住田裕子「行列」弁護士は「冤罪の母」だった /鹿沼のダム から転載

2009-09-02 09:39:17 | 社会
●住田弁護士は冤罪事件の主任検察官だった
2009-04-19放送の「サンデープロジェクト」(テレビ朝日)を見たら、「行列のできる法律相談所」(日本テレビ)に"史上最強の弁護士軍団"の一人として出演している住田裕子弁護士が草加事件という冤罪事件の主任検察官だったことが分かりました。「行列のできる法律相談所」では彼女を"法律の母"と持ち上げています。

●草加事件とは何か

草加事件とは、Wikipediaによれば次のような事件です。

草加事件(そうかじけん)とは、1985年7月19日に埼玉県草加市の残土置き場で同県八潮市在住の中学3年女子生徒の絞殺体が発見され、その容疑者として草加市在住の13~15歳の少年5人が逮捕、1人が補導された事件の通称である。検察側の主任検事は住田裕子弁護士である。この事件は日本の冤罪史に残る事件である。
(中略)
2009年4月19日放送の『テレビ朝日 サンデープロジェクト』によると、本件の検察側の主任検事は住田裕子弁護士であるという。取材に対して、守秘義務を理由に事実確認への回答を行っていない。
「草加事件」をめぐる損害賠償請求訴訟の上告審で00年2月7日、最高裁第1小法廷(大出峻郎裁判長)が言い渡した判決の理由要旨は、たむ・たむというサイトの草加事件 最高裁の判決理由のページに掲載されています。

上記テレビ放送によると、被害者の胸に付着していた唾液、スカートに着いていた精液、衣類に付着していた毛髪はいずれも血液型がAB型であることを示していたというのですから、全員がO型かB型の血液型だった6人の少年を犯人に仕立て上げることには、そもそも無理がありました。

民事訴訟の差し戻し審の東京高等裁判所もAB型の犯人がいると思われると言っているように、草加事件はどう見ても冤罪でしょう。

●住田弁護士の対応

住田弁護士は、テレビ朝日の取材に守秘義務があるため事件の話をするべきでないと思うと言ったほか、「一般論として、刑事と民事で異なった結論が出ることは多々ある」と言ったそうです。

彼女は守秘義務を理由にコメントを避けましたが、謝罪することが守秘義務に違反するとは思えません。また、事件について未だ公表されていないことを言うのは問題かもしれませんが、既に公表されている事実について話すことは守秘義務違反ではないと思います。

彼女が「一般論として、刑事と民事で異なった結論が出ることは多々ある」と言ったということは、民事訴訟で「無実」という結論が出たとしても、刑事訴訟で出た有罪の結論が間違っていることにはならないという意味だと思います。有罪(正確には少年院送致)という結論が間違っていないのだから、反省する必要もないし、元少年たちに謝罪する必要もないというのが彼女の論理でしょう。

●検察の関心は何か

上記テレビ放送を見ていると、警察や検察は真実の発見に関心がないとしか思えません。被疑者や被告人が真犯人かどうかなんて関係ないのです。犯人らしい人間を捕まえてきて有罪判決を出させればそれで事件解決です。刑事訴訟というゲームで勝利すればいいということでしょう。ゲームに勝利するためには、都合の悪い証拠(被告人に有利な証拠)を平気で隠すのが検察であるというのが上記テレビ放送のテーマでした。

それじゃ、犯人にされた人間が可愛そうですって?そんなことを気にする刑事司法関係者は、テレビドラマ「相棒」の杉下右京さんくらいなものではないでしょうか。

●なぜ住田弁護士が史上最強か

分からないのは、日本テレビがなぜ住田弁護士を「行列」のレギュラー回答者にしているのかということです。人はだれも過ちを犯すものです。しかし、歴史に残る冤罪事件の責任者(しかも反省もしていない)にわざわざ白羽の矢を立てる必要があったのでしょうか。私は彼女の論理的思考力と人権感覚を疑います。
http://damhantaikanuma.web.infoseek.co.jp/Sonota/sumitaEnzai.html

WiKi住田裕子
WiKi草加事件
草加事件

**********************************
消費者庁を監視する消費者委員会の委員長就任を棒に振り、
「名誉棄損」だとでも言いたげな捨て台詞を投げ付けて去って行った
住田センセ。
  ・・・報道各社に文書を送り、消費者問題に精通していないなどの一方的な
  中傷を受けたとして、抗議の意味を込めて就任を断った・・・
嘆くなら、自らの「人徳」の無さを反省したほうがいい。少なくはない弁護士会
会がなぜ反対しているのか。
それにしても、外道「弁護士」橋下といい 勘違い「弁護士」丸山和也といい
今回の冤罪・住田といい、ひどい「行列のできる法律相談所」だこと。

消費者庁消費者委員会に住田弁護士は就任するのか? /情報流通促進計画



よろしければ、下のマークをクリックして!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ジャンル:
その他
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« アムネスティ映画コレクショ... | トップ | それからのホンジュラス(1... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (詩人pikki)
2009-09-02 18:28:31
田中さんのブログから漂流を。とても読み応えのあるブログでした。
10くらいブログ・HPがあるのですが・・内容はあまりないのに、どういう訳かgooブログだけでも昨日・週間でも2000から3000位を行ったり来たりです。たぶん詩のせいかも・・
これからもよろしくお願いします。
詩のせいでしょう (薔薇、または陽だまりの猫)
2009-09-02 19:41:45
詩のブログは、ランキングなど期待しないことです。
わたしのは「ブログもどき」で、情報提供程度のものです
ところで、「田中さんのブログ」って?
もんだいなければ 教えてきださい
Unknown (zxc)
2011-04-16 19:51:19
行列での住田弁護士の女性びいきの判決を問題視する声がなぜあがらないのか?
まあ男性社会に悔しくて仕様が無くせめてもの仕返し(不当だけど本人にとっては)の惨めな負の感情の発露だということが分かりやすすぎて失笑に値するけど
Unknown (Unknown)
2011-10-01 05:10:20
原発業界御用学者リスト 住田裕子
http://www47.atwiki.jp/goyo-gakusha/pages/225.html

2011年9月30日
内閣官房は2011年9月30日、原子力安全規制に関する組織のあり方と原子力安全規制強化の
あり方について検討するため、「原子力事故再発防止顧問会議」を設置し、第1回を10月4日に開くと発表した。

飯田哲也 NPO法人環境エネルギー政策研究所所長
飯塚悦功 東京大学大学院工学系研究科特任教授
井川陽次郎 読売新聞東京本社論説委員
川勝平太 静岡県知事
北村正晴 東北大学名誉教授
首藤由紀 株式会社社会安全研究所代表取締役所長
鈴木基之 東京大学名誉教授
住田裕子 エビス法律事務所弁護士
関村直人 東京大学大学院工学系研究科教授
高橋滋 一橋大学大学院法学研究科教授
松浦祥次郎 公益財団法人原子力安全研究協会評議員会長
http://woman.excite.co.jp/News/column/20110930/Ncn_2011_09_post-1103.html

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事