみんなでアメリカンドリーム。
これは昨日のほうが、盛り上がっていたかも・・
というのは、客席の熱の違いかも。
今日は楽であっても団体客が入っていた。
そして、私の周りも昨日は、何度も通いこんでいる熱烈ファンが多かったが・・
今日は・・ちょっと違う雰囲気が・・。
このちょっとの差が大きく出たアメリカンドリームになってしまったのかも。
それにたぶんプリンシパルメンバーがちゃんとダンスを途中からでも踊ったこともあるかな。
そしてその後、幕となったが、その後、2人つつセンターから登場。
さらにもう一度幕が下りての登場時は、神田トゥイ、菅谷ジジも私服で登場。
そうして終わった帝劇のミスサイゴン。

そんな千穐楽の舞台は・・アンサンブル。元気な青組だった。でも、
ここ数回でアンサンブルのコーラスに大きな差がひらいたいたかな。
♪火がついたサイゴン♪の第一声が・・ここ数回の赤組のボリュームのある響きわたるものに比べると・・あれ?っ違う。
これが席が違ったら・・座る席で・・となるのだが、本日は昨日とまったく同じ席。
音の広がりがアンサンブルで差がでたのにはちょっとびっくり。
博多座では、どうなるかな?とアンサンブルが気になってしまう。

そしてプリンシパル。
なんだろう。見終わって、今は・・なんでしょうねえ。
今日は、泉見トゥイが今までの中で一番良い出来だったなあ・・という感想と
泉見トゥイと知念キムのやり取りが、綺麗さもあり、
互いにすれ違う想いのやり取りが、かわいそうでもあり、痛く感じられて、
戦争というものさえなかったら、幸せになれた二人だったのだろうなあ・・と

そして今は・・いや~楽しみだ。この二人のダンスオブヴァンパイア。って
そっちに目を向ける自分が怖い。
ミスサイゴンやレミぜは幸せになれないコンビだけど『ダンスオブヴァンパイア』では、恋は、叶いますからね。綺麗なコンビをこのまま見せていただけたらと願ってしまう・・博多や名古屋ではまだまだ二人はすれ違いの二人だけど。
(名古屋は一緒になるのかな?・・みていない)

そして、昨日の神田トゥイと原田クリスの対面に対し、
泉見トゥイと藤岡クリス・・この対面は迫力がある。

対面というのは、バルジャンVSジャベールもそうだし、
弁慶富樫・・ってまた話とび過ぎ・・・。

とにかく、二人の間の空気間も緊張するバランスの取れるコンビがいい。

そして対決となるとエレンとキム。
こちらもけっこう迫力あったなあ・・。
彼の元カノがホテルまで来てしまうのだから、妻としては心中穏やかでないし、
自分が妻だと思い続けてタムを彼の化身のごとく大切に育ててきたのにアメリカに戻った彼には妻がいるってどういうことよ!!と同じく心中穏やかならず・・
女性は怖い・・って?

ありえないけど・・もしあの2人の出会いの場にクリスが間に合ってしまったら・・
どうなっていたんだろう?
クリスは、エレンに着くのか?キムをかばうのか?
そしてジョンは?

ありえないけど、ありえたら?と
思ってしまう今日は女性の母として妻の強さを見た場面だった。
「女は弱し、されど母は強し」というけれど・・妻も強い?

この作品は「愛」だそうだが・・その愛どこか屈折してる。
愛って無償の「愛」っていうじゃないか。
ここに登場する人たちは求めすぎていないか?

最後キムは自分を犠牲にするけれど・・
あそこも、早とちりしなければ・・
ジョンが、その前にエンジニアに「アメリカ」にいける?戸籍が取れる?だったか
今ふと忘れたが、あの時点で、言っていたのだから・・・。
なんだかね。

・・おっと・・考えるな考えるな。
妄想に走り出しだしては・・ますい。

千穐楽。これで終わっていいのか?
終わりたくはないけれど・・お金が・・諦めるしかないのか?

こだわって、サカケンジョンが見たいけど・・。
宝くじでも当たらないかな?

友人がGETしてくれた楽の花束
Comments (4)