「中国・大連の日本商工会が『違法スト抑制』を当局に要望」の日経記事を読んで/レイバーネットML

2010-08-11 19:39:55 | 労働運動
今朝の「日経新聞」朝刊に「中国・大連の日本商工会 違法スト抑制 当局に要 望へ 東北部にも混乱拡大」という記事が掲載された。中国全土の地図の上に「 中国で起きた主な賃上げスト」とてし「大連:6月から約2ヶ月で日本企業59社で 発生」とある。 朝日新聞の記事(http://www.labornetjp.org/labornet/news/2010/1281089448711staff01 )ではた . . . 本文を読む
コメント

米国・新規原発への投資は要注意―来日中の専門家が日本政府に警告/原子力資料情報室

2010-08-11 19:36:47 | アメリカ
米国のNGO「ビヨンド・ニュークリア」(Beyond Nuclear)をはじめ 71団体は11日、菅直人内閣総理大臣、野田佳彦財務大臣、直嶋正 行経済産業大臣に宛てて連名で書簡を送り、米国の新規原発プロジェ クトは財政リスクが大きいので、これらのプロジェクトへの投資は 控えたほうがいいと勧告した(注1)。  「ビヨンド・ニュークリア」は原発も核兵器もない世界をめざす 脱原子力団体(注2)。ヘレン・ . . . 本文を読む
コメント

イラク 深き淵より(9) 戦費3兆㌦「隠蔽」暴いた/朝日新聞

2010-08-11 18:10:28 | アメリカ
2005年8月20日、財政問題の専門家で米ハーバード大学教授、リンダ・ビルムズ(50)の寄稿した意見が ニューヨーク・タイムズに載った。 「戦争に伴う財政的なコストは、いまだに大方の国民の目から隠されたままだ。米国に課された経済的な負担は、 犠牲者の遺族の悲しみと同様、戦争が終わった後も長く尾を引くことになるだろう」 その直後、ビルムズにメールを送ってきた人がいた。 ノーベル経済学賞を受賞した米コ . . . 本文を読む
コメント

沖縄集団自決の説明文に「日本軍関与」復活 国立歴史民俗博物館/朝日新聞

2010-08-11 18:06:36 | 沖縄
国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)が常設展示している沖縄戦の「集団自決」について、同館は旧日本軍の関与があったことを説明文から削除したことを見直し、9月にも軍関与の記述を復活させる方針を固めた。館内外の学識経験者20人のリニューアル委員会が7月中に大筋合意したという。  同館は今年3月、常設展示室「現代」に「集団自決」のパネルコーナーを設置。説明文の原案では軍の関与に触れていたが、「慎重にした . . . 本文を読む
コメント

大分県日出生台での自衛隊 203 ミリりゅう弾砲の訓練再開問題浦田龍次/

2010-08-11 13:44:43 | 社会
大分県の日出生台演習場では2008年5月に自衛隊の203ミリりゅう弾砲の砲撃訓練の際、 砲弾の破片が場外の県道まで飛び散る事故が発生。 以後、2年3ヶ月、203ミリりゅう弾砲での実弾砲撃訓練は中止となってましたが、 自衛隊は今月21日からこれを再開すると発表しました。 昨日、8月10日、由布市湯布院庁舎で、由布市は自衛隊からどのような説明を受けたのか、 それに対して、どのような対応をしたのか等 . . . 本文を読む
コメント (1)

シンポジウム「ヤスニ計画:アマゾンの自然を守る逆転の発想」 (9月5日京都)

2010-08-11 13:40:49 | 集会情報
9・5(日) シンポジウム「ヤスニ計画:アマゾンの自然を守る逆転の発想」 コレア大統領来日にあたって 日時:9月5日(日) 午後2-5時 場所:京都・「かぜねの」 京阪・出町柳駅から徒歩すぐ 南米エクアドルで、地球環境の危機に立ち向かう画期的な試みが始まりました。 アマゾンの豊かな生態系を湛えるヤスニ国立公園の地下には8億5千万バーレルの石油が埋蔵されています。 エクアドルは世界でもっとも貧し . . . 本文を読む
コメント

転載 【 PUBLICITY 】 1901 :個性が無思想に陥る時

2010-08-11 13:38:40 | 社会
◆今号のポイント◆------------------- 消費税発言。核抑止力発言。韓国併合「おわび」発言。目指す 社会像の欠落。菅総理の「思想」は「無思想」なのではないか 。何度も書くが、無思想は悪しきファシズムの条件である。 --------------------- ◆PUBLICITY◆ . . . 本文を読む
コメント

あいち平和のための戦争展での「韓国独立運動史」上映DVDについて

2010-08-11 13:30:10 | 映像・美術
8月12日(木)から15日(日)まで、あいち平和のための戦争展の写真展会場で、 韓国の独立記念館製作の「韓国独立運動史」(上映時間は約5時間)の上映も行われ ます。  開催会場     名古屋市公会堂 4F ホール  入場料金     一   般    500円            高校生以下   無 料            障がい者     〃 「ドキュメンタリー 韓国の独立運動史」( . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

日航123便はなぜ墜落したのか/水島朝穂早大教授の「平和憲法のメッセージ」

2010-08-11 13:25:40 | 社会
今回は「8.12」の25周年について書きました。4月12日に紹介した『日航 123便 あの日の記録 天空の星たちへ』が出版されて4カ月。いよいよその「8. 12」がやってきます。同書のグラビアにあった写真を拡大すると、「オレンジ色」 になることがわかり、専門家に解析してもらいました。そのことを週刊現代8月14 日号が書きました。今回の直言で紹介していますので、ご覧ください。 http://www . . . 本文を読む
コメント (3)

伊波洋一宜野湾市長と協力困難 沖縄県知事選 民主・安住選対委員長が認識/沖縄タイムス ほか

2010-08-11 13:19:28 | 沖縄
 【東京】民主党の安住淳選対委員長と玉城デニー、瑞慶覧長敏の両衆院議員は10日、同党本部で会談し、11月の県知事選に出馬の意向を示している宜野湾市長の伊波洋一氏(58)との選挙協力は困難との認識を確認した。同県連は独自候補の擁立を視野に、独自の政策を今月中にまとめる。  安住氏は、米軍普天間飛行場の名護市辺野古周辺への移設を明記した日米共同声明を堅持する党の方針を示した上で、県内移設反対を掲げる . . . 本文を読む
コメント

関西生コン関連スト支援情報(8)/まっぺん「四トロ同窓会二次会」掲示板から

2010-08-11 13:16:37 | 労働運動
 今現在、ストライキは続き、しかも、大勢は値上げの容認という攻勢局面にある。 最後を誤らなければ、また、資本と権力がとんでもない「事件」をでっち上げないな らば(そのためにも大衆的包囲網をお願いしている)、ストライキは無事解除される。 総括は残しながらも、典型として歴史的に意義を有する運動と評価されるだろう。 . . . 本文を読む
コメント

被爆地で語らなかったこと ル-ス氏と潘氏/若宮啓文(朝日新聞コラムニスト)ほか

2010-08-11 11:55:36 | 世界
広島市での式典に英米仏の代表が初参加して話題になった今年の8月6日。 だが、被爆から3年たった1948年の「広島平和祭」(いまの平和記念式)には連合国側の出席者がいた。 数年前、そう教えてくれたのは前広島市長の平岡敬さんだ。 気になって当時の「タ刊ひろしま」(中国新聞系列)を見てみると、なるほど英連邦占領軍司令官のロバートソン中将が 出 席し、あいさつしていた。 めざましい広島の復興を「平和と親善 . . . 本文を読む
コメント

小沢一郎 検察審査会申し立て「市民団体」は『真実を求める会』って・・・?

2010-08-11 11:31:37 | 社会
私にはよくわからなかったので・・・ みんな知っているのだろうか? 私には、この会がどういう性格のものか やはり全くわからないのですが。 だれかおしえて。 ------------------- 市川誠一・朝日新聞社会グループエディター 検察審査会法第2条で、申し立ては告訴人、告発人、被害者らに限られている。 小沢氏の場合は、土地取引問題を告発した東京都内の市民団体「真実を求める会」が申し立てた . . . 本文を読む
コメント

韓国併合100年首相談話 評価と不満

2010-08-11 10:44:09 | 社会
韓国併合100年を機に、「痛切な反省とお静び」を表明した10日の菅直人首相談話。 在日コリアンや市民団体などからは、文化財の返還実現などを評価する一方で、「戦後補償は 解決済み」と譲らない政府の姿勢に冷ややかな視線も注がれた。 政府が引き渡しを表明した「朝鮮王室儀軌」は、皇居内にある宮内庁書陵部の書庫に167冊が 保管されている。 このうち、朝鮮総督府から宮内省に移管されたものが163冊で、残りの . . . 本文を読む
コメント (1)

泡瀬干潟の埋立再開決定に強く抗議し、決定の撤回を求める/ラムサール・ネットワーク日本

2010-08-11 07:43:41 | 沖縄
泡瀬干潟が、再び、埋立の危機に瀕している。 8月3日に、前原誠司沖縄担当大臣は、東門美津子沖縄市長が 提出した新たな埋立計画を承認し、埋立の再開を決定した。 しかし、この新たな埋立計画「東部海浜開発事業(スポーツ コンベンション拠点の形成)」は、わずか10ページで内容の 乏しいものである。また、東門市長は、議会や会派、市民や 環境団体、専門家との協議を行っておらず、かつては 一期中断、二期中止と発言した前原大臣からの詳しい説明も なく、大臣、市長ともに説明責任を放棄している。これでは、 民主的手続きを踏まえたものではないし、昨年の福岡高裁で 確定した判決をないがしろにするものである。 したがって、私たちは、今回の東門市長、前原大臣が 抜き打ち的に行った泡瀬干潟の埋立再開決定に対して、 強く抗議するとともに、決定の撤回を求める。 . . . 本文を読む
コメント