資料:「9月8日八重山全教育委員協議の決定を認めさせる県民集会」のプログラムと声明文

2011-11-30 21:56:57 | 沖縄
【資料1】 「9月8日八重山全教育委員協議の決定を認めさせる県民集会」プログラム 2011年11月23日(水) 午後2時より かでな文化センター 司会:平 哲男(高教組) 1.開会のあいさつ    玉那覇 哲(高教組) 2.県民集会実行委員会からのあいさつ   山本 隆司(沖教組) 3.八重山住民のあいさつ  ①石垣市~藤井 幸子(子どもと教科書を考える八重山住民の会事務局 . . . 本文を読む
コメント

【緊急の呼びかけ】原発輸出なんてあり得ない! STOP 原子力協定! 12.1 緊急官邸前アクション

2011-11-30 21:32:26 | 社会
杉原浩司(福島原発事故緊急会議/みどりの未来)です。 既に情報が流れている通り、原発輸出の足がかりとなる原子力協定(何と 4ヶ国分!=ヨルダン、ベトナム、韓国、ロシア)が12月2日(金)の衆院外 務委員会(野田首相も出席)で採決されようとしています。 そこで、急ではありますが、明日12月1日(木)午後6時より、首相官邸 前にて、原発輸出反対、原子力協定反対の緊急アクションを行います。 ぜひご . . . 本文を読む
コメント

河原井・根津「君が代」裁判最高裁弁論11月28日/レイバーネットML

2011-11-30 18:51:58 | 教育
11月28日、河原井・根津「君が代」裁判の最高裁弁論が開かれました。 その報告をレイバーネットに書きましたので、ご覧ください。     ↓ http://www.labornetjp.org/news/2011/1128hokoku 以下は今回、初めて最高裁に入った印象記です。 少し長めですが、興味のある方はお読みください。 ―――――――――――――――――― 河原井・根津「君が代」裁判の弁 . . . 本文を読む
コメント

経産省前テントひろば 80日目 テント日誌 11/29

2011-11-30 18:48:40 | 社会
<テント日誌 11/29(火)> テントの情報は世界へ、日本へ ―― 経産省前テントひろば 80日目 ――  陽射しが日ごとに弱まる3温4寒の日々。今日は暖かな過ごし易い 1日だった。H氏が設置してくれたソーラー発電の装置もこのところ 出番が少なくなった。太陽が中天に昇らずビルとビルの隙間に僅かに顔を 出すだけなので仕方がな . . . 本文を読む
コメント

HTS支部塩田委員長事実上の解雇に中労委命令/全国一般東京東部労組

2011-11-30 18:46:39 | 労働運動
「取材に応じた」ことでの事実上の解雇を受け、闘っているHTS(阪急トラベ ルサポート)支部塩田委員長。昨日11/29、中労委命令は命令を交付し、 「アサイン停止」解除を会社に命じました。 組合はこの中労委命令に基づき塩田さんをただちに職場に戻すよう、さらに強く 求めていきます! 以下ご報告です。 詳細についてはブログ「労働相談センター・スタッフ日記」 http://blog.goo.ne.jp . . . 本文を読む
コメント

世界ヒバクシャ展緊急フォーラム 12月7日東京

2011-11-30 18:44:55 | 社会
世 界ヒバクシャ展緊急フォーラム 12月7日(水) 場 所  めぐろパーシモンホール 大ホール 東急東横線都立大学駅より徒歩7分 時 間  昼 の部10時30分~17時 (開場10時)      交流タイム 17時~18時30分      夜の部18時30分~21時 (開場17時30分) 【昼 の部】 放射能の身体への影響をどう抑えるか (午 前) 報 告 竹野内真理(翻訳家、低線量被曝者の会 . . . 本文を読む
コメント

再エネ法の調達価格等算定委員会委員に不適正なメンバー案/環境エネルギー政策研究所 プレスリリース

2011-11-30 18:41:46 | 社会
脱「脱原発」の加速~ 調達価格等算定委員会人事のワナ/東京新聞「特報」  街頭でのデモが下火になるにつれ、官主導の脱「脱原発」の動きが加速してきた。一例は再生可能エネルギーの買い取り価格を検討する有識者委員会(調達価格等算定委員会)。価格は普及を左右するが、委員会の人事案をみると、買い取りに否定的な人物が過半だという。人事には国会の同意が必要だが、この手の審議会や委員会の人選は官僚の領域だ。市民感 . . . 本文を読む
コメント (2)

【堺からのアピール:大阪・教育基本条例を撤回せよ】朝日新聞が紹介記事掲載

2011-11-30 18:37:46 | 社会
【堺からのアピール 教育基本条例を撤回せよ】賛同人はフライヤー掲載締切後も申込 みが続き、30日午前11時時点で575人です。条例案採決は、府議会、大阪・堺市 議会も2月議会へと越年、越冬となりました。引き続き大きく条例案撤回の声を広げて 下さい。今朝の朝日新聞堺泉州版に、堺アピールの記事が掲載されました。昨日平良・ 松永両発起人が記者会見でアピールを発表されたためです。ブログにその記事をアップ . . . 本文を読む
コメント

経済産業省 原発運転再開ストレステスト意見聴取会(11/29)/ 河内謙策

2011-11-30 18:30:31 | 社会
第3回 意見聴取会 を傍聴して/河内謙策  日本の原発推進派が原発運転再開に執念を燃やしていること、原発運転再開の「理論的正当化」のためにストレステストに取り組み、これをバネに運転再開に突き進もうとしていることは、よく知られているとおりです。  これまで原子力安全・保安院に提出された大飯原発3号機の第1次ストレステストの報告書は、以下のサイトから入手可能です。 http://www.met . . . 本文を読む
コメント (3)

笹本潤・前田朗編著「平和への権利を世界に」(かもがわ出版)

2011-11-30 09:13:53 | 新刊・新譜情報
市民社会フォーラムML から ■□■市民社会フォーラム協賛企画■□■ 「平和への権利国際キャンペーン」大阪企画    スペイン国際人権法協会会長  カルロス・ビヤン・デュランさん報告会    日時  2011年12月5日(月)午後6時30分~ 会場  エルおおさか 南館101号室 資料代 500円 http://civilesociety.jugem.jp/?eid=11615 がありますの . . . 本文を読む
コメント

マレーシア人権活動家のサラスワティ・ムトゥさん講演会 12月6日東京

2011-11-30 09:11:54 | 世界
サラスワティ・ムトゥさん講演会 2011年の「女性人権活動奨励賞」(「やより賞」)を受賞されたサラスワティ・ム トゥさんをPARC自由学校にお招きして、以下のような集まりを開催いたします。 総選挙をまもなく迎えようとしているマレーシアでは選挙制度の改革をめざす ‘BERSIH2.0’の活動が盛り上り7月には大規模なデモが行われました。平穏に経済 発展を淡々としてきたように見えるマレーシア社会は . . . 本文を読む
コメント

原発とめよう!九電本店前ひろば第224日目報告

2011-11-30 09:09:49 | 社会
原発とめよう!九電本店前ひろば第224日目報告 呼びかけ人(4月20日座り込みから11月29日現在総数1925名) http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html  ★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】11月29日5名   越智弘二 坂上まさえ 志村満恵 匿名2名    《さよなら原発!福岡一万人集会》    ホームページ: . . . 本文を読む
コメント

樋口健二さん講演「原発と被曝労働の実態」12月16日東京

2011-11-30 09:08:05 | 社会
<市民連帯・東京 第4回CS東京懇話会>  テーマ:原発と被曝労働の実態                          講師:樋口健二さん(報道写真家) 日時:12月16日(金)午後6時30分~(開場6時15分) 会場:東京ボランティア・市民活動センター会議室A・B     (JR飯田橋駅隣・セントラルプラザ10階) 地図http://www . . . 本文を読む
コメント

川崎浮島の東芝実験用原子炉の再稼働に抗議文を!

2011-11-30 09:05:39 | 社会
直前となり恐縮ですが、本日行われる抗議行動の案内をご紹介します。 1963年に運転開始した老朽炉であり、廃炉になる方向だったものが、 「3・11」を受けて逆に延命される形で動きつつあるようです。原発 輸出にも前のめる東芝の責任は重大です。 <参考> 川崎の実験炉 再稼働へ 東芝「研究ニーズある」(11/26、東京新聞) http://www.tokyo-np.co.jp/article/nati . . . 本文を読む
コメント

沖縄防衛局長・田中聡 は 沖縄の闘いに「合点がいかない」と 語っていた

2011-11-30 08:48:10 | 沖縄
やんばる東村 高江の現状から この前着任した田中さんという沖縄防衛局長さんが、「反対ということ自体私にはなかなか合点がいかない」とおっしゃったと新聞に書いてありました。前の局長さんは公民館の説明会で「高江の皆さんにはご負担をおかけします」と明言しておられます。オスプレイはずっと隠したままもはや配備は目前に迫っています。せっかく沖縄に派遣されたのですから、防衛局長さんには、ご自分が合点いかないから工 . . . 本文を読む
コメント