花がいっぱい。

どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レジェンド コンサート 2012

2012年09月20日 | コンサート
故郷・・
兎 追いし かの山
小鮒 釣りし かの川
夢は今もめぐりて 忘れがたき ふるさと~♪

皆さんうたえますか~~~ってかんじで、
MCのあとは練習なして
コンサートアンコールで会場みんなが斉唱したのがこの「故郷」フルコーラスでした。

今日は三越劇場でのコンサート
レジェンド コンサート 2012 三越劇場 特別公演に行ってきました。

レジェンドは何度となくブログにも登場しているヴォーカルグループです。
最近は、ヴォーカル5人にピアノの2名も一緒で「レジェンド」って感じもしますけど。

国立(くにたち)音楽大出身のオペラユニットってことで、いろいろなところで活動している彼等ですが
なんといっても・・いま一番お金と時間があると言われる団塊世代の女性がファンの中核を占めてます。
ってかんじで会場も・・ひょっとすると私は若いほうか??って思ってしまうのですが・・。

そんなファンが多い『レジェンド 』
今回は、三越劇場での初コンサートということで1部は、彼等によるオペラを紹介
彼のテーマ曲のような椿姫「乾杯の歌」からはじまり、早口言葉的な曲があって、愛の妙薬からの曲があって・・って
ほんと題名しらないけれど・・いつかこれか!!って解るかも。で
最後は、こうもりから「乾杯の歌」でした。これは知ってるぞ!!ッて思わず(笑)

日本の最近のミュージカルってほんとはこれは、テノールじゃなくてバリトンでしょ。
ってそしてヒロインはソプラノでしょ。ッて思うのに高い声になると喉をしめつけるような事になっているような人を抜擢というか
作品のイメージありきでなく出演者の人気度ありきでくるからぐたぐたに成ってるようにしばしばかんじるのですが
オペラというのはそのへんしっかりまもっていらっしゃる・・。

で今回はオペラでないもののそんな形式やらいろいろ重視されることが沢山あって
とっつきにくいオペラをもっと身近に感じさせてくれる彼等は・・
うれしい存在なのです。

青年をかんじることのできるテノール。
なんだかあやしいバリトンとかね。

歌詞がわからなくてもうたえて雰囲気が出てると楽しいってね。


さらに休憩をはさんでは、彼等が最近出した日本の唱歌から。
席のうしろに座った伯母様・・「私達はしってるけど子ども達は知らないわよね~」
っていうけど・・

子ども達に教えるのは先生や友達だけでなく親だって教えなくっちゃ・・って
思わず苦笑いしちゃいました。

これでも私幼稚園の先生やってた時代子どもたちに唱歌教えてましたよ~~~。
子ども達けっこう好きでしたよ。「ちいさい秋みつけた」は一番人気だったかな。
歌詞にあわせてふりつけしたり、絵をかいたりね
それに意味も解らなかったけれど「ふるさと」も教えちゃったけ。
って懐かしい限り。

「レジェンド」前回は母を誘ったのに今回は誘わず・・さそってあげればよかったかな。って。

コンサート最後の曲は彼等が客席をまわってくれるんだけど・・これがもうおばさん達の元気の素か!!って
韓流ファンにけっしてまけてないセレブオバサマ達に圧倒されながら楽しんだひとときでした。

旬歌~美しき国に生まれて
ソニー・ミュージックダイレクト
ソニー・ミュージックダイレクト

Comment   この記事についてブログを書く
« モレスキン×『スター・ウォー... | TOP | 佐渡裕指揮『ウエスト・サイ... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | コンサート