姜尚中氏の福岡応援に石原都知事が「怪しげな外国人」

2006-08-31 09:20:32 | 社会
こういう、ゲスで、劣等感の裏返しとしてのゴーマンなオトコを支持するトーキョー都民はサイテーである。と、思いませんか? 以下朝日新聞から 五輪の国内立候補都市を巡り、石原慎太郎・東京都知事が、福岡市の応援演説をした姜尚中・東大教授に激しく反発、「怪しげな外国人」などとかみついた。  姜教授は演説で「金持ちの、金持ちによる、金持ちのためのオリンピックで、世界に勝てますか」と東京を批判。すると、 . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (1)

イージス巡洋艦シャイロのヨコスカ配備に抗議します/非核市民宣言運動・ヨコスカ ほか

2006-08-31 08:24:04 | 社会
私たちは、かつての戦争でアジアで1000万人ともいわれる人々を殺害し、自国の軍隊・市民にも300万人もの死者を出した悲惨な歴史をもつ国の市民として、横須賀基地の増強と原子力空母の配備に、反対し続けることを、表明するものです。 ----------------------------- 在日米海軍司令官 ジェームズ・ケリー 殿  2006年8月29日 非核市民宣言運動・ヨコスカ ヨコスカ平和船団 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (1)

イラク兵100人が派遣命令を拒否/イラク情勢ニュース

2006-08-30 22:29:04 | イラク
ニューヨーク・タイムズおよびAP通信などによると、新たに採用されて訓練を終えたイラク軍兵士が、またも、大挙して出身地以外の州への派遣命令を拒否する事態が生じている。イラク軍の訓練を監督する立場にある米軍のピッタード准将が28日に明らかにした。 URUK NEWS イラク情勢ニュース            □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ ――――――――― . . . 本文を読む
コメント

「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府の照屋昇雄さん/産経新聞

2006-08-30 10:27:01 | 社会
第二次大戦末期(昭和20年)の沖縄戦の際、渡嘉敷島で起きた住民の集団自決について、戦後の琉球政府で軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)=那覇市=が、産経新聞の取材に応じ「遺族たちに戦傷病者戦没者遺族等援護法を適用するため、軍による命令ということにし、自分たちで書類を作った。当時、軍命令とする住民は1人もいなかった」と証言した。渡嘉敷島の集団自決は、現在も多くの歴史教科書で「強制 . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (1)

VMにキレた!森前首相も“参戦”

2006-08-30 10:17:32 | 社会
2006年 8月28日 (月) 06:13 (スポーツニッポン)  【全日本】森前首相が“プロレスデビュー”を果たした。リングサイドに陣取っていると、試合前にYASSHIから「おい、森の野郎」と呼び捨てにされた。それだけではなく「お前、悪そうな顔してるな。お前が総理やったから日本がダメになったんだ。カス野郎!」と挑発され . . . 本文を読む
コメント

迎撃ミサイル搭載イージス巡洋艦「シャイロー」の横須賀への実戦配備抗議声明

2006-08-30 10:10:46 | 社会
●迎撃ミサイル搭載イージス巡洋艦「シャイロー」の横須賀への実戦配備は先制攻撃力の強化であり、強く抗議し、その撤回を要求します  8月29日(火)午前10時前、ヨコスカ平和船団の抗議船が配備反対の声 を挙げる中、米海軍横須賀基地にミサイル防衛(MD)用迎撃ミサイルS M3を搭載したイージスミサイル巡洋艦「シャイロー」(1992年就役、 9950トン)が接岸、配備されました。既に横須賀には、2004 . . . 本文を読む
コメント (2)

反戦の視点 その31 国家による慰霊・追悼を許してはならない/井上澄夫 市民の意見30の会・東京

2006-08-30 10:02:50 | 社会
●はじめに/本年8月15日に強行された小泉首相の靖国神社参拝は、戦争責任を明確にせず、戦後補償を曖昧にしたままのこの国の惨状を白日の下にさらした。私たちは今、日本の戦争国家化がすさまじい勢いで進む危険な政治情勢の下で「靖国」が持つ意味をきちんととらえねばならない。「靖国」をめぐって様々な動きが噴出している。その多くは自民党の総裁選がらみであるが、問題の深さ、大きさはその種の政局との関係にとどまるレ . . . 本文を読む
コメント

鎮霊社『靖国』の回答検証/東京新聞

2006-08-29 21:07:11 | 社会
靖国問題は自民党総裁選の中で数少ない争点の一つになっている。今月12日付の『こちら特報部』では、この靖国神社の一角にある鎮霊社にスポットを当てた。その後、読者の方々から「もっと詳細を」という要望をいただいた。前回は多忙を理由に取材に応じなかった神社側も、今回は本紙の質問に書面で答えてくれた。再び鎮霊社を舞台に靖国問題を考える材料を提供したい。 (浅井正智)  【『こちら特報部』からの質問(1)】 . . . 本文を読む
コメント (1)

シーア派レバノン人/JMM [Japan Mail Media]安武塔馬

2006-08-29 21:01:11 | 世界
ヒズボッラーは1982年のイスラエル軍侵攻の後に生まれた。自分の土地を占領されたシーア派住民の武装闘争と、革命の輸出先を探すイランと、イスラエルや米国への反攻の機をうかがうシリアの三者の利害が一致したのである。ヒズボッラーはその後18年の武装闘争を戦い抜き、南部を解放した。                              2006年8月28日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ . . . 本文を読む
コメント

【 PUBLICITY 】 1455 :沈黙と饒舌のあいだ~2006年8月の意味〆丹東~中朝国境の町

2006-08-29 20:56:47 | 世界
▼8月15日の饒舌。8月16日以降の沈黙。この圧倒的な落差。対照。この落差へのマスメディアの沈黙。この5年間を、あまりにも見事に象徴している。 ■□FREE SPEECH □□□□□□□□□□□□□□□□□□□■ メールマガジン「PUBLICITY」 ■□□□□□□□□□□□□□□□■No.1455 2006/08/29火■              ◇◆◇目次◇◆◇ 【めで . . . 本文を読む
コメント (1)

残業代なしでただ働きを強制される時代の到来・森永卓郎/NikkeiBP

2006-08-29 20:54:22 | Weblog
ホワイトカラー・エグゼンプションって何? ~ ホワイトカラーを労基法の保護から除外/ホワイトカラーの労働時間ルールを変えようという動きが進んでいる。その名を「ホワイトカラー・エグゼンプション」という。  エグゼンプションとは「除外」という意味。つまり、ホワイトカラーを労働基準法の労働時間規制から除外する制度である。  これまで、管理職でない限り、工場労働者もオフィス労働者も定められた一定の . . . 本文を読む
コメント (1)

★見放されたネパール国王/田中宇の国際ニュース解説

2006-08-29 20:51:09 | 世界
国際政治の概念図の中で、ネパールの「マオイスト」ほど、イメージと実態が食い違っている存在も珍しい。「マオイスト」は、日本語でいうと「毛沢東主義者」である。そして、ネパールは毛沢東を生んだ中国のすぐ南にある。このことから、マオイストはネパールの親中国勢力のことを指すと思われがちだ。たしかに、マオイストは、政党としては「ネパール共産党」を自称している。  しかし、中国はマオイストを支援せず、逆に、マ . . . 本文を読む
コメント

レバノン大学教授が予想する来るべき米国-イラン戦争/アラビアニュース 

2006-08-29 20:49:29 | 世界
イランと米国の代理、前哨戦であったイスラエルによるレバノン侵攻戦争は34日間でほぼ終結したが、イスラエルと米国の多くの分析が、今次のレバノン戦争は来るべき戦争のリハーサルに過ぎないと指摘している。26日付のミドル・イースト・オンラインは、レバノン大学のハリール・フセイン博士(国際法)の分析を掲載した。 ----------   最近ペルシャ湾で行ったイランの軍事演習は、イランを攻撃しようとする米国 . . . 本文を読む
コメント (1)

住宅街まるごと警備、CSPが本格展開

2006-08-29 20:13:30 | 社会
半月前の報道です。いわゆるgatted communityが日本でも新たなビジネスチャンス?行政よりもこうした民間企業の監視社会への加担を押しとどめるのが大変重要だと思います。小倉利丸 ------------------------------------------------ 住宅街まるごと警備、CSPが本格展開――都内で大規模な受託、警備員の待機所設置。2006/08/16 日経産業 . . . 本文を読む
コメント (1)

中国側が会談キャンセル 家族会、救う会が批判声明/東京新聞

2006-08-29 00:06:40 | 北朝鮮
【北京28日共同】訪中している北朝鮮による拉致被害者家族会と支援組織「救う会」のメンバーは28日、予定されていた中国側との懇談がすべてキャンセルされたことを明らかにした。  同メンバーは「中国の拉致問題に対する姿勢の一面が反映されている」との声 明を発表、北朝鮮への配慮をにじませる中国側の姿勢を批判した。  救う会などによると、中国研究者との懇談について、中国側が「マスコミ報道 があったため」 . . . 本文を読む
コメント