花がいっぱい。

どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大雨,洪水警報 ですぎじゃない?(BlogPet)

2008年08月31日 | きまま
harumichinの「大雨,洪水警報 ですぎじゃない?」のまねしてかいてみるね

28日未明にかけて雷注意報が動いている東京地方でている東京地方でてますよう...

*このエントリは、ブログペットの「ronron」が書きました。
Comment

大雨,洪水警報 ですぎじゃない?

2008年08月29日 | きまま
28日22時
23区西部/東部
大雨,洪水警報 雷注意報が出ている

東京地方では30日未明にかけて雷を伴った非常に激しい雨の降る所が
ある見込みとも。

昨晩も夜中は、豪雨。
我が家のまわりも瞬間だったのだろうけれど停電に。
気がついたのは停電後の電話あたりの「ピーッ」となった復帰音。

今晩も、先ほどから、ピカピカ、ごろごろ、ジャバジャバ家の中にいても良くわかる。
劇場からでて駅につくまでもすごい雷だった。落雷のため電車が止まるということが最近多い。帰り着くまで、無事電車が動いてますようにって願ってしまう。

私の家の廻りや職場あたりは、朝、長い傘なんかいらないのでは?というような天気だったものの夕方あたりから、積乱雲が発達したらしい
その後夜になってこの大雨。

先日ニュースステーションだったか、地球温暖化の影響でアジア一帯大雨が起こることに予告されていたとかって。

ちょっと前にはエルニーニョ現象とかラニーニャ現象とかって現象もあったがいつの間にか治まったような、今のはどうなのだろう?この状態延々と続くのだろう
Comments (4)

ミス・サイゴン みてます

2008年08月29日 | ミュージカル
市村エンジニアが楽を迎えてからの帝国劇場。
客席は、このところ毎度 さびしいものがある。
水木の2日間、別所エンジニアで、原田クリス・新妻キムと藤岡クリス・知念キム。

落語の枕話(冒頭にお客さんを引きつける話)で、「今日はいっぱいのお運びでうれしい」
「○○の時は、楽屋のほうが、客席より人が多かったんですから。」とか、
「あそこは畳の客席だから、お客さんたち円陣組んで宴会始めちゃった。」など
お客さんが足を運んでくれた事に感謝して、空席を笑いにすることがある。
一方先日の、志の輔の落語会では、
空いている席もあるけど、時期が時期だけに(お盆)、
目に見えないだけで座ってくださってるんじゃないか。って、
これまたわずかな空席のことでもそんな話に持っていった。
舞台ってやっぱりお客さんあってこそでしょう。
帝劇さん頑張ろうよ。って思わずにはいられない。
東宝にとっては、長期戦の公演。
演じてる方のモチベーションだって客席によってかわってくるのでは??

なんだかそんな気がするんだなあ。
たしかにみんな一生懸命とは思うのだけれど...。
なんだか、今回はバランスがね..って感じる事が、しばしば。

エンジニアとジョン。
そしてジョンとクリス。
岡ジョンに感じるのは、ほかの2人に比べて遊びが違いそう。
エンジニアとのやり取り..
同じ別所エンジニアなのに
サカケンジョンと岡ジョンとのやりとりニアンスが随分違うように見えてくる。
もちろん岸ジョンとも。

別所エンジニアが、今回のエンジニア4人のかなでは異彩というところも有るように思うからかもなのだが。
ほかの2人の腹黒さって愛嬌があるというか、抜けてるところがあるのだけど
別所エンジニアって、完全にしたたか、計算高さを感じる。

そしてジョンに関しても、
たぶん岸ジョンって兄貴というかんじで、フレンドリーで話しやすい上司って。
豪傑なところがあるのかな。
サカケンジョンは、兄貴よりちょっと先輩ってかんじで、上司というより、まさに友達的
でもちょっとクリスよりは、世渡り上手というか世間を知ってるというかんじ。
遊ぶけれど、やる時はやりますってタイプ。
でも、これが岡ジョンって完璧に上司で部下としては一歩引いてしまう威厳があたりする。
遊びも..付き合い程度。折り目正しい人って。

だからちょっと抜けてるエンジニアたちは、あえて3人に対応を同じにして、相手の出方を見てるって見えるのだけど、
別所ジョンは、なにか違う..岡ジョンとは完全に腹の探り合いしてるんじゃないかって見えてくるんだな。

まあ、私の個人的見方もかなり入ってるんですけどね。

一方クリス、今現在は、井上クリスと藤岡クリスがジョンに対してというのも、
アプローチが、違ってみえてる。
そのアプローチが思い切り違って見えるのは、藤岡クリス。
井上クリスは、相手に気を使うというより、まず自分ありきで、受け止めてもらっってるかな。
一方、藤岡クリスは、末っ子といいますが、次男といいますか、回りをみて自分が行動起こしてるように見えてくる。

比較的キムとクリスのコンビより、キムとトゥイとの関係みてしまう。
トゥイはとにかくキムが好き、一方的に愛してるっていう訳だけど、
まあこのトゥイの「愛」というには、いたすぎますね。
愛していたら、断られていても彼女を守っていてあげてよ..って思うんだけど、
屈折しすぎ~って。彼女の愛する子供、宝物の命を奪おうとするんですからねえ。

その一方的なトゥイに見せる態度これが、けっこうキム毎にちがって見えてる私。

この舞台たぶん制作側作者の意図もあるんだろうけど、演じ手でかわって見えてるから
ミスサイゴン好き!!って大きな声でいえない今ですが
この人の絡みにハマっているのは確か。

そうじゃなきゃ、いくらサカケンが好き!だってねえ。
サカケンジョンじゃない日もばんばん見てないって。

それに今のMYベスト(ミスサイゴンというストーリーよりも芝居として)
橋本エンジニア、藤岡クリス、知念キム、坂元ジョン、鈴木エレン、泉見トゥィですが、
このバランス崩れると、クリスはこの人のほうが、とか神田トゥイが、いいってなてきてしまう。

それに原田クリスには花束ッもらっちゃったし...。

にサカケンの「ブイドイ」聞かなかった日は、かえってからCDかけちゃうし、
まあこんなものでございます。

おなじような見方してる人、いるのかなあ?って思いながら
とにかく役者さんのモチベーションとにかくあがるように帝劇さん よろしく!!

あっつ9月2日からプログラム40ページほど増えて値段も2000円で
舞台写真付きになるそうです。

Comment

ミス・サイゴン  初クリス

2008年08月28日 | ミュージカル
この日、2回目のS席。
そんな特別な日だったのに・・今日は仕事がめずらしく忙しい。
もう上司が横にくっついて、ああしてくれ、こうしてくれと依頼の山。
もうどうなるかと思ったものの、帝劇開演に間に合わせた自分が偉い!!
とにかくジョン登場まではとにかく席に着こうと必死!
でも、汗ダクダク。汗がしばし引かない。
こういうのってたまりませんね。

そしてご褒美?
今回、花束GET。
いや~ごめんなさい。という感じ。
もう勝手なもので、クリスが私に投げてくれたんじゃないかって(苦笑)

今日は、初原田クリスに会いました。
これで全てのキャストにあったかな。
そんな日に、その初クリスからGET。
横にサカケンジョンいたような気もするのだけど・・。

でも今日はそれよりなにより・・若林コンダクターの指揮に時折見とれて
舞台みていなかったかも。
もう魚眼か、トンボの目になりたかった位。
とくにそれが、ブイ・ドイの時だからたまらない。

そんな若林コンダクター9月半ば過ぎまで登板と知って妙に喜んでしまった私。
塩田ファンごめんなさい。

お芝居のほうは・・実は、前すぎて、たぶんちゃんと見てない!
若林コンダクターとサカケンジョンでいっぱいいっぱいだって(苦笑)

それでも、ちょっと原田クリスは、若いなあ。
こんな男の子が、初めての女じゃないってキムのこと抱いたんだろうけど
クリスって相当な遊び人かい?って。
ジョンじゃないんだから。
ジョンは、ほんと遊んでるよなあ。って。
そのわりになんだかいやらしさのない(?)女性に手馴れてない
うぶなジョンをS席でみていたんだけれど。
女性とのお遊びは岸ジョンのほうが、なかなか様になっているような。

ミスサイゴン日本では説明されてないけれど、オーストラリアのサイトを見た時
小学生には、見るにふさわしくない場面があります。と
注意がされて・・レミゼもそうだけれど、国によっては、かなりきわどい表現になってるのかな?と思う。

今回エレンがシルビアグラブ。これは・・かなり年上女房?
ほとんどのエレンとならんでもそうなのかも。

だた女房は、それでいいけど・・
泉見トゥイとはちょっとバランス悪いかな。
最初の出会い、今現在、泉見トゥイが強すぎ。
ストーリー上久々の出会いトゥイとキムの場所にいたクリス。
トゥイと二人だったら負けそう・・って感じてしまって、
キムがかなり強気の女性って印象に思ってしまった。

まあ、言葉(「セリフ」)といよりそれぞれの芝居で役柄っているのが、いろいろ変わるわけだけどそのコンビの組み合わせっていうバランスも組ませる人は考えて欲しいな。

毎度のことながら、こういう組み合わせって誰がどう考えるのかな?
出演者の希望日程とかギャラなんてことがないように・・って願いたいけど。
かなりいろいろ裏事情というのがあるんだろうなあ。

原田クリス、9月はお休みに入って次回は10月かな。
10月の原田クリスに出会う日はあったかな?

Comment

宝塚BOYS 4

2008年08月27日 | 芝居
またまた見に行った『宝塚BOYS』
今回、この舞台..クリエサイドが、狙ってた客層とは違ったんじゃないかと...。
演じてる人たちは若いけれど、見にきてる年齢層けっこう高め。
初演の「テアトル銀座」に見に行った客層とは、ずいぶん違うのではなかろうかと。
芝居好きが、近所のおっちゃん、おばちゃんさそって「芝居見に行こうや」感覚で、肩のこらない人情喜劇。
ブログのコメントにもいただいた「松竹新喜劇」を思い出させるのかも。
あの男はつらいよの「寅さん」にも感じられる人の暖かさがいっぱいかなっと。

戦後、日本は今のように物はなく、高度成長期に入る前、
誰もが、「戦争」の悲惨さを知っていて、そこから希望をつかもう!夢を見ようって、お金がなくても、生きることに一生懸命だった時代。
美空ひばりの「東京キッド」じゃないけど

うちの親の年代なんでしょうねえ。
(母は、この物語の当時宝塚ファンであり、
 この宝塚に男子部ができたことも知っている)

そんな時代を、懐かしみながら、
夢をかなえられず、あらたな道に進んでいったほろ苦い青春だけど、
仲間とともにすごした一生懸命の時間をきっと宝物にした者達の物語。

でも演じるほうは、今を生きる青年たちだからこそ、その時代をちゃーんと心しないと、難しいかもね。
一番近い昭和の時代ながら、今のセンスとはだいぶ違うんだから。

でもそんな若者が演じてるけど、今こうやって客席に爺婆が、増えって
芝居がいい.ってことなんじゃないか。って。
爺婆のミーハー観劇なんてそういるもんじゃない・・
でもひょっとして招待券?だったりする??

かなりいい加減。

人間として昨今、自分が認められないからとか、
恋人が出来ないからとか、だれでもいいから殺したいとか・・
なんだかおかしくなってきてない?と思うこの頃、

このお芝居みてちょっとだけでも人情を感じてほしいな・・って
それにしたら9500円は高い・・っか。
ミュージカル「レベッカ」よりは、安いけど・・
ちょっと見てみようという感覚じゃないなあ。きっと。
むずかしいな。
Comments (2)

第14回 稚魚の会・歌舞伎会合同公演 B班

2008年08月27日 | 歌舞伎
26日
この日は、第14回 稚魚の会・歌舞伎会合同公演 B班。
この日が最終日となる。

国立劇場小劇場 若い人もいるけれど 年齢の高い歌舞伎ファンが、多いのかなあ?
それとも出演者の関係者かなあ。
稚魚の会を応援する会もあるようだ。

この公演は、料金が安くて本格歌舞伎!!
本物歌舞伎といってもいいのでは?と。
大御所の御曹司演じる舞台とは違う、若手の気持ちいい舞台。
値段以上の満足そして、これからも応援していこう!って思う舞台。

車引 
松王丸 市川升平..写真じゃおとなしそうなんだけど、やっぱり成田屋!って、でっかかった
梅王丸 尾上辰巳..この人はトンボのおにいさんってイメージだったけど、尾上松緑の弟子なんだなあ..って松緑によく似てました。
桜丸 尾上みどり..背が高くて、立役ってかんじだったけれど、実は、女形だったのかあ。さわやかできれいにポーズが決まってた。
時平 市川竜之助..市川左團次一門。男女蔵より若いとはまったく感じない堂々とした時平だった。

釣女 
このB班では、市川升吉 醜女だったけれど、A班の尾上徳松の醜女。
たしかに醜女なんだけど、かわいいのなんのって..思わず太郎冠者あきらめろ!
こんなかわいい女性はいないぞ!!って。
本公演でもやってほしい。って思わず。 この方ニューヨークの演劇学校をでてるのだそうな。へえ..と思わず。
そういえば、 片岡嶋之亟 も京大に籍を置いていたことあり..って
歌舞伎を支える人たち...いろいろな方がいるんだなあ。と。

番町皿屋敷
お菊 中村京妙 播磨 市川新十郎
このコンビすご~いって思わず。
市川新十郎..この方も成田屋...團十郎ににてる~。
最近名代昇進もされて、先日は東京新聞の記事にものってた。
この方も今までは、立ち回りのリーダーって感じだったけれど、
今後が楽しみ...。
この方も海老蔵より、所作等團十郎ににてるんでは?

勢獅子
勢揃いってところでしょうか。
鳶頭鶴吉 市川左字郎
鳶頭亀吉 尾上松男

今回、成田屋、音羽屋、高島屋、京屋、播磨屋....ほかにもいたけど、
プログラム見ると、8月は歌舞伎座やら、巡業やら..でてる人も多いから
この勉強会出られる人って限られてるようで...。

もっといろいろな人も見てみたいけど...。
そうはいかないのかな。


Comment

アクセス数

2008年08月26日 | きまま
さて次に述べる組織の関係はなんでしょう??

国立立遺伝学研究所 理化学研究所
日本赤十字 山梨総合教育センター
日本銀行協会 アデランス
MOAIR

東京家政学院 秋田大学
東京学芸大学 大妻女子大学
東京大学 早稲田大学
東北大学 河合塾
身延山大学

東宝グループ 日本ビクター
松竹 劇団四季
博報堂 東北新社
日経BP 読売

うすうすお判りになるのではないか、と思うのですが、
ここ1ヶ月で、私のブログのアクセスドメインから出てきたいくつかのホスト名。
プロバイダードメインでないドメイン。
すごい不思議なところからのアクセスを見つける。

いつも職場から見てくださってるのかなあ?と思われる何回も登場する会社のドメインもあるのだけれど、そのほかの大学はさておき
出版社やエンターテイメント関連のドメインにはなぜ?って思う。

検索単語で引っかかってアクセスするのでしょう。
思わず著作権とか侵害してないよね。とアクセスしてきたところに。
文句とかは、改善希望をかねて言ってたりしますけどね。

最近は無料でアクセス解析をしてくれるので、
アクセス数よりそんな事 が気になる私。

ブログ始めた頃は、「ランキングにのせませんか?」のようなお誘いメールを
警戒していて無視していたが、最近は、とりあえず登録しておく か..に
姿勢かわって..。
でも、ちゃんと設定してるか? と思う事も。

アクセス解析は、各それぞれ調査の仕方がちがうんでしょうねえ。
いろいろ数が 違って出ます。
現在は、ブログアクセスのプロバイダーだけをみると、九州のプロバイダーや、関西、東海のプロバイダーや、新潟とか、の名前をみつけることも。

一方アクセス数が、そんなにあるならと以前、お小遣いになるよ。と友人から 進められたアフィリエイトもやってみるけど面倒なんです。
まだ1円にもならず。もっとがんばるべき??
お小遣いになってる方ご指導ください。(苦笑)

また、言いたい放題でもココはあえて控えておこうなど、ちょっとは、考える私です。
Comment

ミス・サイゴン・・24日トークイベント付き

2008年08月25日 | ミュージカル
24日、ミス・サイゴントーク付きってことでチケッット買ったんですが・・
この日当初は、エンジニアの筧さん ジョン岸さん クリス藤岡くんということで
購入したのに途中でこの日は、音楽担当の ビリーさん参加ということになっていた。
なんで?と思いつつ、結局別の日にやればよかったんじゃないかな?とちょっと思ってしまったミスサイゴン。
この日にやらず、新たにやってもよさそうなのに・・と。

エンジニアの筧さん今日のトークは文化的に・・ということで、
ミスサイゴンの音楽のことについて話が広がるのだけど
それ以外の脱線話がけっこう面白く・・、その話を続けて欲しいな3人で
と思うことしばしば。

まず、藤岡君って歌がうまいね。と筧さん、昔東京12チャンネルの番組で、
ケミストリーの2人と一緒に残ったんでしょ?
なんでそんなに上手いの?
と紹介されCDもでてるんでしょ。
お勧めの曲は?と
サビの部分を歌いだした藤岡君だったけれど、そこで
先日の藤岡くんのライブのゲストでピアノを弾いたビリーさん
じゃあ8小節ね・・とサビじゃないところを・・
藤岡君・・あっ、そこ?ええっつ?そこ?
と少々息が合わず・・でもそれでもとりあえず、サビじゃない8小節を
聞かせてくれる。
そこで筧さんぜひ、お買いくださいね。と
また岸さんには元戦隊やってたんだよね。
何やってたの?・・カーレンジャーのレッド。もう12年前ですからねえ。
でどうしてこのミュージカルやったの?
アテレコとかやって歌が好きだったんで、新聞に載ってたレミゼの一般公募ですよ。ということから
僕もビデオオーディションなのよ。と
そこで筧さんが東宝に出入りしてた時、レミゼの練習をしていた面々があの人たぶんエンジニアだよね。って言ってたんですよ~って岸さん。

そのほかに筧さんミュージカルでは、歌をセリフのように歌うとか、聞かせるひととかいるけど今回ようやく音符にセリフがのせられるようになったとかでも
休止符とかスタッカートとかだめなのよね。
それに今回は指揮者の塩田さんとかみてるし・・前回はそんなのまったく無視していたとかって。

そのオーディション談義の時でしょうか、ビリーさんが、ビデオを海外におくって、シェーンベルグさんやマッキントッシュさが、いろいろ書いて戻してくるとか・・。って。
そこで藤岡君「一応不可じゃないから僕達ここにいるんですよね」って。
いろいろ細かく書いて来るんだ・・っていうことだったけれど・・
思わず・・それで更に東宝の好みっていうのもあるんでしょ・・って
小声で言ってしまいたくなってしまった私だたりして。

今回のミスサイゴンはさておき、レミゼはどうなんでしょうねえ・・って。

また筧さんは、レミゼで、藤岡君はそのうち、ジャベールやってバルジャンでしょう?っていうと藤岡君タッパがないから・・って言ってたけど、
思わず先日「アンジョルラスやりたい」って言ってたのに、そう返さないところが、可愛かったりする。

そしてアンケートの質問で男性3人に、ジジとエレンとキムと誰が好きですか?
と答え。
藤岡君・・ぼく3人ともだめ。キムも死んじゃうでしょう。
僕についてきてくれるひとじゃなと・・と。
そういうと最初の頃のキムってそうでしょう?と筧さん。
たしかにでも死んじゃうから・・って。
さらに筧さん突っ込んで4人の誰がいい?だったかな?
それにエレンについても誰がいい?のような質問。
でも答えを濁していた藤岡君。
一方岸さんは・・言う前に、エレンでしょ。
鈴木ほのかさん?となぜか個人名登場。
そして、岸さんも筧さんに鈴木ほのかさん?と
鈴木ほのかさん・・なにかあったのかしらん?

でもジョンってジジとあやしいよね。
まあ常連だからねえ。
でもエレンとだってやってるんじゃないかって・・(藤岡くん)
ジョンとしては、と岸さん。あの最後でキムがクリスを思う姿をみて
いとおしいって思っちゃうんだよね。ジョンは・・ってジョンはキムがお好き?

エンジニアは、ジジと出来てるかんじだよね。とまあさすが男性3人もりあがってしまう。

さらに年上だ、年下だ・・とか。

ジョンは、ウィリアムジョンって名前といった岸さんだけど、これは岸さんのジョンに限ってだそうで、ほかのジョンはしらない。ジョンってジョンしか名前がないってことも今回知って、

そのほかに、声の発声方法とか、マリウス時の藤岡君にくらべクリスは大人になったねえ・・とか、いろいろほかにもエピソード話。

あっ、それに今日タム君お漏らししちゃって、「ごめんあさい」と可愛いエピソードも。


ミス・サイゴンの音楽のはなしでなくても、なんだかどんどん話が進みそうなんだけれど、やっぱりビリーさんは、音楽のことはなしたいんだよね。

ここに日本だけ音がある。と海外では、ドリームを1音でいえるけれど、日本だと「ゆめ」が2つ音を使っているとか、逆に音をはずしてしまったということや、
各自テーマ曲がある。この曲が出てくるとこの人でと、クリスとエンジニアは紹介でもジョンは・・とジョンが歌っている曲も最初キムの曲だったと、ジョンの曲はないらしい。
そしてドラマチックなことが起こる前はこの曲・・と弾いてくれるんですけれど
この音楽紹介と、3人のトークほんと別がよかったかなあ・・。


まああとは、おって・・よりも話題に塩田さんが出ていたのだけれど、
この日指揮者が若林さんになっていた。

もう最初からまったく音が違って・・
今日はどうしたの?指揮者?と毎度見ない今日のキャスト表を見なかったのが悔やまれるほど。
私は、ミスサイゴンも若林のアレンジのほうが好きだ。
私にとって断然いい。

でも出演者にしたら、塩田さんのほうが歌いやすいのかな。
とおもうことも。
でもでも・・ほんとなんでこんなに音がいいの?(私だけかもだが)

どこだったかパーカションおかしいように感じた箇所もあるけれど、
もう1幕では、初めて、役者より音楽聴いていたいな・・って思ったほど。
開演後、席が今までに座らなかった2階B席下手側ゆえ?
スピーカーが違う?変えたの?PAのせい?担当者変わった?
いろいろ思ったのだが、そうじゃなくて、指揮者が違うから?
休憩に入ったとたん、キャスト表を見に行き、指揮者を
あっ!!やっぱり。
その文字をみただけで納得。

暫くは、若林コンダクターが担当なのかな?
そうあっていただきたいけれど・・どうなのかな。

先日藤岡君のライブを聞きに言った時、1階でオーケストラが演奏していたのは、
指揮者が、変わるからだったのかな?と今思えば状態でもある。
誠に勝手ながら、今が通い時~って。
キャストもさることながら指揮者も事前にわかるとうれしいなあ・・。

次回今週実はS席がある・・音がいいとはとても思えない席だけれど、
若林さんの手が見えるかも・・・。うれしい。

さて、そしてキャストは追ってまた。
ただ先日新妻キムもよかったのだけれど、キムとしては知念キムが
一番このミュージカルでは、いいな。
彼女で今日ようやく最後に彼女が命を絶つというのがわかったような。
彼女みたいなキムなら死んでしまうかも・・だった。

クリスの妻になれないならで、結局はおいおい、なんだけど
彼女ならやりかねないって。

まあ、あとはこちらも追って・・本日はこの辺で

Comment

宝塚BOYS 3

2008年08月24日 | 芝居
シアタークリエ 
15列センター

前回までは前方席だったのだけれど・・
この席・・通路からの出入りは面倒なのだけれど
座って舞台全体、お芝居全体を見るのには一番かも・・と
そのため出演者それぞれの細かさは見て取れないんだけれど・・

宝塚少女歌劇に男子部として舞台に立つことを夢見て
生きてきた若者達の戦後のほろ苦い青春グラフティ。
初演じとちがって今回の再演は、観劇年齢ちょっと高いのは
出演者の違い?なんて思うところもあるけれど、
人情ドラマで終始笑わされるんだけど、この切なさがいいのかも。
昭和のあたたかさじゃないかって。
セリフもしっかり思えていないけれど、
「お金がなくても人は心を豊かにする娯楽」とか
「物事斜めから見る」とか
「俺のこぶしのとどくところでいえ」とか
「夢は叶えるんじゃなくてつかむもの」とか
「おーい子供達」とか・・
「飴ちゃん」とか
 とか、とか、どれももれも
人間同士、友達同士、「会話」の中に出てくる言葉それぞれが
耳に優しくあったかく引っかかる。ある種昭和ノスタルジーかも。

その宝塚男子部一期生での上原文夫さんをモデルとしたのが
柳家花緑演じる上原金蔵だそうだ。
試験で田端義夫の帰り舟を歌ったら合格したという鈴木繁男さん。
この役は猪野学さん演じている山田浩二だろうか。でも日舞は違うのかな?
そのほかにもバレエが得意だった方や馬の足をえんじたという方など
1945年から52年の間に4回にわたって25人が合格したそうな。
その、実際のドラマがあってこの舞台は、初演時は役者にあてがきされたようなところもあるらしいので、再演で、バトンタッチされた方は、大変かと思っていたが、ここに来てようやく新しいメンバーが馴染んだかな。
とくに初演インパクトの強かった太田川は大変だったのではなかろうかと。

一方夢のレビュー場面。今まではやはり吉野圭吾演じる星野に目が行って2番目に
上原、そして3番目に葛山信吾演じる竹内さんだったのだけど、
猪野学さん演じている山田ってこんなに上手だったの?と
お芝居は惹かれる方だったが、レビューでダンスの止めがかっこいい。
やっぱり前回以上に練習されてるのかなあ。。とついつい目が行っていた。

今日はなんだか今まで見た中でこのお芝居1番長く感じたのは何故だろう?
どっしりきた。
別に時間ではないと思うんだけれど・・。

見終わって・・クリエから帝劇に向った。
Comments (6)

第14回 稚魚の会・歌舞伎会合同公演

2008年08月24日 | 歌舞伎
国立劇場小劇場

23日2回公演
11時=A班/4時=B班

○菅原伝授手習鑑 一幕
 車引

○釣女 常磐津連中

○番町皿屋敷 一幕二場
 麹町山王下の場
 番町青山家の場

○勢獅子 常磐津連中


2回公演を観劇。
A班、B班に別れて同じ演目。

今月歌舞伎座を初めいろいろなところで活躍する国立劇場歌舞伎俳優研修修了生も多くいるが、この合同公演、国立劇場歌舞伎俳優研修修了生と既成者(研修修了生でない方)が見せてくれる勉強会といったところ。

歌舞伎の舞台、先ず主役に目が行くが、見始めるとだんだん周りにいる人たちが気になてくる。
村人だったり、家臣や、腰元だったり・・あの人誰?あの綺麗な人!かっこいい人!など。気になるけれど・・。とそんな気になる人たちが見せててくれる舞台。

おまけのようだが、指導している役者さんだけでなく、出演者の師匠にあたる役者さんが、客席後方で自分の弟子達を見てる姿をみかけることも。

毎年この8月に行われる夏の行事だ。

私自身この公演には、普段気にしてる人たちが多くでている。
またこの公演から気になって本公演ではどこにいるのかなあ・・と見てしまうことも。

A班B班同じものながら、違って見えるのも楽しく、やはりその方の親方に芝居や踊りが似てる~と、その親方がその役になったらそう演じるだろうなあって見えてくる方もいる。

細かくはまたそのうちに・・。
Comments (2)