花がいっぱい。

どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レミゼ、解説パンフ

2011年03月23日 | ミュージカル
本日仕事で帝劇そばにでかけましたので、ちょいっと寄り道。
帝劇チケ窓口でレ・ミゼラブルのチケットを受け取ってきました。
(来月・・・もうすこし世の中落ち着いていることを望みますが)
チケット窓口の横におかれているチラシのなかに、
「レ・ミゼラブルを5分で10杯楽しむガイド」っていうチラシがありました。
高校生や中学生用ということで、ミュージカル「モーツアルト!」の時にもでていましたが、今回も生徒さん対応のチラシのようですが、
観劇するかたみなさんにおすすめってかんじです。
大人用というのでなく中高生用だからよけいわかり易いのでしょう。

レミは、ユゴーのばかなが~~~い小説「レ・ミゼラブル」をミュージカルにしたてて3時間。
舞台も暗いし、登場人物の関係もすぐにはわかりかねるし・・
あげく台詞という台詞は、歌でうたわれてしまうし、
有名な?歴史あるミュージカルでもめったに舞台を見に行かない人達にとって初回見に行って話の内容把握は、むずかしそう。

そこで・・前もっての予備知識ものとしては、このチラシ
『第一幕までのあらすじ』ってことであらすじのほかに
「人物相関図」(ここが一番おすすめポイント!)があり、
『バルジャンたちが生きた時代』ってことで、時代背景に
「レミゼラブル関連年表」があり
舞台の説明で、廻り舞台の説明や照明の説明があったり、衣装が400種類あるとか楽曲の秘密とかって・・
見る前に読んでも、見てから読んでもちょっとした豆知識としてよさそうです。

ちなみに、レミ豆知識として
日本語版ではバルジャンの囚人番号「24653」は、日本語で発音しやすいように英語版からわざわざ変更したものです。
英語版では「24601」(two-four-six-o-one)
と紹介されています。

そうそう7月のチラシもでたんですねえ。
表紙をめくると・・三銃士のみなさんやロシュフォールかっこいいです。
大好きなサカケン・・蹴りいれてるのか??なにか笑える。



でもね。ミュージカル界のオールスターキャスト&スタッフって文字にさらに苦笑いしてしまう私。
Comments (2)   この記事についてブログを書く
« どこにいったのかなあ? | TOP | 久しぶり »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
いよいよですね (yukinama)
2011-03-24 15:53:32
レミゼもいよいよ開幕ですね。
地震の影響が気になりますが…
各バルジャン一回ずつに、新妻ファンティーヌを
見に行きます。

三銃士も楽しみです♪
しかし、祐一郎さんのあの手の動き
何とかならないか(笑)
トートのパンフお写真も同じで見て
つい吹いてしまいました…ぷぷぷ
アンジョくん (harumichin)
2011-03-24 22:13:48
芝居や原発のことから、お芝居もうしろめたさなく見れるといいな。と思うこの頃です。

レミ・・・開幕できますように。って願ってます。
すべてB席で、ジャベールメインでジャベとバルジャンのコンビどうみようかな・・と思いつつ、結局見れそうな時に・・といい加減なチケットの買い方になってしまいました。

なんとなく、新人アンジョくん2名が、気になっています。

post a comment

Recent Entries | ミュージカル