花がいっぱい。

どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダンスライブ「ルイジアナ」  

2010年02月28日 | 舞台いろいろ
構成・演出:辻本知彦

dance:
平原慎太郎/Dance of free form
青剣/Bohemian
イスマエラ/アフリカン
柴一平/コンテンポラリー
西川卓/ジャズ・コンテンポラリー
安平和馬/コンテンポラリー
美木マサオ/コンテンポラリー&声も使った即興
ケンジル・ビエン/BROKEN DANCE
西田健二/フリースタイル
辻本知彦/コンテンポラリー

music:
松本じろ 大嶋俊之

会場は、あうるすぽっと

27日&28日 2回公演

辻本知彦が構成・演出をつとめ、様々なジャンルで活躍する
若手男性ダンサー総勢10名、ミュージシャンと共にお送りする
ダンスライブ。

と紹介されていたステージ。
辻本さん蜘蛛女でぎっくり腰になったといっていたが、この公演は?
ダンスライブ・・どんなステージなのだろう?出演者も
ほんとうにいろいろなパフォーマーがいっぱい。
アフリカンって?
アフリカのダンスだよね。
BROKEN DANCEは?
これもよくわからない・・・でもでも、このライブでなにかちょっとわかった気がする。

ダンサー達が誰もが楽しんでいて、遊んでいて(?)勝負している、迫力満点のダンス。
構成・演出は、あってもパフォーマンスは、各自それぞれの持ち味を活かして見せてくれる。

だから、誰もが、一緒でない。
おでんであっても中身は、大根だったり、ジャガイモだったり、こんにゃく、卵、さつま揚げ・・違うのだ。ってたとえがひどいか・・(苦笑)
持ち味個性が違っている。

そのうえライブってあるからか?
2日間同じでない。同じであっても、まったく違う動きだったりする。
1日目は、みんなでお団子のようにかさなって、何人へんなかこで重ねれるか・・
みたいだったパフォーマンスが、本日重なって行くうちに、舞台バックの鉄柱にあがってしまった人がいた。
西田さん。・・けっこうミュージカルや、ダンスショーのバックで踊っている時は、かなりかっこいい方だけど・・そのかっこよさでなく、楽しむ、遊ぶ、見せる技・・実力といった感じだ。

ちょっと懐かしいKayMのステージを思い出す。
まじめな顔で、なんだこりゃというパフォーマンスをみせてくれていたユニットだ。
KayMメンバーに辻本さんがいたけれど、
ほかに山田茂樹さん、桑原文生さん、三木雄馬さん、
佐藤洋介さん、三枝宏次さんといろいろな舞台で大活躍の方々だ。

2日目には、辻本さんからマイクを通してメンバー紹介もちゃんとあって(初日になかったよなあ)
よくわからなかったけれど・・アフリカン。
気になったなあ。

イスマエラさん紹介文には、セネガルのダンス舞踊サーバルダンスを踊れる数すくないダンサーさんなんだそうな。

そしてなんやかんや申しても、やっぱり辻本さんのダンスパフォーマンスには、惹かれます。
2日間楽しかった~~~。思わず手作りCD(使われた音楽のCD)を購入してしまいました(笑)

Comment   この記事についてブログを書く
« 港幸樹ソロライブ VOICE4th  | TOP | 3月の予定 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 舞台いろいろ

Similar Entries