ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク(のりこえねっと)設立宣言

2013-09-21 12:09:20 | 社会
ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク
                (のりこえねっと)
設立宣言

沈黙は許されない。
 いま、在日韓国・朝鮮人を標的とするヘイトスピーチが、各地で凄まじい勢いで拡大している。
 多文化のもとで共生する人びとの平穏な生活を切り裂き、民族差別や人種偏見に満ちた、侮辱的、脅迫的言動が繰り返されている。
 ヘイトスピーチは、街頭だけでなく、ネットやさまざまなメディアでも繰り広げられ、差別、偏見、攻撃の言説を執拗に展開している。
 なかでも日本軍性奴隷被害者(いわゆる「従軍慰安婦」)とされた女性たちに向けられる侮辱と憎悪の表現は、人権の価値を根こそぎ破壊するレベルにさえ達している。
 ナチス時代のユダヤ人などへの迫害、かつての南アフリカでのアパルトヘイトやアメリカ南部におけるKKK団のリンチを想起させるような激しい侮辱と憎悪表現に対して、日本社会からの反応は、いまだあまりに鈍い。
 在日韓国・朝鮮人は、日本による侵略と植民地支配によって生み出された。その存在の歴史性に対する決定的な無知と、「言論の自由」の尊重という口実のもとで、この社会の多数派は、この卑劣で暴力的なヘイトスピーチを黙認し続けている。
 ヘイトスピーチは、当面の標的とする在日韓国・朝鮮人だけではなく、女性を敵視し、ウチナーンチュ、被差別部落の出身者、婚外子、社会が障害となっている人たち(いわゆる「障がい者」)、性的少数者などの、社会的少数者にも攻撃を加えてきた。
 彼らが攻撃する人々は、日本の戦後体制の中で、人格権や生存権を政策的に奪われたり無視されたりしてきた人々と、みごとに重なっている。この意味において、日本におけるヘイトスピーチは、戦後体制が政策的に作り出してきた差別そのものなのだ。

 本質に立ち返って考えたい。
 ヘイトスピーチが傷つけるものとは何なのか、ということを。
 それは、在日韓国・朝鮮人だけではない。社会的少数派だけでもない。
 ヘイトスピーチは、良心を持つあらゆる人々を傷つけるのだ。国籍も、民族も、性別も、出自も関係なく、すべての人間には普遍的な尊厳と人権があると考える人々の信念、そして、なによりも平和に生きようとする人々の精神に対して、言葉と物理的な暴力で憎悪を投げつけ、侮辱し、傷を負わせる。国際社会がこれまで長い苦しみの歴史の中で築いてきた、世界人権宣言にも謳われる普遍的な人権
概念を攻撃し、その価値をあざ笑い、踏みにじる。
 これが、ヘイトスピーチの本質なのだ。
 だから、この暴力に対峙し、決然と対決することは、単なるマイノリティ集団の利益のための行動ではない。
 また、一国の国内問題を解決するためのものでもない。
 民族や国境の壁を超えて、人権の普遍的価値を擁護し、防衛する行動でもあるのだ。
 それは、この日本社会にあっては、戦後体制によって市民的権利を剥奪されてきた人々の「市民として生きる権利」を希求する行動以外の何ものでもない。
 ここであらためて確認し、明記しておく。
 人間の涙の歴史を無に帰そうとする挑戦に、
私たちは、決して屈しない。
      ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク
                「のりこえねっと」 共同代表 一同 
共同代表
 (2013年9月19日現在) あいうえお順:
石井ポンペ(原住アイヌ民族の権利を取り戻すウコチャランケの会代表)
上野千鶴子(東京大学名誉教授)
宇都宮健児(元日弁連会長)
河野義行(松本サリン事件被害者)
雁屋哲(漫画原作者・エッセイスト)
北原みのり(ラブピースクラブ代表)
佐高信(評論家)
辛淑玉(人材育成コンサルタント)
鈴木邦男(一水会最高顧問)
田中宏(一橋大学名誉教授)
田中優子(法政大学教授)
高里鈴代(平和市民連絡会共同世話人)
西田一美(労働組合役員)
知花昌一(真宗大谷派僧侶)
中沢けい(作家)
前田朗(東京造形大学教授)
リリアン・テルミ・ハタノ(近畿大学准教授)
若森資朗(一般社団法人 協同センター・東京)
和田春樹(歴史家・東京大学名誉教授)
以上

■連絡先(9月18日現在):
住所;〒113-0033
    東京都文京区本郷3-13-3 三富ビル ペンの事務所気付
TEL ; 03-5804-3210
FAX ; 03-3453-2326
 担当 090-2481-5193(朴)
Email; info@norikoenet.org
URL http://www.norikoenet.org

■のりこえねっと記者会見のご案内
-ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク-
 日時:9月25日(水)12:00~13:00
 場所:新大久保「SHOWBOX」http://showbox.jp/(職安通り飲食店「大使館」隣)
 (〒169-0072 東京都新宿区大久保1-17-8 1F)
(返信は、info@norikoenet.org)

■賛同支援のお願い
「のりこえねっと」に賛同される方を広く募っています。
下記項目を記入の上、FAXまたはEmailにて呼びかけ人にお送り下さい。
お名前(ふりがな)※個人・団体       肩書
名前・肩書の公表  可 / 不可
ご住所 〒
電話・携帯                    FAX
Email
顔写真の公開   可 / 不可 

■具体的に可能な活動範囲にチェックをお願いします。
□ヘイトデモに対する現場サポート 
□差別禁止法の立法化活動
□差別に対する全国学習会への参与
□「のりこえねっと」の広報宣伝
□その他(                                )
□賛同メッセージ
・一言メッセージ→「                       」
・ビデオメッセージ
公表  可 / 不可

■お問い合わせ
※事務局へのお問い合わせは info@norikoenet.org

■カンパも募っています! 一口 1,000円  ご協力お願いします。
【賛同金 ゆうちょ銀行振込口座】
口座番号:00120-6-600701
加入者名:のりこえねっと


よろしければ、下のマークをクリックして!


よろしければ、もう一回!
人気<strong></strong>ブログランキングへ
ジャンル:
報道ニュース
コメント (15)   この記事についてブログを書く
« 民主主義を破壊する「特定秘... | トップ | パレスチナ難民の帰還権:世... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2013-09-22 08:03:32
http://www.news-us.jp/article/375443394.html
Unknown (N.O.)
2013-09-22 20:27:32
新大久保で示威運動をしている在特会の代表の人のブログを見たら、帰り道に「シバキ隊」の人を駅で待ち伏せして襲っても警察公認なので大丈夫と書いてありました。
裏でどういう手筈になっているのか、マスコミも怖くて書けないのでしょうか?警察に守ってもらえないのでは、本当に困りますね。
この「のりこえネット」のメンバーを見ると超党派のようなので期待しています。
精神科医 (宮地 達夫)
2013-09-23 03:24:14
ヘイト・スピーチに関しては、前田  郎氏、師岡康子氏が、主に国連決議を参照点として、積極的に法規制を唱えておられる。例えば師岡康子氏は,世界10月号で「國際人権規準からみたヘイト・スピーチ規制問題」として 「ヘイト・スピーチの本質は差別であり、その害悪は、全体的な差別構造と切り離せない」としつつ、このような差別意識の形成は「歴史的・現実的に見て、差別構造の主要な責任は日本政府にあり」「政府は自らがマイノリティに対する差別構造と差別意識を形成してきた責任を直視し、先頭にたって,法規制をはじめとしてあらゆる手段を使い、ヘイト・スピーチを許さない社会的合意を形成すべきだ」と主張しておられ、既に欧米の主な国ではヘイト・スピーチ規制法案は出来ていると言われる。
しかし、政府がマイノリティに対する差別構造と意識を形成してきたのならば、まずその差別構造の形成の歴史と意識形成を「歴史的」に検証し、政治的に解決することが先決ではないか。朝鮮半島に対する差別は、東学党の乱に対する日本政府の弾圧に端を発し1890年頃に朝鮮排外主義が形成された。中国に対しては、1920年頃から、中国侵略と符合して「皇国史観」が形成され、以降中国への差別が深化した。現在では、中国との間ではいわゆる「領土問題」と靖国問題で両者が対立しているが領土問題は 田中・周恩来の「棚上げ合意」を再度持ち出せば解決でき
靖国問題は、日本の戦争認識の欠如からきており、下村文部大臣あたりが「自虐史観」の清算を言い始めたあたりからおかしくなった、韓国との関係では、強制労働の補償問題について、韓国裁判所が補償すべし、としているのに、日本政府が日韓条約で解決済みとしているが、この条約は両国の債務・債権清算という「日韓対等の立場」を念頭において結ばれており、日本の植民地支配下における問題である事を無視しており、賠償は当然である。このように一例をあげても、日本政府の、アジア諸国に対する戦後の謝罪・賠償が十分になされていないことが、アジア諸国からの反感を買い、それに対する反応としてヘイト・スピーチが形成されてきた。そうであれば、単に法規制で,差別が改善するとは思えない。問題は日本とアジア諸国との関係をどうすれば友好的にできるのかという優れて政治的・経済的問題ではないか
更に師岡氏のあげてみえるセクシュアル・ハラスメント、英国やデンマーク、オランダで放置されて、ヘイト・スピーチ規制法の枠外にある激しいホモフォビアの言動についてはどういう根拠で規制すべきなのか。英国ではジャマイカのラップ歌手がホモは絞首刑・全員殺せとBBCで歌っていても、誰もとがめない
 そもそも、ヘイトスピーチの法規制については、「誰が」「どういう規準」で
何を根拠にして法制化すべきなのかがいつも曖昧になっている。師岡氏は政府が先頭にたってというが、政府のどの部局が法制化すべきなのか。それにヘイト・スピーチは、受け取る側、発信する側の「主観的解釈」が入る。
要するに、ヘイト・スピーチに、法規制を加えようとすれば、恣意性が入り、師岡康子氏も認めているように乱用の危険性が大きい

連帯し乗り越えよう! (ザ・ピーチボーイズ)
2013-09-25 20:20:17
レイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワークに賛同いたします。良心ある1人1人が連帯し、この理不尽なヘイトスピーチとレイシズムを乗り越えよう!
日本のヘイトスピーチは正論だ (反韓嫌韓)
2013-09-25 22:26:28
現在、韓国国内では韓国政府による反日政策が行われている。
これにより、韓国国内で韓国人が日本人に対して、ヘイトスピーチが行われているのだ。
この様な状況からしたら、一方的に日本国内の韓国人へのヘイトスピーチを批判するのは、矛盾があると思う。
よって、韓国国内の反日政策を全廃してから、日本のヘイトスピーチを批判しろ。
まずは、韓国側が是正すべきだ。
そもそもヘイトスピーチとは? (snyder)
2013-09-26 15:28:09
ヘイトスピーチはいけません。
しかし何をもって「ヘイトスピーチ」とするのかハッキリさせないと単に言論弾圧集団という恐ろしい団体になってしまいます。
韓国・韓国人に不利益なことは全てヘイトスピーチとして弾圧しようとしているのでしょうか?

まずどこの先進国でも、デモは自由です、言論も自由です。
そして、許可と取ったデモを妨害する行為は完全にマナー違反です。

そして、下記の主張は絶対にヘイトスピーチではありません。
通名の廃止。
竹島の返還。
反日教育を行っている教育機関への補助金の廃止。
犯罪取締の強化。
日本軍・日本政府が慰安婦を強制的に集めた事実はない。
など。

韓国人への差別、日本人へ差別、共になくそうという考えは皆同じだと思います。

Unknown (主婦)
2013-10-05 23:38:16
ヘイトスピーチは良くないとは思いますが それをしてしまうというのは 何か原因があるのではないでしょうか? 逆差別など周知している、マイノリティーを武器に自分たちより優遇されているけど 今迄おかしい事をおかしいと 声を出せなかったとかが理由だとおもいます。ヘイトスピーチを押さえ込むだけでは何も解決しません。心はずっとヘイトのままです。原因を取り除かないと 何の意味も持たないと思います。
問題をヘイトスピーチという言葉に置き換えている。 (リーマン)
2013-10-23 20:26:26
在特会の主張はヘイトスピーチではない。
別に彼らの肩を持つわけではないが、
本当の主張を「差別発言」に置き換えて問題をすり替えているだけだ。

のりこえねっと?
笑わせるな。

アジア諸国ってどの国のことですか?
侮蔑的ヘイトスピーチ反対 (会社員)
2013-10-28 10:55:49
そのため、是非とも、のりこえネットの方たちは、韓国に乗り込んで嫌日のヘイトスピーチを辞めさせてきていただきたい。
あちらの方がひどいんだから、それがスジというものでしょう。それができないなら、黙っていてほしいものです。
CCTV朝日NHK毎日TBS北海道新聞沖縄タイムスらの日本人弾圧・日本人へのアパルトヘイトが本格化 (反日本人日本市民とボートピープル(=不法入国在日朝鮮人市民)は、日本から出て行け)
2013-11-07 17:38:11
京都地裁が下した在特会への賠償判決。
これにタイミングを合わせるように「反ヘイトスピーチ・反レイシズム」を掲げた
『のりこえねっと』なる団体が設立された。
その共同代表のメンバーを確認すると、
北朝鮮による拉致問題や、中国の人権弾圧にこれといった意見を表明してこなかった人々ばかりで、
それどころか、北朝鮮を積極的に擁護するような発言をした人も含まれている。

のりこえねっとの複数の関係者がNHKの平和反戦特集系に出てくる「街の声」の常連。
NHK、日本人弾圧集団のりこえねっと、NHKが寵愛する在日朝鮮人暴力集団C.R.A.C(旧・レイシストをしばき隊)、
韓国民団、日韓議員連盟、AKB48、篠田麻里子、中国中央電視台CCTV、反日本人日本市民らが共謀し、

いよいよ日本人弾圧・日本人へのアパルトヘイトを本格化する、ってことでおk?

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
NHK『麻里子さまのおりこうさま!』
投稿者募集 > ヘイト・スピーチ(2013年11月8日(金) 締め切り)

特定の人種や民族に対して差別や憎しみをあおったり、おとしめたりする言動「ヘイト・スピーチ」。
「ヘイト・スピーチ」とされるデモが、最近になって日本で繰り返されるようになっています。
なぜそのようなデモが行われるの?また法律では規制されているの?
基本的な情報から、豆知識まで、みなさんのアンサーをお待ちしております!
http://www.nhk.or.jp/marikosama/
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事