【「コロジカル・フットプリント」から見れば】 世界が日本人の生活すれば地球2.3個必要

2010-08-30 07:20:55 | 世界
市民社会フォーラムMLから

本来はWWFさんやエコロジカル・フットプリント・ジャパンさんから広報されるのが筋ですが勝手に紹介です。

 エコロジカル・フットプリント・ジャパン代表の和田喜彦さん(同志社大学 経済学部助教授)やWWFジャパンさんからから講師をお招きして関西でもこうした問題の学習会を開催できれば思っていますが、地球の許容量を超えた私たちの生活(世界が日本人並みの生活すれば地球2.3個必要。世界全体平均でも地球1.44個、米国レベルではなんと5個分!?)。こうした単純な計算からも脱成長社会(セルジュ・ラトーシュ氏やコチャバンバ会議などの主張)の必然性は明らかで、「経済成長至上主義」の呪縛に縛り付けられながら、地球5個分の資源を浪費しつつその特権的な地位を維持するために世界中に軍隊を派遣し戦争を行っている米国に日本が加担するのか否かが問われているのではないでしょうか。

 こんな持続不可能な異常な世界を変革するためにも、「クライメート・ジャスティス」を実現するための「グローバル・ジャスティス」運動の全世界的な発展と連帯が問われています。

 「ヤスニITTイニシアティブ」の実現はそうした一歩となるのではないでしょうか?

内富一
----------------------------

「世界が日本人の生活すれば地球2.3個必要」 WWF/朝日新聞
 世界中の人が日本人と同じ暮らしをしたら、地球が2.3個必要になる――。環境NGO・世界自然保護基金(WWF)ジャパンが25日、日本人の生活が自然環境に与える影響を発表した。食糧や燃料などの消費をまかなうために、必要な森林や海の面積などをもとに算出した。世界全体では、地球1.44個が必要な生活をしているという。

 人間の生活がどの程度、自然環境に依存しているかを示す物差しの一つ「エコロジカル・フットプリント」という指数の2006年のデータを使って分析した。森林や漁場、農地が持つ生産能力や、生活のために消費する化石燃料の量などを組みあわせて計算する。日本の自然環境が持つ生産能力を人口1人当たりで換算すると、各国平均の約3分の1。一方、自然環境にかけている負荷は平均の1.5倍で、足りない分は外国からの「輸入」で補っている。

 負荷が最も大きいのは、開発がめざましいアラブ首長国連邦で、地球5.7個分。2番目は米国の5個分で、日本は29番目だった。中国は約1個で、1個以下の国の多くはアフリカ諸国だ。

 今年の世界全体のデータでは、8月21日に、地球1個分を消費し尽くしたという。
http://www.asahi.com/national/update/0825/TKY201008250505.html

WWFジャパン
http://www.wwf.or.jp/

エコロジカル・フットプリント・ジャパン
http://www.ecofoot.jp/


よろしければ、下のマークをクリックして!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

コメント   この記事についてブログを書く
« 【「平和憲法の国」?】中米... | トップ | TUP速報861号 機密と嘘:安... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世界」カテゴリの最新記事