稲嶺ススム市長の再選を勝ちとることの意義/海鳴りの島から

2014-01-11 01:15:30 | 沖縄
稲嶺ススム市長の再選を勝ちとることの意義
海鳴りの島から 沖縄・ヤンバルより…目取真俊

http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/a162d154ba1b024b6d8bfc0c0f88fad7

10日は午後7時半から名護市民会館大ホールで「普天間基地返還と辺野古移設を改めて考えるシンポジウム」(主催:新外交イニシアティブ)が開かれたので聴きに行った。主催団体の理事で元防衛庁官房長の柳澤協二氏が基調講演を行ったあと、4人のパネリストによるパネルディスカッションが行われた。

http://www.nd-initiative.org/images/event/20140110_nago_shi_symposium.pdf

 前泊博盛氏(沖縄国際大学教授)の歯切れのいい切り込みを受けて、単に辺野古新基地建設を阻止するだけでなく、キャンプ・シュワブの撤去、全面返還を実現しよう、跡地に東海岸の自然を生かしたリゾートを造ろう、という議論へと発展し、会場から大きな拍手が上がっていた。

パネリストの1人だった稲嶺進名護市長からは、たとえ仲井真知事が辺野古埋め立てを承認しても、市長の権限で多様な抵抗ができることが紹介されていた。また、辺野古で工事が強行されるようなら沖縄県民が立ち上がる、その時は私もその先頭に立っています、という力強い決意表明がなされた。不退転の意志が伝わると同時に、稲嶺市長を再選させることの意義が伝わってくる発言なので、ぜひ以下の動画を見てほしい。

http://www.youtube.com/watch?v=Ll8llYRbOog


 沖縄県議会では「仲井真知事の辞任を求める決議」が賛成多数で可決されている。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-217718-storytopic-1.html

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=60426

 仲井真知事はすでに県民の代表ではなく、日本政府の操り人形にすぎない。これ以上県政を混乱させることなく、即刻辞任すべきだ。自らの選挙公約を守れない政治家は沖縄にいらない。

***********************

関連・ジュゴンブログ

1/7辺野古埋め立て承認を許さない県民集会
2014年01月08日 | 活動報告
http://blog.goo.ne.jp/sdcc/e/1179e4218d564e866a1f7c3821f62578

会場を埋め尽くした4000名の市民、支持者! ―稲嶺ススム必勝総決起大会―
2014年01月09日 | ジュゴンブログ
http://blog.goo.ne.jp/sdcc/e/bf31290363de5ff0731cf82dbce6c00f

普天間基地返還と辺野古移設を改めて考える(1月10日)
2014年01月11日 | ジュゴンブログ
http://blog.goo.ne.jp/sdcc/e/0e13e5acd249fd9dd74748501f09cb07

勝手連事務所(ススム会)
2014年01月11日 | ジュゴンブログ
http://blog.goo.ne.jp/sdcc/e/3041ca6d1e944a82bd6bd5c5f875757e

よろしければ、下のマークをクリックして!


よろしければ、もう一回!
人気<strong></strong>ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
« 「原発ゼロ社会への道――新し... | トップ | 仲井真弘多沖縄県知事の公約... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

沖縄」カテゴリの最新記事