新潟・救う会と右翼団体「日本青年社」の関係/yumari

2006-11-20 23:40:56 | 社会

●「救う会全国協議会・加盟組織」
http://www.sukuukai.jp/kyougikai/index.html
2006年11月20日、救う会・新潟の担当者・山田洋子さんの回答;

1.「日本青年社」が政治的団体ではありません(きっぱり!)。
救う会の目的はあくまで拉致被害者の救済で、日本青年社の方達は会の設立当初から
熱心に活動されている。
2.日本青年社幹部の水野孝吉氏は、救う会・新潟の会員として活動しているが代表
者ではない。
救う会・新潟の現在の代表は馬場吉衛氏で、2年程前に就任。その前の会長は、小島
晴則氏。
3.救う会・新潟が二つあったという事実は無く、最初から現在の一団体のみ。
(既にリンク切れになっている、過去の活動歴が載っていた)救う会・新潟のHP
は、更新に手が回らない等の理由で閉鎖した。

この担当者の山田洋子さんは、日本青年社のHP上の2000年9月13日記事で、新潟西
港に訪れた山田洋子新潟市議と同一人物でしょうか。
電話をかけた時点では、同じ氏名だと気付いていなかったので確認しませんでした。

代表については、日本青年社幹部の水野孝吉氏ではないということでしたので訂正し
間違いをお詫びします。
よって、以前の投稿を以下のように訂正します。

  *************************************************** 

●『新潟・救う会では、右翼団体「日本青年社」中枢幹部ほか複数の関係者が活動し
ている』

新潟・救う会は、拉致被害者を救う会の中心的存在である。
そこで活動する『水野孝吉』氏は、北朝鮮と武器・麻薬取引を行う指定暴力団『住吉
会』系の右翼団体『日本青年社』総本部・時局対策局長、最中枢の幹部である。

●右翼団体『日本青年社』が暴力団『住吉会』系であることは国会でも証明されてい
る。

136-参-地方行政委員会暴力団員…-2号 平成08年06月06日
http://kokkai.ndl.go.jp/
○有働正治君
【質問】警察の方にお尋ねします。日本青年社の最高顧問・西口茂男なる人物は、住
吉会とはどういうかかわりがありますか。
○説明員(植松信一君)
【回答】日本青年社最高顧問・西口茂男と、住吉会会長の西口茂男については同一人
物と見ております。

水野孝吉・救う会新潟=『日本青年社』総本部・時局対策局長=「NPO新潟海難救助
隊・隊長」
小林楠男・小林会(『住吉会』系)会長=『日本青年社』会長
西口茂男・『住吉会』会長=『日本青年社』最高顧問

●NHKを始めとする大手メディアは、一時、洪水のように大量に拉致問題関連の報道
を行っていた。しかし、その報道洪水の中で、救う会の中枢に暴力団『住吉会』が入
り込んでいるという事実には一切触れていない。
『住吉会』は暴力団の中でも著しく悪質であると言われている。この『住吉会』は世
界一の麻薬生産国である北朝鮮と武器や麻薬の取引を行っている。

『フラッシュ』 2004年8月17・24日合併号
「現在、新潟には「救う会」か2つあるという異常事態が続いている。〔略〕その中
心人物として小島氏が名指しするのが幹事の一人である【水野孝吉】氏だ。水野氏は
【民族派団体「日本青年社」】の現役幹部である。」その後、「住吉会」系「日本青
年社」の水野孝吉が正式に「新潟・救う会」となった。」
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060428#1146221793

●「北朝鮮の日本人拉致問題と取り組む日本青年社」
http://www.seinensya.org/undo/kitatyosen/rati.htm
2000年8月20日(日)
「日本青年社総本部・時局対策局(局長・水野孝吉)は「北朝鮮に拉致された日本人
を救出する関東協議会」と、、、東京・銀座でデモをし、、、「日朝国交正常化交
渉」に向けて、、、横田めぐみさんの両親、横田滋さんと早紀江さんもデモに参加、
平沢勝栄衆議院委員、土谷たかゆき都議会議員他、議員連盟の人たちが激励の挨拶を
行った。」

2000年9月13日(水)
「日本青年社総本部・時局対策局は9月30日「新潟西港に入港した北朝鮮の万景峰
号、、、横田めぐみさん、蓮池薫さんの両親、そして水野孝吉時局対策局長を含む
「救出する会」のメンバー20人と、、、(中略)、、山田洋子新潟市議が参加。」

●大手メディアがこのような重大な事柄を隠蔽し続けているのは、安倍総理、中川秀
直氏を始めとする自民党中枢部が『住吉会』と緊密な関係にあるからである。
自民党と『住吉会』との関わりは、既に、安倍総理の祖父・岸信介の時代から見られ
る。

102-衆-予算委員会第二分科会-2号 昭和60年03月8日 http://kokkai.ndl.go.jp/
「『住吉連合会』副会長で『日本青年社』会長である小林某が開いた会合に、岸元首
相や田中角榮元首相などの花束が並んでいた。
80年10月、右翼暴力団『青思会』発行の雑誌「青年思想」に、中曽根総理が同会議長
の高橋という人物と写った写真が出ていた。」

第2号 平成12年11月1日
「中川秀直氏は、右翼団体の幹部に政治家としての致命的な弱点を握られている。
『住吉会』は指定暴力団の中でも悪質度において著しいが、1996年10月、日本青年社
の幹部が、科学技術庁長官だった中川〔秀直〕氏に内容証明郵便で六項目の質問を
送っている。」

石原慎太郎・東京都知事は暴力団『住吉会』の代弁者である。産経新聞(平成15年02
月03日付・朝刊)には、右翼団体『日本青年社』を賞賛する手記を寄稿している。

●先日、安倍総理、自公連立内閣は共謀罪設立の布石として教育基本法改正法案の強
行採決を行った。
岸信介も首相時代に新安保条約の自民党単独強行採決を行っている。
北朝鮮交渉の最前線に暴力団を置いて、着々と戦争への道を歩もうとしているよう
だ。

150-衆-内閣委員会-2号 平成12年10月26日 http://kokkai.ndl.go.jp/
○松本(善)委員
住吉会の幹部にもついている日本青年社の幹部、暴力団員が、尖閣諸島に上陸をして
灯台だとか神社を建てる、このようなやり方は日本外交にとっては重大な問題であ
る。」 

96-衆-法務委員会-30号 昭和57年8月19日
「三月十五日に、『日本青年社』と称する暴力団が共産党の勤務員に鉄棒をふるい五
名の負傷者を出した。暴力団『住吉連合会』系の小林会会長・小林楠男は『日本青年
社』の会長でもある。」

●ウィキペディア「日本青年社」より抜粋;
『日本青年社』は、日本の右翼団体。 指定暴力団『住吉会』系。右翼勢力で最大規
模の約2000人。
『住吉連合会』副会長で小林会初代会長の小林楠扶が1961年に創設した右翼団体・楠
皇道隊が、1969年『日本青年社』に改称。 『日本青年社』 初代会長は小林楠扶。
2000年6月、「噂の真相」編集部を『日本青年社』三多摩本部隊長、副隊長が襲撃。
2002年10月から2003年10月まで、自称“旧皇族”有栖川識仁、こと北野康行を名誉総
裁に置いていた。
2003年2月、『 石原慎太郎 』が、産経新聞(平成15年02月03日付・朝刊)で
『日本青年社』を賞賛。
2003年12月、都の工事巡り恐喝、『日本青年社』会長・松尾和也、幹部・片博など同
団体幹部ら3人が逮捕される。
2004年10月、NPO「メディアオンブズマン」理事長で『日本青年社』副会長の滑川裕
二を、医療機器製造会社社長の恐喝未遂容疑で逮捕。
2005年3月、「日本の領土を守るため行動する議員連盟」(会長・森岡正宏衆院議員
=自民)が国会内で開いた会合に『日本青年社』総局長・山崎誠を招き、感謝のこと
ばをささげた。

「幹部」;
最高顧問・西口茂男(住吉会総裁)
会長・松尾和哉(元住吉一家小林会組織委員長)
副会長・滑川裕二
総局長・山崎誠
時局対策局長・水野孝吉(新潟救う会幹事)
総本部行動隊長・加藤順一(埼玉県本部長)
統括本部長・箱崎一像
総本部情宣局局長・亀田晋司

●参考:「なぜ、「救う会」には、北朝鮮と武器・覚醒剤密輸をしている暴力団住吉
会が深く関わっているのか?/「北朝鮮」問題と、日本のエネルギー独立」
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060430#1146379685
---------------------------------------

●『日本会議』とは、日本最大の保守系団体で、これに協力する「日本会議国会議員
懇談会」(会長・麻生太郎衆議院議員)を持つ。

「新しい教科書をつくる会」、「北朝鮮拉致家族を救う会」「北朝鮮拉致家族を救う
ブルーリボンキャンペーン」などの本体である。

●『日本会議』の6大スローガン;
1.憲法改正
2.教育基本法改正
3.靖国公式参拝の定着
4.夫婦別姓法案反対
5.より良い教科書を子供たちに
6.日本会議の主張の発信。

設立5周年事業として、2002年9月以来「10万人ネットワーク」を目指して活
動中。
月刊機関誌『日本の息吹』を発行。

●『日本会議』役員

日本会議会長・元最高裁判所長官 三好達
日本会議副会長・東京大学名誉教授  小堀桂一郎
日本会議国会議員懇談会会長 麻生太郎
日本会議国会議員懇談会会長代行  中川昭一
日本会議理事長・明治神宮権宮司  田中安比呂?
日本会議副会長・神社本庁総長 工藤伊豆

●「日本会議・国会議員懇談会」役員

会長:麻生太郎(外務大臣)
会長代行:中川昭一(自由民主党政調会長)
副会長:谷垣禎一(前財務大臣)
副幹事長:小池百合子(内閣総理大臣補佐官(国家安全保障問題担当))
副幹事長:安倍晋三(内閣総理大臣、自由民主党総裁)
小野清子(参議院議員、元国務大臣)
石破茂(元防衛庁長官)
〔 「日本会議、日本会議国会議員懇談会設立五周年記念大会」大会決議
http://www.nipponkaigi.org/reidai01/Activities(J)/kestugi11.18.htm から構
成〕

●「民間教育臨調」と「日本会議」;

「日本会議」は、同団体の役員77人の約4割にあたる30人もの人員を「民間教育
臨調」に送り込んでいる。
同時に、明らかに「日本会議」関係者とわかる会長・事務総長、3分の1以上を占め
る宗教団体、旧軍関係者等を表に出さないように工夫と努力をしている。
「民間教育臨調」の副会長5人のうち、4人は「日本会議」の役員である。

「民間教育臨調」に名前のない47人のうちの25人は宗教団体役員。4人は「軍恩
連盟?」「日本遺族会」「日本郷友連盟」「英霊にこたえる会」など旧軍・自衛隊関
係団体の役員。そして会長・事務総長の2人。

●宗教団体と『日本会議』;

1997年、「日本を守る国民会議」(運営委員長・黛敏郎)と「日本を守る会」を
統合して『日本会議』を結成。
「国民会議」は、保守系文化人を中心としつつ旧軍関係者とも共闘していた。
「守る会」は、神社本庁・生長の家・仏所護念会・念法眞教・モラロジーに加えて、
曹洞宗管長・日蓮宗管長なども名前を連ねる宗教関連団体が中心の組織だった。

毎週、サンケイプラザで日曜集会を行なっている「キリストの幕屋」も、『日本会
議』の有力な構成団体。
http://www.makuya.or.jp/hikari/sankei.htm

「日本会議・大阪」には「キリストの幕屋」のみならず、神道政治連盟(神社本庁)
・国柱会・仏所護念会・IIC(霊友会)・崇教真光・念法眞教・神道青年会などの
宗教団体が名を連ねる。
大阪府遺族連合会という日本遺族会の下部団体の名もある。

●「夫婦別姓反対」「在日選挙権反対」「首相の靖国公式参拝」と『日本会議』

『日本会議』は、文化人・旧軍関係者と、献身的で巨大な財政力・組織力を持つ宗教
連合との統合により国民動員的な巨大組織となった。

その結果、「夫婦別姓反対」、「在日の選挙権反対」などで大きな成果を挙げてき
た。
「夫婦別姓」、「在日の選挙権」を求めるいずれの法案も、提出されたまま棚ざらし
になっている。
「首相の靖国公式参拝」にも力を入れている。
〔出典 http://www.h2.dion.ne.jp/~kyokasho/0_conb07.htm から構成〕


コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 囚われた教育  ダール・ジ... | トップ | 生田弁護士「懲戒処分」・日... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

共謀罪の罪種、米2州では20以下~日本は600以上【東京新聞】 (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
 東京新聞が米国のバーモント、アラスカ2州では、共謀罪の対象となる犯罪が20種類以下と非常に限定されていることをスクープした。日本では600以上が対象となっており、日本の法案が過剰なものであることが浮き彫りとなった。まず、東京新聞の記事を紹介し ...